白百合

白い花と言えば、真っ先に思い浮かぶのは百合だが
日本に自生の白百合となるとテッポウユリ(鉄砲百合)で
学名はLilium longiflorum

テッポウユリ
(上野不忍池付近で7月下旬に撮影)

テッポウユリは花冠筒(花弁の根元の筒部分)が長細くて
横から見ると鉄砲のような形状なのでその名がついたのだろう
ササユリ(笹百合)との比較スケッチがわかりやすい

ササユリとテッポウユリ

ササユリはその名の通り葉が笹に似てるが
学名がLilium japonicumでまさしく日本原産だ

稀に白百合(アルビノ)も存在するが
花弁が淡いピンク色で花粉は赤褐色がデフォなので
ササユリの原産地である四国・九州辺りでは
もしかしたら百合のイメージはピンクなのかもしれナイ?!

いや、鹿の子百合とか・・・

鬼百合とか・・・

山百合だってベースは白だけど
毒々しいほどの斑点模様があるるる~

百合が白いってイメージを植えつけられたのは
自分の場合は間違いなくキリスト教の受胎告知図だろうて

マリアが神の子を宿したコトを
大天使ガブリエルが告げに来る際に手にしてるのが
純潔の証しの白百合なのだよ
以下のガブリエル画像コレクションを参照してくれたまえw

バプテスマのヨハネ / 大天使 / 大天使ガブリエルとの出会い

ところでこれはダヴィンチの描いた百合のデッサンで
彼の潔癖なまでの精密さからしたら
現物と寸分違わずに描かれてるのだと断言できるが
自分には一見して百合の花と断定しづらい

いかんせん、葉が日本の百合にはナイ形で
花弁も短かめで巻きが甘いカンジ?
これはwikiの日本語版にはなかったが他言語版ではあった

英語でMadonna Lily、学名はLilium candidumで、和名はニワシロユリだ
このwikiページには数枚の写真がアップされてるが
その中の1枚のキャプションにShoshan(ショーシャーン)とあった!
ショーシャーンとかシューシャーンてのは
ヘブライ語で百合の意だ(と、『聖書植物大辞典』、『聖書象徴事典』にあった)!!

聖書植物大事典聖書象徴事典

なぜ覚えてたのかと言えば
古代ペルシアの都スーサもヘブライ語ではシューシャーンとなり
語源が百合と同じだとされてるからだが
このスサの王が『古事記』に出てくる「スサノオ」で
スサノオの別名スメラミコトは「スメラ(シュメール)の神」で
日本人のルーツが実は・・・って話に繋がるるる~

と、話が逸れた、白百合のルーツだったw
小石川後楽園の庭内のそこかしこに咲いてる白百合が
台湾固有種のタカサゴユリ(高砂百合)と知って驚愕したのは数年前のコトだ

タカサゴユリ
(小石川後楽園で8月中旬に撮影)

それとゆーのも小学生の頃に図鑑でテッポウユリとの違いを調べたら
タカサゴユリには花冠筒に薄紅色の筋が入ってる、とあったので
筋がナイ=テッポウユリ、と固く信じてたのだった(-_-;)

これがアルビノだったりで筋はなくとも
葉の形状(細い葉)でタカサゴユリであるのは明らかだったのだ。(´д`;)ギャボ
ちなみに学名はLilium formosanum

タカサゴユリ
(都市センターホテルで8月上旬に撮影)

そうと知って以来、よく注意して見てみれば
都心で見かける白百合は殆どがタカサゴユリなのだった。(゚д゚lll)ギャボ

タカサゴユリ
タカサゴユリ
タカサゴユリ

カサブランカ

CASA:家
BLANCA:白い

スペイン語で「白い家」の意

ユリにこの名の品種があるがもちろん白さが際立ってるし
とにかくでかくて堂々としてるるる~

< 誕生日 結婚記念日 フラワーフラワーギフト 贈り物におすすめ> 花束 百合の女王カサブランカ

と思いきや、花屋には白くナイカサブランカもあり
疑問に思ってググってみると
ネット上でもゴールデン・カサブランカなる黄色いのがあれど
それはあくまでもゴールデン・カザブランカであって
カサブランカではナイと思われヽ(゚∀。)ノ

そんなカサブランカ事情をすっきりと説明してくれてるのが
JUNK STAGEのコラム「花ビト人間模様」にあった

☆・・・☆・・・☆

どういう経緯か仏領モロッコにはカサブランカとゆー町があり
同名タイトルの映画によって有名である

カサブランカ [Blu-ray]

この映画は第二次大戦中の1942年に制作されたが
当時のナチスが席巻したヨーロッパの状況が反映されてて
イングリット・バーグマン演じるイルザは
レジスタンス運動の指導者ラズロの妻で
この夫婦はフランスからアメリカへの亡命を望んでいたが
そういう人々がまずやってくる経由地がカサブランカだったのだ

ボギーことハンフリー・ボガートの役ドコロは
カサブランカでクラブのオーナーをやってるリックなる伊達男だが
世知に通じてて裏では亡命者に通行証の手配などしてるので
ラズロとイルザもリックの手を借りに店にやってきた

そこでイルザが『As Time Goes By』をリクエストするも
リックはその曲を演奏するのを禁じてた

テナーサックス ジャズ・スタンダード名曲選ベスト~As Time Goes By~ 豪華生演奏CD付き

イルザにとっては懐かしい佳き日の思い出に浸れる曲だったが
リックにとっては苦い過去を思い出させる曲だったのだ

ネタバレしてしまえば、イルザとリックはかつて恋人同士であり
実はその時既にイルザはラズロの妻でもあったが
ナチスに捕らえられたラズロが死んだものと思い込んでて
失意の渦中に出会ったリックと愛し合ったのだった。(゚д゚lll)ギャボ

ここでイルザが拙かったのは、まずリックに夫の存在を隠してたコトだろう
しかもリックとフランスから脱出する手はずが整ったトコロで
ラズロが生きてたと知ったからって、忽然と姿を消すのもどうかと。(´д`;)ギャボ

裏切られた、以外にリックには納得行く理由が見つけようもなかろうて(-_-;)

そうした奇妙な運命の巡り合わせによって
出会い、別れ、再会し、女は再び選択を迫られるるる~

イングリッド・バーグマン―時の過ぎゆくまま

信条を持って愛し続けてきた夫ラズロの故に
已む無く裏切って傷つけてしまった過去の恋人リック

この時代の女は自立して生きるなんて選択はナイに等しく
そもそも男ほどロマンティストではいられナイので
愛情よりも損得勘定で男を望むのだろうが
イルザの場合にはそうとも割り切れナイ複雑な事情と心情が絡み合い
どちらも選べずにいた・・・恐らく

結局、そこでキツイ選択をしたのは実際にはイルザではなく
リックが選択して、それをイルザに受諾させたのだった・・・バタリ ゙〓■●゙

カサブランカ (名作映画完全セリフ集スクリーンプレイ・シリーズ)

リックは深い愛情ゆえに女を追い詰めたくナイのだろうて
見せ掛けだけのフェミニストは多いが
本トの優しさを隠し持つ男には滅多にお目にかかれナイので感慨深い

☆・・・☆・・・☆

それにしてもそんなリックの有名な台詞

君の瞳に乾杯

これは日本人に言われたら不気味だが、もう1つの名台詞

昨夜?そんな昔のことは覚えてない
今夜?そんな先のことはわからない

美しい人にこんな風にさらりと交わされるのなら悪くナイ♪

ドイツ軍歌『ラインの護り(Die Wacht am Rhein)』と
フランス国家『ラ・マルセイエス(La Marseillaise)』が
効果的に使われてるのも特筆すべき点だが
今回「漫画・世界名作ムービー」を入手したため
これにドイツ語とフランス語で歌詞が載ってたのがお得だった

カサブランカ (漫画・世界名作ムービー)