トリマルキオの饗宴

ペトロニウスの小説『サテュリコン』で
恐らく主人公よりも有名なのが
トリマルキオ(Trimalchio)だろう

Trimalchio はギリシア語で
「3度祝福された人」の意

イタリア人監督のフェリーニの映画では
トリマルキオでなく
トリマルチョーネとなってて
他の登場人物も原作と映画で読み方が違うので
下表にまとめておく

登場人物『サテュリコン』『サテリコン』意味
Trimalchioトリマルキオントリマルチョーネ3度祝福された人
Gitonギトンジトーネ隣人(ゲイトン)
Encolpiusエンコルピオスエンコルピオ抱かれる人
Ascyltosアスキュルトスアシルト決してへこたれない人
Eumolpusエウモルポスエウモルポ甘く歌う人

修辞学校の教師の名がアガメムノンなのは

なぜか、彼の名はトロイア戦争におけるギリシア遠征軍の総帥の名にちなむ

とあるが、助教師の名がメネラオスなので
安易にセットでこの有名な悪漢兄弟の名を使ったんだろう

そしてまとめておいてなんだが
臨機応変にどちらも使用する・・・ヾ(・_・;)ぉぃぉぃ

小説の話題ならギトンでも
映画の話題ならジトーネだってワケだが
例外的にトリマルキオは
一般的にもトリマルキオで通ってて
例えば『トリマルキオの饗宴』と冠する本があり
この記事ではその本についても触れてるので
トリマルキオで統一しとくw

その『トリマルキオの饗宴―逸楽と飽食のローマ文化』が
以前は中公新書で出てたのが
『逸楽と飽食の古代ローマ―「トリマルキオの饗宴」を読む』と
中身はそのままでタイトルがちょっと変わって
2012年に講談社学術文庫から再版され
今では電子書籍化した

紙の書籍でも電子書籍でも
この本を手にして最初に捲るページてのが決まってて
それはつまり最も気に入ってる件なのだ

 そのとき、ブドウの葉とキヅタの髪飾りをつけた美少年がブドウの籠を手にして登場し、酒神バッコスのさまざまな仕草を真似ながら、トリマルキオの詩を甲高い声でうたった。

バッカスに扮した美少年が歌い踊るのを思い浮かべて呑むワインは
格別に美味い( *゚Д゚)つ[葡萄酒]

但し、些細なコトだが
岩波文庫の国原吉之助訳のように
ブドウは「葡萄」、キヅタは「常春藤」、と
漢字の方が香り高い気がするのと
「さまざまな仕草」と省略してるのは
後からちゃんと解説があるにせよ、いただけナイ
文中での鮮明な描写があった方が
より陶酔できるのに
ほんのちょっぴり残念に思う

『サテュリコン』では以下のように訳されてる

 こんな会話をかわしていたとき、一人の美少年が葡萄の葉と常春藤で頭髪を飾り、ときに陶酔の酒神バッコスを、ときに苦悩の解放者バッコスを、ときに霊感の鼓吹者バッコスをよそおい、葡萄の実の入った小籠を持ってまわりながら、彼の主人の詩を甲高い声でうたった。

トリマルキオがこの美少年の奴隷に対して
「ディオニュソスよ、自由(リーベル)になれ」
と、声をかけると
美少年奴隷は皿の上のイノシシの頭に乗せられた
解放奴隷の帽子を手にとって
自身の頭に乗せ
皆がそれを祝福してキスをするのだ・・・ホゥ(*-∀-)

これはトリマルキオが美少年を
奴隷の身分から自由にしてやった
と、自分には思えたのだが
注釈でもそこが判然としなかった

ところが『トリマルキオの饗宴』は薀蓄本なので
当然、この場面に対しての詳しい解説があり

 少年はトリマルキオがつくった詩を殊勝にも丸暗記しており、少年らしい高く通る声で朗唱した。詩の最大の理解者は作者であるという法則にたがわず、トリマルキオは深い理解と感銘から心を揺らし、その揺れが言葉となって現われた。

そして自分が悟った通りの状況が述べられてるので
胸がすくのだ!

しかし映画『サテリコン』ではこの場面はナイ。(´д`;)ギャボ

てか、原作に忠実な作りではナイので
既に饗宴に参加してるメンバー(※)からして
大いに違ってたりもするしね
『サテュリコン』では修辞学校の教師ら、エンコルピオス、アスキュルトス、ギトンだが、『サテリコン』ではエンコルピオとエウモルポ

それにしても古代ローマにおいては
奴隷、の単語から発せられるイメージに
陰惨さはまるでナイ!!

とりわけトリマルキオの饗宴においては
主人自身が解放奴隷だってのもあるのかもしれナイが

 少年奴隷たちは面倒な仕事中でもつねに歌をうたっていた。

なんて、陰惨どころか、底抜けに明るいし
アメリカにおける黒人奴隷なんかとは全く違ってて
主人の信頼を得られれば
ちゃんと人間性も尊重されるし
先述のバッカスに扮した少年のように
饗宴での才気の対価として
快く自由を与えるコトさえあるのだ

『サテュリコン』の著者であるペトロニウスは
実際の家族構成がどうだったのかは謎だが
シェンキェヴィチの『クオ・ヴァディス』の中では
美しい奴隷を愛人にしてたりもするし
そもそもローマ帝国の皇帝であるネロも
解放奴隷であるアクテに恋をして
由緒正しい王女だった正妻とは離婚して
アクテを愛人ではなく
正妻に迎えようとしてたのだ。(゚д゚lll)ギャボ

映画『クォ・ヴァディス』では
ペトロニウスと美女奴隷の恋愛が
非常にロマンティックに描かれてて
自分もこの時代に生まれるなら
美人の奴隷に生まれたいと思ったりw

ネロとアクテの恋物語は
『NERO ザ・ダーク・エンペラー』で堪能できるるる~

サテュロスと『サテュリコン』

ニーチェの『悲劇の誕生』では
2つの比喩的な語が繰り返される

アポロン(的)と
ディオニュソス(的)だ

これらが古代ギリシアの神であり
アポロンは太陽神で
予言、医術、音楽を司ってて
ディオニュソスは酒の神

そのくらいの認識は
およそ無教養な現代日本人でも持ってるだろう

とはいえ

 芸術は、<アポロン的なもの>と<ディオニュソス的なもの>という、ふたつの要素のせめぎあいによって展開してゆく。それはオスとメスによる生殖のようなものだ。生物の場合、ふたつの異質なものが絶えずせめぎあい、両者の和合はしかるべきときに定期的にしか訪れないわけだが、芸術にもそれと似たところがある。そうした芸術の特質を、ただ論理的に理解するだけでなく、ずばり直観的にも把握できるようになれば、美学はおおきく前進することになるだろう。

などと、のっけから言われても
太陽神と(葡萄)酒の神が
どうしてオスとメスほどに対極的なのかは
はっきり言って合点がいかんてw

ギリシア神話の神々の中では
ヘルメスが1番好きだが
次いでアポロンとディオニュソスも
甲乙付け難くお気に入り

そんな自分でさえも
ニーチェのこの位置付けには
疑問を感じてしまう

アポロンは美麗な青年の姿の神で
竪琴を爪弾くのだから
人間だったなら絶対にモテただろうが
これがなぜか非モテなのだ。(゚д゚lll)ギャボ

例えば
予言の術を授けるから恋人になるよう
トロイの王女カッサンドラに言い寄るのもおかしいが
それで振られた腹いせに
予言を信じる者がいナイようにしたり
美女コロニスを手篭めにして
恋人気取りでいたら
他の男と結婚してしまったからって
コロニスを殺そうとしたり
意外と人間臭いってか
姑息な部分が垣間見えるので
ニーチェが示唆するような高潔なイメージは
どうにも持てナイのだが。(´д`;)ギャボ

だいたいアポロンは相手の性別問わず
悲恋のエピソードばかりなのだが
腐女子にとってはアポロンの悲恋こそが
ギリシア神話の美味しい部分だ

ヒュアキントスやキュパリッソスなど
名だたる美少年とアポロンとの
在りし日のやりとりには妄想力を惜しまナイし
美少年の死に際に限定すれば
悲壮感の中にも優美なアポロンてのはわかるが
主知的、理性的とかは違う気がするし
それに比してディオニュソスを
激情的とするのはどうかと思われ

ディオニュソスの配下の
サテュロスのような牧羊神ら(※)は
放埓な獣らしい下半身をしてたりするし
パーンの笛の音でマイナデスは踊るだろうが
ディオニュソス自身は酩酊もせず
超然としてるカンジだが?
ローマのバッカスの従者であるファウヌス然り

サテュロスの名に由来する
『サテュリコン』なる奇異な小説を知ったのは
偕成社の少女世界文学全集の『クォ・バディス』で
そこには『サチリコン』とあり
登場人物のペトロニウスが書いた本なので
実在するとは夢にも思ってなかった

ところが雑誌ALLANの影響で
マルキ・ド・サドを澁澤龍彦訳で読み漁り
澁澤訳のユイスマンスの『さかしま』に巡り会い
ペトロニウスも『サテュリコン』も実在してたと知った!

それはまるでシュリーマンが
トロイの遺跡を探し当てたような興奮を思えたが
なんせネットで検索などできなかった時代のコトで
更に当時、女子高生だった身としては
大っぴらに買い求めづらかったのもあって
闇雲に古本屋を探し回るしかなかった

また映画『サテリコン』の存在を知ったのも
ALLANに載ってたからだが
そこで紹介されてる美少年ジトーネに一目惚れして
この映画を冥土の土産にどうしても観たいp(-_-+)q
そう思いながら20年余りが過ぎ
結局、DVDが発売されたのを買って
観たのは2003年だった

そうしてずっと片隅に追いやりながらも
人生の中で『サテュリコン』を切望してたので
サテュロスの名がいつも脳裏を掠めてて
山羊の角と下半身を持つ異形の姿を
ワリと身近に感じてて
現代日本に魔女狩りが無くて良かったw

最後に最愛のヘルメスに関して
神に対して不謹慎かもしれなんだが
ファッションを含めたルックスがたまらなく好きで
性格的にやんちゃで愛嬌たっぷりなのも
ときめかずにはいられん・・・ホゥ(*-∀-)

アポロンは最も美しい青年の容貌を持つとされ
そりゃあ文句のつけドコロは皆無だが
ヘルメスの方が愛らしいと思えるのは単に好みで
特にボッティチェリの描いた
『プリマヴェーラ(春)』でのヘルメスときたら
甘かやなヘアスタイルといい
端正な顔立ちといい
肉付きのイマイチ感といい
個性的な帽子とサンダル(ブーツ?)といい
大好きなテイストで仕上がっててるるる~

ペトロニウスとセネカ

悪評の尽きナイローマ皇帝ネロだが
自分はどうも人としての興味が尽きナイw

ネロに好感が持てるのは
若い皇帝らしい傍若無人さを発揮してるトコロだ

そんな若気の至りで暴走するネロの
人間関係がまた興味深い

とりわけ
皇帝になる以前より
師傅(しふ)だったセネカと
皇帝になってから
側近となった【趣味の審判者】ペトロニウスが
ネロ以上に奇人変人で魅力的なのだ!

というのは彼らの著作を読めばわかるるる~

セネカはストア派の哲学書だけでなく
人情味のある往復書簡もやりとりしてて
ギリシア悲劇風の戯曲を書いてたりもするが
自然現象についての考察をまとめてるかと思えば
その中に下世話な(てか、卑猥な)見聞録さえあり
どれも非常に面白い内容に仕上がってる

ペトロニウスは唯一残存してるのが
長編小説『SATYRICON(サテュリコン)』で
しかもごく一部のみなのだが
ラテン文学における悪徳の金字塔とでも言おうかw

酒池肉林、享楽、放縦、残忍・・・etc.etc.と
ローマの退廃の限りを尽くした描写が
絵にも描けナイおぞましさで
フェリーニによって映画化されてる

さすがの自分も冷や汗が出るくらい
変質者のオンパレードで
まともな人間が観たら
夢見が悪くなるコト請け合いだ

シェンキェヴィチの歴史小説『クオ・ワディス』には
ペトロニウスが『サテュリコン』を
甥のウィニキウスに買い与える場面があり
作者が誰なのかはネロにはバレてナイ設定なのも面白い

悪徳の宝庫のような「トリマルキオの饗宴」の
主催者トリマルキオのモデルが
ネロなのは火を見るより明らか(※)だが
このモデルの起用はまともな人間ならば憤慨するだろうし
当然ながら皇帝である者には侮辱ともとれるだろう
ネロもペトロニウスも何もコメントを(残)してナイので史実としては謎ではある

ペトロニウスがネロを槍玉に挙げてて
それを読んで皆で嘲笑してるのは
ペトロニウス曰く
ネロにはバレてナイとしてるのだが
実はネロ自身は気が付いてて
内心では不満に思いつつも
あえて黙ってたかもだ

酷過ぎると思う部分に
ネロはぶるぶる震えながらも
洒落だ=面白がれ、と
ペトロニウスがすまして示唆すれば
恰好つけて無理して洒落のめしてたりしてw

そんなネロの様子を
ペトロニウスは心底面白がってたりしてwww

ネロ、カワ゚+.(・∀・)゚+.゚イイよ、ネロ~!!

皇帝としてどうかではなく
アーティスティックかつエキセントリックな若者として見た時
どうしても嫌いにはなれナイ人物像なのだが!

粋人(すいじん)だったペトロニウスからしても
頭の硬い年寄りの政治家や
血気盛んで無教養な軍人の中で
下衆な噂話か
無味乾燥とした政策論か
血生臭いだけの武勲のような
そんな聞きたくもナイ話ばかり聞かされて
瑞々しい感性をすっかり干からびさせてたネロが
孤独に耐えるいたいけな少年に見えたに違いナイと思うのだ

そしてついかまいたくなったって出来心だったのだろうが
ペトロニウスのめくるめく快楽への誘いは
若く多感なネロにとって
どれほど魅惑的に感じられたコトか

それまで皇帝としてのネロが発揮できずにいたモノを
ペトロニウスがけしかけて解放してしまったのだ
うむ、それだけのコトだと思われ

国費を散財してる時点で既に不道徳の極みゆえ
その金で何をして遊ぼうが
いずれ真っ当とは言及しようもナイが
自著『サテュリコン』の如き世界観を反映してたなら
それはもう筆舌に尽くし難い悪徳に違いなく
その現場はきっとフツーの人間なら卒倒しかねナイし
生真面目なストア哲学者なら憤死しそうだ!

セネカは憤死はしなかったが
一緒に愉しめなかったぽい
剣闘士の試合を非難したりしてるしね

食べるために吐き、吐くために食べているのだ

この有名な嘆きもセネカの言だが
ローマの退廃はストア派哲学者には
耐え難い地獄絵図だったのだろう

弓削達著の『ローマはなぜ滅んだか』によれば
ローマ帝国に長者番付があれば
セネカは常連として名を連ねてたに違いなく
具体的にはその財産が3億セステルティウスほどだったそうだ

概算で40万セステルティウスが1億円ほどに当たるから
どれほど金持ちだったのだ・・・バタリ゙〓■●゙

そんなセネカは財産に対してこんな言い訳をしてる

財産は、賢者にあっては奴隷の地位にあるが、愚者にあっては支配者の地位にある

ストア派なら財産を持ってても
悪徳には染まらナイって?!
まあそういう言い訳がましいトコロも含めて
セネカも好きだがね

その点、ペトロニウス自身は
案外シニカルに愉しんでたのでは?
エピキュリアン(快楽主義者)でなく
シニック(犬儒派)!

しかしネロがペトロニウスに感化されるのは
至極当然の成り行きだと
ほくそえむ自分も
セネカからしたら不道徳な人間だろうか?

『世にも怪奇な物語』

原題はフランス語で
histoires extraordinairesd’apres EDGAR ALLAN POE
→EDGAR ALLAN POEによるすばらしい物語(by Google翻訳)

怪奇文学の巨星、エドガー・アラン・ポー。彼が残した鮮烈な悪夢の世界を、ヨーロッパ映画界を代表する3人の監督が映像化。

と叩き文句にある通り
ロジェ・ヴァディム
ルイ・マル
フェデリコ・フェリーニが
キャストもスタッフも選り抜きで
贅沢に制作された3本立てオムニバス

第1話 黒馬の哭く館 Metzengerstein
監督・脚本 ロジェ・ヴァディム
キャスト ジェーン・フォンダ、ピーター・フォンダ
第2話 影を殺した男 William Wilson
監督・脚本 ルイ・マル
キャスト アラン・ドロン、ブリジット・バルドー
第3話 悪魔の首飾り Toby Dammit
監督・脚本 フェデリコ・フェリーニ
キャスト テレンス・スタンプ、サルヴォ・ランドーネ

ざっと書き取ってみたが
どれだけ豪華キャストなのかは
わかる人にはわかるはず

だがしかし
最後にあげてるサルヴォ・ランドーネなんて
知ってるはずもなかろう?
まあ自分も知らなかったがね・・・ヾ(・_・;)ぉぃぉぃ

ところが名前の隣に(サテリコン)とある!

自分にとって『サテリコン』は
病的に思い入れのある映画だったので
DVDが発売されてすぐに買ってるし
原作(※)もしつこくくどく読み返してるのだ!!
ペトロニウスの『サテュリコン』

とはいえ
『サテリコン』に出てる同一人物が
まるで思い当らずにいたのは
奇抜なかつらや衣装に化粧まで施してて
エキセントリックな登場人物が多過ぎるので
両方の映画を何度も観たトコロで
その中の1人を一致させるのは
至難の業だったのだよ。(´д`;)ギャボ

ググりまくった挙句
ようやくエウモルポと判明

年寄りの方が詩人のエウモルポで
若い方が主役のエンコルピオ

それにしても実際には
『サテリコン』は1969年の作品で
『世にも怪奇な物語』は1967年なので
先に出演した映画のクレジットに
後から出演してる『サテリコン』が
代表作として載ってるって
パラドックスだな。(゚д゚lll)ギャボ

ちなみに自分が1968年生まれだから
当然ながらこの辺りの映画は
後追いで好きになったワケだが
この頃って大好きな映画が最も多い時代だ

なんせ美意識が高い・・・ホゥ(*-∀-)

生きてて好かったと思える秀作映画の価値は
この一語に尽きるるる~

B級でも゚+.(・∀・)゚+.゚イイ
ヲタッキーでも゚+.(・∀・)゚+.゚イイ
ただひたすら美しくなければいかんp(-_-+)q

ましてやホラーやサスペンスは
研ぎ澄まされた美しさを見せ付けなければ
不気味さや恐怖感が真に迫ってこナイが
『世にも怪奇な物語』はその点
凄まじく美しい映画だ

四十路手前までは怖がりで
夢見が悪そうなモノは意識して避けてきたが
これは夢に見てみても
怖さよりむしろ美しさが勝る気がする

これまではアラン・ドロンを
にやけたハンサムとバカにしてたが
なかなかどうしてたいした役者だと見直したね

このくらい欠点もなく美しい男は
見たままのキャラではつまらんのだよ

ジャン・ピエール・レオーは壊れてるから
ヘルムート・バーガーは恥知らずだから
その美しさが際立つのであって
アラン・ドロンは病んでるカンジが゚+.(・∀・)゚+.゚イイ

それも加害者意識に苛まれたサディストなんて
最強にして脆弱な支離滅裂キャラだw

相手役にブリジット・バルドーを配してるが
原作ではこれは女でなかったりするし
また相手役と言っても恋人同士ではなく対戦相手って
こんな美男美女を対峙させておいて
恋愛要素抜きなのはルイ・マルの鬼才とでも言おうか?

しかもバルドーは黒髪で一見別人に見えるが
それで彼女独特の甘さが掻き消えて
ソフィア・ローレンばりの凄味さえあって
確かに黒髪のブリジット・バルドーは無敵だと
妙に納得してしまった!

対する白基調の軍服姿のアラン・ドロンは
最初こそイカサマで勝ってヨユーを見せてるが
そこは加害者意識に苛まれたサディストだけあって
最期は被害妄想によって崩壊してしまい
黒髪のブリジット・バルドーは最終兵器だと
これまた妙に納得してしまった!!

いかにも優男風のアラン・ドロンに比べると
テレンス・スタンプは神経質そうで
取っ付き難いタイプの美形だが
この人は演技力で毎度、度肝を抜くが
今回は落ちぶれ具合を遺憾なく発揮して
アル中のスターを好演(?)してる( *゚Д゚)つ[酒]

全体の作りといい
場面の転換の仕方といい
漠然とだが現代版『サテリコン』といったカンジで
もしかするとこの作品がフェリーニに
『サテリコン』制作を決心させたのかもしれんな
エウポルモもいたワケだし?!

自分としてはテレンス・スタンプヲタなんで
このDVDは99%彼のために買ったのだが
3話116分中の1話(40分ほど)だったが120%満足したし
残り1%がまた120%満足したので
240%の満足度だ・・・て、どんな計算ヽ(゚∀。)ノ

特にジェーン・フォンダが
めまいを覚えるほど若く美しく
それでいて病的なハジけた衣装でサイコー♪
背景は中世のドイツの城って趣だのに
コスチュームはまるで『バーバレラ』だしwww

春秋社の『エドガア アラン ポオ全集 2』を
随分以前に父親から譲り受けてたが
これまで読んだコトがなく
今、初めて読んでみて気付いた!

「黒馬の哭く館」の原作が収録されてた!!

それは「メッツェンガーシュタイン」で
確かに「Metzengerstein」w

内容を読まずとも
注意力があればタイトルで気付くはずだが
むしろ内容の方は
設定が若い美男美女でなくて
ストーリー展開も微妙に違ってたのだがね

ジェーン・フォンダが飛び切りの美女なのは
今更だが・・・

弟のピーター・フォンダも
なかなかの美青年だった・・・

映画は素晴らしい設定変更だった・・・ヾ(・_・;)ぉぃぉぃ

ちなみに、この映画の撮影時
ジェーン・フォンダは
監督のロジェ・ヴァディムと結婚してて
だから相手役が弟だったりするんだろうか?

上記の自分が持ってる春秋社の全集は
1969年と古いモノなので絶版で
新刊で探してみたら
岩波文庫『黄金虫・アッシャー家の崩壊他九篇』に
収録されてるようだ

こうなったら
残る「悪魔の首飾り TobyDammit」も
原作を読まねば・・・

毒書週間

毎年11/3の文化の日を挟んで2週間が読書週間だが
常日頃、隙を見ては本を読んでるような人間にとっては
むしろ意識しづらいイベントだったりする

それでも今年は3連休で呑みの予定もナイので
そこは引き籠って非日常的な読書をしようと思い立った

サテリコン [DVD]サテュリコン―古代ローマの諷刺小説 (岩波文庫)

例えば、葡萄酒と乾酪を用意して
フェリーニの『サテリコン』を観ながら(繰り返しかけながら)
ペトロニウスの『サテュリコン』を通して読むとかね♪

とはいえ、連休前後は日常生活を全うしなければなので
その間には普段だったら読まナイような本を読もうかと・・・
もちろん読む意義のナイモノを読みはしナイワケで
過去に必要性を感じて読み始めたのに途中で放棄してしまった本
換言すれば、読む意義に到達できナイままになってる本を
改めて読み直そうとゆーワケであるるる~

D・H・ロレンスの『チャタレイ夫人の恋人』
ギョーム・アポリネールの『一万一千本の鞭』
『青髯ジル・ド・レー―悪魔になったジャンヌ・ダルクの盟友』

自分、近代の官能小説(伝記)が苦手なのだろうか。(´д`;)ギャボ

チャタレイ夫人の恋人 (新潮文庫)

確かに、ロレンスの『チャタレイ夫人の恋人(無修正版)』は
男女の性描写が吐き気を催すほどキツかったのでやめたのだがね
そしてアポリネールの『一万一千本の鞭』も『青髯ジル・ド・レー』も
凄惨な場面の連続で悪夢に魘され続けて断念したのだが
マルキ・ド・サドの著作なら読めるのはなぜだろうか。(゚д゚lll)ギャボ

とりあえず再読してみるコトにして
既に電子書籍で購入してあった『一万一千本の鞭』から読み始めた

☆・・・☆・・・☆

それにしても今更『一万一千本の鞭』なのは
アポリネールの『若きドン・ジュアンの冒険』を読んで
こっちは何も問題なく最後まで読了できたからで
むしろ表現にツボな部分が多く、愉しく読み進めたし
余りにも清々しい終わり方には感動さえした

若きドン・ジュアンの手柄ばなし (河出文庫)
BookLive!の電子書籍版(グーテンベルク21)では『若きドン・ジュアンの冒険』となってた

そもそも『若きドン・ジュアンの冒険』を読むきっかけは
ジョージ・バーナード・ショーの『人と超人』で
これでドン・ジュアン(ドン・ファン)について再考したくなって
モリエールの『ドン・ジュアン』を読み返したりしてた際に
BookLive!で検索に引っかかったのだった

アポリネールの描くドン・ジュアンの人物像は
『一万一千本の鞭』から想像するだに恐ろしかったが
ググってみるとドン・ジュアン当人の物語でなく
映画化されたモノが日本でも『蒼い衝動』として公開されてた

『蒼い衝動』なら深夜映画で観た記憶があった
うろ覚えだが少年が家庭教師と初体験、みたいなカンジで
その原作だったら読めナイレベルではなくね?

ドン・ジュアン (岩波文庫)

怖いもの見たさも手伝って電子書籍を購入して読んでみたら
先述の通り、フツーに、いや、愉快に読めたし
モリエールの軽妙な『ドン・ジュアン』と比しても
ラストは断然こっちがよかった!
(尤もモリエールの時代には当局が検閲にうるさかったので
ましてや脚本ともなると上映禁止にされるのは不味いからってコトで
あの終わり方しかやりようがなかったのかもだがね)

とにかく俄然『一万一千本の鞭』の結末が知りたくなった!!

☆・・・☆・・・☆

最初から最後まで3日かけて読了した感想は
頑張って読んだ甲斐はあった・・・バタリ ゙〓■●゙

1万1千の鞭 (河出文庫)
BookLive!の電子書籍版(角川文庫)では『一万一千本の鞭』と「本」が入ってた

とにかく主人公のプリンス・モニイ・ヴィベスクが
あらん限りの在り得ナイ非道を尽くすのだが
汚なさの点では食欲も性欲も喪失するレベルに不潔極まりなく
潔癖症の人間に読ませたら憤死するコト間違いナシ(-_-;)
残虐さの方はさすがに読み飛ばさずにはいられナイシーンもあったが
ずっと許容範囲を超えた状態だと憐憫の情も尽きてくるし
想像しナイように思考を止めてしまうスイッチも入るようになり
機械的に文面を追ってやり過ごしてしまえたヽ(゚∀。)ノ

途中から日露戦争の戦場に舞台が移動すると
戦地に娼館があって、そこにいる日本人の娼婦が境遇を語るのだが
アポリネールはまるで日本の文化に造詣が深そうに
色々織り交ぜてきて、結果的にちぐはぐになってて可笑しいし
日本軍の捕虜となったプリンス・モニイ・ヴィベスクが
処刑を言い渡されて惨殺されるラスト・シーンは
こう言っちゃあ何だがやはり清々しかった・・・ヾ(・_・;)ぉぃぉぃ

一切の虚飾を剥ぎ取って、恥辱の限りを与え
息の根を止めるに飽き足らず、血肉まで削ぎ落として

さあ、この骨も露わな肉塊が人間の正体だ!
どうだ、皆いずれこうなる!!

う~む、実に清々しいヽ(´▽`)/
タイトルの謎も解けて読後は爽やかな気分にさえなったが
誤解のナイように付け加えれば、決して人間の尊厳を蔑にしてるワケではナイ
断じて・・・(-人-;)

フロルッサス・デ・ゼッサントの影響

四半世紀に渡って何度も同じ本の同じ部分を読んでる

ユイスマンスの『さかしま』がそれだが
中でも第3章が最多で次いで第5章、第7章、第12章、第14章辺りだ

A rebours

『さかしま』は「奇異」な小説で
主人公のデ・ゼッサントの趣味や思想を並べ立ててるだけで
ストーリーはその中で挿話として展開するのみだ

なので一応はユイスマンスの小説なのだが
読んでる感覚からするとまるでデ・ゼッサントのエセー(エッセイ)だ

デ・ゼッサントは19世紀フランスの貴族の男なので
その趣味や思想は健全(ノーマル)な現代日本人には全く縁のナイモノばかりで
自分も未だに半分もわかってナイ気が・・・ヾ(・_・;)ぉぃぉぃ

読み始めたのは高校生の頃で
一般よりはよほど不健全(アブノーマル)な文学を好んで読んでたし
芸術も音楽もデカダンの香りがするモノを愛好してるワリに
バイオテクノロジーとゆー生化学の最先端を勉強してて
自分も世界を理解してキタ ━━━━━(゚∀゚)━━━━━ !と奢り高ぶってたので
デ・ゼッサントが次々と提示してくる固有名詞が
ほとんど初見であるコトに衝撃を受けた!!

澁澤の注釈がなければ、いや、注釈があっても
1/10もデ・ゼッサントの趣味や思想を理解できなかった
てか、全然知らナイモノの羅列でしかなかった。(゚д゚lll)ギャボ

そもそも固有名詞を除いたトコロで
漢和辞典がなければ数ページも読み進めナイほど
新鮮な読み方の漢字が怒濤のように繰り出すのであるるる~

澁澤龍彦訳しか読んだコトがナイのだが
他の澁澤訳のデカダン文学に慣れ親しんでたはずの自分が
『さかしま』だけは全く置き去りにされたのだった
しかし漢和辞典と注釈に頼りながらもしぶとく読み進んだのは
デ・ゼッサントの趣味と思想に共鳴する部分を片鱗ながらも見出してたからで
生涯の友となる予感がしてたのだ

それからもう四半世紀が過ぎようとしてるが
デ・ゼッサントの趣味や思想を未だ総て理解しておらず
また理解しても納得はできずに反駁さえするような見解も生じた
それでもデ・ゼッサントが魅力的なのは変わらナイ

初めて読んだ時はとにかくいちいち興奮した

第1章でボオドレエル(ボードレール)の語を見つけて
まずは文学の趣味の接点があるコトに嬉しくなった(*^^*)

まあデカダン趣味は読む前から予想してて読み始めたのだが
第2章でパストゥール(パスツール)の名(※)を目にして
まさかデカダン趣味の貴族にこの近代細菌学の開祖を語られるとは
予想してなかっただけに殊更嬉しくなった(^▽^*)
応用微生物を勉強してた自分にとってはパスツールはとても近しい存在だった

第3章では古代ローマのラテン文学が網羅されるのだが
それら殆ど総てを批判するデ・ゼッサントの気に入ってるのが
ペトロニウスの『サテュリコン』とアプレイウスの『黄金の驢馬』で
ついでに言えばヘリオガバルスに好意的なのだ(゚ ゚;)

しかもウェルギリウスやオウィディウスに始まって
セネカに大プリニウスまで続けざまに延々と非難囂々の挙句に
いきなり上記3人が絶賛されてるのであるヽ(゚∀。)ノ

なのでここまでですっかり決心してしまったのだ

きっと一生かかって追い求め続ける、と・・・ホゥ(*-∀-)