ロシナンテ

日本では今や「ドン・キホーテ」と言えば
年中無休24時間営業のディスカウントストアのコトだが
これも間違いなくセルバンテスの小説の主人公の名からとってるだろう

ドレの絵で読むドン・キホーテ

しかしなぜこんな名称にしたのか?
ググってみたらYAHOO!知恵袋に中の人が答えてるぽい
LINK:ディスカウントショップ「ドン・キホーテ」の名前の由来は?

しっかり『才智あふるる郷士ドン・キホーテ・デ・ラ・マンチャ』に由来してるようだが
社員の中でこの長く退屈な小説を読破した兵は果たしてどれほどいるのだろうか?
なんせ現代日本人には意味不明な要素が盛りだくさんで
それらが話の腰を折るように次から次へと割り込んでくるのだから
次のエピソードに辿り着くまで緊張感を保てナイのだ。(´д`;)ギャボ

むしろ自分はその意味不明な部分にこそ愉しみを見出すのでうってつけなのだが
それでも前・後編のうち前編の半分ほどで挫折・・・
前編の後半にある有名な風車のエピソードは一応読んだがねw

確かに面白いと思える滑稽さが漲ってるのだが
そういうドン・キホーテの道化ぶりを素直に笑えナイのだ
そもそも道化ってキャラクタにはおかしさより憐憫を感じてしまう性質で
そこが合ってナイような気がするるる~

とか、ずっと敬遠してたのだが数年前にふとしたきっかけで読み始めたら
ハマった(゚*゚;)

トリストラム・シャンディ (研究社小英文叢書 (264))
エル・シードの歌 (岩波文庫)
ル・シッド
エル・シド デジタルニューマスター版 [DVD]
アレキサンダー【Blu-ray】

もう四十路に程近くなって還暦に向けての自分の人生の再構築をしてたその時
20歳からの20年間の義務を果たすための人生とは訣別して
余生はただひたすら幸せに、幸せのために生きたい、と思ってた

自分の幸せの在り処・・・それはかつて本の中にあり
読んでから反芻しながら散歩するのが至福だった・・・ホゥ(*-∀-)

もちろんそれだけの悠長な生活を送れる身分ではナイので働かねばならナイが
仕事と家事以外の時間は全て自分のためだけに使おうォゥ( -∀-)/

ところがふとしたきっかけで『ドン・キホーテ』を読み始めてしまい
読み進むほどに考えが変わって行った

なんせ主人公のドン・キホーテは中年もほど過ぎた冴えナイオッサンだが
自分と同じように本から与えられた夢の世界を愉しんでたのだ
それも現実に夢を再現して思いっきり愉しんでるのだった。(゚д゚lll)ギャボ

本の中、過去と未来、現実と夢、昨夜の酔いと今のまどろみ・・・
時空を超えて、交錯して、巡り会い別れ、でも繋がったまま・・・

ドン・キホーテはいつでもどこでも我武者羅に愉しんで
それを皆が見て笑う、嘲笑も気にならナイ、だって愉しんでるから♪

他人をおもしろがらせようとしても道化にはなれナイが
己の信じるままに大真面目に生きてると他人からは道化に見えるのだ
そう見えたら大いに笑ってくれたまえ

サンチョ・パンサはいつも酷い目に遭う予感がして
ドン・キホーテに忠告しながらも予想通りの災難を愉しんでる
信頼しきって迷惑かけまくるドン・キホーテを心配するのも愉しそうだ

人間ってやっぱり内に篭ったらつまらナイな・・・
まだまだバカやれる内に迷惑かけまくって笑われておこう!
見栄を張るのはあの世に行ってからで゚+.(・∀・)゚+.゚イイや!!

将来飼う犬の名前を1匹はブケファラスと決めてたが
もう1匹はロシナンテにしようかな(*^^*)

そう、ロシナンテだ
このドン・キホーテの愛馬の名が何て意味でどうやって名付けられたか
それが知りたくて再読したのだ

折りしもロレンス・スターンの『トリストラム・シャンディ』を読み始めて
まだ第1巻の第10章めだったが
そこに産婆を救った牧師が乗ってた馬(またなぜそんな馬に乗ってるのか)の話があり
その中でその馬に例えられてるのがロシナンテだった

『ドン・キホーテ』の第一篇第一章には次のようにある

『さきの痩せ馬(ロシナンテ)』と呼ぼうと思いついたが、これは彼の見るところでは、気高く、口調もよく、しかも現在の身分になる前に駄馬(ロシン)だった身の上を現わしたばかりか世のあらゆる駄馬の中でまず筆頭だということをこよなく現わした名前だった。

ドン・キホーテがドン・キホーテと名乗るコトにする一週間前に
馬の名がロシナンテと決まったのだが
馬に名付けるのには4日悩んで自らの呼称には1週間「も」悩んだってワケだヽ(゚∀。)ノ

アレクサンドロス大帝のブケフェルスも、エル・シードのバビエカもてんで足もとにもよりつけないと思われた。

とドン・キホーテの眼には映ってたらしい。(゚д゚lll)ギャボ

ブケフェルス・・・スペイン語だとそうなのかな、ブケファラス、ブーケファラス、ブケパロス・・・そんな読み
オリバー・ストーンの『アレキサンダー』では理想的なブケファラスだったな(*^^*)

バビエカは『エル・シードの歌』に出てくる英雄的騎士エル・シードの愛馬・・・らしい
とゆーのも原著の『エル・シードの歌』が未読だからだが
同じ題材を扱ったコルネイユの戯曲『ル・シッド』なら持ってるし
チャールトン・ヘストン主演の映画『エル・シド』もソフィア・ローレンのために買った
しかしバビエカの名には覚えがナイのである。(´д`;)ギャボ

このコトでヲタを自認してた自分はセルバンテスに惨敗した悔しさに
『ドン・キホーテ』を一気読みするに至ったのだった・・・ヽ(゚∀。)ノ

マリー・アントワネットの肖像

何年かぶりに『日曜美術館』を見たが
マリー・アントワネットの肖像画家「ヴィジェ・ルブラン展」開催中とのコト

王妃マリー・アントワネット (「知の再発見」双書)
図説 ヴェルサイユ宮殿―太陽王ルイ一四世とブルボン王朝の建築遺産 (ふくろうの本)
ルーヴル美術館―時を超える美の空間
侯爵夫人ポンパドゥール―ヴェルサイユの無冠の女王
ポンパドール夫人 [DVD]
ドレの絵で読むドン・キホーテ

アントワネットの肖像画は数多存在するが
自分の気に入ったモノとはこれまでに巡り会ってナイので興味津々で見てたが
やはりどれも今一つの印象だった

ところがヴィジェ・ルブラン自身の自画像が素晴らしいw
瑞々しい美少女が素朴な微笑で真っ直ぐにこちらを見据えてるので圧倒されるるる~
近くでやってるならこの絵だけでも実物を見る価値はあるp(-_-+)q

早速ググってみたが開催してるのは三菱一号館美術館だった
それにしてもこのサイトは美術館のサイトとして見づらい・・・
美術館のトップページに移動するのにヘッダーにあるロゴから飛べナイし
開催日時と休館日と開館時間なんて探さなくても゚+.(・∀・)゚+.゚イイ場所に配置すべき
まず情報を得たくて見て、ヨユーがあれば(むしろ観てきた後で)細部も読む
なんてのがこういうイベントのページの主旨だと思うのだけど?

「ヴィジェ・ルブラン展」はとりあえず時間があれば行ってこようと思うが
1点でも気に入るアントワネットは見つかるだろうか・・・???

自分がアントワネットの肖像画全般に徹底的に失望したのは
2008年のルーヴル美術館展
それまでもアントワネットの肖像画は1つも気に入らなかったのだが
ルーブル所蔵のモノもこんなのか・・・と思ったら酷くガッカリしたのだ

そりゃあ池田理代子の『ベルばら』でのアントワネットに慣れてたら
しもぶくれのおばさんのアントワネットなんか受け付けナイってば(;つД`)

それとは別に自分はポンパドゥール夫人に好意的だったので
彼女の趣味を反映した家具調度が見れる機会としてそこには凄く期待してた

入場して1番最初に眼に入ったのはなんとミラボーの肖像画で驚いた!
しかもこれが自分の知ってるこういうブサイクなオッサンのミラボーではナイのだ!!

若き日のイケメンぶりにあっけにとられつつも惚れ込んでしまい・・・ヾ(・_・;)ぉぃぉぃ
帰宅後にネットをくまなく探してみたのだがそれらしい画像がなく
ただ息子の肖像画を発見してしまったら確かにハンサムだ

やっぱりミラボーも若い時はこんなだったのだろうか?
たった数秒見ただけの幻のハンサム(理想化)ミラボーが本トに観たのか
記憶が曖昧になるちょっと前にそれらしい画像をネットで発見↓

しかしこの美青年はミラボーでなくボーマルシェだ。(゚д゚lll)ギャボ

おかしいな~???
確かに「ミラボー」のキャプションがあってこの絵を見たはず・・・
なんせミラボーの肖像画があるとわかれば
自分が次に期待するのはラファイエットの肖像画だp(-_-+)q
これは結論から言うとなかったがそう期待をしたのだから
とりあえず「ミラボー」だったコトは間違いナイ

まあこのルーヴル美術館展の主旨はミラボーでもラファイエットでもなく
ポンパドゥール夫人とマリー・アントワネットなのだがねw
しかもこの展示の趣旨は宝飾品や家具調度で
ポンパドゥール夫人とマリー・アントワネットはもちろんルイ15世~16世の
つまりブルボン家の趣味が反映されたモノばかりなのである

その前の太陽王と呼ばれた14世の時代には
華美と荘厳の限りを尽くして悪趣味に近くなってた(※)のだが
それが15世~16世の時代に奥方や愛妾の女性の趣味が尊重されるようになって
繊細で優美に洗練されてきたのだ、と予想してたが予想通りだった
建築様式としての当時のゴシックね、現代のゴスロリファッションは別

観ててまず思うのは基本的に総て同じデザインだとゆーコト!
あえてそうして揃えるのがオサレだったのだろうね

ワビサビ文化を理解できてる日本人の感覚からしてみると
いくらだだっ広い部屋でも豪華絢爛の品が相争うように隣り合って並べてあるのはいただけナイ
趣味に全く統一感のナイ派手さは成金趣味の虚栄心の象徴のような客間になってしまうが
グロテスクさを嘲笑する以外には鑑賞のしようがナイ。(´д`;)ギャボ

それとは対照的なのが今回の展示品だ
広大な敷地にある邸内のどの部屋にいても不和を感じさせナイようにか
一貫したデザイン(テイスト)で
それぞれの特徴(用途)を生かした微妙な違いを持たせながら
同じように作らせる、そのヨユー・・・
これこそが貴族趣味と言うモノなのではナイだろうか・・・ホゥ(*-∀-)

もちろんそうして作らせたモノは
必要なモノがあるべき場所にあるだけなので
居並んでたとしても空間を奪い合ったりしてナイから鬱陶しくナイ
但しそれを展示品として陳列してる場合は
十分なスペースが与えられてナイのでぶつかり合ってしまい
鬱陶しいコトこの上ナイヽ(゚∀。)ノ

しかもどっちを向いても一様にキンキラしてるだけだと成金趣味より煩わしくなり
仕方がナイのだがその事態に気付いた瞬間には観る気を失った
(そう気付くまでに数点観ただけだったがある意味全部観たのと同じだしねw)

会場を出てショップでは3枚ほどポストカードを買うのが習慣で3枚選抜・・・
したかったがマリー・アントワネットで気に入るモノがなくて
薔薇の時計とアントワネットの肖像画がベルばらチックな栞にした→

ポンパドゥール夫人も特に気に入ったのがなかったので
消去法で有名な1枚に決めたが
むしろミラボーのがあったらそれが欲しかったな・・・
でも展示品の中で1番のお気に入りの『ドン・キホーテ』のタペストリーが
意外にもポストカードになってたのが収穫、収穫(*^^*)ムフフ

『ドン・キホーテ』を心底愉しむヨユーあるフランス貴族の洒落た趣味(ギャグのセンス)
これがわかったのが何よりも収穫だったね