コンテンツへスキップ

ロマンスとは何ぞや?

恋愛は甘美な倒錯である

現実にこれを持ち込んでしまえばすっかり色褪せてしまうし
浮世離れしてこれに陶酔しきってしまうと生活はままならなくなる

酒と同じようにほろ酔いが望ましいのかもしれナイが
まるで明日が来ナイかのように没頭できる恋愛なら
惜しみなく愉しめば゚+.(・∀・)゚+.゚イイ

それができるのが若さの醍醐味だ

匙加減のわからナイ相手との破滅的な恋愛だって
わざわざ望んではいナイが悪くナイ

でも忠誠を誓える相手に対しては
あえて何かに懸けて誓ったりはしナイが決して裏切るコトはナイ

中世騎士物語 (岩波文庫)

ロマンス(中世騎士物語)のように・・・

☆・・・☆・・・☆

【ロマンス】はもうすっかり日本語になってしまってて
誰もが「男女の恋愛に纏わる事件や物語」を思い浮かべるだろうし
他にも【ロマンチック】とか【ロマン】とかあって
前者はより乙女風味が強まり
後者は「男の【ロマン】」など対象が男女の恋愛限定ではなくなる

しかしこれらは日本独特の使い方で何か釈然としナイので
元の語源や世界標準的な正しい意味合いや
どのような経緯で日本に定着したのか
気になって調べたのは2005年のコトだった・・・

まず、【ロマンス】の語を片っ端から辞書でひいてみると
英語と仏語以外には該当する発音の単語がなく
日本人の解釈に近いのが英語の【romance】だったので
この語を輸入したのは英語圏からと推察してたのが確信に変わった

【romance】 [英]
━━n.中世騎士物語,伝奇小説,恋愛[冒険]小説;≪楽≫ロマンス(曲);情話;小説的な事件,ロマンス(love affair);作り話,空想(物語);ロマンチックな雰囲気[気分];(R-)ロマンス語(派).
━━a.(R-)ロマンス語(派)の.
━━vi.作り話をする,空想する((about));求愛する((with)).
→三省堂のエクシード英和辞典より

【romance】 [仏]
━━f.恋愛詩,小詩曲≪楽≫無言歌.
→白水社刊の杉捷夫編新仏和小辞典より

単語romanceが形成されたのは
8世紀以降の中世西欧においてであるのは確かだ
ローマ帝国が分裂~崩壊してくと同時に
ローマ人の日常語だったラテン語が各地でそれぞれに発展し(※)
それらローマ人の諸言語は総括して【ロマンス(ロマン)語】と呼ばれた
現在のフランス語、イタリア語、スペイン語、ポルトガル語、ルーマニア語に至る途上の段階で
まだ「ラテン語の方言」と言った方が似つかわしくもあったかもしれナイ
また複数を指すので【ロマンス諸語】が正しいかもだが便宜上【ロマンス語】とする
参照→参考分布図
発音には地域差があるので【ロマンス】だったり【ロマン】だったりした以上に
語尾の変化は多様だったと思われる

口語はロマンス語へと移行したが
文献は依然としてラテン語で書かれており
ダンテがトスカナ語(ロマンス語の1つ)で『神曲』を著すまで
殆ど総てラテン語表記だった

ドレの神曲

そもそもダンテの頃の14世紀の西欧では
製紙法が広まりつつあっても印刷術はまだなかったので
本はとても高価で手にするコトは稀だっただろうし
手にしたトコロでラテン語では読めず
文芸はとても敷居が高かったのだ!

そんなだからルネサンスまでは
唯一の文芸ったら聖書だったりしたのだ。(゚д゚lll)ギャボ
それも坊主が持ってる聖書を読書するってよりは
実体としては丸暗記してたのだよ。(´д`;)ギャボ
だから「中世文学」ってジャンルは一応あるが
これって実は口承文学なのだなw
古代ギリシアで『イリアス』や『オデュッセイア』が
ホメロスの名の下に書物となるまで
吟遊詩人が連綿と歌い継いできたように
中世の吟遊詩人(※)も騎士道に名を馳せた英雄の伝承を
文字に綴ったのでなくロマンス語で歌ってたのだ
そしてその「中世騎士物語」が
【ロマンス】即ち「ロマンス語で詠われた物語」と呼ばれた
より正確には吟遊詩人が歌ったロマンス語は
主に南仏で使われてたプロヴァンス語だったようだ
LINK:プロヴァンス語 Dialectes provencaux
仏語でtroubadour(トゥルバドゥール)、独語でMinnesinger(ミンネジンガー)、英語でBard(バード)

ところでどちらも解さナイので想像しづらいのだが
ロマンス語とラテン語の隔たりはどの程度だったのだろうか?

上記の辞書からの引用【romance】 [英]を見てて思ったが
テュートン語圏のイギリス人からしたら
ローマ人がラテン語に代わって話すようになった言葉も
その言葉による「中世騎士物語」も
「ローマ人の言葉(で詠われた物語)」で【ロマンス】だったのかも?!
同じテュートン語圏でも独語では【romance】の語はなくて
英語や仏語の【ロマンス】の意味に近いのはRomanとRomanzeだった

【Roman】 [独]
━━m.(-s,-e)散文の長篇小説,物語;情話風の;『比』作り話,虚構.
→研究社のポケット独和辞典より

【Romanze】 [独]
━━f.民謡調の物語詩(Balladeと似た詩形式でスペインから起こった);≪楽≫ロマンス(感傷的な性格を持った愛の歌で、美しい旋律を主体としたゆるやかな楽曲).
→研究社のポケット独和辞典より

大雑把に訳せば文芸の方がRomanで音楽の方がRomanzeだが
この独語のRomanとRomanzeにあたるのが伊語ではromanzoとromanzaだ
また、独語のRomane(ロマンス語を話す民族)は伊語のromano(ローマ人)
独語のRomanisch(ロマンス語)は伊語のromanzo(ロマンス語)だ

【romanzo】 [伊]
━━m.長編小説)作り話.
━━agg.ロマンス語の.
→大学書林のイタリア語小辞典より

【romanza】 [伊]
━━f.≪楽≫ロマンス,華想曲.
→大学書林のイタリア語小辞典より

なぜかイタリアとイギリスとでは発想が類似で
「ロマンス語=ロマンス語で詠われた物語」なのだな

☆・・・☆・・・☆

で、Ralph LaurenのフレグランスRomanceは
男女の恋愛がテーマなのだよな

ラルフ ローレン ロマンス 30ml (EDP-SP)