コンテンツへスキップ

1951年のハリウッド映画は英語読みの『クォ・ヴァディス』で
1954年の岩波文庫も『クォ・ヴァディス』だったので
これが一般的なタイトルかと思いきや
1995年に岩波文庫から出た新訳ではラテン語に忠実な読みになったのか
『クオ・ワディス』とされてしまった

クオ・ワディス〈上〉 (岩波文庫)

通常はギリシア語名やラテン語名の英語読みには反対派なのだが
長年に渡って慣れ親しんでしまうと正しい方に違和感が生じる

かつて自分が愛読した児童書(※)は
Vが「ヴ」でなく「バビブベボ」に置き換えられてたので
『クォ・バディス』だったし、著者名までもシェンキェビチになってたし
ヴィニシウスとリジアもビニキウスとリギアだったのだが
どうも『クオ・ワディス』でのウィニシウスの方がしっくりこナイのだがw
1964年に出た偕成社少女世界文学全集

そんなワケで「QUO VADIS」はラテン語だが
出典は『新約聖書』で精確には『新約聖書外典』である

『新約聖書』では「ヨハネの福音書」13-36に出てくる
有名な【最後の晩餐】のすぐ後の場面でのシモン(ペテロ)の科白だ

Domine, Quo vadis?

Domine:主よ(とゆー呼びかけ)
Quo vadis?:いずこへ?

主イエス・キリストの行く手に待ち受ける運命は磔刑で
最終的な行き先は処刑場なのだがこれに答えず
シモンがイエスにはついてこれナイコトを次のように暗示的に予言する

鶏が鳴くまでに、あなたは3度わたしをしらないと言います。

予言通りにシモンはイエスを知らナイと3度言い
イエスは十字架に架けられたがシモンは免れたのだ

新約聖書外典 (講談社文芸文庫)

シェンキェヴィチの小説で扱われてるのはこの後の話で
これが『新約聖書外典』(※)の「ペテロ行伝」35にあるのだが
またしてもペテロ(シモン)の科白として出てくる
『新約聖書』編纂の際に正典から除外された挿話集で正典に対して外典(アポクリファ)と言う

今度はローマにおいてぺテロ自身の身の上が危うくなり
こっそりローマを出ようとしてたのだが
逃げ出そうとしてるまさにその時、イエス(の幻影)が現れ
ペテロが同じ科白でイエスに問う

イエスはローマに戻って十字架に架けられようとしてたので
今度こそイエスでなく自身が十字架に架けられよう
と決意してペテロはローマに戻った・・・バタリ ゙〓■●゙

信仰心がある人でなければペテロの心理は意味不明だが
ともかくペテロはめでたく(?)磔刑に処された。(´д`;)ギャボ

しかも主イエスと同じでは畏れ多いとして
わざわざさかさまになって十字架に架けられたとか。(゚д゚lll)ギャボ

「ペテロ行伝」が正典から排除されたのは
正典とするのに相応しくなかったからなのだろうが
ユダヤ教とキリスト教で正典に入れてるモノが同じではナイので明らかなように
換言すれば、正典に入れる基準ははっきりとは示唆されてナイのだ
なので正典だろうと外典だろうとどちらも信憑性に欠ける点では同等だし
外典には正典以上に興味深い挿話が満載で
大衆に好まれ、芸術作品の主題になってるモノも少なくナイ

☆・・・☆・・・☆

青年貴族マーカス・ヴィニシウスのいた軍隊が凱旋帰国したが
そのまますぐに帰宅できなかったのは
ネロによる戦勝記念の祝典を行うまで足止めを食らったからだった
その間にヴィニシウスはアウルス将軍の館で世話になるが
この館で運命の美少女リジアと出会う

リジアとはローマに滅ぼされた蛮族の国名で
滅亡の原因はローマにしてみたら蛮族抑止のための討伐なれど
勝手に蛮族呼ばわりされて滅ぼされた方からすると
ローマに略奪されたとしか言いようがナイが
その討伐なり略奪なりの際に孤児になった娘が亡き祖国の名を名乗ってた

リジアはただの戦災孤児でなくその国の王女だったらしく
忠実な下僕の巨人ウルススも共にアウルス将軍の家に身を寄せてて
本来なら元の身分に関係なく、侵略されてローマ帝国の一部となったら
その国の民は王女であれローマ人の奴隷となるのが常だろうが
リジアはアウルス将軍夫妻に本トの娘のように大切に育てられてた

これはキリストの教えの高潔さがこの物語の主題でもあるので
キリスト教徒のアウルス夫妻が慈悲心に優れてると示したかったのだな

映画ではヴィニシウスとリジアのロマンス仕立てにもなってるが
基本的にはヴィニシウスの改悛の物語であり
キリスト教徒が大嫌いなネロをローマの大火の犯人に仕立て上げ
極悪非道のレッテルを貼るのが目的なのではなかろうか?!

但し、著者のシェンキェヴィチはポーランド人で
もちろんキリスト教徒だろうがそれ以上に祖国の独立を望んでて
圧政に対しての正しき者たちの抵抗を描きたかったのだろう
そこでわかりやすいようにネロの時代を脚色したのだな

ちなみに「ペテロ行伝」の最後には
ネロがペテロの処刑には関わってなかった事実と
その後キリスト教信者の迫害から手を引いたコトについて述べられてる

御絵(※)コレクションの中で大天使のガブリエル、ラファエル、ミカエルは
今でも格別に大切にしてるのはほとんど恋をしてるからだ
金髪の長髪好きは間違いなくここからきてるるる~ヽ(゚∀。)ノ
御絵(ごえ)はイエスやマリア、大天使や聖人が描かれたカード

まずは最愛の大天使ガブリエル

大天使の中でも超エリートで
主にメッセンジャーとして活躍してるので
結婚前の処女マリアに神の子が宿ったと告知しに来たのもガブリエル

【受胎告知】の天使ガブリエル、とゆーのは
キリスト教圏や西欧美術愛好者にとって常識だが
N○Kの『○曜美術館』でミカエルと解説された時には驚いたのなんの
ナレーターの読み間違いなのか、元(台本)から間違ってるのか
どういうコトなのか気になって思わず投書したねw

確認不足でした

みたいな返答が絵葉書のウラに書かれて封書に入って送られてきたが
【受胎告知】の天使の名を確認しなくちゃわからナイくらい
美術番組の制作者に常識的な人間がいナイのだ、と愕然とした。(゚д゚lll)ギャボ
それ以上に関係者でさえこれなら
一般的には全く知られてナイのだ、と予測できるので呆然とした。(´д`;)ギャボ

ガブリエルはたいてい清純の象徴の百合を手にしてるが
他にオリーブの枝や棕櫚(シュロ)の枝笏(シャク)や杖などもある

神からの伝言を人間に報せに来るのはたいていこのガブリエルで
『旧約聖書』然り『新約聖書』然り
イスラム教の創始者マホメットに神の言葉を伝えたのもそう

絵画を見る限りでは1番おしゃれな天使で最も女性的に描かれてるが
マリア等の受胎告知の際には怖れナイように女性の姿で現れた、って説もあるるる~

このバーン・ジョーンズの描いた髪の短いガブリエルはどうもいただけナイ
と思うのは自分だけだろうか・・・?

そういえばガブリエルは天国の金庫番もしてるくらいだから
神からの信頼度は高いのだろうね
それにしても天国になぜ金庫が必要なのだろうヽ(゚∀。)ノ

次はN○Kに【受胎告知】の天使と間違えられた
戦う大天使ミカエル

ミカエルは神が最初に創った天使らしく古参だけあって
その活躍には枚挙に暇がナイ
人類に農業を齎したり
サタンと戦ったり
ドラゴンを退治したり
ジャンヌ・ダルクを導いたりしたので
武装して武具を手にしてる姿で描かれるコトが多く
天使が武装してればそれはミカエルだ

ジャンヌ・ダルク (中公文庫)

そんなミカエルの武具以外のアトリビュートには
最後の審判に用いて魂の善悪の分別をする天秤があり
魂を司り善を援けて悪を挫き、善の象徴(?)のキリスト教会を守護する一方で
イスラエル民族(ユダヤ人)の救済もする予定・・・は未定(※)
ミカエルの出現でイスラエル人の受難が終了するとされてる

またミカエルは天使の総帥的な役割も担ってるが
天使の階級は9階級あってその下から2番目の8番目が大天使なので
そんなに下位なのに総帥なのはなぜだろうヽ(゚∀。)ノ

中世には7大天使が世界を代わる代わる支配するとされてて
これによると今現在は4番目のミカエルの支配下で2235年まで続くのだそう
ちなみに後続がアナエル→ラファエル→ガブリエルとなるそうな

ガブリエルとは対照的に男らしく描かれてる天使で
どうして芸術家はここに目をつけてガブリエルとミカエルの好一対を描かナイのだろうか?!
といつも思う・・・p(-_-+)q

最後は水先案内天使ラファエル

癒しの天使ラファエルはエデンの園の生命の樹を守り
病気や怪我の治療にも勤しむ
守護の天使の長でもあり若者や旅人の守護もするが
要するに迷いがある人々を導く天使なので
現代において最も需要のある大天使なのではなかろうか?

通常は旅支度の杖にサンダル履きで
水筒やリュックや蓋付きの小箱を持ってる姿が描かれるが
この御絵ではなぜか杖以外には何も持ってナイw
でも手前の若者は水筒を下げてるから明らかに旅人で
しかも小川の中に立ってるのだ

手を差し伸べるラファエルと手を差し出す若き旅人の間には
どんな駆け引きがあったのか興味をそそられる構図

ラファエルは若者トビアスと旅をしてる姿がよく描かれてるから
目にする姿がいつも旅支度の天使なのだが
本トはその旅の間はアザリアと名乗って人間の姿をしてたはずで
絵画では決まって天使の姿をしてるのを昔からずっと疑問に思ってるのだがw
ウィリアム・ブグローのが唯一人間ぽい(しかも美しい♪)

この題材は『旧約聖書外典』の「トビト記」にあるモノだが
実はラファエルは『旧約聖書』にも『新約聖書』にも正典の方には登場してナイ

salome

オスカー・ワイルドの『サロメ』では
生首となって盆に盛られたヨカナーン(ヨハネ)にサロメがキスをする
とゆー戦慄を覚えずにはいられナイ場面があるが
聖職者の身ではサロメでなくとも女を受け入れるコトなどできなかったであろう
ましてやヨハネはイエス・キリスト(以下イエスと略す)の洗礼者であった

サロメ誕生―フローベール/ワイルド
エウセビオス「教会史」 (上) (講談社学術文庫)
エウセビオス「教会史」 (下) (講談社学術文庫)

『新約聖書』に登場するヨハネには
このイエスを含む多くの人々に洗礼を授けたヨハネと
イエスの弟子のヨハネとがいるが
前者を「バプテスマ(洗礼者)のヨハネ」、後者を「使徒ヨハネ」と呼び
『ヨハネの黙示録』の著者は一般的には使徒ヨハネ(※)だ
エウセビオスによれば更にもう一人ヨハネが存在してて
その別人のヨハネによって書かれたと『教会史』で述べてる

以下ヨハネとあるのは総てバプテスマのヨハネである

キリスト教(古くはユダヤ教)における洗礼てのは
入信時に行われる頭上に水を注いだり水に浸ったりする儀式で
シャーマニズムにおける禊(みそぎ)と似てるが
イエスがヨハネによって洗礼を受けたのはヨルダン川においてだったそうだ

イエスがヨハネに洗礼を施されたのはその出生に話を遡らせると
ヨハネを産んだのはザカリヤの妻エリザベツで
イエスを処女懐胎で宿して産んだマリアの従姉妹に当たり
同じく処女懐胎によってイエスより一足先に産まれたのがヨハネなのだ
(エリザベツは既婚だったのだから処女ではナイのでは、てな突っ込みはナシでw)

『新約聖書』に幼少時のイエスとヨハネの邂逅の記述はナイのに
幼子イエスと聖母マリアの聖母子図に幼子ヨハネもしばしば登場するのは
親戚なのだから会ってたとしても不自然ではナイからだろうか?!

それにしても腑に落ちナイのは
エリザベツが元より不妊で高齢になってすっかり諦めてたトコロで
ようやくできた跡継ぎのはずのヨハネだのに
なぜか少年のうちから荒野を放浪してユダヤ教の宣教者となってしまったコトだ

ユダヤ教は唯一神ヤハウェを信仰し
ヤハウェの言葉を伝える【預言者】の言う通りに忠実に生活を営む宗教で
この【預言者】の再来ではナイか、と畏れられてたのがヨハネだが
【救世主】としてイエスが現れる、と予言する(※)のだ!
穿った見方をすればイエスを【救世主】に仕立て上げるペテンの片棒を担いでたかもだ!!
「バプテスマのヨハネの質問とイエスの証言」の聖書の記述はルカ7マタイ11参照

とにかくヨハネはたくさんの弟子を持ち、民衆にも畏れられてたのだが
なぜヘロデ王の宮殿の牢に投獄されてたのかと言えば
ヘロデ王とヘロデヤの結婚をヨハネが咎めたのを逆恨みされたのだ(-_-;)
ヨハネの諫言は王族に対する侮辱と見做されたのだろう

それもヨハネの非難の矛先が専らヘロデヤの多淫に向けられてたのだろう
ヘロデヤにしてみると図星だけに我慢ならなかったに違いなく
ヨハネの処刑をヘロデヤが望んでたのは疑う余地がナイ

それではヘロデ王はどうだったかは「マタイ伝」によれば

ヘロデはヨハネを殺したかった

とはっきりとあるのでヘロデ王もヨハネの処刑に乗り気だったようにとれるが
同じ「マタイ伝」の中には

ヘロデはヨハネを預言者として認めていた

ともあり、これはヘロデ王自身がヨハネを信奉してたか否かには関係なく
民衆のヨハネに対する信奉を理解してた、とゆーコトだろう
王としては民衆の反感を買うようなマネはできナイので
ヨハネを捕えさせて牢には繋いだものの、それ以上は手を下せナイでいたのだ

これが「マルコ伝」によるとヘロデ王はヨハネの宣教に対して

喜んで耳を傾けていた

とさえあり、更に王女サロメにヨハネの首を所望された時には

非常に心を痛めた

とマタイとマルコとでは受け止め方が正反対で
『新約聖書』の記述からではヘロデ王の真意は掴めナイが
それまで寵妃ヘロデヤにせがまれてもヨハネを処刑するに至らなかったので
ヘロデ王は明らかにその意志がなかったのでは、と推測する次第だ

そこへきてサロメに促されるままにヨハネの斬首を決行したのは
なぜか・・・ヘロデ王の心理が最も不可解だ

medea

絵画の展覧会は自分本位な観方で愉しみたいので一人で観に行くようにしてる

お気に入りの絵は穴が開くほどじっくりと5分以上も足を止めて観るが
自分にとって何も意味がなかったり、興味の対象を描いてても意に合わなければ
瞬間も目に留めずにすっ飛ばしたいのだw

なので気に入った作品が1点しかなければ100点くらいあっても15分で観終わるのだが
好きな画家の個展でナイ場合は目的の1点以外には何も観るべきモノがなく
15分で会場を後にするコトは稀ではナイ

Bunkamura ザ・ミュージアムの「ヴェネツィア絵画のきらめき」は
71点の中でティツィアーノの『サロメ』が目的だったが
一応ヴェロネーゼの『エッケ・ホモ(キリストと刑史たち)』も個人蔵なので
本物を見れる機会に観ておきたいとは思ってた

とゆーのも「エッケ・ホモ」は新訳聖書に出てくる言葉で
捉えたイエス・キリストに向かってピラト総督が発する台詞なので
『最後の誘惑(原題:The Last Temptation of Christ)』を観て以来の
ピラトのファンとしては観ておくべきかとp(-_-+)q
但しピラトは描かれてはいナイのだがねヽ(゚∀。)ノ
ちなみに「エッケ・ホモ」はラテン語で「この人を見よ」の意だが
ラテン語のままフランス語でも慣用表現に使われてるらしい

他にもヴェロネーゼの何か、てかヴェロネーゼ・ヴェール(vert:緑)
つまり「ヴェロネーゼの絵にあるような緑色」がそうとわかる作品があればと期待したが
それらしい作品は見当たらなかった

それでも今回は上記2点以外にも見所があると思えたのが3点もあった!
しかも予想外な作品に狂喜乱舞!!・・・したいのを抑えて静かに鑑賞してたがw

王女メディア HDニューマスター版 [DVD]

先に3点を明かすと
ヨーゼフ・ハインツの『イアソンを若返らすメディア』
フランチェスコ・グアルディの『パリスの審判』
ティントレットの『奏楽天使』

イアソンとメディアの話を手短かに話せば
夫のイアソンが家族(自身と子供2人)を捨て置いて若い女を娶ったために
メディアは女を毒殺して子供らも自ら手にかけて復讐した。(゚д゚lll)ギャボ

そもそもイアソンが英雄になれたのは王女メディアの助力のおかげなのだが
とにかく男ってのは女は若いほど゚+.(・∀・)゚+.゚イイのだ。(´д`;)ギャボ

またメディアは無駄に薬草の知識に明るかったりするのだがそれが禍となる不憫な女で
中世のキリスト教文化においてはすっかり魔女呼ばわりだp(-_-+)q

この絵のメディアも完璧に魔女扱いでよく見れば魑魅魍魎がうようよ・・・
あれ?
そういえばこういうヤツらって洋の東西を問わナイのか???

しかし本物に近付いて目を凝らしてみると
このうようよ描かれたヤツらがなんと繊細に美しく描かれてるか!
実際、不気味なのだが美しいのだ!!

この絵の独特の妖美とも言うべき美的感覚は
今時のヴィジュアル系にはなかなかフィットしてるような気がするるる~

帰り際、ショップでこの作品のポストカードを探しながら
まず売ってるかどうか不安だったし
またこれ細長い作品だからポストカードでは左右カットされてしまうかもだし
そうなると肝心の魑魅魍魎の部分は縮小されたら見えナイだろうし
なんて思ってたら目に飛び込んできたのはトートバッグで
これがなかなか人気みたいで既に黒は売り切れ!
ポストカードはあったが左右カットされてたし、魑魅魍魎は印刷が潰れてたが
横幅が忠実に再現されたクリアケースがあったので
ポストカードとクリアケースを購入!!

でもトートは悩んだ末にやめた~
それこそヴィジュアル系みたいなので・・・(-_-;)

自分にはアンテナがあって欲するモノが必ず引っかかってくるのだが
その1つにデヴィッド・ボウイの出演映画のアンテナがあり
今回のこの『最後の誘惑(原題:The Last Temptation of Christ)』も
そうとは知らずに購入して観てて気付いたのだった・・・ヾ(・_・;)ぉぃぉぃ

この映画を観たいと思い立ったのは
タイトルの通りにイエス・キリストの生涯が描かれてて
その最期の時に十字架に架けられつつ彼が何を思ったかが主題だったからだ
なので邦題は「最後」ではなく「最期」として欲しかったのだが・・・

それにしてもその主題に辿り着くまでの伏線が映画の殆どを占めてるので
主人公がキリストほどの人格破綻者でなかったら途中で飽きてしまうと思われるるる~

いつも自分や母親のためにキリストに祈ってくださってるシスターが知ったら腰を抜かすだろうが
自分は【アンチ・キリスト】だヽ(゚∀。)ノ

まあ日本人でそんな考え方の人間はほとんどいナイだろうが
キリストを信仰してナイってコトは=悪魔崇拝なのかと言えばもちろん違うw
ところがたいていのキリスト教信者はきっぱりと2元的に捉えてて
否信者に対しては悪魔崇拝だと断定したがるが
中立的な立場でキリストに心を許さず悪魔にも魂を売ってナイ人間もいるのだ

そしてそんな人間だって単に興味の対象であるキリスト像を
信者としてではなく哲学的に科学的に人物像を知る権利だってあるし
そのための題材の一つとしてこの映画は是非とも観てみたいと思ってたのだ

それが中古屋に¥1,500でビデオがあり元値は¥15,000弱なので超お買い得だと即買い!
その後¥980でDVDで出たがな・・・(;つД`)
でもそうか、当時はまだビデオしかなかったのだよな(゚ ゚;)

最後の誘惑 [DVD]

さてこの作品でのデヴィッド・ボウイの役はこれがなんとピラト総督。(゚д゚lll)ギャボ
簡単に言うとキリストの磔刑を決定付けた役人。(´д`;)ギャボ

ロック・ミュージシャンは反体制なのが常だが
そのロック・ミュージシャンが反体制のイエス・キリストを裁く役人なのだ!
尤もこの映画をキリスト教徒が観れば
神(の子)であるキリストに対して不徳を冒してるのがピラトの方なワケで
そうなるとやっぱり反体制なのか?!

そんなピラトの出演場面はウィレム・デフォー演ずるキリストとの対峙で
このデフォーのキリストも美し過ぎるのが難だが
それ以上にピラトの無駄な美しさには困惑するるる~

エッケ・ホモ ――こいつホモセクシャルです

違った~ヽ(゚∀。)ノ

エッケ・ホモ ――この人を見よ

このラテン語のまま知られる有名な台詞を口にするデヴィッド・ボウイ
これが゚+.(・∀・)゚+.゚イイ!!

ペンブックス1 ダ・ヴィンチ全作品・全解剖。 (Pen BOOKS)
サロメ (岩波文庫)

しかし美麗過ぎるキリストやピラトはある意味ミス・キャストかもしれナイが
2人に比べて醜過ぎるバプテスマのヨハネは間違いなくミス・キャストだろうてp(-_-+)q
ダ・ヴィンチのアンドロギュヌス的な美貌のヨハネとは別人だと思いたいし
ワイルドの『サロメ』のヨハネだとしたら喜劇にしかならん。・゚・(ノД`)・゚・。

あと弟子たちは各々それなりだが(元から興味が薄いからだろうがw)
マグダラのマリアの解釈やくたびれ果てて聖母の面影がナイマリアも
実像はこんなモノだろう、と予想してたモノが表現されてて納得できた
自分が受け容れやすいくらいだからキリスト教信者にはさぞかし不評だったろうが(-_-;)

インチキ臭いキリスト礼賛がなく淡々と話が進むので
日本人とか先入観のナイ初心者が観るのにぱ+.(・∀・)゚+.゚イイかと・・・
但しこの映画から入信する人はいナイだろうから信者にとっては問題作なのだなヽ(゚∀。)ノ