パラスとケンタウロス

3連休は雨模様らすぃと予想されてたので
土曜日の夜のバイト以外には外出予定は入れずに
手芸三昧できたら゚+.(・∀・)゚+.゚イイなと思ってたが
日曜日は思いの外晴れたのと
ダンナが二日酔いで寝たきりなのを好都合に
チャリンコで上野の東京都美術館まで行って来た

とゆーのもウフィツィ美術館展をやってて
今回の目玉はボッティチェリの『パラスとケンタウロス』で
ケンタウロスが好きな自分にはこれだけでも観に行く意義があったのだ

それにしてもケンタウロスとパラスとは変な組み合わせだ
パラスとはギリシアで言うアテナ、ローマで言うミネルウァの別名だが
この知恵と闘いの女神がケンタウロスと対峙してるシーンは
ギリシア・ローマ神話には記述がなく
ボッティチェリがいったい何を描きたかったのか
もしくは依頼主がどういう趣旨でこんな絵を描かせたのか
様々な憶測が飛び交ってるが自分には決定的と思われるモノはナイ

それに専門家らの概ねの見解にありがちな
悪のケンタウロスが善のパラス・アテナに懲らしめられてる
なんて単純な図式を当て嵌めたかったら
何の係わりもナイこの2人をわざわざ描きはしナイだろうに
ましてやケンタウロスが肉欲の象徴なら
アトリビュート(象徴的な持ち物)が弓矢であるのも腑に落ちナイ
そう、専門家らの解釈に沿うならば、例えば
シュリンクス(パン・フルート)を吹くサテュロスに向かって
弓矢を構える処女女神アルテミスならわかりやすい

あれこれ考えを巡らせながら
遂に本物の大きな絵の前に立った瞬間
ケンタウロスの繊細な表情には憂いが読み取れたが
それはパラス・アテナに懲らしめられてるからではなく
もっと深い悲しみに沈んでるようだった
確かにパラス・アテナはケンタウロスの髪をつかんではいるが
いかんせん懲らしめてるようには見えなかったのだ

そして2人の間にある一艘の船の存在に気付いてみると
アキレウスの命運がトロイ戦争で尽きたのを嘆くケイロン(※)と
諦めを諭すパラス・アテナに見えてきた
この辺りの詳しい事情は[アキレウスとケイロン]参照

パラス・アテナはトロイの守り神として
そのパラディオン(神像)がトロイ建国時に神殿に祀られたが
これがある限りトロイは不落であるとされてたので
例の木馬作戦を実行する前にオデュッセウスらが盗み出した

パラディオンがギリシア陣営にあって
トロイの守護を放棄せざるを得なくなったパラス・アテナは
地理的には遠く離れてはいたが
アキレウスの訃報(※)に悲嘆にくれるケイロンと
お互いに守り育てた大切なモノを失う
その喪失感を共有してるのを感じて通じ合った
そんな図に思えてきた・・・
映画によってはトロイの木馬にアキレウスも参加してるが、知り得る限りの文献ではとっくに死んでて
アキレウスの代わりに息子のネオプトレモスが戦地に赴き、トロイの王を討ったのはこのネオプトレモスとされてる

人の子を育てた獣神であるケイロンと
人々の営みを育んできた女神であるパラス・アテナ

と、ここまでが頭の中で一気に展開して
何かが怒涛のように押し寄せてきて魂がスパークした
時間軸と空間を結ぶ点から存在が解き放たれると
現実や真実や事実より真意の重みを感じる

絵の前にいたのはほんの1分程だろうが
時空を超えて魂が旅をしてた
こういう感覚をまさにトリップと言うのだろう

薬物などでこの感覚を得てる人が
抜けられなくなるのはわかる、確かに爽快だ・・・
なので、この感覚を呼び覚ますモノでなければ
芸術として完成されてるとは自分には認められナイのだ

そんなだから、あとは数点しか
自分にとって有用な作品がなかったので
まあいつものコトだが15分ほどで会場を後にしたヽ(゚∀。)ノ

帰路、冷静になって考え直してみれば
ケイロンとパラス・アテナが手塩にかけた対象を
無慈悲に奪い去ったトロイ戦争が
開戦に及んだきっかけとなった大元の原因はと言えば
3柱の女神らの誰が1番美しいかの諍いで
その女神の内の1柱は誰あろうパラス・アテナだったし
戦争での勝利を約束するコトで審判を買収しようとさえした

とすると、パリスの審判でパラス・アテナが選ばれてたら
トロイは滅亡しなかったのだろうか?

九十三年

ヴィクトール・ユゴーの『93年』を読み返しながら
アキレウスとケイロンに想いを馳せる

秋の夜長・・・

ジョルジェットのさえずり

 小鳥が歌うように、子供はおしゃべりをする。どちらも同じ讃歌なのだ。意味の取れない、片言の、それでいて深い心からの讃歌なのだ。ただ子供は鳥と違って人の世の運命(さだめ)を背負っているから、無心に歌っている子供の楽しげな様子にも大人は悲しい気分をそそられるのである。子供の唇からもれる魂の片言こそ、地上で聞くもっとも気高い神への讃歌なのだ。まだ本能にすぎない子供の考えから出るこうした片言のささやきは、永遠の正義にむかって無意識になされる訴えのようなものを含んでいる。

ヴィクトール・ユゴー『93年』より今日出海訳(筑摩世界文学大系)

1歳8ヶ月のジョルジェットは
何もわからナイまま母親の乳房から引き剥がされ
2人の兄と共に人質となってた
3人の兄弟の年齢を足しても9歳に満たナイ・・・
母親は銃殺に処されたが一命をとりとめて
気狂いのようになって子供を探してひたすら歩く

フランス革命が貧しくとも平和に暮らしてた
農村の一家5人(そう、革命前は父親だって生きてた)は
まず共和軍によって家屋を焼き払われ父親を殺される

そうして行き場を失って彷徨ってた親子4人は
今度は国王派のヴァンデ軍によって親子が引き離され
母親は銃殺、子供らは人質
革命さえなければ幸せだったはず・・・

考えながら何度も読み返しては涙した
「バルテミーの虐殺」の子供たちの描写部分

ロマン主義ぱ+.(・∀・)゚+.゚イイイイね
ユゴーはすごいや・・・(;つД`)

筑摩世界文学大系(25)シャトーブリアン、ヴィニー、ユゴー

アキレウスとケイロン

泣けた・・・。・゚・(ノД`)・゚・。

『レ・ミゼラブル』より涙してしまったのは
『93年』の以下の件(くだり)だ

ゴーヴァンは勝利者だ。しかも民衆のために勝利をもたらした英雄であった。彼はヴァンデにおける革命の大黒柱であり、しかもこの柱石を共和国のために築いたのはシムルダンその人ではなかったか。この勝利者こそシムルダンが手塩にかけて育てた教え子であった。共和国のパンテオンにやがてはまつられるであろうあの若々しい顔にシムルダンが認めているかがやき、それすなわちシムルダン自身の思想であった。彼の弟子、そして精神上の子供は今の今から英雄となり、やがて近い将来に祖国の栄誉を一身に担うようになるだろう。シムルダンは擬人化した自分の魂と再会した心地であった。彼はつい今しがたゴーヴァンの戦うありさまをその目で見たばかりだった。それはアキレウスの戦闘を目撃していたケイロンのごとき心情であった。僧侶と半人半馬族(ケンタウロス)のあいだには不思議な類似がある。僧侶もまた上半身しか人間ではないからである。

ヴィクトール・ユゴー『93年』より今日出海訳(筑摩世界文学大系)

ボッティチェリ「パラスとケンタウロス」 インテリア アート 絵画 プリント 額装作品 フレーム:木製(黒) サイズ:XL(563mm X 745mm)

野蛮な習性とされるケンタウロスの中にあっては
変わり者であったらしいケイロンは
アキレウスを乳幼児~9歳まで養育してる
(この辺りの詳しい事情は[アキレウスの誕生]参照)

その後アキレウスはリュコメデス王の許で女として育ち
オデュッセウスに見破られてトロイ戦争に赴いて
最大の英雄であった敵の大将ヘクトルを討ち
超英雄の座を得た(のもつかの間で戦死する)が・・・
(この辺りの詳しい事情は[アキレウスのトロイ出征]参照)

そんなアキレウスのトロイ戦争での活躍を
ケイロンが目にしたとゆー記述はどこにもナイし
ギリシアの山奥でひっそりと暮らしてるはずのケイロンは
フツーに考えて物理的にトロイに出没しようもナイ
もちろんユゴーだって勘違いしてるのでなく
そうと知っていながら、わざとそんな例えを引き合いに出してるのだが
だからこそこの例えは胸を打つ!

英雄と女神(海の精)とゆー立派な両親の元に生まれながらも
乳飲み児の内に親元を離れた・・・
換言すれば親に捨てられたアキレウスが
ケイロンを師と敬う以上に(以前に)父とも母とも慕ってたのは明白で
それはケイロン自身も気付いてただろう

ところがケイロンからしてみれば
人間のアキレウスとはそもそも棲む世界が違うので
成長した暁には手放す運命が確定してるし
言い切ってしまうと、本来、引き取って育てる義理もなければ
どう育てたトコロで何の見返りもあるワケでもナイのだ

それでもケイロンがアキレウスを世話し
共に生活する中で必要な知識を与えてったのは
江戸っ子に言わせれば、人情ってヤツに他ならナイので
そこに感じ入ってしまうのだが
更にその教育が理想的に思えるから胸熱!!

神話を紐解いても詳細は見当たらナイが想像に難くナイのは
指導と呼ばれる思想の刷り込みや
最初から考えさせナイようにする洗脳といった
素直な子供であるほどに持って生まれた自身らしさを失い
不自然な大人にしてしまうような教育を施してなかっただろうからだ
たぶんルソーも納得の理想的な教育ではナイだろうか?

エミール〈上〉 (岩波文庫)エミール〈中〉 (岩波文庫)エミール〈下〉 (岩波文庫青 622-3 )

ケイロンはアキレウスをアキレウスとして育んだのだ

シムルダンもゴーヴァンをゴーヴァンとして育んだに違いナイ

もしもケイロンが立派に成長したアキレウスの姿を目にしたら・・・
ゴーヴァンと再会したシムルダンの心情を表現するのに
これほど的確な例えはあるまい

実の親と子の縁は切れナイがその縁より強い絆もある
血を分けた、それだけの理由に依らナイ人情がその絆を強くする
これは何も師弟関係に限らず、夫婦間や友人同士もそうだ

人情・・・無償の愛情、と言えばわかりやすいだろうか?
尤も無償ではなく何らかの補償が伴う愛は
相手を「愛してる」と錯覚してるだけの自己愛でしかナイがなw

自分はケイロンのようにシムルダンのように
愛する人を育みたい

そういう想いからケイロン=ケンタウロス、に対して
格別な敬意を抱くのだろう

九十三年〈上〉 (潮文学ライブラリー)九十三年〈下〉 (潮文学ライブラリー)

アキレウスとプロテウス ヴァンデ軍考

ユゴーの『93年』で
アキレウスに例えられたラ・ロシュジャクランも
プロテウスに例えられたジャン・シューアンも
ヴァンデ軍に所属してた

フランス革命の実態は
肥え太った貴族や僧侶VS飢えた市民
とゆーような簡単な図式で推し量れるモノではなかった

パリから離れた地方の農民にとっては
領地だけが自分たちの世界の総てなのだった
生まれ育った領地を一生出るコトがナイ彼らには
遥か彼方のパリなんぞはまるで異国なんである

実質的に領地を守護するのは戦闘で
戦争をするのは貴族の仕事だった
つまりご領主様が領民を守ってくださるんである

また領主の跡継ぎは長男と決まってたので
次男や三男には僧侶の職があてがわれたりした
そうして可視範囲の世界の頂点には

国王の代理として領主がいて
神の代理として神父がいた
純朴な民は国王や神には逆らわナイモノだ

そんな絶対的な支配権が存在したのがヴァンデ軍なのだ!

領民の一部は職人になるしかなかったし
職人以外は農耕か牧畜を営むしかなかったし
それを全うさせるために尽力するのがご領主様であるから
そのご領主様一家が自分らより多少裕福だろうが
それを恨めしくは思わなかったし
ましてや革命によって国王や僧侶を処刑するなんて
そんなおぞましいコトには考えも及ばなかった

ヴァンデ軍は農民による国王軍(しろ)だったのだ!!

そしてヴァンデ軍にとって国境であるロワール河(※)を越えて
村の平和を踏みしだきに来た共和軍(あお)に抵抗した
ヴァンデ領民にとって革命思想を抱く者は
単なる暴徒でしかなかったとゆーコトだ

※もちろん実際は同じフランス国内

【参照】トロイリンク

筑摩世界文学大系(25)シャトーブリアン、ヴィニー、ユゴー

93年

ぼくはシャトーブリアンのような人間になりたい。それ以外は一切御免だ。
ヴィクトール=マリー・ユゴーが
14歳の時の日記に書いた言葉だ

シャトーブリアンに34年ほど遅れて生を受けたユゴーは
言い換えればルネと共に生まれた
(『ルネ』が出版された年に生まれた)

ユゴーは長じて
当然ながらシャトーブリアンにはならなかったが
シャトーブリアンのフォロワー以上の役割を担った

フランス・ロマン主義を打ち立てたのは
シャトーブリアンだが
ユゴーの『ノートルダム・ド・パリ』や
『レ・ミゼラブル』といった名作は
ロマン主義文学の金字塔となった

そしてユゴーの最期の小説『93年』は
ルイ16世が処刑された1793年の物語だが
フランス革命の複雑な背景が読み取れる
素晴らしい作品だ

もちろんユゴーは革命期にはまだ生まれてナイのだが
まるでその時代を生きたかのように
詳細が鮮烈に描かれてる

シャトーブリアンを敬愛する気持ちが
より深い理解へとユゴーを促し
まず何よりも革命の意義を見出すコトに
尽力したんではナイだろうか?

しかもそれには万人にとっての革命ではなく
様々な立場の人にとっての個々の革命の意義を
掘り起こす必要に迫られたんではナイだろうか?

その集大成が『93年』なのだ!

筑摩世界文学大系(25)シャトーブリアン、ヴィニー、ユゴー