Gormenghast

明後日(10/27)から読書週間だ

世界観をなるべく精確に構築するための知識を得たい

この想いを少しでも叶えるべく
今までも本を読んできたし、これからも読み続けるだろうが
そうして読む意義がはっきりしてるからこそ
主義に合わナイ本を読むのは時間の無駄としか思えなくて
基本的に現代作家の小説は一切読まナイ主義だ

ましてや、ファンタジーとかになると
他人が勝手に創造した異世界なんかどうでもよくて
ファンタジーと銘打たれた『ゴーメンガースト』三部作は
頼まれても絶対に読みたくナイ類のはずだったが
うっかり読んでみたら非科学的な現象は一切見当たらず
どこがファンタジーなんだかヽ(゚∀。)ノ

それにしたって読むべき何かは
少なくとも読む前には何もなかったのだが
執り憑かれたように夢中になったのは主人公に感じ入ったからだ

Gormenghast [DVD] [Import]

そんな『ゴーメンガースト』が実写映像化されたのは
21世紀最初の年で、イギリスのBBCによるテレビシリーズだった

すぐさまキャスティングをググってみると
肝心の主役、ゴーメンガースト城の少年城主タイタスが
予想以上の美少年子役&美青年俳優で期待できたし
敵役のひたすら不気味な存在であるはずのスティアパイクを演るのが
無駄に美形なジョナサン・リース・マイヤーズだったので
余りにもイメージがかけ離れてて驚愕したものの
その意外性にも期待せずにはいられなかった

とはいえ、観る機会を得るのは困難だと思われたので
喜ぶよりも先に諦めてたがね。(´д`;)ギャボ

それが2002年になって奇跡的に日本でもDVDが発売されてみると
DVD2枚組(4時間超えw)で¥6,300とカナ~リ痛かったので
なかなかポチする勇気が出ずにいたりして。(゚д゚lll)ギャボ

マイケル・コリンズ 特別編 [DVD]アレキサンダー 通常版 [DVD]ベルベット・ゴールドマイン [DVD]

それでも最終的に購入するに至ったのは
ジョナサン・リース・マイヤーズに尽きるだろう
『マイケル・コリンズ』や『17』での端役の頃から目にしてて
『ベルベット・ゴールドマイン』のブライアン・スレイド(つか、ほぼDavid Bowie)
そして『アレキサンダー』でのカッサンドロスのジョナサンを観て
こいつはやるかもしれナイ、と思い直したからだが
その予感は的中してて、原作では敵意を抱いてたスティアパイクに
実写ではすっかり魅了されてしまったのだった・・・ヾ(・_・;)ぉぃぉぃ

簡単に実写版のあらすじを述べると
ゴーメンガースト城はグローン伯爵家の当主が代々治めてたが
使用人スティアパイクが権謀術数を駆使してのし上がり
城内の頂点に君臨しようとする一方で
まだ年若い当主タイタスは儀式に縛られた日常に嫌気が差し
外の世界に憧れてる始末でてんで相手にならず
それでもタイタスはスティアパイクの息の根を止めて
晴れてゴーメンガーストから外の世界へと旅立つ・・・

ゴーメンガースト [DVD]タイタス・グローン―ゴーメンガースト三部作 1 (創元推理文庫 (534‐1))

原作の三部作中のちょうど2部までで終わってるが
3部でのタイタスの外の世界での体験こそが
自分にとってはこのシリーズの中で重要な部分だったりするので
初めて観た時に愕然としたのは否めナイものの
2度目にはすっかりスティアパイクに感情移入してしまって
主役がタイタスであるコトは忘却の彼方・・・
いや、こっちでは主役は完全にスティアパイクだって!

不思議なコトに通常は原作への想い入れが強いと
実写でのほんのちょっとのブレでさえも裏切られた感が湧いて
全体的にどうにも受け容れ難く感じられるのに
ビジュアル的な美しさと不気味さのマッチ・バランスとか
観念としての善悪の表裏一体、正気と狂気の共存など・・・
そんな原作に潜んでた要素が表面化したカンジで
元よりゾクゾク来るのがたまらなかったトコロがより一層誇張されて
原作の魅力がいや増したのだ!!

そもそもスティアパイクのような心底悪辣な男には
グロテスクな容貌が相応しいと誰もが(作者さえもが)思い描くが
そうとは見えナイ美貌の持ち主が自身の悪徳に対して
整然とした美しい顔を歪めてほくそえむ・・・
まるでドリアン・グレイ的退廃臭がなんとも小気味よいではナイか?!

Gormenghast [DVD] [Import]

こんな男に騙されて徹底的に利用されて
用が済むとあっさり殺されて
死に顔を覗き見ては嘲笑される女ってのも
どうせ幸せな家族に恵まれナイとしたら
女としては案外幸せな人生かもしれナイ気がしたりしてw

だからタイタスの姉フューシャも原作で想像してたより格段に美人で
美形のスティアパイクに篭絡されそうになる危ういシーンが
ロマンティックで思わずうっとりしてしまった・・・ホゥ(*-∀-)

タイタス・アローン (創元推理文庫―ゴーメンガースト三部作)

尤も、原作で自分が1番うっとりしたのは
2部での夢見がちな少年タイタスと
3部での現実に戸惑う青年になりきれナイタイタスなので
どちらも納得の行く美形が演じてくれてたからこそ
いよいよ3部って場面までで終了してしまったのは惜しい(;つД`)

Oscar Wilde [DVD] [Import]

特筆すべきは少年時代のタイタスの教師役に
スティーヴン・フライが出てたコトだが
彼はかつて映画『オスカー・ワイルド』に出てたな