コンテンツへスキップ


筑摩世界文學大系【12】グーテンベルク21角川文庫
ぷろろぐ(総序)ジェネラル・プロローグ序の歌
騎士の話騎士の話◆未収録◆
粉屋の話粉屋の話粉屋の物語
親分の話荘園管理人の語家扶の物語
料理人の話◆未収録◆◆未収録◆
法律家の話◆未収録◆◆未収録◆
バースの女房の話バースの女房の話バースの女房の物語
托鉢僧の話◆未収録◆托鉢僧の物話
刑事の話◆未収録◆送達̪史の物話
学僧の話◆未収録◆◆未収録◆
貿易商人の話貿易商人の話商人の物話
騎士の従者の話◆未収録◆◆未収録◆
郷士の話◆未収録◆郷士の物話
医者の話◆未収録◆◆未収録◆
赦罪状売りの話◆未収録◆◆未収録◆
船長の話◆未収録◆船乗りの物語
尼寺の長の話女子修道院長の話◆未収録◆
チョーサーの話◆未収録◆◆未収録◆
(メリベの話)◆未収録◆◆未収録◆
修道院僧の話◆未収録◆◆未収録◆
尼院侍僧の話女子修道院付司祭の話◆未収録◆
第二の尼の話◆未収録◆◆未収録◆
僧の従者の話◆未収録◆◆未収録◆
大学賄人の話◆未収録◆◆未収録◆
牧師の話◆未収録◆◆未収録◆
・解説・解説・『カンタベリー物語』の由来
・年譜・訳者あとがき

筑摩世界文學大系【12】のタイトルは『カンタベリ物語』で
著者名もジェフレイ・チョーサーとなってるのは
訳者が西脇順三郎で初めて訳されたのが昭和24年なので
昭和初期らしいカナ遣いになってるワケだ

冒頭のkindleも訳者が西脇順三郎で
著者名こそジェフリー・チョーサーとなってるが
タイトルも『カンタベリ物語』のままで
ブラウザから試し読みをしてみたら
リトアニアがリチュアニアになってるくらいなので
昭和初期らしいカナ遣いのままなのだなw

筑摩世界文學大系【12】では
巻末の解説に訳者の西脇によるモノとは別に
オルダス・ハクスレー(鷲尾久訳)によるモノがあって
巻末の年譜も詳細で充実してるし
ラブレーの『ガルガンチュア物語』とのカップリングなので
お得だと思われ^^

『ガルガンチュア物語』の訳は渡辺一夫で
巻末にはもちろんラブレーについての解説も年譜もあり
解説にはアランの書いたモノもある!

筑摩世界文學大系は半世紀前の古い書籍なれど
紙質が良く外箱以外は殆ど劣化してナイので
完訳版の紙の書籍を安価で入手するなら
アマゾンでこれを買うがよろし♪
自分もこの10年くらいの間に購入したにも拘わらず状態の良好な本にしか巡り会ってナイ

筑摩世界文學大系【12】チョーサー/ラブレー
筑摩世界文學大系【12】チョーサー/ラブレー

なぜかアマゾンには同じ本なのに2ページある・・・が
筑摩世界文學大系はこういうダブリが多いので気にするコトはナイ

グーテンベルク21

完訳 カンタベリ物語

角川文庫

カンタベリー物語

完訳版の書籍を新品で揃えるなら岩波文庫が好かろう

完訳 カンタベリー物語〈上〉 (岩波文庫)
完訳 カンタベリー物語〈中〉 (岩波文庫)
完訳 カンタベリー物語〈下〉 (岩波文庫)

scarlet-letter

トマス・ハーディの『ダーバヴィル家のテス』にしろ
サミュエル・リチャードソンの『パミラ』にしろ
ヴィクトリア朝の貧農の娘は病的に貞操観念が強いが
結婚前に純潔を失う=堕落する=地獄に落ちる、と信じてたのだし
社会的にも私生児を産んだ女には風当たりが強かったので
現代日本人が奇異に思うほど
彼女らが病んでるワケでもなかったりする

ところでヴィクトリア朝はハノーヴァー朝末期の
ヴィクトリア女王が統治してた1837年から1901年だが
アメリカの作家ナサニエル・ホーソーンが
『緋文字』を発表したのがこの時代で1850年だった

The Scarlet Letter (Classics)

アメリカは1607年に英国人が入植したのが始まりだが
最初の入植地はジェームズタウンで現ヴァージニア州にあった

1620年には新天地を求めたピューリタンが
現マサチューセッツ州ボストンの南東に移民し
メイフラワー号でイギリスのプリマスから出航したので
そこをニューイングランドと呼びプリマスと名付けた

そのニューイングランドのセイラム(現ダンバース)で
1626年に忌まわしい魔女裁判が起こり
200人近くの女性が告発され、異端審問を余儀なくされ
19人もが処刑されるに及んだ(加えて獄死者5人、拷問中の圧死者1人)が
ここの出身者で祖先が魔女裁判の判事をやってた、てのが
ホーソーンだったのだ

そうと知って何か読んでみようと思いたって
神保町へ赴いたのが昨年(2011年)末

昔から岩波文庫の『緋文字』は古本屋でよく目にしてたので
¥100~せいぜい¥300で購入できるだろうし
他にも掘り出し物があれば・・・と目論んで行ったのだが
掘り出し物はまさにホーソーンだった

『緋文字』は岩波文庫でなく河出書房の世界文学全集
また筑摩世界文学大系のホーソーンの巻もゲト!
これが3冊で¥500の小宮山書店のガレージセールだったので
もう1冊、河出の世界文学全集でドストエフスキーの『白痴』もゲト!!

3冊とも無傷で綺麗だったし
河出世界文学全集【13】の方はポーの短編も収録されてたが
それがハリー・クラークの挿絵入りだったりするし
本編には入ってなかったが『赤死病の仮面』のビアズリーのイラストも
オマケのしおりの表紙になってたのでカナ~リお得感(*^^*)

筑摩世界文学大系【81】には『七破風の屋敷』と短編3作品と
マーク・トウェインの『ハックルベリー・フィンの冒険』が収録されてて
ちゃんと月報もついてたし
もう1冊はドストエフスキー作品の中で1番好きな『白痴』で
これら3冊で¥500ってしゃーわせヽ(´▽`)/

こういう自分にとって最も有意義な運の使い方ができるってか
人生の中で何よりも巡り合わせに恵まれてるって
やっぱ日頃の行いが+.(・∀・)゚+.゚イイからか、などと浮かれつつ
まずは生まれて初めて『緋文字』を読んだ

その奇妙なタイトル【緋文字:The Scarlet Letter】は
以前から何のコトやらと気になりつつも見当さえつかなかったが
謎が解けてみると「A」の文字が刺繍された縫い取りだった

この「A」は「adultery(姦通、姦淫、不倫、不義密通、婚外性交)」の意で
私生児を産んだ母親を指し示してるのだが
その罪の女がいつでもどこでも誰にでもそうとわかるように
必ず胸に着けておくように示唆されるモノだったのだ。(゚д゚lll)ギャボ

しかし胸に着けた緋文字のために白眼視され続けるヘスターが
その罪の子を女手一つで地道に育てていく生きザマは
誰よりも清く正しく美しく・・・なんて強い。・゚・(ノД`)・゚・。

感動しながらも空恐ろしくなったのは
小説『緋文字』はフィクションでモデルなどがいたワケでもなかったが
【緋文字】の罰を受けた罪人は実在してた気がしたからだ

正確には、【緋文字】の罰を与えた社会が実在してた
としても疑う余地がなく納得できるくらいに
『緋文字』の時代背景(1650年頃のアメリカ)が
中世さながらに暗黒だったと改めて気付いたからだ

西洋ではキリスト教の教義に反した人間を罪人扱いして
社会的に排除する風習が民間に根強くあると認識してはいたが
ちょうどヴォルテールの『寛容論』を併行して読んでて
キリスト教がいかに不寛容な宗教なのか
否、中世~近代のキリスト教徒がいかに不寛容な振る舞いをしてきたか
身震いをしながら思い知った

どうもアメリカ文学には疎くて
(てか、文学全般に渡って古典以外はまるで疎いのだがw)
唯一好きな作家がマーク・トウェインで他には一切読んでおらず
ホーソーンも『緋文字』の作者としか知らず
しかもその『緋文字』さえ40年以上読まずに生きてたのだが
読んでみてあまりにも心打たれて
これまで避けてた自分を悔いたし恥じた

ホーソーンはギリシア神話をいくつか児童文学に編纂してて
その中には『ミダス王の物語(The Golden Touch)』も含まれてるし
『大理石の牧羊神(The Marble Faun)』なんて小説も書いてたが
ググってみたらこれは残念ながら現代の話で
ギリシア神話とは関係無さそうだった

『王様の耳はロバの耳』は日本でイソップ物語として親しまれてるが
元ネタはギリシア神話にありロバ耳にされた王様はフリュギアのミダス王だ

このミダス王にはもう一つ有名な物語があり
それがThe Golden Touch

ミダース王 (CenturyBooks―人と思想)

ミダス王は酒の神バッカスによって
触れるモノ総てを黄金に変えられるようになった
欲深な王は最初は大喜びだったが
食べ物も飲み物も黄金になるので飢え死にしそうになり
元に戻してくれるよう願った

とゆーのが基本的なあらすじだがなんせギリシア神話なので
バッカスではなくてサテュロスだったりシレノスだったりもするるる~

また上記リンク先のVer.ではミダス王の娘マリゴールドが登場するが
マリゴールドの記述はギリシア神話にもなければ
恐らくイソップにもなかったはず・・・いや、イソップは未確認なのだが
ローマ時代のラテン文学のオウィディウスにもなければ
近代にギリシア・ローマ神話を総括したブルフィンチにもナイのだから
イソップにだけあるのも不自然だろう(-_-;)

ググりまくってみるとマリゴールドはホーソーンの創作らしい?!
ホーソーンは『A Wonder Book for Girls and Boys』として
ギリシア神話の6篇を児童向けに編纂してたのだ

A Wonder-Book for Girls and Boys (Everyman's Library Children's Classics)

収録作品は以下の通り

The Gorgon's Head
The Golden Touch
The Paradise of Children
The Three Golden Apples
The Miraculous Pitcher
The Chimaera

このホーソーン編纂の児童向けギリシア神話集は
日本語版でも良質な絵本が出てたようだが
残念なコトに現在では入手は困難ぽい。(´д`;)ギャボ(※)
しかしアマゾンで英語版を検索してみたらなんと毎年新刊で出てた。(゚д゚lll)ギャボ

つまり英語圏の子供にはホーソーンのマリゴールドVer.が普及してるのだ!

触れるモノを黄金に変えられるようになったミダス王は
愛娘マリゴールドに触れて黄金にしてしまい
元に戻してくれるように懇願する、てのがマリゴールドVer.で
金銀財宝に目が眩んで大切なモノを見失わナイように
そんな教訓がより効果的に明示されてる
日本語版は青空文庫にあった(^▽^*)アリガタヤ~♪
LINK:ワンダ・ブック――少年・少女のために――
ミダス王がマイダス王だったり、マリゴールドがメアリゴウルドだったり、古い訳は風情があって゚+.(・∀・)゚+.゚イイ

ところで日本人にはピンとこナイのだが
海外ではヒトラーやビル・ゲイツなどがミダス王に例えられてて
黄金を手中にした業突く張りの権力者で嫌われ者キャラだ

ヒトラーほどの隙のナイ圧倒的な支配者ではナイし
ビル・ゲイツは今では実業家だが元は技師だったのだし
ミダス王の方が全然凡庸な善人に思えるのだがねw

ただミダス王は酒の神ディオニュソス(バッカス)を信奉してたし
その従者の牧神山羊男(サテュロス)のような悦楽に興じる者と仲が良く
そんなコトから悪徳の象徴なのだろうが
それはキリスト教的な人間性の捉え方でしかなく
酒呑みで快楽主義者の無神論者からしたら
見知らぬ人間をいきなり悪人だとして忌み嫌う理由には事足りんて(゚*゚;)

だいたい自分は他人に対しては好き嫌いより探究心が勝ってしまうので
一般論に忠実な人間像なんて何の興味も沸かナイが
奇人変人悪人は観察と考察のし甲斐があり
特になぜそうなってしまったのか
バックグラウンドをあれこれ仮定するのは愉しい

そうしてると必ず最後に2つの答えのどちらかに辿り着くのだ

1.確かに悪辣だが最初からそんな人間ではなかったはず

育つ環境の中で悪意にばかり晒されて
当人が抵抗しても悪意を植え付けられてしまった例だ
一応悪人と認めざるを得ナイのは残念だが
それでもまだ良心は残ってるかもしれナイ可能性はある

2.悪意を持って見るから悪に見えてるだけ

当人に悪気はさらさらナイのに
僻みや妬みといった見る側の発する劣等感が
勝手に悪意を妄想してるに過ぎナイ場合だ
これは全然悪人ではナイ

ミダス王は基本的に後者のような気がするが
ホーソーンの描いたミダス王なら間違いなく後者だ

娘が黄金になって悲しんだミダス王には親としての愛情があった!!

悪人とレッテルを張られてる人間に対して
愛情を確信して創作したホーソーンってなんて情が深いのだろう。・゚・(ノД`)・゚・。

しかし感動すると同時に疑問が沸いた
ホーソーンはキリスト教信者ではなかったのだろうか?

キリスト教信者にとって
ギリシア神話の神さえも異教の邪神だが
牧神山羊男ともなれば姿形からしても悪魔なので
その悪魔と仲良しのミダス王は絶対的な極悪人と見做すのがフツーで
愛情を見出したりはしナイはずヽ(゚∀。)ノ

『王様の耳はロバの耳』と言えば
日本ではイソップ(アイソポス)寓話として知られてて
自分の世代だとミュージカルで観てたりするのだが
元ネタはギリシア神話のエピソードの1つだ

ロバの耳をした王様がいてそれを秘密にしてる
そんな前フリで物語は始まるのだが
王様がなぜロバの耳をしてるのかの説明は一切ナイのが常だ

King Midas and the Golden Touch

実は王様の名前はミダスと言い
太陽神アポロンの竪琴と牧神マルシュアスの葦笛で
演奏を競った際にマルシュアスを応援してて
マルシュアスが負けたので
お前の耳はおかしい、そんな耳はこうしてやるるる~
と、アポロンによってロバ耳にされたのだった。(゚д゚lll)ギャボ

アポロンはオリュンポスの12神に数えられてる神で
言わば神々の中でも代表格なのだが
それに比して、牧神マルシュアスは「神」の字は付くが
酒の神ディオニュソス(バッカス)の従者でしかなく
この勝負は音楽自体よりも演者の格からして
奏ずる前から勝負が決まってる気がしなくもナイ
ましてやアポロンは太陽神で音楽の神でもあるのだからして!

なので、完璧主義者のクラシックの演奏家に
快楽主義者のロック・ミュージシャンが挑むようなモノだが
それにしたって負けたマルシュアスの生皮を剥いだり
応援してた人間をロバ耳にするとは酷いp(-_-+)q

まあアポロンは人でなく神なので
むしろまさに「人でなし」なんだがなw

この挿話の教訓てのは
ロバ耳にされたミダス王は単なる聴衆でしかなく
一国の王ではあっても
音楽に関しては素人でしかナイのだから
彼に許される音楽に対する意見は
好きか嫌いかの個人的見解の範疇までで
間違っても第三者的に「評価」をしてはいけなかった・・・
そういうコトなのかね?

ギリシア神話では神に対して人間は一律に低位の存在で
人間社会での地位や名誉を得て
驕りや不遜を抱いてる者は
手厳しい制裁を受ける憂き目に遭う

音楽の神アポロンの完璧(なはず)の演奏より
牧神=山羊男のマルシュアスの方が劣ってる(はず)
なのに、たかが人間ごときが
その歴然とした勝敗に口出しをするのはタブーだったのだ

具体的にどんな演奏だったのかは不明なので
実際に聴いて自分がどちらを好むかは
自分自身にもわかりかねるがね
なんてのは現在日本人だからほざける戯言なのだよ(-_-;)

個人的にはアポロンは格別に好きな存在なので
その演奏を聴ける機会に恵まれたとしたら
それだけでもう拝んでしまうしかナイし
どれほど優美な旋律なのか
想像してるだけでも陶酔できる・・・ホゥ(*-∀-)

でも少々酔いどれのマルシュアスの調べに合わせて
くるくると回って陽気に踊りながら呑むのも
愉快そうだとも思われ♪

絶対的に優れてるのはアポロンだとしても
自分はマルシュアスにも好感が持てるかもしれナイので
ロバ耳にされたミダス王には同情を禁じ得ナイね

想像するにミダスは
王様だけあって育ちが良過ぎたのだろう
プライドの高い相手を憤慨させてしまうと無駄に恨みを買うだけ
そういう苦い経験をしておらず
畏れずに素直な感想を言ってしまったのだろう
それにしたってアポロンは横暴過ぎるがな・・・

自分は音楽に関しては
よく言えば音痴で、はっきり言えば音感なんか全然なくて
曲の出来の良さなんてのはまるでわからん人種だ

それでも音楽に対して歴然とした嗜好があるのは
音楽を構成してる要素以外の部分で
ぶっちゃけ、好感持てるかどうか、だけで選別してるるる~

ノリやすい調子の良さに踊ってみたり
うっとりとしてくるような繊細さや可憐さに目を瞑って心酔したり
心の中を白南風が吹き抜けるような清々しさに一緒に歌ってしまったり
反対に心の中の澱を吹き飛ばす破壊力に合わせてヘドバンしたり
そうして気に入った曲を物凄く愉しんではいるが
絶対音感ある人や音楽が理論的に解かる人には
こういう感覚ってあるのかナイのか
なかったとしたら謎なんだろうか?

ミダス王がどれほど音楽を聴き分けられたのかは不明だが
聴き分けられナイ人間には音楽を愉しむ価値もナイと
その権利を奪うのは音楽の神として正しいんだろうか?!

古代ギリシアではこの物語が
教訓を知らしめる説話としてあったらしく
驕り高ぶり、神に逆らったり
賢者に物言う者は必ずや罰が下り
マルシュアスのように生皮を剥がされたり
ミダスのようにロバ耳にされたり
そんな悲惨な目に遭うと・・・
それにしても戒めの域を超えた残虐さだが。(´д`;)ギャボ

だいたいにおいて演奏する人間(もしくは山羊男)は
何のためにそうして素晴らしい音を奏でるのか?

奏者自身も含めて
その演奏が必要だからで
なぜ必要なのかは癒しとなるからだ
愉しむのも愉しむコトによって最終的に得てるのは癒しなのだ

悲劇の誕生―ニーチェ全集〈2〉 (ちくま学芸文庫)

ところで上記のアポロンとマルシュアスの奏でる音の対比は
ニーチェの言うトコロのアポロン的、ディオニュソス的と置き換えるのは早計だが
プルタルコスの『モラリア【5】』に収録されてる「デルポイのEについて」に
素晴らしい見解の引用の記載がいくつかあり
それによって自分の想像が全く見当外れだと気がついた(滝汗)

エウリピデス

ステシコロス

ソポクレス

ところでジェフリー・チョーサーの『カンタベリー物語』の
「バースの女房の話」の中にこのロバ耳の王様のエピソードがあるが
チョーサーは王様の秘密を唯一知ってるのは床屋でなく奥さん(王妃)としてて
壺ではなく泉の水中に告白してしまうとしてるるる~

しかもこの挿話の続きはオウィディウスを参照するように促してて
こちらは通常通りに秘密を知ってるのは床屋で
掘った穴に秘密を漏らすとその穴を埋めた後に葦が生えてきて
その生えてきた葦が風にそよぎながら囁いて秘密をばらした、としてる

また【葦】なのかヽ(゚∀。)ノ

なかなか核心に辿り着けずにいるが
アポロンとディオニュソスは実はこのブログのテーマ(なはず)で
そこにこのブログのタイトルにある【葦】が複雑に絡み合ってるのを
解いているのかむしろより一層こんがらからせてるのか?!

実はギリシア語で【葦】とある場合には
植物以外に弦楽器の駒(ブリッジ)を指すのだそうだ
(我ながら後出しジャンケンみたいな話題の振り方だがw)
とか言いつつも自分は弦楽器には全くの素人なので
それは例えばギターだとどの部分なのか指差せっても無理っつ・・・ヾ(・_・;)ぉぃぉぃ

でもググったらわかりやすい画像が見つかった♪
しかも(少年ダビデのハープ)とあり『旧約聖書』に登場するダビデ王の竪琴か?!
LINK:おもちゃのハープ♪
→記事中ほどに竪琴の部位名称及び解説の画像が(*^^*)

しかしながらダビデは紀元前1000年頃の人なので
このダビデのハープは洗練され過ぎてるのではなかろうか?

ヘルメス(メルクリウス)が拾った亀から竪琴を作った、てのは神話にしても
そういう神話が生まれたのは古代ギリシアでは竪琴と言えば
亀の甲羅製の弦楽器だったからなのでは?

よく知らナイで購入したCD『古代ギリシャの音楽』には
古代ギリシアの楽器を再現して演奏してて
ブックレットに写真が載ってた

phorminx:ポルミンクス(フォルミンクス)

lira:リラ(リュラ、もしくはリュレ)

ついでに名前からしてギターの原型となったぽいkithara:キタラ

アポロンやオルフェウスの持ってた竪琴は
後代の絵画や彫刻で見る装飾過多の華美なモノのはずがナイよな。(´д`;)ギャボ

アポロンの竪琴は牛泥棒の見返りにヘルメスから譲り受けてるので
間違いなくヘルメスが拾った亀から作ったモノのはずで
ややこしいコトにオルフェウスの竪琴も
父(とゆー説もある)アポロンより与えられてるらしい

つまり3つとも同じ竪琴なのだろうか・・・竪琴パラドックス。(゚д゚lll)ギャボ

さて
生まれたばかりのヘルメスが揺籃を抜け出して
亀を拾って中身を抉り出して竪琴を作り
アポロンの牛を盗んではシラをきり
バレても竪琴を与えてごまかし
人の゚+.(・∀・)゚+.゚イイアポロンから錫杖までもらう
そんな一部始終が岩波文庫抄訳版『四つのギリシャ神話―ホメーロス讃歌より』
「ヘルメースへの讃歌」にある
LINK:「ヘルメース讃歌」

この「ヘルメース讃歌」中の竪琴の作成手順の冒頭には
葦の茎を~、とあってあえて【葦】と訳してるくらいなので
ブリッジとして使われてるパーツのコトではナイらしいが
だとするとどの辺に使われてるのかも不明瞭だw

とにかくヘルメスは亀で竪琴を作る際に葦を使ってるるる~
更に通説では葦笛(シュリンクス)は牧神が作ったとされてるが
「ヘルメース讃歌」では葦笛もヘルメス作だとしてるるる~

まあいずれにせよ
葦はそうして楽器に事欠かナイ植物だったのだ、実は!

だからアポロンの竪琴と牧神マルシュアスの笛と
どちらが優れてるかなんて競い合いをしてアポロンが勝ったが
(そりゃあ音楽の神が負けたらマズイワケで)
所詮は葦を使って作られた原始的な楽器同士だったのだな

しかも牧神の笛はシュリンクスに相場が決まってると思ってたが
マルシュアスの笛はアウロス(もしくはアウルス)で
『ホメーロス讃歌』の「ヘルメース讃歌」でアポロンは
マルシュアスの吹くアウロスとヘルメスが吹くシュリンクスを比較して
シュリンクスの方が優れてる、とのたまってるのだった

アウロスはシュリンクスより先に存在してて
縦笛で2管笛でオーボエとかと同じくダブルリードだそうだ
画像の真ん中のがアウロスだろう
LINK:英語のWikipediaのAulos

シュリンクスの方は恐らく[葦舟と葦笛]にあげたラウネッダスに類似と思われ
3管笛でクラリネットと同様シングルリードだ
LINK:英語のWikipediaのLauneddas

ミダース王 (CenturyBooks―人と思想)

とか書いてはいても自分のように楽器に疎い人間には
詳細を辿るほどアウロスとシュリンクスの差異に実感が湧かナイのだが
牧神マルシュアスの吹くアウロスはアポロンの爪弾く竪琴に敗北し
それだけでは済まず木に吊るされて皮を剥がされてしまい
マルシュアスの方が勝者としたミダス王はロバの耳にされてしまう。・゚・(ノД`)・゚・。
このブログにはあえて掲載せずにおくが
「Marsyas」で画像検索すれば凄惨な場面が嫌になるほど出てくる(゚*゚;)

ところでこの牧神マルシュアスだが
マルシュアスてのは名前でその実体については
オウィディウスは牧神サテュロスとしてるが
ブルフィンチは牧神パーンとしてて
マルシュアスが仕える神も前者はバッカスで後者はディオニュソスだ

ギリシアではディオニュソスとパーン
ローマ(つまりラテン語)でバッカスとサテュロスで
ニーチェがディオニュソスと言うのは
ドイツ語がラテン語由来でナイからと勝手に思い込んでて
シンパの自分もニーチェに倣ってディオニュソスを使ってたが
改めて調べてみると各国語で混在してるのでどちらでも構わナイようだ

酒の神ディオニュソス(バッカス)に仕える牧神や巫女は
酒宴で神に音楽と舞踊を捧げるのだが
この様子をモチーフにしたバレエ(音楽)があり
バッカスから転じて仏語でBacchanales(バッカナール)だ(他国語も類似)
余談だがカフェのオーバカナルの店名の由来はこれだ♪

ギリシア神話としてオウィディウスの『変身物語』は正統派ではなく
ラテン文学においてギリシア神話を集大成した詩集で
専ら恋愛を中心とした娯楽的要素を重視しつつ
タイトルにもあるように「変身」が含まれるエピソードを編んでる

オウィディウスは第2回三頭政治(※)~初代皇帝アウグストゥスの頃の人だが
少し年長のウェルギリウスの『アエネーイス』と同様に『変身物語』も時代背景を反映してて
アウグストゥスの帝位に正統性を、むしろ神性をも付与するために
古代ギリシアでの神と英雄の系譜にアエネーアースからアウグストゥスまでが継ぎ足されてるるる~
アントニウス、レピドゥス、オクタウィアヌスによって結成

巻15まである大作で岩波文庫では上巻に巻1~8、下巻に巻9~15と収録してて
上下巻で計737ページのヴォリュームだけあってギリシア神話を網羅してる感があり
話が連続してて巻の間でも隙がなく一気にも読めるし拾い読みもまた愉しい
索引はナイのだが詳細な人名の目次なので辞典的な使用も可能だ

ピュグマリオン効果―シミュラークルの歴史人類学

自分はオルフェウス(本文中オルペウス)の物語から始まる巻10を【美少年奇譚】と称してるが
他にキュパリッソス、ガニュメデス、ヒュアキントス、アドニスが登場し
ついでにフィギュアヲタの元祖ピュグマリオンも同じ巻にあるのだが
ナルキッソス(ナルシス)だけが巻3収録だ

Ovid Metamorphoses

そして美少年より気がかりなのが酒の神ディオニュソスや牧神パーンの存在だ
シュリンクスを追う牧神パーンは牧神パンだが
怪物テュポン(本文中テュポエウス)から逃れるのは酒の神バッカス(本文中バッコス)で
アポロンの竪琴と競って葦笛を演奏したのは獣神(サテュロス)のマルキュアスで
ミダス王の願いを叶えるのは獣神(サテュロス)のシレノスだ

ローマ時代にはディオニュソスは完全にバッカスに取って代わられたのか?
それともヘルメス→メルクリウス、アプロディテ→ウェヌスのように呼称の変化だけだろうか?

トロイ戦争については巻12~13を中心に収録されてて
特に巻14はヘクトルの死後(『イリアス』以降)に詳しく
アエネーアース(本文中アイネイアス)の新しいトロイ建国への出航と
オデュッセウス等ギリシア勢の帰国譚がある

またアキレウスの両親やトロイのプリアモス王の嫡男アイサコスも巻11にあり
アキレウスを養育したケンタウロスのケイロンの過去についても
巻2の「大鴉・コロニス・小鳥」「オーキュロエ」「バットス」にあったりして
トロイ戦争関連の記述は充実してる

メタモルフォーシス ギリシア変身物語集 (講談社文芸文庫)

惜しむらくはヘラクレスの凶暴なドSからMへの転身の話がなかったコトだが
この逸話はもっと後世に作られたのかもしれナイな

それにしてもタイトルから予想される通りに
何かに変身(転身)した話に限定されて載ってるはずなのに
ギリシア神話の殆どを網羅してるって
どれだけギリシア神話では変身が日常化されてるのだろうか(゚ ゚;)

ところで岩波文庫の邦題は『変身物語』だが
自分の愛用してる山川世界史用語集には『転身譜』となってて
こちらの方が優美なカンジで好みなのだが・・・ホゥ(*-∀-)