人間は考える葦である

人間は考える葦である

この有名なフレーズは
パスカルの『パンセ』断章347にある

考える葦(ROSEAU PENSANT)

人間の比喩になぜ【葦】なのか
日本人なら釈然としナイのがフツーだろう

L’homme n’est qu’un roseau, le plus faible de la nature; mais c’est un roseau pensant.
(人間は、自然のうちでもっとも脆い葦でしかない。しかし、それは考える葦である。)

なんて言われても
日本人の常識では【葦】は最も弱い植物ではナイ

【葦】と言われて日本人が思い起こすのは
軒先にぶら下がってたり、立てかけてある簾だろうて
その繊維質は弱いドコロか
強靭にさえ感じられるはずだw

それなのにパスカルの言を鵜呑みにして
賛同しちゃってる人もたまにいるし
中には「パスカルの比喩が甘い」なんて
バックグラウンドを推し量るコトなく
頭ごなしに非難してる輩までいて
YAHOO!知恵袋なんかで答えられてる殆どが
見当違いで失笑モノだったりするが
科学的に、理性的に、要するにまともに考えれば
【葦】より弱い生物なんて、他にもいくらでもいるし
そんなのパスカルも承知してるってヽ(゚∀。)ノ

なぜパスカルはあえて【葦】としたのか?

先に答えを言ってしまえば
キリスト教圏では単に
聖書に倣って人間を【葦】に例えてるので
パスカルもその慣例に従っただけだ

つまり、【葦】を人間に擬えるのは
ユダヤ(※)民族起源なので
換言すれば、【葦】を脆弱たらしめてるのは
旧約聖書成立以前のユダヤ人の感性なのであるるる~
現代日本人に合点が行くワケナイのだ。(´д`;)ギャボ
ヘブライもイスラエルも同義(使用する地域や時代で呼称が変わる)

但し、信者かどうかは別にしても
聖書の記述の真意を理解しようと努めて読んでれば
そういうモノなのだ、と刷り込まれてしまう

自分も信者ではナイが聖書は愛読書なので
旧約聖書の預言で人間を
【傷ついた葦】と表現してたり
イエスが群衆を愚弄するのに
【風に揺れる葦】と形容してるのは
合点は行かずとも
そういうモノと納得はしてたし
キリスト教圏の民であれば
もうそこに違和感を覚える余地もナイのだろう。(゚д゚lll)ギャボ

パスカルと同じく仏語圏のモーパッサンは
『メゾン テリエ』でお祝いに集まってきた人々を

そよ風にゆらぐ葦

としてて、原典のフランス語では次のようにあった

comme des roseaux sous la brise

comme:~のような
brise:弱い風(通常の風は vent で brise はそれより弱い風)

余談だが
風があえてそよ風なのは
これはモーパッサンにしてみれば(※)
vent では喧噪の只中の群衆のようだから
お祝いにかけつけた人々の心情に相応しくなかったので
brise としたのではなかろうか?
訳は杉捷夫

遥かに狂乱の群を離れて〈1〉 (昭和初期世界名作翻訳全集)遥かに狂乱の群を離れて〈2〉 (昭和初期世界名作翻訳全集)

喧噪の只中の群衆、と言えば
トマス・ハーディの『Far From the Madding Crowd』では
混雑した中で押し合いへし合いする群衆を

風に揺り動かされる芦(あし)のやうに揺られながら(※)

と表現してて、原典の英語がどうだかは不明だが
慣用句的な使われ方なのは想像に難くナイ
昭和初期世界名作翻訳全集なので旧かな遣いなのだ(訳者は英文学者宮島新三郎)
タイトルも『遥か群衆を離れて』が一般的だが、これは『遥かに狂乱の群を離れて』

ん(゚ ゚;)?!

改めて気づいたが、このタイトルの
『Far From the Madding Crowd』って
ユダヤ人に言わせれば
「荒野の葦原より遠のいて」なのか?!

☆・・・☆・・・☆

ラ・フォンテーヌの寓話の中に
『樫と蘆(あし)』てのがあって
頑丈な樫の木が自信満々で
何があってもびくともしナイ、としてて
鳥が留まったり風が吹いたりしただけで
たわんでしまう葦を
冒頭では憐れんでるのだが
最期には暴風によって
葦はいつものようにたわんだだけだったが
樫は根こそぎ倒れてしまった
と、そんな話だった

☆・・・☆・・・☆

それにしても葦、芦、蘆、葭・・・
葦の字は色々あるのだな