ダフニスとクロエ

「愛する」とは「愛してもらおうとする企て」である

サルトルの哲学書『存在と無』にある名言だが
つまりそんな【企て】に始終心を奪われてる期間が
恋愛中ってワケだ

しかも【企て】の結果如何によって
不安もしくは安堵とか、至福もしくは絶望とか
両極端に心が揺れ動くのだが
それを常に確認しなければ気が済まなくなってて
精神状態は非常に不安定になるるる~

【企て】通りに進捗しなければ
落胆や憤怒は狂気の沙汰で
その狂気を相手にぶつけるコトから始まる争いは
傍から見れば微笑ましいような痴話げんかだとしても
当人同士にとっては当に死闘。(゚д゚lll)ギャボ

恋煩い、てのはよく言ったもので
恋する気持ちは確かにもれなく病んでるのだ

それはお互いの【企て】が噛み合ってたとしても
つまり両想いだったとしても同じだ

恋人同士と認知し合う幸せに酔い痴れる様は
まるで泥酔者の如きで
先々の不幸も身に迫る危険も
もはや察知できなくなり
死をも怖気付くには値しなくなったりさえ・・・。(´д`;)ギャボ

家族は運命共同体なので
より良い社会生活を営むための様式を
助け合って構築する(のが理想的だ)
その家族の基盤となる最小単位が夫婦だが
夫婦以外の他の構成員は
繁殖によって賄われる(のが理想的だ)

この社会通念と生物学的な事由は正しいが
無謀な恋人たちには
正誤の判断なぞ出来兼ねるワケで
何をか言わんや糞食らえだw

恋人は宿命の半身(はんしん)なので
社会的でも生物学的でもなく
哲学的な存在だ!

お互いの存在意義をお互いの中に認めてて
むしろ自己の存在意義は
相手によってこそ成り立ってたりするのだ!!

そうなると恋愛の終焉は
【自己の存在意義の喪失】で
ましてや欠点こそ愛しく思えるくらい
愛し合ってたりすれば
そこで補われた自らの至らナイ部分が
相手を失った瞬間に一気に顕になってしまい
自分自身に向かって
矢のように突き刺さってくるだろう

この矢傷が招く症状が自己嫌悪で
恋人を失うと同時に
自己の存在意義を見失った際に
無駄に自己嫌悪に陥るのは
そのためだと思われ

片恋の相手に失恋して
自棄になるのも
相手が見出してくれるだろう
と期待してた自己の存在意義を
認めてもらえなかったコトで
茫然自失するからだな

☆・・・☆・・・☆

『ダフニスとクロエ』は
シャガールの連作や
ラヴェルのバレエ音楽などで
牧歌的な恋愛譚って大まかなあらすじだけ
なんとなく知ってる気になってた

ちゃんと読んでみたのは
5年前(2013年)で
電気書籍になってたからだ

ウブな山羊飼いの少年ダフニスと
無垢な羊飼いの少女クロエが
お互いに自身の感情が恋だと気付かずに
てか、恋とゆーモノを知らナイため
想いが募って遂には病気になってしまうのだ(-_-;)

しかしキスをするコトで苦しみが癒されるのを知り
最終的には結ばれる喜びに満たされるのだが
いや~、泣けた・・・(;つД`)

現代日本ではSEXって不道徳なモノのように扱われ過ぎてるし
自分もすっかりその風潮に毒されてた

不特定多数の相手とのSEXと唯一無二の相手とのSEXを
同じように蔑視してる自分に気付いて
泣きながら恥じ入った。・゚・(ノД`)・゚・。

まあでもそれだけの純愛物語でもまたナイのだw
年増女の恋の手ほどき(筆おろしってヤツね)あり、男色ありで
強気で人間臭いギリシアの神々も健在で
三島由紀夫が感化されて『潮騒』を書いたのも納得だし
ゲーテが賞賛するのも尤もだわ

ちなみに作者はロンゴスなる人物で
2~3世紀頃のギリシア人(ってコト以外はわかっておらず)

☆・・・☆・・・☆

果たしてサルトルが言うように
「愛する」とは「愛してもらおうとする企て」だろうか?

ダフニスとクロエの場合は明らかに違う気がするな
「愛する」とは、もとい、「愛し合う」とは
「恋しい苦しい気持ちを癒し合うコト」だろうか?

ペトロニウスとセネカ

悪評の尽きナイローマ皇帝ネロだが
自分はどうも人としての興味が尽きナイw

ネロに好感が持てるのは
若い皇帝らしい傍若無人さを発揮してるトコロだ

そんな若気の至りで暴走するネロの
人間関係がまた興味深い

とりわけ
皇帝になる以前より
師傅(しふ)だったセネカと
皇帝になってから
側近となった【趣味の審判者】ペトロニウスが
ネロ以上に奇人変人で魅力的なのだ!

というのは彼らの著作を読めばわかるるる~

セネカはストア派の哲学書だけでなく
人情味のある往復書簡もやりとりしてて
ギリシア悲劇風の戯曲を書いてたりもするが
自然現象についての考察をまとめてるかと思えば
その中に下世話な(てか、卑猥な)見聞録さえあり
どれも非常に面白い内容に仕上がってる

ペトロニウスは唯一残存してるのが
長編小説『SATYRICON(サテュリコン)』で
しかもごく一部のみなのだが
ラテン文学における悪徳の金字塔とでも言おうかw

酒池肉林、享楽、放縦、残忍・・・etc.etc.と
ローマの退廃の限りを尽くした描写が
絵にも描けナイおぞましさで
フェリーニによって映画化されてる

さすがの自分も冷や汗が出るくらい
変質者のオンパレードで
まともな人間が観たら
夢見が悪くなるコト請け合いだ

シェンキェヴィチの歴史小説『クオ・ワディス』には
ペトロニウスが『サテュリコン』を
甥のウィニキウスに買い与える場面があり
作者が誰なのかはネロにはバレてナイ設定なのも面白い

悪徳の宝庫のような「トリマルキオの饗宴」の
主催者トリマルキオのモデルが
ネロなのは火を見るより明らか(※)だが
このモデルの起用はまともな人間ならば憤慨するだろうし
当然ながら皇帝である者には侮辱ともとれるだろう
ネロもペトロニウスも何もコメントを(残)してナイので史実としては謎ではある

ペトロニウスがネロを槍玉に挙げてて
それを読んで皆で嘲笑してるのは
ペトロニウス曰く
ネロにはバレてナイとしてるのだが
実はネロ自身は気が付いてて
内心では不満に思いつつも
あえて黙ってたかもだ

酷過ぎると思う部分に
ネロはぶるぶる震えながらも
洒落だ=面白がれ、と
ペトロニウスがすまして示唆すれば
恰好つけて無理して洒落のめしてたりしてw

そんなネロの様子を
ペトロニウスは心底面白がってたりしてwww

ネロ、カワ゚+.(・∀・)゚+.゚イイよ、ネロ~!!

皇帝としてどうかではなく
アーティスティックかつエキセントリックな若者として見た時
どうしても嫌いにはなれナイ人物像なのだが!

粋人(すいじん)だったペトロニウスからしても
頭の硬い年寄りの政治家や
血気盛んで無教養な軍人の中で
下衆な噂話か
無味乾燥とした政策論か
血生臭いだけの武勲のような
そんな聞きたくもナイ話ばかり聞かされて
瑞々しい感性をすっかり干からびさせてたネロが
孤独に耐えるいたいけな少年に見えたに違いナイと思うのだ

そしてついかまいたくなったって出来心だったのだろうが
ペトロニウスのめくるめく快楽への誘いは
若く多感なネロにとって
どれほど魅惑的に感じられたコトか

それまで皇帝としてのネロが発揮できずにいたモノを
ペトロニウスがけしかけて解放してしまったのだ
うむ、それだけのコトだと思われ

国費を散財してる時点で既に不道徳の極みゆえ
その金で何をして遊ぼうが
いずれ真っ当とは言及しようもナイが
自著『サテュリコン』の如き世界観を反映してたなら
それはもう筆舌に尽くし難い悪徳に違いなく
その現場はきっとフツーの人間なら卒倒しかねナイし
生真面目なストア哲学者なら憤死しそうだ!

セネカは憤死はしなかったが
一緒に愉しめなかったぽい
剣闘士の試合を非難したりしてるしね

食べるために吐き、吐くために食べているのだ

この有名な嘆きもセネカの言だが
ローマの退廃はストア派哲学者には
耐え難い地獄絵図だったのだろう

弓削達著の『ローマはなぜ滅んだか』によれば
ローマ帝国に長者番付があれば
セネカは常連として名を連ねてたに違いなく
具体的にはその財産が3億セステルティウスほどだったそうだ

概算で40万セステルティウスが1億円ほどに当たるから
どれほど金持ちだったのだ・・・バタリ゙〓■●゙

そんなセネカは財産に対してこんな言い訳をしてる

財産は、賢者にあっては奴隷の地位にあるが、愚者にあっては支配者の地位にある

ストア派なら財産を持ってても
悪徳には染まらナイって?!
まあそういう言い訳がましいトコロも含めて
セネカも好きだがね

その点、ペトロニウス自身は
案外シニカルに愉しんでたのでは?
エピキュリアン(快楽主義者)でなく
シニック(犬儒派)!

しかしネロがペトロニウスに感化されるのは
至極当然の成り行きだと
ほくそえむ自分も
セネカからしたら不道徳な人間だろうか?

愛されてなかった?!その時、私は・・・

愛されてなかった?!

と気付いた時に
こちらも愛してなければ
もれなく合意の上で
別れれば゚+.(・∀・)゚+.゚イイ

でもこちらは愛してたとしたら
どうするのがベストか?

過去に愛されてなかったならば
これからもずっと未来永劫
相手に愛されるようにはなるまいと
確信を持って絶望するに至るのがフツーだ

ところが不思議と絶望するほどに
愛する気持ちに拍車がかかってきて
より一層、無駄と知りつつも
愛情を求めてしまったりするのだ

いや、愛情なんて
そんな贅沢は望んでなくて
人並みに優しくして欲しいだけ・・・とかね

そんな風に一見、謙虚ながらも
優しい態度を強要するようになると
相手にとっては嫌気が差す決定打となる

しかも絶望を感じる方はたいてい
後追いで愛した方だったりするのだヽ(゚∀。)ノ

その場合は
「惚れた弱味」てのは間違ってる

人情味溢れる御仁であれば
惚れられた弱味なんてコトもあり
気持ちを受け止めようとして
相手の良さを認める努力をしてる内に
何でも許せてしまえるようになり
遂にはすっかり愛してしまえるのだ。(゚д゚lll)ギャボ

ところが惚れた側は逆に
惚れたその時のヴォルテージは最高潮だが
あとは下降する一方・・・。(´д`;)ギャボ

理想に適う相手と勝手に誤解しといて
実際に付き合ってみて
違うと気付く都度
気持ちは醒めるばかり・・・なんてね

惚れられた方が相手に対して
完全に愛情を傾けた頃
惚れた方は相手に辟易してたりして
「愛してなんかいなかった」って
そんな惨いセリフを吐けるようなのは
そりゃあ惚れた強みだね!

恋愛は先手必勝!!

とはいえ
恋愛はどちらかの勝ち負けの勝負ではなく
お互いに勝利者になるのが
成就なんだろうがね・・・

まあでも成就しなかった場合には
後追いで愛情を育んだ方が
どんどん醒めてく方に
負けるのだ(;つД`)

恋愛だけでなく
人生は負けたと思ったら
潔く降参するが゚+.(・∀・)゚+.゚イイ

で、勝った方に負けた方が
今後どうするかを決めてもらって
それに素直に従うのが゚+.(・∀・)゚+.゚イイ

他人の気持ちや態度を変えるより
自分の気持ちや態度を制御する方が
まだしも簡単だからだ

それに悩むのは決めかねてるからで
だったら相手に決めてもらえば
悩みは解消するってモノだ

また、絶望するのは
希望通りに行かなかったからするので
だったら希望をこそ捨てれば
絶望に至らずヽ(´▽`)/

ちょうど10年前(2008年)
オルダス・ハクスリーの『恋愛対位法』を
筑摩世界文学大系で読んでた

この小説の冒頭には
まさに惚れた強みの男と
愛されてなかったと気付いた女の
駆け引きの場面から始まる

かつて他の男の妻だった美女を
無理矢理奪ってまで
なんとか妻にしたはずの夫だのに
どうにもその女がウザくなってしまう。(´д`;)ギャボ

そうして男はイラつきながら
憂さ晴らしに浮気をしに行こうとするが
女に勘付かれて引き止められ
なんとかしてウソで切り抜けようと
必死で食い下がるのだ

この時の男の心理描写が絶妙で
余りの屑っぷりに思わず笑えたが
女を自分に置き換えたら
泣いても泣ききれナイ状況だわな(;つД`)

恋愛小説でありがちな
美男美女のハッピーエンドモノは
殆どただの御伽噺でしかなく
自分には胸糞悪いだけだが
恋愛のリアルを淡々と描いてて
コミカルながら切なくなるようなのは
ちょっと胸が痛いけど
ワリと好きかもしれナイと気付いた

それにしても昨年末から
やたらとホフマンとハクスリーが
シンクロニシティを引き起こしてて
不気味ながらも面白い

ホフマンの『砂男』の目玉の寓意を探るべく
平凡社のイメージの博物誌のシリーズの
『眼の世界劇場ー聖性を映す鏡』を
買おうと決心を固めてた時だ

このシリーズを信頼してはいたものの
一応、著者のフランシス・ハクスリーを
ネットでプロフィール確認してみたら
ハクスリー一族と判明!

しかもジュリアン・ソレル・ハクスリーの
息子だったのだ!!

ジュリアン・ソレル・ハクスリーてのは
オルダス・ハクスリーの兄で
このジュリアンとオルダスの祖父は
あのトマス・ヘンリー・ハクスリーなのだヽ(´▽`)/

まあ「あの」と言っても
わからナイ人が99.9%だと思われヽ(゚∀。)ノ

進化論を唱えたチャールズ・ダーウィンの
「番犬(ブルドッグ)」と称されてて・・・

教会からも学会からも風当たりの強かった進化論を
当人に代わって擁護した生物学者なのだ

そんな系譜をつらつら見てると
意外にもマシュー・アーノルドの名が・・・?!

彼の著書『教養と無秩序』を
つい先日、購入したばかりだったが
それはトマス・ハーディの
『ダーバヴィル家のテス』の
ブログ記事を書いてて
19世紀ヴィクトリア朝の
イギリスの一般庶民について
特に宗教観を知りたかったからだ!

このマシュー・アーノルドは
ジュリアンとオルダスの兄弟の大叔父だった!!
ハクスリー家は父方だが
母方がアーノルド家なのだった

それらとは別に
オルダス・ハクスリーの著書を
今更ながら買い集め始めてしまった

とりわけ神秘主義思想や
それを体現すべく幻覚剤を用いて
自らが行った実験の記録など
手当たり次第に購入して読んでるが
LSDを筆頭に幻覚剤を多数発明・発見したのが
アルベルト・ホフマン博士で
この人はスイス人の化学者なので
ドイツ人作家のホフマンとは無縁なれど
それにしても「ホフマン」かよ(゚ ゚;)

世界観を構築した10冊(子供の頃の愛読書)

人生において最良の本を
10冊選ぶとしたら?

まず、小学校高学年の時に
選んでたと思われる10冊(タイトル)

生きている地球(学研学習マンガ)
ビーグル号航海記(チャールズ・ダーウィン著)
シートン動物記(アーネスト・T・シートン著)
ハックルベリー・フィンの冒険(マーク・トウェイン著)
宝島(スティーヴンソン著)
幸福な王子(オスカー・ワイルド著)
にんじん(ルナール著)
クォ・バディス(シェンキェビチ著)
埋もれた世界(A・T・ホワイト著)
キュリー夫人 愛と科学の母(清閑寺健著)

これらは人生の初期段階で
世界観を構築するのに役立ったが
後に人生の岐路においても
常に道標となった

虚弱体質だった幼少の砌に
お世話になった小児科の待合室に
置いてあったのが『生きている地球』

【ビッグバン】から始まり
地質時代の様子が年代を追って描かれたマンガで
それはまさに知りたかったコトばかりで
毎度、熱心に読んでは
興奮して更に熱が上がってたw

その本への病的な執着が
遂に医師の妻で薬剤師の女性の心を動かし
「よかったらどうぞ持って帰って
差し上げますから」と言わしめた時
熱意が人の心を動かすと
奇蹟が起きるのだと
初めて確信したのだった

生命の誕生から
人類への進化までを
理路整然と説いた【進化論】には
魂を揺さぶられたが
とりわけ生命の誕生については
オパーリンの【コアセルヴェート説】で
神々しく美しい生命のスープが
干潟になって濃縮してく様子を思い描いては
生命の神秘に涙した

そんな風に理性と感動によって
自分が世界観の外枠を構築した後で
旧約聖書の冒頭の創世記による世界の始まりを
キリスト教かぶれの母親から
いくら恭しく押し付けられたトコロで
突っ込みドコロ満載な寓話としか思えなかったw

【進化論】を構想するに至った経緯を
ダーウィンが綴った『ビーグル号航海記』は
自然の厳しさ(ある意味無慈悲さ)と
そこに生きる生物の
力強さと儚さ、強靭さとしなやかさといった
地球が織りなすドラマに感じ入った

そうして【進化論】を踏まえて
動物の生態に興味を持つようになり
『シートン動物記』も読むべくして読んだが
中でも「狼王ロボ」でオオカミが大好きになり
今に至るるる~

『ハックルベリー・フィンの冒険』や『宝島』は
『ビーグル号航海記』からしてそうなんだが
後に海洋小説とそれを原作とした映画を
格別に好むきっかけになった

まあ自分自身はからきし苦手で
酒より船の方が酔うんだがね( *゚Д゚)つ[酒]

典型的なお人好しの江戸っ子だった自分は
『幸福な王子』でワイルドのペシミズムに衝撃を受け
母親に嫌悪されてると悲観し始めた時
『にんじん』で同士を見出してほっとした

歴史小説『クォ・バディス』(※)は
ローマ皇帝だったのがネロの時代の
キリスト教に傾倒した長編で
実在した登場人物のネロとセネカ
そしてペトロニウスが魅力的だった
映画のタイトルでは『クォ・ヴァディス』、新訳(岩波文庫)だと『クオ・ワディス』

当時はまだキリスト教に対して
今ほど反感は抱いておらず
もれなくこの小説こそが
不信感を募らせる要因になったのだったヽ(゚∀。)ノ

『埋もれた世界』は
トロイア、エジプト、メソポタミア、マヤの
遺跡を発掘する考古学者たちについて
子供にもわかりやすく書かれて(翻訳されて)たが
古代文明の中でも自分は特にトロイアに惹かれた

たくさんの伝記を読んだ内では
『キュリー夫人』に1番感銘を受けたが
それは化学者としてノーベル賞を受賞した女性が
既にいるのは心強かったからだ、なんて
自分もキュリー夫人の後に続くつもりでいて
化学だけは執り憑かれた様に勉強してた

但し、物理学(の数式)を理解できるほど
知能を持ち合わせておらず断念。(´д`;)ギャボ

『クォ・バディス』の著者シェンキェヴィチも
キュリー夫人と同じく
ノーベル賞を受賞してるポーランド人だが
受賞時にはポーランドは地図上から消えてて
2人とも祖国独立を悲願してたのだった。(゚д゚lll)ギャボ

結局、シェンキェヴィチは
独立を目にする前に命尽きたが・・・

上記10冊の他にも
世界観を構築するのに
補助的な役目を担ったのが
山川出版の日本史用語集と世界史用語集と
旧約聖書・新約聖書、古事記、ギリシア神話などで
愛読書と言うよりは便覧のように
何かにつけ参照しまくった

自分はこの時点で最早
読書の醍醐味は
1冊の本を最初から最後まで読みこなして
単体で消化するだけに非ず
一言一句から
著者の真意を汲んで
改めて世界を読み解くコトに
意義があると気付いて
生真面目に読書をしなくなった・・・ヾ(・_・;)ぉぃぉぃ

40年近く経った今
改めてこれら10冊に感謝したいのは
与えられた知識はもちろん
感動、信条、希望、霊感・・・etc.etc.
そしてノスタルジーも加わり
人生をスピリチュアルな面から
支えてくれたコトだ

気のふれた母親に
押し入れに閉じ込められても
電気スタンドで照らされた文字から
確信してた

世界は広く美しい(はず)

いつも心を希望で満たし
明るい未来へ導いてくれ続けた

親友(著者)と時空を超えて
共有してる宝物のような存在が
愛読書だと自分は思う

『ドリアン・グレイの肖像』のあらすじと考察

オスカー・ワイルドの『ドリアン・グレイの肖像』は
純朴な美青年だったドリアン・グレイがその美貌を讃えられ
調子に乗ってヘンリー・ウォットン卿に翻弄されまくり
ダークサイドに堕ちてしまう物語。(´д`;)ギャボ

ところがドリアンの外見が
いつまで経っても若く天使のように美しいままで
寄る年波も邪悪な精神面も微塵も反映されなかった。(゚д゚lll)ギャボ
それは非科学的な事態だが
画家バジルによって描かれた肖像画が
当人に代わって年老いて醜悪な容貌へと変わってたのだ
そんな肖像画の存在をドリアンは秘密にしてて
結局はなぜそんな奇蹟が起きたのかは謎のままに終わるのだが
これは謎解きが主題なのではナイ

ブロマイド写真★『ドリアン・グレイ 美しき肖像』ヘルムート・バーガー/白黒

ドリアン・グレイのモデルとなった「輝ける青春」
若さを失していくのと併行して
美貌も褪せて、輝きようもなくなって
そう呼ぶ者もいつしかいなくなっただろうが
ワイルドはドリアン・グレイには
当人に代わって肖像画に歳を重ねさせたので
苛酷にも見た目だけがいつまでも若く美しく輝いてた(-_-;)

なぜそれがドリアンにとって苛酷だったのかと言えば
時が止まったワケではなかったので
生身の見た目が変わらなかっただけで
実は老いさらばえて醜くなっていってたのだ

「老いる」とはどういうことか (講談社プラスアルファ文庫)

老いとは単に生物学的な老化だけではナイからだ
まず生物学的な老化があり
それで身体が思うように動かなくなるワケだが
見た目にもその鈍重さが顕現してきて
いつしかあからさまに鈍そうに見えるようになるし
実際の鈍さも伴ってくのだ

全体的な鈍化に比べたら
むしろ精神の顔面への反映はもっと迅速だ
卑しさや残酷さなどは思いついた瞬間に表情に映し出されるし
そんなよからぬ想いにばかり捉われてる人間に
醜い表情の癖がついてしまうのは
老いを待つ必要さえナイのだΣ(゚д゚lll)ガーン

ドリアンの肖像画はそういった老いのメカニズムを
上辺だけ当人の代わりに請け負ってくれたので
悪徳に染まっていく過程でどんどん醜く変貌していき
どっぷり悪徳に浸った時にはまだ年齢的に老いがくる前だったが
もう十分に醜怪に朽ちてたのだ((((; ゜Д゜))) ガクガクブルブル

ワイルドはその高い美意識から
ぱっと見だけ小奇麗だが邪悪な表情を持つ人間を皮肉って
そこを赤裸々に映し出すこんな物語を書いたんだろう

自分は学生の時に生物の中でも特に単細胞生物の魅力にとり憑かれてたが
彼らのオートガミーなる細胞の蘇生の秘術は
ワイルドの『ドリアン・グレイの肖像』を読んでこそ理解できた

生命はどのようにして死を獲得したか―老化と加齢のサイエンス

オートガミーは老いた細胞が若い細胞に蘇る機構で
この生命の不可逆反応の摂理を超越した現象を初めて知った時は
どうしてそんなコトが現実に起こるのか理解不可能だったが
単細胞生物が無垢であるならそれもありか?!

昨今のアンチエイジング・ブームの風潮を担う医療技術の進歩が
三位一体とも言える若さと美貌と輝きの中から
若さと美貌だけを切り離して
一見して若く美しく見えるような
様々な手段を提供するようになったが
単細胞生物のオートガミーほどの完璧さがナイのは
多細胞生物の高次設計のせいかw

自分も確かに若さは保持したいと思う
日常生活をしっかり送るための健康な身体と健全な精神に加えて
更にタフに生きようと思ったらしなやかさは失いたくナイ
敏捷さが多少衰えてもしなやかであれば
身体的な苦痛は少なくて済むからだ
また心のしなやかさは瑞々しい感性の所在に他ならナイが
最期の瞬間まで「あはれ」を愉しめる自分でいたい

ドリアンは見た目のみ若く美しいまま年月を経ていくが
その心は既に醜悪に腐りきってしまってた
そこに不快感を感じナイ美意識の低い人間ほど
安易に見た目だけの安っぽい美を執拗に求めるのだね(゚*゚;)

ちなみにドリアンのモデルの「輝ける青春」について
画家バジルのモデルとなった男は「画家の序文」でこう証言してる

ワイルドの創造した悪の主人公とは正反対の存在であったことはいうまでもない

寓話と科学

幼少時に通ってた小児科医の待合室には
学研から出てたまんが『生きている地球』がおいてあった

宇宙が出来て
地球が生まれて
そこに生命が生じて
生物が進化してく

その過程がとても理路整然として描かれてたので大いに納得したが
子供の純粋無垢さを差し引いても疑いの余地がなかったから
記されてるコトが事実だと素直に信じられたのだった

ところが同じ頃に教会で教えられた「天地創造」の方は
自分にとっては釈然としナイ部分が多く
深く追求して質問すればするほど理不尽な回答しか得られず
とても歴史的事実だとは信じ難かった
いや、明らかに寓話だと断定できたのだった

そもそも自然に興味津々の子供で
花や鳥や虫が好きで図鑑が大好きだったせいもあり
現存する生物だけでも膨大な種類があるコトをよく心得てたので
そりゃあ「ノアの方舟」の話には合点が行くワケがナイw
総ての動物をつがいで方舟に乗せるなんてのは
文明の利器が揃った現代においてさえ物理的に全く不可能なのだから
それを真実だなんて受け止めようもなかった

だから「天地創造」の際に
あるいはノアが方舟に動物のつがいを詰め込む際に
【種】の数をカウントしてたなら
これらが寓話でしかナイコトがもっとはっきりと示せただろうにチッ(-д-)、
なんて舌打ちしてはひとりごちてた・・・ヾ(・_・;)ぉぃぉぃ

しかしサンタクロースを信じる子供は愛らしいし
その期待に応えようとしてサンタクロースを演じる親は更に愛らしい(*^^*)
その穢れなき魂のあり方は人として愛らしい!
穢れなき魂には罪はナイし愛らしいコトは美しきコトである!!
そんな美しい事態なら
サンタクロースを信じてナイコトを非難されるのも心地゚+.(・∀・)゚+.゚イイし
こちらもあえて否定する気は毛頭ナイ

信じる信じナイは別としても
自分も神話や伝説の類が好ましいと思える性質ではあり
これらが夢や希望を与えてくれればどんなに不条理だって構わナイ

尤も寓話としての正しさは科学としての正しさとは全く逆なので
科学的に寓話を否定する余地などナイのだ
寓話を彩る迷信の類が近代に至って科学的に実証されるコトはままあるが
時空を経て継承される内にどんどん変化してった寓話は
原初のモノこそが正確だ
正確と言うのは内容が正しいかどうかでなく
例えばディズニーが改変した寓話は
アメリカ国民の能天気さに合わせてか悲劇的要素は排除され
時に悲劇もハッピーエンドの結末に書き換えられ
もはや原典とはまるで違ったモノになってしまってたりするが
寓話としては完全に間違ってる
(まあエンターテインメントとしては楽しませられれば何でもOKで
寓話としての真意を伝える必要なんかナイんだがね)

それに比べて科学となると
その時点での最新理論こそが最も正しい
とお互いが仮定して話を進めるし
それまでずっと正しいとされて皆が信じてたコトでも
実は正しくなかったと証明さえできれば
その証明を裏付ける新説の方が正しい、つまりは元の説は正しくナイ
そうなれば元の説は時代を経て顧みられなくなるモノだ

また寓話と科学は価値も正反対だ

寓話は多少辻褄が合わなくたって非現実的であったって
間違っていようもナイ類のモノで
そこに求めるのは何が正しいかでなく
先人の知恵だったり、信奉の根源的な挿話だったり
先述のディズニーならば単に愉しめる要素だ

反して科学は事象の実体の解明で
それが理性的、客観的、第三者的であるコトに意義がある
(但し、特に学会のような組織が確固たる権威を持つようになってから
権威主義によって価値が決まる場合もあり
極端な話、真偽を実証できナイ複数の説があったとしたら
最も権威ある学者の説が真偽以上にまかり通るコトもあった)

そういう根本的に成り立ちの違う寓話と科学が
同じ土俵でどちらが正しいか決着をつけようとするのは
その取り組み自体がナンセンスである

なので、サンタクロースの存在を信じる子供は無敵だ。(゚д゚lll)ギャボ

自分は無神論者で科学をよく勉強してたが
高校で「応用微生物」を勉強してる時にこんな風に愉しんだ

これらの生物も「天地創造」の時に神が創ったとしたら?
性別もナイ微生物をノアはつがいでなくてコロニーで方舟に詰め込んでたのか?
生物か非生物か不明のウイルスも方舟に乗れたのだから今に至るとしたら
どうやって箱舟に乗り込んだのだろうか?
そもそも神としてはウイルスを生物のつもりで創ったのか?

・・・次々と想像してたら仕舞いには噴出さずにはいられなくなるが
科学の概念で非科学的な物語に想いを巡らすのは愉しい(^▽^*)

どちらを信奉するかきちんと決める必要ナイし
決めたからって信奉しナイ方に敵対する必要ナイし
必要ナイコトを上手くできナイからってそれに対して懺悔するなんてのは
全くもって不要だと思うのだがそれを生真面目にやってたのが
このトルストイの『懺悔』だったりするのだ

懺悔 (岩波文庫 赤 619-0)

絶対に答えが出ナイ問題をずっと考えてたらツライ
世界の始まりはどうだったか?
どうやって生命は誕生したのか?
なぜ生物種はこれほどまでに多種多様なのか?
・・・etc.etc.なんてのは問題が大き過ぎるだけに
これはもうシラフで悩んでたらもれなく気が狂って当然だろう

以前読んだ時はトルストイに同調して
同じ真実の深淵に嵌って気が狂いそうになった・・・んでやめたヽ(゚∀。)ノ

深淵を彷徨い続けてはいけナイ
実際に深淵の虜となったニーチェなんかはもう・・・ヤヴァイ
抜けられナイ恐ろしさと虚しさでうっかり死にたくなったりするが
これでちょっと気がふれてて簡単に死ぬ方法があれば
もれなく死んでしまうからだ

嘔吐

同じ感覚をもっとよりリアルに味わうならサルトルの『嘔吐』だが
今読み返してみると全然リアル(現実的)ではナイね
なんせトルストイはもちろんサルトルも発想が庶民とは隔絶してて
それはとりもなおさず生活が庶民とは一線を画してたからだ

働けど働けど我が暮らし楽にならざりじっと手を見る

そんな啄木の気持が切実にわかるほどになると
『懺悔』も『嘔吐』も働かざる者の倦怠からくる憂愁だとわかる

トリストラム・シャンディ

2006年にまとめて購入した筑摩文学大系の中に
ロレンス・スターンの『トリストラム・シャンディ』と
ディドロの『運命論者ジャックとその主人』があり
2007年の終わり頃に先に『運命論者ジャックとその主人』を読んで
続けて『トリストラム・シャンディ』を読んでたのだが
これが1ヶ月かかっても第1章を読んでたくらい
超スローペースだったヽ(゚∀。)ノ

トリストラム・シャンディ 上 (岩波文庫 赤 212-1)トリストラム・シャンディ 中 (岩波文庫 赤 212-2)トリストラム・シャンディ 下 (岩波文庫 赤 212-3)

それとゆーのも本文中に気にかかる単語が頻出するので
その度に寄り道読書をする羽目になったのだ

寄り道読書とは1冊の本を最初から最後まで読むのに
本文から注へとページを行き来するのだが
注では飽き足らずに他の本で確認したり
そうして開いた本に更に別の本で確認したい事項があり・・・
などしてて、本の山が出来てしまうばかりで
当初、読もうとした1冊がなかなか読み進まナイ読書形態だw

自分はこの寄り道読書こそが本を読む愉しみだと思ってるので
読了までに20冊くらいは参照するのが常だ

『運命論者ジャックとその主人』もそれで
ルソー、ヴォルテール、プラトン、アリストテレス・・・etc.
など、読み返しながら読み進んでったのだが
それ以上に、既にストーリー自体が寄り道しまくりで
脱線に次ぐ脱線で本筋がなかなか展開せず。(゚д゚lll)ギャボ

運命論者ジャックとその主人

でもそこが愉快痛快に感じられた自分は
『運命論者ジャックとその主人』の風変わりな構想が
『トリストラム・シャンディ』に影響されたのだと知って
これを続けて読まずにいられなくなった(*^^*)
ディドロは英語に堪能なので『トリストラム・シャンディ』を読んで
そのパロディ版(?)をフランス語で書いたのだろう

ところが『トリストラム・シャンディ』は
予想を遥かに上回る寄り道読書っぷりを発揮させたので
のろのろながらもようやく第1章を読み終えた時に
まだ本文に入る前にある引用について謎が解けずにいて
寄り道と思ってたらすっかり迷子になってたのだ。(´д`;)ギャボ

そもそもがその引用とはエピクテトスなのだが
自分はエピクテトスを読み込んでたつもりでいたのに
これが全く意味不明だった・・・バタリ ゙〓■●゙

行為にあらず、行為に関する意見こそ、人を動かすものぞ。

しかもどこに書いてあったのか、まるで覚えがなく
改めて中公バックス世界の名著のエピクテトスの巻を読み返すも
この部分がどうしても見つからナイ
筑摩世界文学大系のギリシア思想家集の方は訳者も違うので
もしやと思ってこちらも一通り読むが見つからず

でもここへきて見落としてたコトが明らかになった
筑摩の方はページ数も少ナイので抄訳だとすぐ気付いたが
中公の方も抄訳だったのだ・・・ヾ(・_・;)ぉぃぉぃ

この引用部分がちょうど抜け落ちてるのかΣ(゚д゚lll)ガーン

自分が持ってる以外のエピクテトスの本に
岩波文庫の『人生談義』があったが
その時点ではこれが完訳版だとは知らなかったし
重版未定でアマゾンでは上下巻共に¥3,000以上もしたので
そこまでして買う気は起こらなかった

当然ながらググってもみたが
エピクテトスの何の何章からの引用かはどこにもなくて
謎のままに終了・・・

人生談義〈上〉 (岩波文庫)人生談義〈下〉 (岩波文庫)

それから5年後(2013年)の岩波文庫の春の復刊に
『人生談義』があったので即購入すると
完訳版だったのでこれで謎が解明できると確信して
最初から最後まで一気に読んだ・・・が、該当箇所が見つからず
またしても謎のままに終了・・・

☆・・・☆・・・☆

電子書籍を読むようになって
重宝してるのがSONY ReaderのEvernoteとの連携機能だ

テキストの一部を選択してEvernoteへ送信すると
新規ノートが作成されて保存されるので
この引用ノートを後から編集すれば
自分なりの注釈書がEvernote内にできるのだが
これが寄り道読書には最高のツールで
『トリストラム・シャンディ』を読むのなら
SONY Reader Storeで購入するに限る、てワケで購入

但し、読み始めるにはやはり前回から謎の部分が気になるが
これがエピクテトスの『人生談義』の下巻『提要』の5にあった!

人々を不安にするものは事柄ではなくして、事柄に関する考えである。

これを探し当てた紆余曲折の過程はこちら→『トリストラム・シャンディ』の巻頭の引用

さ、安心して読み始めようっと♪

聖書VS.世界史

本屋で新書として平積みになってた中に
岡崎勝世の著書『科学VS.キリスト教』があったのを発見!

科学vs.キリスト教 世界史の転換 (講談社現代新書)聖書VS.世界史 (講談社現代新書)世界史とヨーロッパ (講談社現代新書)

同著者による『聖書VS.世界史』はお気に入りの1冊で
最近になって電子書籍でも購入し直したくらいだったので
買う気満々で1度は手に取ったが
電子書籍でも出るかもしれナイと考え直し
ググってみたらkindleでは早くも今週末に発売となってた!
できればSONY Readerの専用端末で読みたいので
まあ慌ててアマゾンでポチらずとも・・・

☆・・・☆・・・☆

小学校に上がる前から地質時代年表を諳んじてたが
それとは別に世界中にある創世神話が大好きで
『旧約聖書』の「創世記」もその内の一つとして愉しんでた

その後、テレビでアニメ『ギャートルズ』を観て
そんな状態がいつからいつまでだったのかに疑問を持って以来
文明の創生期を科学的に解明する方が興味深くなった

旧約聖書 創世記 (岩波文庫)はじめ人間ギャートルズ vol.1  (アニメ) モバコン(ワンセグ携帯端末対応コンテンツ入りSDカード) CTAN-308372世界史B用語集 改訂版

すぐに山川出版の『世界史用語集』によって
1万年前くらいから古代国家の設立直前までが『ギャートルズ』で
古代国家としては約五千年ほど前のモノが最古だと知って
誕生から現在に至る地球の歴史を認識して
その時に構築された世界観が今もほぼ変わらずにある

当時は併行して母親からキリスト教の信仰も勧められたが
母親は幼かった自分から見ても物知らずで見識の狭い女だったので
そんな女が救いを求めて縋ってるモノは胡散臭く感じたし
実際にシスターの信仰心の根源が胡散臭過ぎて
拒絶して然るべきと毅然と突っぱねた

「シスター、他の宗教は信じず、キリスト教だけを信じるのはなぜです?」

「蘇った人間はイエス・キリストだけだからです」

ポカーン。(゚д゚;)

こういうのを「講釈師、見てきたような嘘を言い」てんだw

逆に仏壇と神棚に向かって手を合わせてる祖母に聞いてみた

「神様とか仏様とか信じてるの?」

「仏壇も神棚もご先祖から受け継いでくモノだよ」

ポカ~ン。(゚ o ゚*)

例え、血縁関係がなくとも、縁あって家族になったのだから
引き会わせてくれた感謝の気持ちを伝えてくのだ、とは
実に日本人らしい清らかな信仰心に思えた

妄信してる人間と信じてなくても気持ちを汲む人間と
後者の方が美しく感じたので祖母に賛同した

そうして信仰として受け入れたくなかったからこそ
矛盾してる部分を指摘するためにも聖書の読破を試みたのだが
読み終える頃には学問(※)の対象として捉えてて
思えばスコラ哲学に目覚めたのはこの時だったのかもしれナイ
宗教・思想・哲学・民俗学・古代史などの様々な分野が含まれる

☆・・・☆・・・☆

『聖書VS.世界史』はそのタイトルが表す通り
聖書が伝える普遍史と実質の世界史との食い違いをVS.としてて
原理主義者(※)が中国のような聖書にはナイ古代国家を
なんとか普遍史に辻褄合わせしようと躍起になってる過程が
傍から見てると滑稽でおかしいw
聖書の記述を頑なに信じてる信者

ヨーロピアンの中世までの選民意識はマジキチとしか言いようがナイ
元々何の根拠もナイのに奢り高ぶり
それを正当化するために狂信的に奔走するのだが
無理を通せば道理が引っ込む、てのはこいつらのためにある言葉だな。(´д`;)ギャボ

アイザック・ニュートン―すべてを変えた科学者 (ビジュアル版伝記シリーズ)プリンキピアを読む―ニュートンはいかにして「万有引力」を証明したのか? (ブルーバックス)光学 (岩波文庫 青 904-1)

特に後半部分でおもしろいのが
ガチでキリスト教を妄信する物理学者アイザック・ニュートンが
普遍史の中に世界史を組み込もうと科学的証明を試みてるが
盲目的に信奉してる宗教の正しさを確証するために
科学的・理性的に弁護してるのなんて、スコラ哲学臭プンプンだ。(゚д゚lll)ギャボ

タイトルからすると聖書と世界史ではどっちが正しいか
結論を導く道程が書かれた本だと思ってたが
聖書の普遍史から、実際の世界史へのこじつけが
ヨーロッパではどうやってまかり通ってきたかの変遷で
むしろその時代における認識の過程についてが記されてるるる~

それにしてもキリスト教信者は
どうしてこうもユダヤ教の経典(旧約聖書)に拘るのかw
信仰の対象であるイエス・キリストはユダヤ人でユダヤ教徒だったが
未だに当のユダヤ人はイエス・キリストが神の子だと認めてナイのに
なぜ勝手にキリスト教の経典にしてるのだろうヽ(゚∀。)ノ
その根本的に履き違えた部分を念頭において読み進むと
食い違ってる歴史的事実の方を捻じ曲げてるようにしか見えず
キリスト教信者の空回りしてるのが虚しさ一入である(-人-;)ナムアーメン

極論を言えば
キリスト教徒こそがキリスト教を曲解してる気が・・・ヾ(・_・;)ぉぃぉぃ

  • プロローグ
  • 世界史年代表
【第1章】普遍史の成立
[第1節]聖書の描く人物史
聖書の構成
人類史の第一期=ノアの大洪水まで
第二期=ユダ王国滅亡まで
第三期=四世界帝国の時代
「終末」とヨハネの黙示録
聖書の種類
[第2節]キリスト教年代学と普遍史の成立
キリスト教の成立
エウセビオスとヒエロニムス
カルデア人の古さの問題
アッシリアの問題
エジプト人の古さの問題
アウグスティヌスの「神の国」
「第四の国」=ローマ帝国
古代的普遍史の集大成
キリスト教擁護活動として
始点と終点のある時間
終末観と人類史6000年間の観念
三大陸からなる平円盤状の世界観
「化物世界誌」の継承
【第2章】中世における普遍史の展開
[第1節]キリスト紀元の発生
種々の年号
ディオニシウス・エクシグウス
ディオニシウスの算定方法
イングランド教会の役割
キリスト紀元使用の一般化
[第2節]中世における普遍史叙述
ベーダの年代記
ベーダの役割
オットー・フォン・フライジングと中世的普遍史の完成
楕円ヨーロッパ
オットーの使用した年号
12世紀を代表する世界史
[第3節]中世の化物世界観と普遍史
TO図
ヘレフォード図による普遍史の図像化
化物世界誌
イシドールス「語源論」の世界
東西交流の再開
マルコ・ポーロ
化物世界誌にからめ取られた新情報
マンデヴィルの「東方旅行記」
「カタロニア図」の世界
妖怪変化に満ちた世界
【第3章】普遍史の危機の時代
[第1節]ルネサンスと普遍史の危機
イタリア・ルネサンスとマキャベリ
「政治的世界」の発見
「人間の発見」
新しい歴史観
エジプト史の亡霊
ヘロドトスの描くエジプト史
ディオドールスの描くエジプト史
マネトの再生
[第2節]宗教改革と普遍史の危機
ヨハネス・スレイダヌス
プロテスタントの代弁者として
聖書をめぐる議論の新時代
年代学論争と聖書の批判的研究の開始
トマス・ホッブズ
スピノザ
リシャール・シモン
[第3節]大航海時代と普遍史の危機
コロンブスによる「人間」の発見
新大陸の認知
メルカトルの世界図
インディアンはアダムの子孫
バリャドリの論戦
モンテーニュ
様々なインディアン起源論
アコスタのアジア起源説
危機を持ちこたえた普遍史
[第4節]中国史の古さの問題と普遍史の危機
ポルトガル人と中国
イエズス会の中国布教
メンドーサ「シナ大王国誌」
マルティニ「中国古代史」
パスカルと中国
ライプニッツと中国
フォシウスの問題提起
ゲオルク・ホルンの解決策
ホルンの後継者たち
[第5節]科学革命と普遍史の危機
ニュートンの世界史叙述
天文学による年代決定
エジプト史の短縮
預言の研究
プロテスタント的普遍史
ニュートンの時間と世界
アリウス派だったニュートン
歴史学における位置
[第6節]年代学論争
スカリゲル「時間修正論」と年代学の形成
ユリウス周期
スカリゲルの年号体系
プロテスタントとカトリックの「時間」を巡る争い
「時間論の宝庫」とエジプトの問題
ペタヴィウス
アッシャー
ボシュエ
ペズロン
【第4章】普遍史から世界史へ
[第1節]啓蒙主義的世界史の形成
ヴォルテールによる歴史学のコペルニクス的転回
ニュートン物理学的な時間
年号表記の問題
普遍史的世界の否定
中国の問題の意味の変化
[第2節]普遍史の崩壊
ケラーと「古典的三区分法」
ガッテラーとゲッティンゲン学派
「普遍史序説」
「世界史」での変化
普遍史の自己の歩み
シュレーツァーと世界史
創世紀元の否定
キリスト紀元の自立と「古典的三区分法」
創世紀元の重み
聖書の批判的研究の新展開
ミハエリス
【第5章】普遍史と万国史
[第1節]「史畧」と「萬國史畧」
明治初期の世界史教育
紀元論、凡ソ四千年ノ頃ニ当リテ
「萬國史畧」の底本
「パーレー萬國史」の位置
[第2節]明治政府と万国史
洋学の状況
精神構造の一致
  • エピローグ

A Little Love

ある人間を毛嫌いするのはなぜか?
その人を受け入れるだけの器を持ってナイからでしかナイ

好き嫌いが激しい人は良く言えば正義感に溢れてて
まずいつでも自身が正しいとゆー前提があり
相手を正しいと認めるか否か?
常にそういう緊張感に苛まれて精神的に疲弊してるのだが
その裁量を相手と自身だけでは飽き足らずにか
周囲に対しても求めてしまったりすると
判定に満足できれば気持ちが持ち直せるかもだが
予想外に自身が責められたりすれば
そりゃあもうへとへとだろうて・・・バタリ ゙〓■●゙

人付き合いに疲れてしまうほどに
全うすべき正義などナイと思うのだがね?!
ましてや友達とか恋人とかにそんな風に挑んでるのは
いったい相手に何を求めてるのかね???

もし「誠実さ」ならば
もれなく逆をついてしまってると思われ
誠実さを求める=裏切りを恐れる故、なのだが
相手の裏切りを恐れるのは
自身こそが相手を信頼してナイからでしかナイ!

信じる、てのは当たり前だが決して疑わナイコトで
相手がその気持ちを汲んでくれて
憐憫の情が働いてこそ裏切れなくなるのだよ!!

自分もそうだったが
女はどうも正義の盾を翳したがる傾向があり
男女間のケンカを観察してると
女の方が時系列に何がどうだったかを確認しては
自身が間違ってナイコトだけを殊更に主張したがるものだw

ちなみにそういう時の男にとっては
女がそれまでの経過で正しかったかどうかなんて
例え愛する大切な女であったとしてもどうでもよくて
今、どうなのか?だけが重要な問題であり
「お前の裏切りが悲しいけど、許す」
もしくは
「あなたを信じてるわ、愛してるから」
どっちかにしか耳を貸したくナイものなのだろうが
それを解さずに女が正義の盾を翳したままだと
膠着状態が続いて、お互いに不愉快だし、疲れるだけだ(゚*゚;)

相手を変だとか不快だとか思ったら
むしろその変な部分を弄って愉しんでしまえば
人間関係なんかで消耗したりしナイで済むし
表面的に噛み合わナイ相手だとしても
意外と深い部分で共鳴してる場合もあって
似てるからこそ反発してしまってるのかもしれナイので
あからさまに毛嫌いする必要もナイかと・・・

もちろんトラブルの元になりやすい厄介なヤツなら
遠ざけておいた方が賢明とも言えるのだが
その場合に好き嫌いの感情論は差し挟まナイ方がより賢明だ

でもヨユーがあれば誰に対しても分け隔てなく
ごった煮状態で皆で愉しむのが理想的だし
その際には狭量の正義を振り翳して治める努力をするなんて
全く無意味なコトになるだろうヽ(゚∀。)ノ

☆・・・☆・・・☆

人の本質は変わらナイし、変えようがナイものだ

そんな見解を持つ人に明らかな特徴も
やはり良く言えば正義感に溢れてるのだが
まずいつでも自身が正しいとゆー前提があるためか
自身の方こそが先立って変わる必要性を全く感じておらず
相手がこちらに合わせる術を掴めてナイのを嘆くのだ

自分も今まではそう思ってた口だが
最近になって気づいたのは
毎度こちらが同じ接し方をするから
その度に相手も同じように返してるだけではナイだろうか?

つまり、変わるべきは自分ではなかろうか。(゚д゚lll)ギャボ

そして本来なら(人は変わらナイ、と思ってればこそ)
他人を変えようとするより、自分自身を変える方がまだしも楽なはずで
それなら例えばこちらが意地を張らずに先に折れれば
向こうも対抗してくる必要がなくなるから
諍いの起こりようもなくなると予測できるるる~

ところが不思議と良くナイ癖ほど染み付いてて
無意識にやってしまうものだ・・・ヾ(・_・;)ぉぃぉぃ

またやってしまった。(´д`;)ギャボ

しかしそうと気づいた時に
既にケンカモードに突入してても遅くはナイから
全力で素直に一言を言い放つのだ!

「あ、また無駄に意地を張っちゃったよ、ごめんよ」とかね!!

意外な展開に不意を突かれて
それが潜在的に望んでた事態だったとしたら
名台詞ではなくても心に響くもので
感動できるし、その感動が相手の態度を変える、きっとヽ(´▽`)/

☆・・・☆・・・☆

Can't Wait All Night

Juice Newton自体が日本ではほとんど知られてナイけど
この曲(A Little Love)は歌詞が凄く゚+.(・∀・)゚+.゚イイ

Heaven is a Place on Earth

自分が物心ついた頃に
小学館の学習マンガ『生きている地球』を読んで信じたのは
宇宙がガモフの言うトコロのビッグバンから始まり
生命の誕生はオパーリンのコアセルヴェート説だったが
この時にキリスト教圏で生息してたら
敬虔な信者になって創世論を頑なに信じただろうし
本を読まずにテレビだけ見てたら
何も考えずに芸能人を拝んでたかもしれナイ(-人-;)

ビーグル号世界周航記――ダーウィンは何をみたか (講談社学術文庫)

また小学生の時には
ダーウィンの『ビーグル号航海記』が愛読書で
生命のダイナミズムに感銘を受けて【進化論】を信奉してたが
世界中の荒唐無稽な神話にも興味を持ってて
特に『古事記』と『ギリシア神話』
そして『旧約聖書』の「創世記」の部分はお気に入りで
寓話と認識しながらその世界観で精神を開放して愉しんでた

既にどんな神も全く信じてなかったが
神に依らずともきっとこの世界は本来美しいモノだ、と確信してたので
意識して世界観から神を排除しようとも思わなかった
神自身は虚偽であったにせよ、信仰が派生したのは紛れもナイ史実で
その原動力となったのは神のような存在の到来を望む人々の
思い(希望・願望・野望)だったはず!
そして自分が人類の歴史に想いを馳せるのは
生命の連鎖以外にそういう気持ちの連鎖があったコトに感動したいからだ!!

中学~高校でバイオテクノロジーの時代を迎え
分子生物学によって生命の誕生や進化が解き明かされてくると
創世論者が事実の方を捻じ曲げようと
躍起になるのを目の当たりにして辟易しつつも
逆に神を否定しかねナイ科学を解する理性を持った学者たちが
自身の中で信仰と科学をどう結び付け、またどう切り離してるのかに
大いに興味が沸いたが
その時に出会ったのがパスカルの『パンセ』だった

パスカルの時代はキリスト教から派生したスコラ学が主流だったが
時代より先行して近代科学を学んでたパスカルは
要するに神に辻褄を合わせて理論付けるスコラ学派ではなく
事実から導いた理論をこそ実証する近代科学の先駆者だったのだからして
そうして科学的な理性をもってしてて
なぜ一方で非科学的な存在の神を信じられるのか?

『パンセ』を読み始めた頃はそこが甚だ疑問だったのだが
敬虔なキリスト教信者である科学者は珍しくナイ
ニュートンやリンネ、そしてダーウィンにしても元は神学を学んでた
むしろ神の創りたもうた世界を正しく認識したくて
もれなく科学者になったのがこの時代までの科学者だろう
ダーウィン然り、「創世記」に反論するためではなく
神の存在を決定付ける証拠を突き止めようとして
多様な生物について研究してたのだ

☆・・・☆・・・☆

ウイルスは生物ではナイが増殖する

但しウイルスの個体は増殖するための装置のみでできてるので
この装置がONになる環境がなくては増殖できず
換言すれば生物が増殖するのは
増殖するための環境と装置を生物の個体が併せ持ってるからだ

利己的な遺伝子 <増補新装版>” /></a><a href=神は妄想である―宗教との決別悪魔に仕える牧師

神を全面否定する分子生物学者リチャード・ドーキンスは
上記を踏まえて著書『利己的遺伝子』において
利己的遺伝子による理路整然とした世界観を構築してる

遺伝子(増殖するための装置)によって
生物の個体(増殖するための環境)は操られてるので
まるで生物の個体は単なる遺伝子の乗り物のような存在であり
それに比して遺伝子の方は利己的である、とな

人類が生物の中で特別な存在で生物界を支配してる
なんてとても思えなかったから
ヒトを含む全ての生物が自身の持つ遺伝子に支配されてる
その理性的な発想にはメカニズムを含めて賛同できる

しかし生物は個体としても生きる意志を持ってて
同じ種である仲間同士はもちろんだが
同じ生態系においては一見して敵対してると見做されつつも
その中で【共生】してる=助け合ってるのでは?

全ての生物は助け合って共存するのが自然の摂理に適った真理である
とゆー考えを根強く持ってた自分としては
利己的遺伝子の戦略に操られてる「だけ」となってしまうと
それはあまりにも情が無さ過ぎて納得行かなかった

正しいか間違ってるか、に対して
正しいかもしれナイけどあんまり非人情ですヽ(゚∀。)ノ
なんて、最先端科学を学んできた人間にしてはバカとしか言いようがナイ反論だが
こちとらがっつり江戸っ子として生きてきちまったんで
正論だろうと人情を欠いてちゃ合点が行かねんでいっ・・・ヾ(・_・;)ぉぃぉぃ

どうも腑に落ちナイ・・・何か冷たいモノを感じてしまうのは
世界には美しさや優しさが満ちてるはずで
神がいてもいなくても・・・いや、神がいなければこそ
この世が天国(※)であって欲しいヽ(´▽`)/
ドーキンスからはそんな気持ちが汲み取れナイからだと思われ
理想郷、楽園、エデンの園、ユートピア、極楽浄土・・・等

Heaven on Earth

パスカルが神の存在を肯定したいのは
人類の望む方向がそういう意味で天国であって欲しいからだとしたら
潜在的世界観では自分と同じモノを持ってると感じるのだ