コンテンツへスキップ

人生において最良の本を10冊選ぶとしたら、何を選ぶか?

30年前に選んでたと思われる10冊(タイトル)なら

生きている地球(学研学習マンガ)
ビーグル号航海記(チャールズ・ダーウィン著)
幸福な王子(オスカー・ワイルド著)
にんじん(ルナール著)
シートン動物記(アーネスト・T・シートン著)
ハックルベリー・フィンの冒険(マーク・トウェイン著)
宝島(スティーヴンソン著)
クォ・バディス(シェンキェビチ著)
埋もれた世界(A・T・ホワイト著)
キュリー夫人 愛と科学の母(清閑寺健著)

これらは人生の初期段階で世界観を構築するのに役立ったが
人生の岐路においても常に道標となった

生きている地球 学習漫画 地球の歴史 (3) (学習漫画 地球の歴史)

『生きている地球』は虚弱体質だった幼少の砌に
通ってた小児科の待合室に置いてあり
【ビッグバン】から始まる地質時代の様子が描かれてて
それはまさに知りたかったコトだったので
読んでは興奮して更に熱が上がったw

生命の誕生から人類の誕生までの道程
要するに【進化論】には魂を揺さぶられたが
特に生命の誕生についてのオパーリンの【コアセルヴェート説】は
以来、「干潟」と聞いただけで涙が溢れてくるほど
神々しく美しい生命のスープの光景が胸を打った。・゚・(ノД`)・゚・。

そうして生きている地球を実感した自分は
更にダーウィンの『ビーグル号航海記』(※)によって
自然の厳しさ(ある意味無慈悲さ)と
そこに生きる生物の力強さと儚さ、強靭さとしなやかさといった
地球が織りなすドラマに感じ入った
【進化論】を構想するに至った経緯が綴られてる航海日誌

だから同時期にキリスト教かぶれの母親から
旧約聖書の冒頭の創世記による世界の始まりを押し付けられるも
話が矛盾しまくりで突っ込みドコロ満載な寓話としか思えなかったのだ

生温いお人好しの江戸っ子だった自分は
『幸福な王子』でワイルドのペシミズムに衝撃を受け
自分だけが母親に嫌悪されてると悲観してた時
『にんじん』で同士を見出してほっとした

『シートン動物記』で動物の生態に興味を持ち
とりわけ「狼王ロボ」でオオカミが大好きになり今に至るが
その後、椋鳩十の動物モノにも夢中になり
扱われてたワシ、イヌ、シカなども格別に好きになった

『ハックルベリー・フィンの冒険』や『宝島』は
後に海洋小説とそれを原作とした映画にハマるきっかけになったが
元より『ビーグル号航海記』からしてそうかもしれナイ

『クォ・バディス』(※)はキリスト教寄りの歴史小説だが
最も魅力的と思えた登場人物はペトロニウスで次いでネロとセネカだった
当時はまだキリスト教に対して反感は抱いておらず
もれなくこの小説こそが不信感を募らせる要因になったのだヽ(゚∀。)ノ
映画のタイトルでは『クォ・ヴァディス』、新訳(岩波文庫)だと『クオ・ワディス』

『埋もれた世界』はトロイア、エジプト、メソポタミア、マヤの
遺跡を発掘する夢に人生を懸けた考古学者たちについて
子供にもわかりやすく書かれてて(翻訳されてて?)
ここでまた古代文明、中でもトロイアに惹かれた

たくさんの伝記を読んだ内では『キュリー夫人』に1番感銘を受け
化学者としてノーベル賞を受賞した女性、なる肩書きに憧れて
自分も化学だけは執り憑かれた様に勉強したのだが
物理学を理解できるほどの知能は持ち合わせておらず。(´д`;)ギャボ
『クォ・バディス』の著者シェンキェヴィチも
同じくノーベル賞を受賞してるポーランド人なのだが
とは言え、2人の時代にはポーランドは地図上から消えてて
2人とも祖国独立を悲願してたのだった
結局、シェンキェヴィチは独立を目にする前に命尽きたが・・・

Bulfinch's Greek and Roman Mythology: The Age of Fable (Dover Thrift Editions)

上記10冊の他に世界観を構築するのに補助的な役目を担ったのが
山川出版の日本史用語集と世界史用語集と
旧約聖書・新約聖書、古事記、ギリシア神話など
愛読書と言うよりは便覧のように何かにつけ参照しまくった

自分はこの時点で最早、読書の醍醐味は
1冊の本を最初から最後まで読みこなして消化するだけに非ず
ふと目にした部分から読み取った魂の共鳴を通じて
時空を超えて改めて世界を読み解くコトにあると気付いて
それからは生真面目に読書をしなくなった・・・ヾ(・_・;)ぉぃぉぃ

そして30年経った今、これらが電子書籍化されてるのを見つけると
再読したくなって、あるいは違う訳で読んでみたくて
とにかく買わずにはいられナイのだが
そうしてダブったトコロで手元にある本が手放せるかと言えば
愛着もあるのでなかなか難しかったりするるる~

それにしても電子書籍の販売サイトはどこも
哲学、科学、古代史、仏文学、独文学などのジャンルがなくて
欲しい本が探しづらいったらナイ!
三省堂は本店の4階をこよなく愛してるが
BookLive!では哲学書がどこに分類されてるか一見してわからん!!

自分が物心ついた頃に
小学館の学習マンガ『生きている地球』を読んで信じたのは
宇宙がガモフの言うトコロのビッグバンから始まり
生命の誕生はオパーリンのコアセルヴェート説だったが
この時にキリスト教圏で生息してたら
敬虔な信者になって創世論を頑なに信じただろうし
本を読まずにテレビだけ見てたら
何も考えずに芸能人を拝んでたかもしれナイ(-人-;)

ビーグル号世界周航記――ダーウィンは何をみたか (講談社学術文庫)

また小学生の時には
ダーウィンの『ビーグル号航海記』が愛読書で
生命のダイナミズムに感銘を受けて【進化論】を信奉してたが
世界中の荒唐無稽な神話にも興味を持ってて
特に『古事記』と『ギリシア神話』
そして『旧約聖書』の「創世記」の部分はお気に入りで
寓話と認識しながらその世界観で精神を開放して愉しんでた

既にどんな神も全く信じてなかったが
神に依らずともきっとこの世界は本来美しいモノだ、と確信してたので
意識して世界観から神を排除しようとも思わなかった
神自身は虚偽であったにせよ、信仰が派生したのは紛れもナイ史実で
その原動力となったのは神のような存在の到来を望む人々の
思い(希望・願望・野望)だったはず!
そして自分が人類の歴史に想いを馳せるのは
生命の連鎖以外にそういう気持ちの連鎖があったコトに感動したいからだ!!

中学~高校でバイオテクノロジーの時代を迎え
分子生物学によって生命の誕生や進化が解き明かされてくると
創世論者が事実の方を捻じ曲げようと
躍起になるのを目の当たりにして辟易しつつも
逆に神を否定しかねナイ科学を解する理性を持った学者たちが
自身の中で信仰と科学をどう結び付け、またどう切り離してるのかに
大いに興味が沸いたが
その時に出会ったのがパスカルの『パンセ』だった

パスカルの時代はキリスト教から派生したスコラ学が主流だったが
時代より先行して近代科学を学んでたパスカルは
要するに神に辻褄を合わせて理論付けるスコラ学派ではなく
事実から導いた理論をこそ実証する近代科学の先駆者だったのだからして
そうして科学的な理性をもってしてて
なぜ一方で非科学的な存在の神を信じられるのか?

『パンセ』を読み始めた頃はそこが甚だ疑問だったのだが
敬虔なキリスト教信者である科学者は珍しくナイ
ニュートンやリンネ、そしてダーウィンにしても元は神学を学んでた
むしろ神の創りたもうた世界を正しく認識したくて
もれなく科学者になったのがこの時代までの科学者だろう
ダーウィン然り、「創世記」に反論するためではなく
神の存在を決定付ける証拠を突き止めようとして
多様な生物について研究してたのだ

☆・・・☆・・・☆

ウイルスは生物ではナイが増殖する

但しウイルスの個体は増殖するための装置のみでできてるので
この装置がONになる環境がなくては増殖できず
換言すれば生物が増殖するのは
増殖するための環境と装置を生物の個体が併せ持ってるからだ

利己的な遺伝子 <増補新装版>神は妄想である―宗教との決別悪魔に仕える牧師

神を全面否定する分子生物学者リチャード・ドーキンスは
上記を踏まえて著書『利己的遺伝子』において
利己的遺伝子による理路整然とした世界観を構築してる

遺伝子(増殖するための装置)によって
生物の個体(増殖するための環境)は操られてるので
まるで生物の個体は単なる遺伝子の乗り物のような存在であり
それに比して遺伝子の方は利己的である、とな

人類が生物の中で特別な存在で生物界を支配してる
なんてとても思えなかったから
ヒトを含む全ての生物が自身の持つ遺伝子に支配されてる
その理性的な発想にはメカニズムを含めて賛同できる

しかし生物は個体としても生きる意志を持ってて
同じ種である仲間同士はもちろんだが
同じ生態系においては一見して敵対してると見做されつつも
その中で【共生】してる=助け合ってるのでは?

全ての生物は助け合って共存するのが自然の摂理に適った真理である
とゆー考えを根強く持ってた自分としては
利己的遺伝子の戦略に操られてる「だけ」となってしまうと
それはあまりにも情が無さ過ぎて納得行かなかった

正しいか間違ってるか、に対して
正しいかもしれナイけどあんまり非人情ですヽ(゚∀。)ノ
なんて、最先端科学を学んできた人間にしてはバカとしか言いようがナイ反論だが
こちとらがっつり江戸っ子として生きてきちまったんで
正論だろうと人情を欠いてちゃ合点が行かねんでいっ・・・ヾ(・_・;)ぉぃぉぃ

どうも腑に落ちナイ・・・何か冷たいモノを感じてしまうのは
世界には美しさや優しさが満ちてるはずで
神がいてもいなくても・・・いや、神がいなければこそ
この世が天国(※)であって欲しいヽ(´▽`)/
ドーキンスからはそんな気持ちが汲み取れナイからだと思われ
理想郷、楽園、エデンの園、ユートピア、極楽浄土・・・等

Heaven on Earth

パスカルが神の存在を肯定したいのは
人類の望む方向がそういう意味で天国であって欲しいからだとしたら
潜在的世界観では自分と同じモノを持ってると感じるのだ

treasureland

夏期休暇は3日で
しかもまとまってはとれナイので
遠出はできようもナイ

年に1度の父親の家のPCのメンテナンス作業日
年に1度の自分の誕生日
年に1度のぬいぐるみの入浴日(フツーは洗濯とゆーがなw)
以上で使い果たしてしまう予定

まあでも日々の読書の時間に旅に出るコトはできるるる~

十五少年漂流記 (集英社文庫J・ヴェルヌコレクション)

まずは無人島へ・・・

ジュール・ヴェルヌの『十五少年漂流記』だが
これはどうしても読みたいってよりはオマケ(※)につられて消去法で買ってしまった
続・はちくん(アランの幸福論実践)

今まで児童版しか読んだコトがなかったので
完訳は今回購入した新潮文庫版が初となるのだが
読み比べた人によれば「創元社版の方がおもしろい」らしい
確かにこういう古典的なSFの訳書は創元社の方が十八番ってカンジで
愛蔵版とするなら創元社のを買えばよかったかも?!
ちょっぴり航海・・・いや、後悔

十五少年漂流記 (創元SF文庫)

それでもとりあえず児童版に比べたら
読み応えがあって十分愉しめた
登場人物の15少年のキャラ設定がすごく練られてて
読み進む内にそれぞれの性格がすっかり飲み込めた後半では
こいつはまたこうきたか、とにやりとするのが
この本の醍醐味なのだがその点はとても満足したのでね

ところで実生活では漂流はもちろんだが
船旅なんて自分には全く縁がナイ
でも本に関しては【航海記】は1番親近感の持てるジャンルかもしれナイ

ビーグル号世界周航記――ダーウィンは何をみたか (講談社学術文庫)

なんせ幼少期に最もしつこくくどく読み返したのは
ダーウィンの『ビーグル号航海記』で
これで進化論にとりつかれてしまったのだよ!
尤も論説としては自分は反ダーウィニズムの見解を支持してて
ラマルクやカンメラーに共感してるがねw

宝島(上) (お風呂で読む文庫 16)
宝島(下) (お風呂で読む文庫 17)

スティーヴンソンの『宝島』も大好きな本で何度も読んだが
今でも読み始めたらわくわく感が尋常でなく
最後まで一気に読めてしまう!

そりゃあ宿屋の息子が海賊の宝を横取りしに行く話なんて
ときめかナイ方がどうかしてるが
この物語の中で何よりも心を捉えたのは宝物でも海賊でもナイ

海賊フリント船長がどうやって宝島の地図を作成したのか?!

読む度にこの疑問に捉われて
どこぞの漫才師のように眠れぬ夜を過ごしながら
大の地図好きになってしまったのだったヽ(゚∀。)ノ

そうしてとーちゃんの家に行く朝は『宝島』を持って出かけた
『宝島』は完訳版を旺文社文庫で持っててこの訳が凄く気に入ってる
海賊の台詞がなぜか江戸っ子ぽくて
「きゃつをとっつかめえろ!」とか言い出すのだが
まさにとーちゃんがそういう口ぶりなので親しみを感じてしまうのだよね

そういえば今はもう旺文社文庫自体がなくなってしまったのだよな
岩波も好きだが旺文社文庫の方が個性的なラインナップで
それが自分の趣味に合ってたのだが・・・

そうして『宝島』を読みながら
待ち時間に飽きるコトなく電車とバスを乗り継いで
往復4時間近くかけてとーちゃんの家に行った

PCのメンテナンスをしながら
途中でとーちゃんのうでたそばをいただいて
庭のブラックベリーを摘んでジャムをこしらえて
2階の書斎でたくさんの本に囲まれて
楽しい夏休みの1日を過ごした

とーちゃんの本棚から持てるだけの本を借りてきた(*^^*)

ヤスパース『ニーチェの実存的意義』
松浪信三郎『実存哲学』
ラ・ロシュフコオ(内藤耀訳)『箴言と考察』
ボーヴォワール(青柳瑞穂訳)『人間について』
マックス・ウェーバー『基督教的ヒューマニズムと現代』
ダンテ(山川丙三郎訳)『新生』
トルストーイ『懺悔』
春秋社『エドガア・アラン・ポオ全集2』
ユング『現代人のたましい』
ヤッフェ『ユング自伝1・2』

すごい、まるで宝の山だ・・・((((; ゜Д゜))) ガクガクブルブル

自分の宝島はとーちゃんの書斎だった(^▽^*)