コンテンツへスキップ

謎解きをし始めたのはいつのコトだったか?

それがライフワークになったのはいつからだったか?

意識の奥底でずっと燻り続けてるモノが
自分にはいくつかあって
それらを明らかにしたい想いに駆られてる

その答えズバリが載ってるか
もしくは答えに近づけるヒントが
記してあると思われる本を
読みたくて、読みたくて、堪らナイ

また、そういう書物からインスパイアされた
絵画やオペラ、バレエ、映画なども
観たくて、観たくて、堪らナイ

狂おしいくらい求めて已まナイが
そんな風に知識欲が旺盛過ぎるのは
凄く幸せなコトだと確信してる

順調に求めるままに満たされれば
至福を味わい続けられ
人生に退屈を味わう瞬間などナイのだからして!

そして謎が解けた時の絶頂感は
恐らく人間の感覚の中で
最も心地よく突き抜ける快感だろうて!!

自分にとってホフマンは
いくつもの謎を提示し続けてくれる存在だが
初めて読むに至ったきっかけは
ボードレールの『人口楽園』だった

「アシーシュの詩」の冒頭が以下

 自分自身を観察でき、自分の受けた印象を覚えている人ならば、つまり、あのホフマンのように、自分の精神の気圧計を作りあげる術を心得ている人々ならば、自分の思想の美しい季節や楽しい日々や心地よい瞬間について、これを自分の気象観測所でいろいろ記録することもあったわけである。

「あのホフマン」と言われても
どのホフマンなのか皆目見当が付かず・・・

数ヵ月か半年くらい経ってたか
古本屋でぼろぼろよれよれの岩波文庫に
ホフマンの名を確認し購入

そうして入手しただけで
ヴォルテージが最高潮になるも
読み始めてみると荒唐無稽過ぎる展開に
全然ついて行けず。(゚д゚lll)ギャボ

今や世界的な人気を誇る日本のアニメの方が
どんなに異世界を描いてたとしても
まだしも整合性があると思われ。(´д`;)ギャボ

それは『黄金の壺』だった

あらすじを述べれば・・・

主人公はフツーの男子大学生で
リラの木の下で会った緑の蛇と恋に落ちる!
って、のっけからこれで
頭から?マーク放出しまくりw

しかもこの緑の蛇の恋人は
奇遇にも主人公のバイトの雇い主の娘だった!!
って、蛇の娘を持つくらいだから
当然ながら雇い主も人間ではナイのだが
蛇でもなくて、なななんと火の精サラマンデルwww

かつてアトランティスにおいて
このサラマンデルの恋人だったのが
百合の花・・・

(゚Д゚)ハァ?

父:サラマンデル
母:百合

その間に生まれたのが3匹の蛇

(゚Д゚;)ハァア?

その内の1匹が緑の蛇で
長じてフツーの人間の男である主人公の
恋人となったのだった・・・

バタリ ゙〓■●゙

だがしかし!
人間の(と断りを入れるのもなんだが)女に
横恋慕されたり
その女に加担する魔女が
りんご売りの老婆に化けてやって来て
ガラス瓶に閉じ込められたり
散々な目に遭う!!

それでも主人公と緑の蛇は愛を貫き
アトランティスにて幸せに暮らしました
めでたしめでたし(なのか?!)

不可思議さに唖然茫然となってる内に
感情移入し損ねてたら
あれ?これで終わり???
みたいなヽ(゚∀。)ノ

愛する相手が動物だとしても
もう少しヒューマニズムが感じられれば
種の違いの壁を乗り越えて
愛が実った時の感動もあるんだろうが
心の琴線に触れるような出来事が何もなくて
ひたすら意味不明・・・

ロマン派は病的だ

とはゲーテの言で
自分が読んだのは『黄金の壺』だけなので
ドイツ・ロマン派を総括して
病的かどうかは断言できかねるのだが
『黄金の壺』に限っては明らかに病的で
ドイツ・ロマン派に対しても
苦手意識を持ったって仕方がナイ

とはいえ
ホフマン自身の奇行遍歴などは
一切(と言って問題ナイくらい)なく
司法官の職にも就いてて(と年譜にはある)
社会的には奇人変人扱いされる謂われはナイのだ

要するにそれだけ
文学作品から発せられる異様さに
読者がやられてしまう破壊力があるのだよ

結局
ボードレールの言うトコロの
ホフマンの気圧計(バロメーター)ってのは
どういう意味(ニュアンス)なのか
『黄金の壺』を読んだだけでは判然とせず
いや、読後にこそ謎が深まったやも

そして謎解きが大好物の自分は
ホフマンの作品に不気味さを感じつつも
ハマっていくのだった・・・