変身物語(転身譜)

ギリシア神話としてオウィディウスの『変身物語』は正統派ではなく
ラテン文学においてギリシア神話を集大成した詩集で
専ら恋愛を中心とした娯楽的要素を重視しつつ
タイトルにもあるように「変身」が含まれるエピソードを編んでる

オウィディウスは第2回三頭政治(※)~初代皇帝アウグストゥスの頃の人だが
少し年長のウェルギリウスの『アエネーイス』と同様に『変身物語』も時代背景を反映してて
アウグストゥスの帝位に正統性を、むしろ神性をも付与するために
古代ギリシアでの神と英雄の系譜にアエネーアースからアウグストゥスまでが継ぎ足されてるるる~
アントニウス、レピドゥス、オクタウィアヌスによって結成

巻15まである大作で岩波文庫では上巻に巻1~8、下巻に巻9~15と収録してて
上下巻で計737ページのヴォリュームだけあってギリシア神話を網羅してる感があり
話が連続してて巻の間でも隙がなく一気にも読めるし拾い読みもまた愉しい
索引はナイのだが詳細な人名の目次なので辞典的な使用も可能だ

ピュグマリオン効果―シミュラークルの歴史人類学

自分はオルフェウス(本文中オルペウス)の物語から始まる巻10を【美少年奇譚】と称してるが
他にキュパリッソス、ガニュメデス、ヒュアキントス、アドニスが登場し
ついでにフィギュアヲタの元祖ピュグマリオンも同じ巻にあるのだが
ナルキッソス(ナルシス)だけが巻3収録だ

Ovid Metamorphoses

そして美少年より気がかりなのが酒の神ディオニュソスや牧神パーンの存在だ
シュリンクスを追う牧神パーンは牧神パンだが
怪物テュポン(本文中テュポエウス)から逃れるのは酒の神バッカス(本文中バッコス)で
アポロンの竪琴と競って葦笛を演奏したのは獣神(サテュロス)のマルキュアスで
ミダス王の願いを叶えるのは獣神(サテュロス)のシレノスだ

ローマ時代にはディオニュソスは完全にバッカスに取って代わられたのか?
それともヘルメス→メルクリウス、アプロディテ→ウェヌスのように呼称の変化だけだろうか?

トロイ戦争については巻12~13を中心に収録されてて
特に巻14はヘクトルの死後(『イリアス』以降)に詳しく
アエネーアース(本文中アイネイアス)の新しいトロイ建国への出航と
オデュッセウス等ギリシア勢の帰国譚がある

またアキレウスの両親やトロイのプリアモス王の嫡男アイサコスも巻11にあり
アキレウスを養育したケンタウロスのケイロンの過去についても
巻2の「大鴉・コロニス・小鳥」「オーキュロエ」「バットス」にあったりして
トロイ戦争関連の記述は充実してる

メタモルフォーシス ギリシア変身物語集 (講談社文芸文庫)

惜しむらくはヘラクレスの凶暴なドSからMへの転身の話がなかったコトだが
この逸話はもっと後世に作られたのかもしれナイな

それにしてもタイトルから予想される通りに
何かに変身(転身)した話に限定されて載ってるはずなのに
ギリシア神話の殆どを網羅してるって
どれだけギリシア神話では変身が日常化されてるのだろうか(゚ ゚;)

ところで岩波文庫の邦題は『変身物語』だが
自分の愛用してる山川世界史用語集には『転身譜』となってて
こちらの方が優美なカンジで好みなのだが・・・ホゥ(*-∀-)