電子書籍ストア

2014/02/07 アキヒロ eBookhonto

突然、アストルフォのコトを思い出して
久々に『シャルルマーニュ伝説』を読もうとしたら
自分の持ってるのは講談社学術文庫版なのだが
余りの字の小ささに思わず眩暈・・・

電子書籍に慣れてしまったので
小さい字が苦痛に感じるようになってしまったのだった
早速、電子書籍化されてナイか探してみると
以下の表のような結果になった

現代教養文庫ライブラリーグーテンベルク21
Amazon Kindle上巻¥600+下巻¥600ナシ
SONY Reader Store上巻¥630+下巻¥630¥840
BookLive!上巻¥630+下巻¥630¥840
hontoナシナシ
YAHOO!ブックストア上巻¥630+下巻¥630ナシ

上下巻セットで¥1,260と全1巻で¥840となると
値段に¥420も違いがあるのだが
訳者はどちらも講談社学術文庫と同じく市場泰男で
ファイル形式も同じXMDFだったので
同じ内容ならグーテンベルク21版を買いたいのが人情だ

中身にどんな違いがあるのかサンプルを見てみたら
現代教養文庫ライブラリー版は目次を見る限り講談社学術文庫版と同じ内容で
グーテンベルク21版はサンプルでは目次が見れなかったが
閲覧可能な途中の部分が講談社学術文庫版と全く同じだったので
とりあえず、安い方を買ってみるコトにした

シャルルマーニュ伝説 中世の騎士ロマンス (講談社学術文庫)シャルルマーニュ伝説(上) 中世の騎士ロマンス (現代教養文庫ライブラリー)シャルルマーニュ伝説(下) 中世の騎士ロマンス (現代教養文庫ライブラリー)

結論を言えば、値段は違えど、内容は同じだった
要するに、グーテンベルク21版がお買い得だってワケで
選択肢はSONY Reader StoreかBookLive!に絞られ(※)
購入時点でのキャンペーンなどを加味したポイント還元率も見合わせて
今回はSONY Reader Storeで購入
今回の場合は紙の書籍で持ってるモノが読みにくくて買い直し、なので
できれば専用端末のあるSONY Reader StoreかBookLive!がよかったが
これがPDF版だったら専用端末の小さい画面では読みにくく
10インチのタブレットで読むので選択肢はその限りではナイ

ちなみに、YAHOO!ブックストアが選択肢に入らなかったのは
対応デバイスに[アプリ未対応]となってたからだが
[アプリ未対応]だとダウンロードできず
ブラウザからクラウド上の本しか読めナイので
オフラインで読むコトができナイ不便さがあるのと
万が一、YAHOO!ブックストアがなくなったとしたら
せっかく購入した本が読めなくなる可能性もなきにしもあらずなので
生涯に何度も読み返したい本を買うのには適さナイのだ

ところでYAHOO!もhontoも専用端末がナイのだが
PCで読むならYAHOO!はそのまま読めるので便利だし
タブレットで読むなら断然hontoを選ぶ!!
「電子書籍購入の際に¥200割引」なんてクーポンが年中発行され
購入時にタイミングが好ければポイントの還元率も高く
あっという間に数百円分のポイントが溜まるので
有効期限までに使い切るためにまた購入してしまいたくなるし
hontoのビューアアプリの機能は充実してて
目次、ブックマーク(しおり)、マーカー(ハイライト)、メモ(コメント)ができ
更にこれらが端末間で同期できるるる~

☆・・・☆・・・☆

今年になってから電子書籍ストアが相次いで閉鎖してて
日本には影響がなかったものの
SONY Reader Storeも北米での事業を撤退とゆー。(゚д゚lll)ギャボ
それも移行先があの楽天KOBOとゆー。(´д`;)ギャボ

これが日本でなくて本トによかった~
と、胸を撫で下ろす反面、決して対岸の火事ではナイとも思われ(-_-;)

改めて電子書籍サービスはどういう形で閉鎖するのか
利用者は心しておかねばなるまい
少し古い記事だが電子書籍サービスの終焉がどんなモノか
とてもわかりやすい記事を紹介しておく
( *゚Д゚)つ[電子書籍が死んだなら]

基本的には上記でも書いたようにサービスの形態が
サーバ上にあるファイルをオンラインで読むコトに限定されてる場合
ストア閉鎖後もずっとサーバを維持してくれるはずもなく
サービス終了と同時に読めなくなるのは予想しやすい

しかし、ファイルをダウンロードしてオフラインで読めても
サービス終了で再ダウンロードできなくなれば
すぐにでもなくても読めなくなる日はやってくるのだ
端末が物理的に壊れてしまうのにどれくらいかかるかによるが
その時が来たら、お仕舞いだヽ(゚∀。)ノ
少し古い記事だがこれまでの電子書籍サービス終焉の歴史を
把握しやすい記事を紹介しておく
( *゚Д゚)つ[楽天Rabooが終了へ。そして電子書店は信頼を失う]

楽天Rabooのサービス終了が
他人事ながら憤懣やる方なかったのは
片方で新規に電子書籍事業KOBOを立ち上げてるのに
なぜそちらにサービスを移行しなかったのか(できなかったのか)が
どうにも納得が行かなかったからだ

まあ黎明期にはそれも仕方なかっただろうが
今年になってからさえエルパカBOOKS(電子書籍)サービスが
電子書籍ストアを閉鎖するに当たって
以下のような処置に甘んじてるのだから愕然とするるる~

サービス終了後は、購入済書誌含め、一切のエルパカBOOKSの「電子書籍サービス」をご利用いただけません。(書誌新規購入・再ダウンロード・購入済書誌閲覧含む) (中略)ローソンWEB会員にて、2014年1月8日(水)までにエルパカBOOKSの電子書籍をご利用いただいた金額(旧コミックポイントは除く)をPontaポイントにより3月中旬頃までにご返金いたします。

電子書籍ストアの閉鎖で購入したはずの本が読めなくなるのは
自分のように同じ本を何度でも読む人間には痛い
代替としてポイントや現金でまかなってもらって済む問題ではナイのだ

☆・・・☆・・・☆

とはいえ、自分は還暦まであと15年足らずで
物理的にもうこれ以上は紙の書籍を増やせナイので
なるべく電子書籍を買うしかなく
ダウンロードしたファイルのバックアップ管理を怠らずにいれば
死ぬまでに失う書籍は最小限に留まるだろうし
死んだ後に残った紙の書籍を処分するのは大変だろうから
積極的に電子書籍化に取り組もうと思ってるるる~

SONY Reader

Comments are currently closed.


Powered by http://wordpress.org/ and http://www.hqpremiumthemes.com/
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。