コンテンツへスキップ

上野の東京都美術館のウフィツィ美術館展
ボッティチェリの『パラスとケンタウロス』を観に行ったが
他にも数点めぼしいモノがあったので
それらについても書き留めておく

が、その前に
メインの『パラスとケンタウロス』について
昨日書いた記事[パラスとケンタウロス]の追記を

図録を買ってきて解説を読んでたら
目録では以下のようなタイトルもつけられてたそうだ

古い順にまず『カミラとサテュロス』とな(゚ ゚;)???
カミラって名とこの武装からしたら
ウェルギリウスの『アエネイス』に出てくるアマゾネスか?!
いや、でもこれ、サテュロスは違うね
下半身が馬ではなくってよ。(´д`;)ギャボ

アエネーイス

次の『二人の人物像の大きな絵画』って・・・ヾ(・_・;)ぉぃぉぃ
これまた随分とテキトーなw
ケンタウロスがどうしたら人物に見えたんだwww

そして『ミネルヴァとケンタウロス』となるワケだが
こうしてこれまでの変遷を考慮したればこそ
この女がパラス・アテネかどうかは疑わしくなった
とはいえ、それなら誰なのかはいくら考えてもわからん。(゚д゚lll)ギャボ

ボッティチェリよ、魅力的な謎をありがとう!

そしてボッティチェリのもう1つの秀作があった

『聖母子、洗礼者聖ヨハネ、大天使ミカエルとガブリエル』だ
これはもう見た瞬間に誰がどれだがすぐわかるように
アトリビュート(特定の持ち物)を携えてる

剣を持つミカエルと十字の杖を持つヨハネ
そして百合の花を持つガブリエル

それにしてもこの絵(トンド)は初めて見た!
ググっても引っかからなかったからネット上にはナイ?
としたら、もしかしてこれが1番の収穫だったんだろうか?!
このガブリエル、表情もレアだし、なんと美しい・・・ホゥ(*-∀-)

次のもボッティチェリで聖母子像だが
この天使がカメラ目線(?)でカワ゚+.(・∀・)゚+.゚イイ
巻き毛も愛らしくて好みのタイプの美少年だなあ♪

ここまでの3枚のボッティチェリのポストカードがあったら
それらを買って帰る、か、なかったら図録を買おう、と決意した

で、結論から言えば、図録購入した
さすがにケンタウロスのはグッズも色々あったけど
残念ながらトンドの聖母子像のポストカードはなかったし
3枚目の聖母子像はポストカードがあったものの
聖母子像がクローズアップされてて美少年天使がちょん切れてたりで
納得行かなくてそれは買わず・・・

他にはこのラファエルとトビトも
足元の子犬が可愛かったんで気に入った

これは人物でなくて
フィレンツェの紅百合の紋章が目に留まった

そう、フィレンツェの百合の紋章は紅いはずなのに
売ってたトートバッグは白百合だったりしてヽ(゚∀。)ノ

まあ買ったけどね~

androgynous

天使像はギリシア神話の勝利の女神であるニケが原型である
ニケはローマで言うトコロのヴィクトリアで英語のVictoryってのはこれが由来だ
またNikeはスポーツ用品メーカーが使ってるるる~

しかしニケはギリシア・ローマ神話にほとんど登場してなくて
最も系譜に詳述があるアポロドーロスの『ギリシア神話』にも誕生の記載しかナイ
ホメロスの『イリアス』や『オデュッセイア』にも出てこナイから
もしかすると古来からの神ではなかったか地域限定だったのか?

天使像の原型となったニケの彫像はルーブル所蔵の『サモトラケのニケ』で
BC190年頃ロードス人が対シリア戦勝記念にサモトラケ島に建てたモノ
でもフランスまで観に行かなくても日本でも見れるるる~
ルーブル彫刻美術館てのがあるのだ
しかもちょうどTOPページに『サモトラケのニケ』が出てる
LINK:ルーブル彫刻美術館

『サモトラケのニケ』以外では片足の膝を上げてるニケの像が多数あり
これは全力疾走の表現なので
勝敗が決定した際に勝利の宣告を授かって
陣営から陣営と走って廻ったメッセンジャーの役割をしてた
俊足の女性・・・もしくは女性に見紛う容姿の美少年が神格化したのが起源
なんて妄想してるのだが実際はどうなのか不明

この正統派の大人の容姿の天使以外にも
日本の某食品メーカーが登録商標にしてるような乳幼児の姿の天使もいる

【プット】と呼ばれるこのタイプはルーベンスの作品に溢れかえってるが
ルネッサンス期に描かれるようになった比較的新しいモノで
ヴィクトリア朝のイギリスにおいてもブームだったらしく
「Victorian Angels」でググったらその手の画像がどっさりあった

原型としてはギリシア神話のエロス(ローマのアモルもしくはクピド)で
英語圏ではCupid(キューピッド)となるw

アモルとプシュケ (アモルとプシュケ叢書)
アモールとプシケー―女性の自己実現

ギリシア及びローマ神話のエロスの出自には異説が多々あって
これがヘレニズム期にアプロディテの息子とゆーコトで落ち着いた
アプロディテと言えばローマのヴィーナスで
愛と美の女神であるのは誰もが知るトコロだが
それで息子が【アモル:愛】だったり【クピド:欲望】だったりするワケだ

エロスが幼児として描かれるようになったのは
たぶんアプロディテとエロスの親子像が
美女と美少年ではどうにも親子らしくまとまらナイからではナイかと。(´д`;)ギャボ
だからってエロスを全くの赤ん坊にしてしまうとすると
今度はアプロディテが聖母ぽくなってしまう。(゚д゚lll)ギャボ
それで幼児がちょ~ど゚+.(・∀・)゚+.゚イイってコトになったのではなかろうか?

ニケは美術作品も少ナイので天使と見紛うコトはナイだろうが
エロスは数多く描かれてるから素人には見分けがつかナイだろう
周囲の人物がアプロディテやプシュケなどのあからさまな美女か美少女であるか
またはアトリビュートが弓矢であればエロスだ

ところで天使の背にあるのは翼であって羽でも羽根でもナイ

翼は飛行のための器官でその構成単位は羽
羽は翼の構成単位で生えてる状態のモノ
羽根は羽が抜け落ちたモノ

天使や鳥の翼を羽や羽根と誤用しがちだけどあれは翼が正しい
(実際に手元の本もほとんど誤用してるが)

昆虫には通常2枚づつ左右2対で計4枚の羽が生えてて
これらが翼の役割をするが翼ではなく羽(翅とゆー字も使うけど基本的には羽)である
昆虫に類似の羽を持つ妖精やハエそっくりの悪魔ベルゼブブも羽だね

ん(・_・?)
ベルゼブブ以外の悪魔や怪物によくあるコウモリ様のモノは翼なのか羽なのか?
そして飛行機は翼だなヽ(゚∀。)ノ
羽根と根がつくのは抜け落ちてる状態のモノで
羽根ペンはもちろん羽子板やバドミントンに使う羽根及びシャトルもこれに相当するるる~
日本語って難しいね( *゚Д゚)つ[酒]

【大天使】と【天使】では【大天使】の方が階級が上だが
そもそも階級(ヒエラルキー)なる語が初めて使われたのは
1c頃のギリシア人ディオニシウス・アレオパギタの著書『天上位階論』においてであった

この『天上位階論』によると天使は上級・中級・下級の3層に分かれてて
各々更に3隊に分かれてるので全9階級で構成されてるらしい
その中で【大天使】は上から8階級目なので
ガブリエル、ミカエル、ラファエルって実は下っ端?!
それなのにミカエルが総ての天使の総帥てのは辻褄が合わナイ気がするのだがw
ちなみに【大天使】の下の階級(つまり1番下っ端)は【天使】だ

後世になって『天上位階論』は偽書疑惑に曝されたが
にも関わらず「位階論」自体は325年のニケヤの宗教会議でキリスト教の教義として正式に取り入れられて
以降現代まで天使学(アンゲロロギア)において「位階論」が正しい認識としてまかり通ってるるる~
元より天使の階級に信憑性などナイのだがねヽ(゚∀。)ノ

だいたいにおいて天使は科学の法則に従ってナイモノなのでその姿形は人間の概念の便宜上でしかナイ
より人間に近い下級の【大天使】や【天使】には人間に似た姿形が割り振られたのだろう
美術の中で天使らしい姿となれば100%どちらかだ

逆に上級天使は人間の想像を絶する様相をしてる
顔だけで身体がなくて顔から直に翼が生えてたりするのだ

このラファエロの『エゼキエルの幻視』は

正面に人間の顔
右に獅子の顔
左に牛の顔
後ろには鷲の顔で
翼が4枚生えてる

との聖書の記述に基づいてるのだが複雑怪奇な姿は天使よりは怪物。(´д`;)ギャボ
ラファエロは天才的手腕で美的にまとめてるが
これで実際に人間の前に姿を現されたら妖怪だと勘違いするに違いナイ。(゚д゚lll)ギャボ
だがしかし上級の【智天使】だったりして・・・((((; ゜Д゜))) ガクガクブルブル

そんなだから実力者のミカエルが天使の総帥として
肩書きだけの上級天使をも従えてるのは尤もな気もしてきたりしてw

御絵(※)コレクションの中で大天使のガブリエル、ラファエル、ミカエルは
今でも格別に大切にしてるのはほとんど恋をしてるからだ
金髪の長髪好きは間違いなくここからきてるるる~ヽ(゚∀。)ノ
御絵(ごえ)はイエスやマリア、大天使や聖人が描かれたカード

まずは最愛の大天使ガブリエル

大天使の中でも超エリートで
主にメッセンジャーとして活躍してるので
結婚前の処女マリアに神の子が宿ったと告知しに来たのもガブリエル

【受胎告知】の天使ガブリエル、とゆーのは
キリスト教圏や西欧美術愛好者にとって常識だが
N○Kの『○曜美術館』でミカエルと解説された時には驚いたのなんの
ナレーターの読み間違いなのか、元(台本)から間違ってるのか
どういうコトなのか気になって思わず投書したねw

確認不足でした

みたいな返答が絵葉書のウラに書かれて封書に入って送られてきたが
【受胎告知】の天使の名を確認しなくちゃわからナイくらい
美術番組の制作者に常識的な人間がいナイのだ、と愕然とした。(゚д゚lll)ギャボ
それ以上に関係者でさえこれなら
一般的には全く知られてナイのだ、と予測できるので呆然とした。(´д`;)ギャボ

ガブリエルはたいてい清純の象徴の百合を手にしてるが
他にオリーブの枝や棕櫚(シュロ)の枝笏(シャク)や杖などもある

神からの伝言を人間に報せに来るのはたいていこのガブリエルで
『旧約聖書』然り『新約聖書』然り
イスラム教の創始者マホメットに神の言葉を伝えたのもそう

絵画を見る限りでは1番おしゃれな天使で最も女性的に描かれてるが
マリア等の受胎告知の際には怖れナイように女性の姿で現れた、って説もあるるる~

このバーン・ジョーンズの描いた髪の短いガブリエルはどうもいただけナイ
と思うのは自分だけだろうか・・・?

そういえばガブリエルは天国の金庫番もしてるくらいだから
神からの信頼度は高いのだろうね
それにしても天国になぜ金庫が必要なのだろうヽ(゚∀。)ノ

次はN○Kに【受胎告知】の天使と間違えられた
戦う大天使ミカエル

ミカエルは神が最初に創った天使らしく古参だけあって
その活躍には枚挙に暇がナイ
人類に農業を齎したり
サタンと戦ったり
ドラゴンを退治したり
ジャンヌ・ダルクを導いたりしたので
武装して武具を手にしてる姿で描かれるコトが多く
天使が武装してればそれはミカエルだ

ジャンヌ・ダルク (中公文庫)

そんなミカエルの武具以外のアトリビュートには
最後の審判に用いて魂の善悪の分別をする天秤があり
魂を司り善を援けて悪を挫き、善の象徴(?)のキリスト教会を守護する一方で
イスラエル民族(ユダヤ人)の救済もする予定・・・は未定(※)
ミカエルの出現でイスラエル人の受難が終了するとされてる

またミカエルは天使の総帥的な役割も担ってるが
天使の階級は9階級あってその下から2番目の8番目が大天使なので
そんなに下位なのに総帥なのはなぜだろうヽ(゚∀。)ノ

中世には7大天使が世界を代わる代わる支配するとされてて
これによると今現在は4番目のミカエルの支配下で2235年まで続くのだそう
ちなみに後続がアナエル→ラファエル→ガブリエルとなるそうな

ガブリエルとは対照的に男らしく描かれてる天使で
どうして芸術家はここに目をつけてガブリエルとミカエルの好一対を描かナイのだろうか?!
といつも思う・・・p(-_-+)q

最後は水先案内天使ラファエル

癒しの天使ラファエルはエデンの園の生命の樹を守り
病気や怪我の治療にも勤しむ
守護の天使の長でもあり若者や旅人の守護もするが
要するに迷いがある人々を導く天使なので
現代において最も需要のある大天使なのではなかろうか?

通常は旅支度の杖にサンダル履きで
水筒やリュックや蓋付きの小箱を持ってる姿が描かれるが
この御絵ではなぜか杖以外には何も持ってナイw
でも手前の若者は水筒を下げてるから明らかに旅人で
しかも小川の中に立ってるのだ

手を差し伸べるラファエルと手を差し出す若き旅人の間には
どんな駆け引きがあったのか興味をそそられる構図

ラファエルは若者トビアスと旅をしてる姿がよく描かれてるから
目にする姿がいつも旅支度の天使なのだが
本トはその旅の間はアザリアと名乗って人間の姿をしてたはずで
絵画では決まって天使の姿をしてるのを昔からずっと疑問に思ってるのだがw
ウィリアム・ブグローのが唯一人間ぽい(しかも美しい♪)

この題材は『旧約聖書外典』の「トビト記」にあるモノだが
実はラファエルは『旧約聖書』にも『新約聖書』にも正典の方には登場してナイ

angel

Bunkamura ザ・ミュージアムの「ヴェネツィア絵画のきらめき」を観に行って
実は1番気に入ったのがティントレットの『奏楽天使』だった

元より『奏楽天使』は好きなモチーフで
例えプットタイプ(幼児体型)の天使だとしても
基本的には好きではナイのに楽器を持つと許せてしまうくらいだったが
ティントレットの『奏楽天使』は巻き毛の美青年で
リュートを手にしてうつ伏せに寝そべってて裸体の背には翼がニョキリ!

これはもう天使相手に不謹慎にも欲情してしまえた・・・ヾ(・_・;)ぉぃぉぃ

ところがポストカードにはなってなかったし
図録も買わなかったので手元には何も残っておらず。(゚д゚lll)ギャボ
でもググって見つけた画像をブログにアップしてたのだが
ブログの管理が悪くていつの間にかリンク切れになってて画像を紛失してしまい
今になって再度ググってみてもどこを探してもなかった。・゚・(ノД`)・゚・。

なのでこれはティントレットの『奏楽天使』ではなくて似た画像・・・

このカラヴァッジョの『Rest on the Flight into Egypt』で
ヴァイオリンを弾いてる天使がワリと近いかと
まあリュートとヴァイオリンでは違うが一応同じ弦楽器を携えてるって点と
裸体の背には翼がニョキリ、ての(しか合ってナイ)がね
それにしても天使の翼の付け根はなかなか目にしナイから新鮮だな

自分としてはティントレットの『奏楽天使』以外では以下の4点がよかった

ティツィアーノの『洗礼者聖ヨハネの首を持つサロメ』
ヴェロネーゼの『エッケ・ホモ(キリストと刑史たち)』
ヨーゼフ・ハインツの『イアソンを若返らすメディア』
フランチェスコ・グアルディの『パリスの審判』

次点に大天使ラファエルが描かれた『トビト』があったが
構図もよくなければ扱ってる題材に対しての作者の意図も中途半端な印象で
何よりもトビトがぶんむくれのブサイクな幼児で
付き添って旅をするラファエルが可哀想になったのだった。(´д`;)ギャボ
それでも1分くらいは観てたのだが誰の作かも失念

だいたいイタリアの宗教画の天使は殆どの場合がプットタイプ(幼児体型)で
そうかと思えば痩せこけてて貧相で悲壮感漂うようなのとか
どうも美しさにおいて天使ヲタの眼鏡に適うようなのがいナイのだがね
って、眼鏡って色眼鏡かいなヽ(゚∀。)ノ

まあヴェネツィアといわれた時点で天使には全く期待してなかっただけに
ティントレットの『奏楽天使』には惚れたぜ・・・p(-_-+)q←目的を履き違えてるがなw

惜しむらくは画像がナイコトだが
代わりに『奏楽天使』の代表作とも言えるロッソ・フィオレンティーノの作を・・・
これもプットタイプだが表情が+.(・∀・)゚+.゚イイからなんか好きだ
お昼によく行くサイゼリヤにもこの絵があるるる~

黙示録論 (ちくま学芸文庫)

こうして見ると天使には弦楽器が似合う気がするのだが
むしろ弦楽器が容貌の美しい人に似合うのだろう
吹奏楽器はパン・フルートとか半獣神のイメージがあるし
もれなく天使がラッパを吹くのは最後の審判の予兆だからな