Kindleで青空文庫とレシピ

2013/01/31 アキヒロ AndroideBookTablet

昨年の10月に購入して以来
ARROWS Tab LTE F-01D、略してアロタブがすっかりお気に入りだ

使い始めてから3ヶ月以上経過したが
不具合と思える事象には未だ出会ってナイので
Androidも3.2のままで使ってるるる~
(むしろSPモード契約してナイから簡単にはVer.アップできんのだがw)

電池交換の必要性に迫られるまではこのまま使い倒して
次買うのはSONY Xperiaシリーズ、略してソニタブの防水機能付き10インチだな♪
それか折りたたみ仕様Pの後継機が防水機能付きで出たら
そっちも検討の余地はあるな?!

docomo Sony Tablet P 3G+Wi-Fi 4GB SGPT211JP/S

その頃にはQ-pot Phone(※)も寿命かもだから、合わせてスマホもXperiaにするとか
いや、万が一Vivian Westwood Phone(※)の白ロムが安く手に入ればそっちだ!!
Q-pot PhoneはQ-pot Phone SH-04D、Vivian Westwood PhoneはSH-01E Vivienne Westwood
 
そんな先々の目論みまでも愉しみになったのは
アロタブ購入目的に適ってるばかりか
予想以上に優秀で色々やれて捗ってるからなのだが
最も活用してるのが各電子書籍のリーダーアプリだったりして
半年前まで電子書籍を嫌悪してた自分は何だったんだヽ(゚∀。)ノ

不治痛、もとい富士通のプリインストールのリーダーアプリでは
当然ながら自社のBooksVのが入ってて
他にもE☆エブリスタBOOK☆WALKERてのが入ってたが
書籍を検索してみるとBooksV以外は読むべき本が1冊もなかった・・・ヾ(・_・;)ぉぃぉぃ
とゆーのも自分が電子書籍で欲しいと思う本は・・・

1.紙の本を持ってるがぼろぼろで読み難いので新しいのが欲しい
2.紙の本は持ってるがハードカバーなので手軽に読める版が欲しい
3.紙の本では気に入ってる1巻だけ持ってるが全巻欲しい
4.紙の本だと蒐集するのに置き場所に困るため買い控えてた作家の本が欲しい
5.旧約聖書と新約聖書、世界史用語集、必読古典、辞書・辞典の類

逆から行くと5.は具体例だがこれらは年中参照するから
その度に本棚に取りに行かずに手元のタブレットで確認できたら
しかも任意の箇所が検索できたら凄く捗ると思うのだが
これらがことごとく電子書籍化されてナイ

聖書なんか電子書籍化して欲しいのは自分だけではナイだろうになぜナイ(-_-;)

山川出版の世界史用語集は電子書籍化切望なのでKindle化のリクエストした(^▽^*)

必読古典は例えばトマス・モアの『ユートピア』なんかがこれに相当するが
どこのストアにもなかった・・・バタリ ゙〓■●゙

ユートピア (中公文庫)

自分らの時代には必読古典100冊とか150冊とかあって
そのくらい読破してからモノを言え(でナイと話にならナイ)って風潮だったが
今時の若い子は主張もしナイから議論にもならず
相手を論破するための教養なんぞは不要なのかね?

食品成分表や化学用語辞典もナイが
まあこれらは形態的に電子書籍化が困難、もしくは無理なのかもしれナイな(;つД`)

まだそんなに検索してみてはいナイが詩集もほとんどナイぽいな
堀口大學の訳詩集『月下の一群』は全く電子書籍化されてなかった
上田敏の訳詩集『潮海音』の方はKindleのは青空文庫であった(タダ♪)
『牧羊神』『月』も青空文庫であったのでほくほく(*^^*)

月下の一群 (講談社文芸文庫)

そして置き場所を考えて蒐集をためらってた内の1つに
ユゴーの『レ・ミゼラブル』があったがこれもKindleの青空文庫で全巻ダウンロードした
何度目かの映画化をされたと知ってから読みたくなって購入を検討してたのだが
無料で端末に収納されてしまうなら迷うコトナイ
ついでに同じくユゴーの『死刑囚最後の日』もダウンロードして
これらは年末年始にかけて夢中で読んだ

上記1.~3.までは他の電子書籍ストアの方がラインナップが充実してたので
そちらに譲るコトとして、つまり使い分けるようにしたが
Kindleのリーダーアプリで気に入った点(特長)を以下にあげておく

1.フォントサイズ、余白サイズ、行間、画面色、明るさが調節可
2.画面の縦横に瞬時に反応してくれる(回転機能OFFにもできる)
3.マーカーが引ける(マーカーの一覧表示もできる)
4.単語の辞書機能
5.読み終わり位置の端末同期

そしてアプリだからこそのカラー対応だ!
とーちゃんの端末も電子ペーパーでなくKindle Fireにしたのは
料理のレシピ本を端末で表示したかったのだよ!!
Amazonのアカウントを共有してるので
こちらでレシピ本を購入して「今度○○を作ってみようよ」
なんてメールで提案して見てもらえるワケだ
もちろんWEB上のレシピもブラウザで表示可能なので
そうやってレシピを共有できるるる~

とはいえ、今話題の食品メーカーの出してるレシピ本が
驚いたコトにほとんど電子書籍化されてなくて
そんな中で『ミツカン社員のお酢レシピ』にはKindle版があった

ミツカン社員のお酢レシピ

しかも単行本より安価だったのでレシピの1冊目はこれにした

1クリックで購入する

次のような画面が表示されるので配信先(※)を選択して[次へ]
画像では配信先がPCになってるが実際はアロタブを選択した

アロタブをLTE接続してる状態でKindleのアプリを開くと
ライブラリ > ダウンロードしたアイテムの一覧にもう表示されてて
これをタップするとダウンロードが始まるるる~

ダウンロードが終了すると1ページ目が開くので
真ん中辺りをタップして画面下方に表示されるロケーションを
テキトーにタップしてみると・・・おぉ(゚ ゚;)

これをKindle Fire端末にも配信するには
PCからアマゾンの【アカウントサービス】を開いて・・・(※)
下図のような購入時(タダだけど)のメールにあるリンクからも開ける

[My Kindle]へ

[My Kindle]のKindleライブラリの一覧の
【アクション】のプルダウンから「端末に配信する」を選択して・・・

【配信先】のプルダウンから「端末名」を指定して[配信]

Kindle FireをWi-Fi接続してる状態で開くと
ライブラリ > ダウンロードしたアイテムの一覧にもう表示されてて
タップするとダウンロードが始まるるる~

だがしかし!
ファイルが重過ぎるらしく1時間くらい経って見たら最初からやり直しになった!!
これはSIMがbmobileじゃ無理だわ・・・・・・バタリ ゙〓■●゙

Amazon Kindle FireARROWS Tab LTE F-01DKindle reader appli

Comments are currently closed.


Powered by http://wordpress.org/ and http://www.hqpremiumthemes.com/
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。