コンテンツへスキップ

幸福な王子

感受性が鈍くなるのが大人になった証だとしたら
子供の頃には泣きながら読んでた物語でも
いつか泣けなくなるのだろうか?

幼少の砌からそんな日の到来を予想してたが
すっかりばあさんになってしまった今読んでも
ぐしゃぐしゃに泣き崩れてしまったのが
オスカー・ワイルドの『幸福な王子(幸福の王子)』だ

あらすじとしては・・・

生前を偲ばせるきらびやかな像の王子が
像になってみて初めて庶民の生活の実態を知って
驚愕。(゚д゚lll)ギャボ

これを助けるために王子は
像を被う金箔や目玉のサファイア、剣の柄の飾りのルビーを
送り届けるようツバメに依頼するるる~

ツバメにとってはそんなの他人事で
王子に従う義務もなければ
むしろ越冬しなければ自身の命が危ナイ!

常識から言っても
王子が頼む相手を間違えてるので
ツバメは断って南の国へ旅立って何ら差し支えナイのだが
人の(鳥の?)゚+.(・∀・)゚+.゚イイツバメはなぜか
少しはぶ~たれつつも王子に従う

いや、結局ツバメは越冬できずに最期を迎えるのだから
自発的に窮乏する人々を救ったのである!!

人間ならば命を懸けてまで
「従う義務のナイ命令」に従ったりはしナイのが常で
一見、そうと見える事態でも
自身や近親者の名誉に傷がつかナイよう慮って
つまりは社会的立場を守るためにやってたりするのだ。(´д`;)ギャボ

でもツバメにとっては
本来なら護るべきモノは自身の身一つであって
客観的に見ると
像の王子の低姿勢なモラハラの犠牲になってるみたいな?!

そう
モラハラ!!

子供の頃は
死に行くツバメの居た堪れなさに
憐憫の情から涙が溢れたし
王子のツバメに対する仕打ちの惨たらしさに
憤怒を覚えたものだが
改めて、モラハラだったのだと気付いた。(゚д゚lll)ギャボ

王子も献身的ではあるが
なんせ像で元から生きてはいナイのだから
同情の余地はナイが
ツバメが死ぬ必要はなかったのに・・・

そして王子に同情の余地ナシとはしたが
それにしたって見栄えが悪くなったらお払い箱って
愚民の無関心と無慈悲を
なんて端的に表現してるのだろうヽ(゚∀。)ノ

そうして人間社会への憤りから
嗚咽してしまうのだった。・゚・(ノД`)・゚・。

ところで自分の思い描く幸福な王子は
いつの頃からかなぜか
『六神合体ゴッドマーズ』のマーグだw

新潮文庫版『幸福な王子』
オスカー・ワイルド / 西村孝次訳
「幸福な王子」
「ナイチンゲールとばらの花」
「わがままな大男」
「忠実な友達」
「すばらしいロケット」
「若い王」
「王女の誕生日」
「漁師とその魂」
「星の子」
(あとがき)