トリマルキオの饗宴

ペトロニウスの小説『サテュリコン』で
恐らく主人公よりも有名なのが
トリマルキオ(Trimalchio)だろう

Trimalchio はギリシア語で
「3度祝福された人」の意

イタリア人監督のフェリーニの映画では
トリマルキオでなく
トリマルチョーネとなってて
他の登場人物も原作と映画で読み方が違うので
下表にまとめておく

登場人物『サテュリコン』『サテリコン』意味
Trimalchioトリマルキオントリマルチョーネ3度祝福された人
Gitonギトンジトーネ隣人(ゲイトン)
Encolpiusエンコルピオスエンコルピオ抱かれる人
Ascyltosアスキュルトスアシルト決してへこたれない人
Eumolpusエウモルポスエウモルポ甘く歌う人

修辞学校の教師の名がアガメムノンなのは

なぜか、彼の名はトロイア戦争におけるギリシア遠征軍の総帥の名にちなむ

とあるが、助教師の名がメネラオスなので
安易にセットでこの有名な悪漢兄弟の名を使ったんだろう

そしてまとめておいてなんだが
臨機応変にどちらも使用する・・・ヾ(・_・;)ぉぃぉぃ

小説の話題ならギトンでも
映画の話題ならジトーネだってワケだが
例外的にトリマルキオは
一般的にもトリマルキオで通ってて
例えば『トリマルキオの饗宴』と冠する本があり
この記事ではその本についても触れてるので
トリマルキオで統一しとくw

その『トリマルキオの饗宴―逸楽と飽食のローマ文化』が
以前は中公新書で出てたのが
『逸楽と飽食の古代ローマ―「トリマルキオの饗宴」を読む』と
中身はそのままでタイトルがちょっと変わって
2012年に講談社学術文庫から再版され
今では電子書籍化した

紙の書籍でも電子書籍でも
この本を手にして最初に捲るページてのが決まってて
それはつまり最も気に入ってる件なのだ

 そのとき、ブドウの葉とキヅタの髪飾りをつけた美少年がブドウの籠を手にして登場し、酒神バッコスのさまざまな仕草を真似ながら、トリマルキオの詩を甲高い声でうたった。

バッカスに扮した美少年が歌い踊るのを思い浮かべて呑むワインは
格別に美味い( *゚Д゚)つ[葡萄酒]

但し、些細なコトだが
岩波文庫の国原吉之助訳のように
ブドウは「葡萄」、キヅタは「常春藤」、と
漢字の方が香り高い気がするのと
「さまざまな仕草」と省略してるのは
後からちゃんと解説があるにせよ、いただけナイ
文中での鮮明な描写があった方が
より陶酔できるのに
ほんのちょっぴり残念に思う

『サテュリコン』では以下のように訳されてる

 こんな会話をかわしていたとき、一人の美少年が葡萄の葉と常春藤で頭髪を飾り、ときに陶酔の酒神バッコスを、ときに苦悩の解放者バッコスを、ときに霊感の鼓吹者バッコスをよそおい、葡萄の実の入った小籠を持ってまわりながら、彼の主人の詩を甲高い声でうたった。

トリマルキオがこの美少年の奴隷に対して
「ディオニュソスよ、自由(リーベル)になれ」
と、声をかけると
美少年奴隷は皿の上のイノシシの頭に乗せられた
解放奴隷の帽子を手にとって
自身の頭に乗せ
皆がそれを祝福してキスをするのだ・・・ホゥ(*-∀-)

これはトリマルキオが美少年を
奴隷の身分から自由にしてやった
と、自分には思えたのだが
注釈でもそこが判然としなかった

ところが『トリマルキオの饗宴』は薀蓄本なので
当然、この場面に対しての詳しい解説があり

 少年はトリマルキオがつくった詩を殊勝にも丸暗記しており、少年らしい高く通る声で朗唱した。詩の最大の理解者は作者であるという法則にたがわず、トリマルキオは深い理解と感銘から心を揺らし、その揺れが言葉となって現われた。

そして自分が悟った通りの状況が述べられてるので
胸がすくのだ!

しかし映画『サテリコン』ではこの場面はナイ。(´д`;)ギャボ

てか、原作に忠実な作りではナイので
既に饗宴に参加してるメンバー(※)からして
大いに違ってたりもするしね
『サテュリコン』では修辞学校の教師ら、エンコルピオス、アスキュルトス、ギトンだが、『サテリコン』ではエンコルピオとエウモルポ

それにしても古代ローマにおいては
奴隷、の単語から発せられるイメージに
陰惨さはまるでナイ!!

とりわけトリマルキオの饗宴においては
主人自身が解放奴隷だってのもあるのかもしれナイが

 少年奴隷たちは面倒な仕事中でもつねに歌をうたっていた。

なんて、陰惨どころか、底抜けに明るいし
アメリカにおける黒人奴隷なんかとは全く違ってて
主人の信頼を得られれば
ちゃんと人間性も尊重されるし
先述のバッカスに扮した少年のように
饗宴での才気の対価として
快く自由を与えるコトさえあるのだ

『サテュリコン』の著者であるペトロニウスは
実際の家族構成がどうだったのかは謎だが
シェンキェヴィチの『クオ・ヴァディス』の中では
美しい奴隷を愛人にしてたりもするし
そもそもローマ帝国の皇帝であるネロも
解放奴隷であるアクテに恋をして
由緒正しい王女だった正妻とは離婚して
アクテを愛人ではなく
正妻に迎えようとしてたのだ。(゚д゚lll)ギャボ

映画『クォ・ヴァディス』では
ペトロニウスと美女奴隷の恋愛が
非常にロマンティックに描かれてて
自分もこの時代に生まれるなら
美人の奴隷に生まれたいと思ったりw

ネロとアクテの恋物語は
『NERO ザ・ダーク・エンペラー』で堪能できるるる~