コンテンツへスキップ

アキレウスの女性遍歴(後編)

トロイ戦争をアキレウスとパトロクロスは共に戦ったが
なんせ長い戦争だったのでむしろ戦闘をしてナイ期間も多かった


ブリセイス


トロイ 特別版 〈2枚組〉 [DVD]

その間は略奪品や戦利品を何でも、つまり女でも分け合ってきたのだが
アキレウスはその中でブリセイスなる女を特に気に入ってた

ところがアポロン神の祭司の娘クリュセイスが捕虜となって
アガメムノンに辱めを受けるのは父親クリュセスにとっても辱めであり
しいては祀るアポロン神への冒涜であるが故に
クリュセスは身代金によるクリュセイスの返還をギリシア方に要求したのだが
これをアガメムノンが断固拒否したためにアポロン神の怒りを買い
ギリシア勢の中に疫病が齎されてしまった

惨状に見かねたアキレウスが会議を招集し
カルカスに占いをさせて前述の理由を導き出し
その解決策としてアガメムノンにクリュセイス返還を迫った

占いや神託は絶対的であった時代なので
アガメムノンは総大将と言えども渋々クリュセイス返還を承諾するが
このほとんど「嵌められた」としか思えナイアキレウスの遣り口やその際の
戦争する気ナイからもう帰国したい!、とゆーアキレウスの無責任な発言や態度に
総大将アガメムノンの怒りがまず心頭に達したと思われ(-人-;)

帰国したきゃ勝手に手ぶらで帰りやがれ!
それならオマエの戦利品のブリセイスはオレがもらうまでよ!!
とアガメムノンは即有言実行タイプだがこれに対してアキレウスは怒り
「ママ~!ボクの女(オモチャ)をアガメムノンがとった~p(-_-+)q」
と母親のテティスに何とかしてもらうまで拗ねて駄々を捏ねまくった
てのが『イリアス』の冒頭であるるる~

アキレウスにしてみると本人が言ってる通り、戦争に勝つより帰国したいのである
それに無垢な処女クリュセイスが粗野なアガメムノンなんかに犯されるのかと思ったら
その美意識に耐えかねて腹の立つコトしきり・・・ヾ(・_・;)ぉぃぉぃ
また恐らくそんな真意が伝わってしまったのだろう
アガメムノンも余計に腹に据えかねて大人気ナイ仕返しをしたのだった

こうした諍いによってアキレウスが【怒り】のままに戦意喪失してうだうだしてるうちに
代わってなんとかしようとしたパトロクロスがヘクトルに殺されてしまい
アキレウスの【怒り】の矛先がヘクトルに変わり
敵を討たれてヘクトルが死んで『イリアス』は終わるのだが
こうして書き連ねてみると主題はかなり間抜けな気がヽ(゚∀。)ノ

とにかくブリセイスはその人物像が今一つはっきりしナイのだが
取り合いになるような美女ではあったに違いナイし
きっと色香の漂うタイプではなくて少女らしくアキレウス好みだったのだ
それがアガメムノンから見てもわかりやすかったからこそ
わざとブリセイスを所望した、と推察する次第!

ちなみにアポロドーロスの『ギリシア神話』ではなぜか
ブリセイスの訳注に「アポロン神の祭司クリュセスの娘」とあるのだが
「アポロン神の祭司クリュセスの娘」はクリュセイスで
このクリュセイスがアガメムノンの分け前となってたからこそ
アキレウスとアガメムノンは仲違いするコトになるワケで・・・???


ペンテシレイア


ペンテシレイアはアマゾネスの将だが
ヘクトルの死後にトロイ勢の応援に駆けつけたので『イリアス』には記載がナイ

オウィディウスの『変身物語』などによれば
ペンテシレイアはアキレウスに討たれて最期を迎えるのだが
アキレウスは殺した後で初めてその顔を見てから
余りの美しさに心を打たれて殺めてしまったのを悔いて悲嘆に暮れる

アポロドーロスの『ギリシア神話』にははっきりと

彼は彼女の死後このアマゾーンに恋し

と記されてるるる~

その様子を見てたのはギリシア勢で1番の嫌われ者テルシテスで
感傷的なアキレウスを嘲笑ったがためにアキレウスの逆鱗に触れ殺されるが
この件だけでもどれほどアキレウスが崇高な美意識の持ち主であるかが窺い知れる!
それにしても一応味方であるテルシテスを本気で殺してしまうとは
アキレウスの激昂ぶりは凄まじいったらナイ((((; ゜Д゜))) ガクガクブルブル


ポリュクセネ


最後のポリュクセネはトロイ王プリアモスの娘であり
その母はヘクトルやパリスと同じくヘカベだが末娘なのでうら若き乙女で
なるほどアキレウスの好みだったようで一方的に一目惚れをして
その後は正式に結婚の申し込みをした、とか、逢引を試みた、とか諸説があるが
いずれにしろアキレウスは敵国の王女であるポリュクセネにでさえ
この時代には当たり前の掠奪(rape)には至らなかったのだ

そうこうしてるうちにアキレウスは最期を迎え
この恋は成就できずに終わったかに見えたのだがこの後が凄まじい!
なんとアキレウスは亡霊となってかつての仲間の前に現れて
自分の墓の贄にポリュクセネを要求したのだ!!

アキレウスの望みが叶いポリュクセネがその墓前で最期を迎える様子は
オウィディウスの『変身物語』に詳細があり
母ヘカベと弟ポリュドロスも合わせてトロイ王家の凄惨過ぎる末路が生々しく描かれてる

それにしても片恋の相手に死後も想いを持ち続ける執念って。(゚д゚lll)ギャボ
アキレウスの美意識はやはり男の範疇ではナイな。(´д`;)ギャボ