Goats Head Soup

この1ヶ月ほどに誕生日が巡ってると山羊座=Capricorn(カプリコン)だが
英語の由来はラテン語のCapricornus(カプリコルヌス)だ

caper(山羊)とcornu(角)の合成語で「角のある山羊」即ち「雄山羊」の意で
ギリシア・ローマ神話における牧神の呼び名の1つ

これと似た名前のイタメシ屋のカプリチョーザ(Capricciosa)は
店舗サイトによればイタリア語で「気まぐれ」の意だそう
伊語辞典で確認してみたらCapriccioには「浮気」なんて意味もあった
グリコのカプリコ(Caplico)はスペルが違った~

ブロッコリー ハイブリッドスリーブ 「カプリコーン -山羊座-」

前述にギリシア・ローマ神話とあるが、語源のカプリコルヌスがラテン語なら
当然ながらギリシアでは別名なワケでAigipan(アイギパーン)だ
このAigiも「山羊」のコトだが
Pan(パーン、もしくはパン)は「牧神(牧羊神、半獣神とも)」で
ローマ神話では半獣神ファウヌスに相当する
LINK:牧神の午後

パーンやファウヌスの他にも
パーンが年老いたシレノスだとか森の精霊サテュロスとか
似たり寄ったりの山羊由来の神や精霊は色々いて
これらは頭部に山羊の角を持ってても上半身は人間らしくできてて
でも下半身はやっぱり山羊なのがデフォルトだが
山羊座となると下半身は魚だ

上半身が山羊で下半身が魚になった姿を憐れんでゼウスが星座にした
ってのが大まかな山羊座のエピソードの共通部分だが
誰がどうしてそんな姿になったのかはギリシア・ローマ神話的には定かではナイ
それとゆーのも異説・異論が多過ぎてどれも信憑性がナイのだ

LINK:
第1巻 第1章 神々について〔アポロドーロス〕

196 パーン〔ヒュギーヌス〕

巻5 ピエロスの娘たち〔オウィディウス〕

第16章 ギガンテス〔トマス・ブルフィンチ〕

クロノス、ゼウスの誕生、オリュムポスの神々の出現〔フェリックス・ギラン〕

第2章 神々の誕生〔ピエール・グリマル〕

第20章 そのほかふたつの反乱〔ロバート・グレイヴズ〕

以上を表にまとめてみるるる~

提唱者エピソードの概略誰が何に変身したか?付随するエピソード主要人物(怪物・神)
提唱者エピソードの概略誰が何に変身したか?付随するエピソード主要人物(怪物・神)
アポロドーロス怪物テューポーンを恐れた神々がエジプトへ逃げて、その追跡も恐れたので動物に姿を変えた神々がそれぞれどんな動物になったかや、山羊座誕生のエピソードなどは一切ナシゼウスはテューポーンにやられて手足の腱を隠されたが、これを盗み出したのがヘルメスとアイギパーンだとしてるテューポーン
ゼウス
ヘルメス
アイギパーン
ヒュギーヌス怪物テューポーンを恐れる神々に対して、パーンが動物に変身して身を潜めるコトを提案したのに従って変えた山羊の姿に変身してたパーンはそのまま星座になったが、他の神々が何に変身してたかは不明パーンの指示通りにしてる間にゼウスによってテューポーンが倒され、助かった神々はパーンを星座の列に加えるように推薦したテューポーン
ゼウス
パーン
オウィディウス怪物テュポエウスを恐れて神々はエジプトまで逃げたが、そこまで追って来たので動物に変身したユピテルが雄羊、アポロンは烏、バッコスは山羊、ディアナは猫、ユノーは白い牝牛、メルクリウスは朱鷺になったがバッコスが星座になったとはナイテュポエウスは倒れ、シケリア島の下敷きになって、口から炎を吐き火山となり、時々暴れて地震を起こすようになったが、誰にどうしてやられたかは不明テュポエウス
ユピテル
バッコス
メルクリウス
トマス・ブルフィンチ怪物テューポーンを恐れて神々はエジプトまで逃げたが、そこまで追って来たので動物に変身したゼウスが雄羊、アポローンは烏、ディオニューソスは山羊、アルテミスは猫、ヘーラーは牝牛、アプロディーテーは魚、ヘルメスは鳥になったがディオニューソスが星座になったとはナイ基本的にブルフィンチはオウィディウスに倣ってるが、テューポーンのその後の様子はなく、雷霆で倒された、とだけあるのは暗にゼウスの仕業テューポーン
ゼウス
ディオニューソス
ヘルメス
フェリックス・ギランテューポーンとテュポーエウスが別人・・・いや、別怪物としてて、テュポーエウスがエジプトまで神々を追いやった恐るべき怪物としてるが、神々の動物への変身の記述はナイ一切ナシゼウスがテュポーエウスにやられた際には、手足の腱を切られて閉じ込められてたが、ヘルメスがゼウスを救出したテュポーエウス
ゼウス
ヘルメス
ピエール・グリマルテュポン(テュポエウス)には諸説あり、と断った上でテュポンが天上に攻めてきたので、神々はエジプトまで逃げて、動物に姿を変えて砂漠に身を隠したアポロンは鳶、ヘルメスはこうのとり、アレスは魚、ディオニュソスは山羊、ヘパイストスは牛になったがディオニュソスが星座になったとはナイゼウスはテュポンにやられて手足の腱を隠されたが、これを盗み出したのがヘルメスとパンで、最後にはゼウスによってテュポンはシシリアのエトナ山の下敷きにテュポン
ゼウス
ディオニュソス
パン
ヘルメス
ロバート・グレイヴズテュポンが火を吐きながら突進してきたので、神々は動物に変身してエジプトへ逃げたゼウスは牡羊、ヘラは牝牛、アポロンは烏、ポセイドンは馬、アルテミスは山猫、アレスは猪、ヘルメスは鶴になったが山羊になった神はいナイゼウスはテュポンにやられて手足の腱を隠されて幽閉されてたが、パーンが見張りを驚かした隙に、ヘルメスが見張りから腱を盗み出してゼウスに戻し、アポロンが見張りを射殺した、最後にはゼウスによってテュポンはシチリアのエトナ山の下敷きにテュポン
ゼウス
パーン
ヘルメス

以上、古来から現代までの怪物テュポンの代表的なエピソードだが
これらの中で山羊座の由来とはっきり明示してるのはヒュギーヌスだけとなると
後からこじつけたようにしか思えなくなってきたな。(´д`;)ギャボ

山羊座と牧神と半獣神と( *゚Д゚)つ[酒]の神は
かように一緒くたにされてたり混在してたりするのだが
パーンやファウヌスやサテュロスは酒呑みで好色で音楽や舞踊を好む宴会気質で
ギリシアのディオニュソスやローマのバッカスと縁が深く
親しみを感じてしまうのは自分が酒呑みだからだが
飲酒や肉欲や音楽や舞踊といった快楽に溺れるのはあまりよろしくナイ
とゆーのが一般的には良識ある見解とされてるだろう

とりわけ敬虔なキリスト教信者にとっては
快楽に耽る=悪魔に魂を売るが如くで
そういう牧神の所業が悪魔のイメージと重なるからか
サタンやバフォメットなどが山羊男の姿に描かれてるのではなかろうか?

それに比して【神の子羊】などとも言うが
イエス・キリスト自身もまた羊に例えられてて
彼を信奉する者もまた羊になぞらえられ
『新約聖書』の「ヨハネの黙示録」の最後の審判の様子には次のようにある

羊飼いが羊と山羊とを分けるように、彼らをより分け、 羊を自分の右に、山羊を左に置きます

要するに信者(羊)とそうでナイ者(山羊)を選り分けて
羊は天国へ昇れるが山羊は地獄へ落とされる・・・
キリスト教ではここまではっきりと山羊は悪魔の象徴となってるのだ。(゚д゚lll)ギャボ

山羊の頭のスープ

表題の『山羊の頭のスープ』はローリング・ストーンズのアルバムのタイトルだが
キリスト教圏では上記のように間違いなく
山羊=悪魔、なので
キリストがその血と肉をワインとパンにしたように
悪魔が頭を煮出したスープはどうだい、なんてねヽ(゚∀。)ノ
ミック・ジャガーは洒落ててカッコ゚+.(・∀・)゚+.゚イイ

そうなるとこのアルバム1曲目の「Dancing with Mr.D」ってDevil?Daemon?
いや、もれなくディオニュソスでは?!

山羊男はディオニュソスの従者で酒宴で音楽や舞踊を捧げるのだから
そこで演奏するのがストーンズでしょ、やっぱ(*^^*)

大天使

御絵(※)コレクションの中で大天使のガブリエル、ラファエル、ミカエルは
今でも格別に大切にしてるのはほとんど恋をしてるからだ
金髪の長髪好きは間違いなくここからきてるるる~ヽ(゚∀。)ノ
御絵(ごえ)はイエスやマリア、大天使や聖人が描かれたカード

まずは最愛の大天使ガブリエル

大天使の中でも超エリートで
主にメッセンジャーとして活躍してるので
結婚前の処女マリアに神の子が宿ったと告知しに来たのもガブリエル

【受胎告知】の天使ガブリエル、とゆーのは
キリスト教圏や西欧美術愛好者にとって常識だが
N○Kの『○曜美術館』でミカエルと解説された時には驚いたのなんの
ナレーターの読み間違いなのか、元(台本)から間違ってるのか
どういうコトなのか気になって思わず投書したねw

確認不足でした

みたいな返答が絵葉書のウラに書かれて封書に入って送られてきたが
【受胎告知】の天使の名を確認しなくちゃわからナイくらい
美術番組の制作者に常識的な人間がいナイのだ、と愕然とした。(゚д゚lll)ギャボ
それ以上に関係者でさえこれなら
一般的には全く知られてナイのだ、と予測できるので呆然とした。(´д`;)ギャボ

ガブリエルはたいてい清純の象徴の百合を手にしてるが
他にオリーブの枝や棕櫚(シュロ)の枝笏(シャク)や杖などもある

神からの伝言を人間に報せに来るのはたいていこのガブリエルで
『旧約聖書』然り『新約聖書』然り
イスラム教の創始者マホメットに神の言葉を伝えたのもそう

絵画を見る限りでは1番おしゃれな天使で最も女性的に描かれてるが
マリア等の受胎告知の際には怖れナイように女性の姿で現れた、って説もあるるる~

このバーン・ジョーンズの描いた髪の短いガブリエルはどうもいただけナイ
と思うのは自分だけだろうか・・・?

そういえばガブリエルは天国の金庫番もしてるくらいだから
神からの信頼度は高いのだろうね
それにしても天国になぜ金庫が必要なのだろうヽ(゚∀。)ノ

次はN○Kに【受胎告知】の天使と間違えられた
戦う大天使ミカエル

ミカエルは神が最初に創った天使らしく古参だけあって
その活躍には枚挙に暇がナイ
人類に農業を齎したり
サタンと戦ったり
ドラゴンを退治したり
ジャンヌ・ダルクを導いたりしたので
武装して武具を手にしてる姿で描かれるコトが多く
天使が武装してればそれはミカエルだ

ジャンヌ・ダルク (中公文庫)

そんなミカエルの武具以外のアトリビュートには
最後の審判に用いて魂の善悪の分別をする天秤があり
魂を司り善を援けて悪を挫き、善の象徴(?)のキリスト教会を守護する一方で
イスラエル民族(ユダヤ人)の救済もする予定・・・は未定(※)
ミカエルの出現でイスラエル人の受難が終了するとされてる

またミカエルは天使の総帥的な役割も担ってるが
天使の階級は9階級あってその下から2番目の8番目が大天使なので
そんなに下位なのに総帥なのはなぜだろうヽ(゚∀。)ノ

中世には7大天使が世界を代わる代わる支配するとされてて
これによると今現在は4番目のミカエルの支配下で2235年まで続くのだそう
ちなみに後続がアナエル→ラファエル→ガブリエルとなるそうな

ガブリエルとは対照的に男らしく描かれてる天使で
どうして芸術家はここに目をつけてガブリエルとミカエルの好一対を描かナイのだろうか?!
といつも思う・・・p(-_-+)q

最後は水先案内天使ラファエル

癒しの天使ラファエルはエデンの園の生命の樹を守り
病気や怪我の治療にも勤しむ
守護の天使の長でもあり若者や旅人の守護もするが
要するに迷いがある人々を導く天使なので
現代において最も需要のある大天使なのではなかろうか?

通常は旅支度の杖にサンダル履きで
水筒やリュックや蓋付きの小箱を持ってる姿が描かれるが
この御絵ではなぜか杖以外には何も持ってナイw
でも手前の若者は水筒を下げてるから明らかに旅人で
しかも小川の中に立ってるのだ

手を差し伸べるラファエルと手を差し出す若き旅人の間には
どんな駆け引きがあったのか興味をそそられる構図

ラファエルは若者トビアスと旅をしてる姿がよく描かれてるから
目にする姿がいつも旅支度の天使なのだが
本トはその旅の間はアザリアと名乗って人間の姿をしてたはずで
絵画では決まって天使の姿をしてるのを昔からずっと疑問に思ってるのだがw
ウィリアム・ブグローのが唯一人間ぽい(しかも美しい♪)

この題材は『旧約聖書外典』の「トビト記」にあるモノだが
実はラファエルは『旧約聖書』にも『新約聖書』にも正典の方には登場してナイ

ヨハネ(ヨカナーン)の実像

オスカー・ワイルドの『サロメ』では
生首となって盆に盛られたヨカナーン(ヨハネ)にサロメがキスをする
とゆー戦慄を覚えずにはいられナイ場面があるが
聖職者の身ではサロメでなくとも女を受け入れるコトなどできなかったであろう
ましてやヨハネはイエス・キリスト(以下イエスと略す)の洗礼者であった

サロメ誕生―フローベール/ワイルド
エウセビオス「教会史」 (上) (講談社学術文庫)
エウセビオス「教会史」 (下) (講談社学術文庫)

『新約聖書』に登場するヨハネには
このイエスを含む多くの人々に洗礼を授けたヨハネと
イエスの弟子のヨハネとがいるが
前者を「バプテスマ(洗礼者)のヨハネ」、後者を「使徒ヨハネ」と呼び
『ヨハネの黙示録』の著者は一般的には使徒ヨハネ(※)だ
エウセビオスによれば更にもう一人ヨハネが存在してて
その別人のヨハネによって書かれたと『教会史』で述べてる

以下ヨハネとあるのは総てバプテスマのヨハネである

キリスト教(古くはユダヤ教)における洗礼てのは
入信時に行われる頭上に水を注いだり水に浸ったりする儀式で
シャーマニズムにおける禊(みそぎ)と似てるが
イエスがヨハネによって洗礼を受けたのはヨルダン川においてだったそうだ

イエスがヨハネに洗礼を施されたのはその出生に話を遡らせると
ヨハネを産んだのはザカリヤの妻エリザベツで
イエスを処女懐胎で宿して産んだマリアの従姉妹に当たり
同じく処女懐胎によってイエスより一足先に産まれたのがヨハネなのだ
(エリザベツは既婚だったのだから処女ではナイのでは、てな突っ込みはナシでw)

『新約聖書』に幼少時のイエスとヨハネの邂逅の記述はナイのに
幼子イエスと聖母マリアの聖母子図に幼子ヨハネもしばしば登場するのは
親戚なのだから会ってたとしても不自然ではナイからだろうか?!

それにしても腑に落ちナイのは
エリザベツが元より不妊で高齢になってすっかり諦めてたトコロで
ようやくできた跡継ぎのはずのヨハネだのに
なぜか少年のうちから荒野を放浪してユダヤ教の宣教者となってしまったコトだ

ユダヤ教は唯一神ヤハウェを信仰し
ヤハウェの言葉を伝える【預言者】の言う通りに忠実に生活を営む宗教で
この【預言者】の再来ではナイか、と畏れられてたのがヨハネだが
【救世主】としてイエスが現れる、と予言する(※)のだ!
穿った見方をすればイエスを【救世主】に仕立て上げるペテンの片棒を担いでたかもだ!!
「バプテスマのヨハネの質問とイエスの証言」の聖書の記述はルカ7マタイ11参照

とにかくヨハネはたくさんの弟子を持ち、民衆にも畏れられてたのだが
なぜヘロデ王の宮殿の牢に投獄されてたのかと言えば
ヘロデ王とヘロデヤの結婚をヨハネが咎めたのを逆恨みされたのだ(-_-;)
ヨハネの諫言は王族に対する侮辱と見做されたのだろう

それもヨハネの非難の矛先が専らヘロデヤの多淫に向けられてたのだろう
ヘロデヤにしてみると図星だけに我慢ならなかったに違いなく
ヨハネの処刑をヘロデヤが望んでたのは疑う余地がナイ

それではヘロデ王はどうだったかは「マタイ伝」によれば

ヘロデはヨハネを殺したかった

とはっきりとあるのでヘロデ王もヨハネの処刑に乗り気だったようにとれるが
同じ「マタイ伝」の中には

ヘロデはヨハネを預言者として認めていた

ともあり、これはヘロデ王自身がヨハネを信奉してたか否かには関係なく
民衆のヨハネに対する信奉を理解してた、とゆーコトだろう
王としては民衆の反感を買うようなマネはできナイので
ヨハネを捕えさせて牢には繋いだものの、それ以上は手を下せナイでいたのだ

これが「マルコ伝」によるとヘロデ王はヨハネの宣教に対して

喜んで耳を傾けていた

とさえあり、更に王女サロメにヨハネの首を所望された時には

非常に心を痛めた

とマタイとマルコとでは受け止め方が正反対で
『新約聖書』の記述からではヘロデ王の真意は掴めナイが
それまで寵妃ヘロデヤにせがまれてもヨハネを処刑するに至らなかったので
ヘロデ王は明らかにその意志がなかったのでは、と推測する次第だ

そこへきてサロメに促されるままにヨハネの斬首を決行したのは
なぜか・・・ヘロデ王の心理が最も不可解だ

ヴェネツィア絵画のきらめき4

Bunkamura ザ・ミュージアムの「ヴェネツィア絵画のきらめき」を観に行って
実は1番気に入ったのがティントレットの『奏楽天使』だった

元より『奏楽天使』は好きなモチーフで
例えプットタイプ(幼児体型)の天使だとしても
基本的には好きではナイのに楽器を持つと許せてしまうくらいだったが
ティントレットの『奏楽天使』は巻き毛の美青年で
リュートを手にしてうつ伏せに寝そべってて裸体の背には翼がニョキリ!

これはもう天使相手に不謹慎にも欲情してしまえた・・・ヾ(・_・;)ぉぃぉぃ

ところがポストカードにはなってなかったし
図録も買わなかったので手元には何も残っておらず。(゚д゚lll)ギャボ
でもググって見つけた画像をブログにアップしてたのだが
ブログの管理が悪くていつの間にかリンク切れになってて画像を紛失してしまい
今になって再度ググってみてもどこを探してもなかった。・゚・(ノД`)・゚・。

なのでこれはティントレットの『奏楽天使』ではなくて似た画像・・・

このカラヴァッジョの『Rest on the Flight into Egypt』で
ヴァイオリンを弾いてる天使がワリと近いかと
まあリュートとヴァイオリンでは違うが一応同じ弦楽器を携えてるって点と
裸体の背には翼がニョキリ、ての(しか合ってナイ)がね
それにしても天使の翼の付け根はなかなか目にしナイから新鮮だな

自分としてはティントレットの『奏楽天使』以外では以下の4点がよかった

ティツィアーノの『洗礼者聖ヨハネの首を持つサロメ』
ヴェロネーゼの『エッケ・ホモ(キリストと刑史たち)』
ヨーゼフ・ハインツの『イアソンを若返らすメディア』
フランチェスコ・グアルディの『パリスの審判』

次点に大天使ラファエルが描かれた『トビト』があったが
構図もよくなければ扱ってる題材に対しての作者の意図も中途半端な印象で
何よりもトビトがぶんむくれのブサイクな幼児で
付き添って旅をするラファエルが可哀想になったのだった。(´д`;)ギャボ
それでも1分くらいは観てたのだが誰の作かも失念

だいたいイタリアの宗教画の天使は殆どの場合がプットタイプ(幼児体型)で
そうかと思えば痩せこけてて貧相で悲壮感漂うようなのとか
どうも美しさにおいて天使ヲタの眼鏡に適うようなのがいナイのだがね
って、眼鏡って色眼鏡かいなヽ(゚∀。)ノ

まあヴェネツィアといわれた時点で天使には全く期待してなかっただけに
ティントレットの『奏楽天使』には惚れたぜ・・・p(-_-+)q←目的を履き違えてるがなw

惜しむらくは画像がナイコトだが
代わりに『奏楽天使』の代表作とも言えるロッソ・フィオレンティーノの作を・・・
これもプットタイプだが表情が+.(・∀・)゚+.゚イイからなんか好きだ
お昼によく行くサイゼリヤにもこの絵があるるる~

黙示録論 (ちくま学芸文庫)

こうして見ると天使には弦楽器が似合う気がするのだが
むしろ弦楽器が容貌の美しい人に似合うのだろう
吹奏楽器はパン・フルートとか半獣神のイメージがあるし
もれなく天使がラッパを吹くのは最後の審判の予兆だからな