コンテンツへスキップ

2006年にまとめて購入した筑摩文学大系の中に
ロレンス・スターンの『トリストラム・シャンディ』と
ディドロの『運命論者ジャックとその主人』があり
2007年の終わり頃に先に『運命論者ジャックとその主人』を読んで
続けて『トリストラム・シャンディ』を読んでたのだが
これが1ヶ月かかっても第1章を読んでたくらい
超スローペースだったヽ(゚∀。)ノ

トリストラム・シャンディ 上 (岩波文庫 赤 212-1)トリストラム・シャンディ 中 (岩波文庫 赤 212-2)トリストラム・シャンディ 下 (岩波文庫 赤 212-3)

それとゆーのも本文中に気にかかる単語が頻出するので
その度に寄り道読書をする羽目になったのだ

寄り道読書とは1冊の本を最初から最後まで読むのに
本文から注へとページを行き来するのだが
注では飽き足らずに他の本で確認したり
そうして開いた本に更に別の本で確認したい事項があり・・・
などしてて、本の山が出来てしまうばかりで
当初、読もうとした1冊がなかなか読み進まナイ読書形態だw

自分はこの寄り道読書こそが本を読む愉しみだと思ってるので
読了までに20冊くらいは参照するのが常だ

『運命論者ジャックとその主人』もそれで
ルソー、ヴォルテール、プラトン、アリストテレス・・・etc.
など、読み返しながら読み進んでったのだが
それ以上に、既にストーリー自体が寄り道しまくりで
脱線に次ぐ脱線で本筋がなかなか展開せず。(゚д゚lll)ギャボ

運命論者ジャックとその主人

でもそこが愉快痛快に感じられた自分は
『運命論者ジャックとその主人』の風変わりな構想が
『トリストラム・シャンディ』に影響されたのだと知って
これを続けて読まずにいられなくなった(*^^*)
ディドロは英語に堪能なので『トリストラム・シャンディ』を読んで
そのパロディ版(?)をフランス語で書いたのだろう

ところが『トリストラム・シャンディ』は
予想を遥かに上回る寄り道読書っぷりを発揮させたので
のろのろながらもようやく第1章を読み終えた時に
まだ本文に入る前にある引用について謎が解けずにいて
寄り道と思ってたらすっかり迷子になってたのだ。(´д`;)ギャボ

そもそもがその引用とはエピクテトスなのだが
自分はエピクテトスを読み込んでたつもりでいたのに
これが全く意味不明だった・・・バタリ ゙〓■●゙

行為にあらず、行為に関する意見こそ、人を動かすものぞ。

しかもどこに書いてあったのか、まるで覚えがなく
改めて中公バックス世界の名著のエピクテトスの巻を読み返すも
この部分がどうしても見つからナイ
筑摩世界文学大系のギリシア思想家集の方は訳者も違うので
もしやと思ってこちらも一通り読むが見つからず

でもここへきて見落としてたコトが明らかになった
筑摩の方はページ数も少ナイので抄訳だとすぐ気付いたが
中公の方も抄訳だったのだ・・・ヾ(・_・;)ぉぃぉぃ

この引用部分がちょうど抜け落ちてるのかΣ(゚д゚lll)ガーン

自分が持ってる以外のエピクテトスの本に
岩波文庫の『人生談義』があったが
その時点ではこれが完訳版だとは知らなかったし
重版未定でアマゾンでは上下巻共に¥3,000以上もしたので
そこまでして買う気は起こらなかった

当然ながらググってもみたが
エピクテトスの何の何章からの引用かはどこにもなくて
謎のままに終了・・・

人生談義〈上〉 (岩波文庫)人生談義〈下〉 (岩波文庫)

それから5年後(2013年)の岩波文庫の春の復刊に
『人生談義』があったので即購入すると
完訳版だったのでこれで謎が解明できると確信して
最初から最後まで一気に読んだ・・・が、該当箇所が見つからず
またしても謎のままに終了・・・

☆・・・☆・・・☆

電子書籍を読むようになって
重宝してるのがSONY ReaderのEvernoteとの連携機能だ

テキストの一部を選択してEvernoteへ送信すると
新規ノートが作成されて保存されるので
この引用ノートを後から編集すれば
自分なりの注釈書がEvernote内にできるのだが
これが寄り道読書には最高のツールで
『トリストラム・シャンディ』を読むのなら
SONY Reader Storeで購入するに限る、てワケで購入

但し、読み始めるにはやはり前回から謎の部分が気になるが
これがエピクテトスの『人生談義』の下巻『提要』の5にあった!

人々を不安にするものは事柄ではなくして、事柄に関する考えである。

これを探し当てた紆余曲折の過程はこちら→『トリストラム・シャンディ』の巻頭の引用

さ、安心して読み始めようっと♪

2007年はなぜかフランス革命づいてたw

正月早々に映画『マリー・アントワネット』を観た
画面的には砂糖菓子のようだが音楽はパンキッシュな映画で
ゴスロリ好きにはたまらナイ作り・・・

マリー・アントワネット (通常版) [DVD]

マリー・アントワネット (初回生産限定版) [DVD]

フェルゼンとの不倫のシーンで使われる曲が
アダム・アントの『Goody Two Shoes』だったのが個人的には1番嬉しかったり(*^^*)

Marie Antoinette

春先にはこの映画で使われた衣装が
なぜか明治記念館に展示されてたので観に行った



お茶をしてから新宿御苑のフランス庭園を巡り
渋谷Bunkamura Museumのティアラ展にも行ったりして
なんとも優雅な1日だった・・・ホゥ(*-∀-)

こういうのは庶民だからこその愉しみなのであるるる~

ここからフランス革命はもちろん
フランス革命前の啓蒙思想家の本も次から次へと購入して
ヴォルテールの『ルイ十四世の世紀』の第1巻もこの年の5月に購入したのだが
とにかく何かに執り憑かれたかのように買い漁り
しまいにはそのために本棚を買う羽目に・・・ヾ(・_・;)ぉぃぉぃ

元よりお気に入りのラファイエット熱もぶり返すし
ユゴーの『93年』を読んでヴァンデ軍にハマったりもしたが
そこへきて更に新宿紀伊國屋書店の紀伊國屋画廊にて
2007年10月25日(木)~10月30日(火)と短い期間だったが
『フランス革命下の民衆と自由・平等(歴史資料)
―専修大学「ベルンシュタイン文庫」が語るフランス革命―』
なる展示があった

専修大学の創立130年記念事業だそうだが
なんてタイムリーに(ユゴーの『93年』読んでる時に)
まさに欲してた展示をやってくれたのだろうか。・゚・(ノД`)・゚・。

当初ベルンシュタインときて「あれ?ドイツ???」と思ったが
フルネームはミシェル・ベルンシュタイン=ロランで
フランスの古書籍商で書誌学者だ(2003年没)

展示品はこの方のコレクションで
フランス革命期に刊行、または記録された印刷史料と手稿史料で
具体的には人権宣言の公布書や『93年』に出てくるアッシニヤ紙幣
ロベス・ピエール、サン・ジュストの処刑判決書も見れたが
やはりルイ16世とアントワネットの処刑判決書にぐっとくるモノがあった(;つД`)

全く予想外にロゼッタストーンの写しもあり大興奮!!
と同時に残念で仕方がなかった!
なぜフランス語を解さナイんだ、自分・・・。(´д`;)ギャボ
まあでもほんのいくつかの単語が読めた時には
嬉しくて飛び跳ねそうになったり(*^^*)

ところでルイ16世が処刑直前に書いた家族への遺書は
結局家族の手に渡らなかった、と自分の頭にはインプットされてて
だからこそ、そのまま現存してたのだろうか?
展示されてたのは写しだったが・・・真偽は不明だ

それとは別にヴァレンヌ逃亡直後に書かれた遺書「すべてのフランス人に告ぐ」の方は
2009年にアメリカで直筆のモノが発見されたらしい

無料でこれだけのモノが見れるとは感無量(いや、別に洒落のつもりではw)だったが
その上お土産がすごかった!!

  1. 当時描かれたフランス革命史画のポストカード4点
  2. 当時描かれたフランス革命史画の解説
    (画廊前廊下に展示してあったモノの史料でプリント2枚)
  3. 革命の詳細な年表(プリント1枚)
  4. 図録(20ページフルカラーで表紙はこの記事トップの画像)
  5. 以下のクリアファイル2種


こりゃ専修大学には足向けて寝られナイわな・・・(-人-;)

と、そういうワケで2007年の終わりに近い頃は
ディドロの『運命論者ジャックとその主人』を読んでて
続けてこの元ネタとなった『トリストラム・シャンディ』に至り
読み始めて10日目くらいにまだ第1巻の第9章を読んでたが
ここで次の引用にぶち当たった

 かがやく月の女神よ、 おん身もしカンディードとキューネゴンド女史の身の上に心身を労してなお余力あるならば、――願わくばトリストラム・シャンディの身に起こることもまたおん身の庇護下に包容したまわんことを

カ、カンディドかよ。(゚д゚lll)ギャボ
なんだ、先に『カンディド』読んでおけばよかった。(´д`;)ギャボ
と、元の木阿弥のヴォルテールの『カンディド』を
『トリストラム・シャンディ』を中断して先に読むコトにw

何が元の木阿弥かって
自分を『トリストラム・シャンディ』に導いた『運命論者ジャックとその主人』と
同じ本に収まってるるる~

ちなみに元の木阿弥は、三省堂の辞書に以下のようにあった

一説に、戦国大名の筒井順昭が病死したとき、その子順慶が幼かったので、死をかくして順昭に声の似た盲人木阿弥を替え玉として病床に置いた。順慶が成長したのち、順昭の死を公にし、木阿弥はまたもとの生活にもどったという故事から

fatalist

ディドロの『運命論者ジャックとその主人』には好きな名台詞がある

毎日のようにひとは愛していない女と寝るし、愛してる女とは寝ないからな・・・。

男ってそういうものだよな。(´д`;)ギャボ

しかしわかってるのにどうしても腹が立つのが女ってものだよな。(゚д゚lll)ギャボ

人はみなそれぞれ、侮辱や善行を自分の流儀で評価いたします。

【流儀】は
その人の【信念】と置き換えるとわかりやすいが
その人の【生きザマ】と言い換えればもっとはっきりする

信心深い人や道徳心の強い人や無神論者や
情に流されやすい人や勘定高い人や冷血漢や・・・etc.

誰の評価が1番正しいのか?

1番客観的な評価か?

自分が受けた傷の痛みは
浅ければ忘れた頃に客観的に語る時も来るかもしれナイが
深ければどんなに忘れたくても思い出しては苦々しい気分を味わい続けるものだ
施された善行についても
窮地を救ってもらったりした場合に
その助っ人がどんなに他で罪を重ねていようが戒めるコトなぞできやしナイ

1番法律に則った評価か?

先進国家では基本的に法律に則ってなくてはならナイが
人の気持ちを無視するような法律なら
その法律の方を変えるべき

1番人の気持ちを汲んだ評価か?

そうあって欲しいがそういうコトは残念ながら稀だ・・・
こういうのが叶うと奇蹟と呼ぶのか?