電子書籍専用端末

2014/01/17 アキヒロ eBook

この数日に立て続けに同じコトを尋ねられたので
その回答としてここにまとめておこうと思う

電子書籍端末は何がオススメ?

ここで最初に断っておきたいのは
個人的な理由で選択肢に最初から含まナイモノがあり
それはAppleの製品と楽天のシステムであり
出来ればGMOのシステムも避けたかった

Appleの製品は独自性と完成度が売りだろうが
自分が求めるのは矛盾してるようだが汎用性と自由度なので
相容れる要素がなく、その路線を貫いてる間は
購入の検討の対象にすらならナイであろうw

すぐわかる 40歳からのiPad iPad Air/iPad mini/iPad2対応 iOS 7版 (すぐわかるシリーズ)

楽天とGMOは関わったら最後
年がら年中送られてくるメールがウザイので
楽天とは一切関わらナイようにしてるし
GMOもそうしたかったが
契約してたレンタルサーバが吸収合併されてしまったので
仕方なく迷惑メールとして処理してるるる~

なので、上記3社について除外するに当たって
先に結論を言ってしまえば
まずApple製品を少なくとも2つ以上使用してるなら
しかもその2つがiPhoneとiPadならば
電子書籍端末はその2つが使えるし
基本的にiBooksはiOSでなければ読めナイとされてるが
ネット上には「Kindle Paperwhiteで読めた」とあるので
別途、専用端末も欲しい方はKindle Paperwhiteを
一応オススメしておくがそこはあくまでも自己責任でどうぞw

そしてKindle Paperwhite購入の際には
Wi-Fi版にするか3G版にするかはよく吟味すべきだ
¥5,000の違いなら自分だったら3G版を買う
もちろん3Gエリア外ならWi-Fi版一択だが・・・

はじめてでもよーくわかるKindle Paperwhiteらくらく読書術

次に普段から楽天のポイントに依存してるなら
電子書籍も楽天koboで購入するとお得なのだろうし
購入した書籍は専用端末のkoboなんちゃらとかでなくても
iOSでもAndroid OSでもアプリをインストールすれば読めるし
新しく出たタブレットKobo Arc 7HDなんかだと
Android OSなので他のストアで購入した電子書籍も
アプリをインストールすれば読めて
何かとお得に使えるのではナイかと思われ

GMOは電子書籍に関しては
基本的にはストアもなければ専用端末もナイっちゃナイが
「でんしょ!」なる電子書籍比較サイトがあり
Kindle、iBooks、DMM、BookLive!の一斉検索(※)が可能だ
自分はiBooksもDMMも不要なので、実質的にはKindleとBookLive!の比較しかできナイが

また、GMO傘下のpaperboy&co.には
電子書籍作成&販売ができるサイトPuboo(パブー)があり
ここで購入してタブレットにePubファイルでダウンロードしたら
勝手にSONY Readerアプリが立ち上がって読めたし
Kindle端末にMOBIファイルを送信するボタンがあるので
試してはいナイが読めるはず
他の電子書籍ストアにはナイニーチェの『悲劇の誕生』があり
個人的にはそれだけで重宝してる・・・

さて、ここからが本題で
自分が使用しててオススメの電子書籍専用端末についてだ

SONY ReaderBookLive! Lideo
SONY ReaderBookLive! Lideo
定価¥9,980¥8,480
容量1.2GB(但し、2GB以下のmicroSDメモリーカードもしくは32GB以下のmicroSDHCメモリーカードが使用可能)4GB(但し、メモリーカードスロット無し)
サイズ約 107 x 160.5 x 9.5 mm / 約 160g110x 165x 9.4 mm / 170g
無線LANWi-Fi認証Wi-Fi認証 / WiMAX(UQコミュニケーションズ(株)のサービスエリアで無料で利用可能)

2機とも個人的には超お気に入りの端末で
かれこれ1年以上使用しててどちらも100~200冊ほど入ってるが
きっちりジャンル分け・使い分けされてる

SONY Readerの方に哲学・思想・随想などが入れてあって
自室に篭ってがっつり読みながら
引用したい部分をEvernoteに送信したり
関連書を紐解きながらSONY Readerにメモしたり
紙のメモ用紙の山を作らなくて済むようになったし
Evernoteでメモの検索は容易になった♪
自宅が無線LAN化されてて(※)
メモをとったりしながら読みたいならば
断然SONY Readerがオススメだ
スマホでテザリングできる場合もOK

ソニー 電子書籍リーダー Reader 6型 Wi-Fiモデル レッド PRS-T3S/RBookLive!Reader Lideo BL-121 - シャンパンホワイト(電子書籍専用端末 ブックライブリーダー リディオ BL-121 - シャンパンホワイト)

Lideoの方には主に科学・小説・コミックを入れており
外出用に持ち歩いて空き時間に読んでて
立ち寄った書店で気になった本を
検索→購入→ダウンロード→読書、なんてコトができるし
WiMAXなので特にコミックのダウンロード時間が早っ!
Kindle PaperWhite 3Gは同じく通信費無料だが
速さは比較にならナイだろうとググってたら
どうやらコミックなどには通信制限あるらすぃ?!
そのWiMAXは購入時に既に設定されてるので
箱から出したらユーザ登録しかやるコト無しで
三省堂で購入すればその設定は店員さんがやってくれるし
脱・紙の書籍したい超アナログな方にとって
お手軽なのは断然Lideoだろう

コミックはとにかく容量が大きいのと
画面が大きいに越したコトナイから
一旦、PCにダウンロードして
USBでタブレットにファイル送信して読むとか
あとオールカラーのレシピ本ならば
防水タブレットでハンドジェスチャーで見るとか
何をどう読むかで使い勝手は違ってくるので
万人に向けてこれがオススメ、てのはナイ

Amazon Kindle FireBookLive! LideoSONY Reader

Comments are currently closed.


Powered by http://wordpress.org/ and http://www.hqpremiumthemes.com/
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。