コンテンツへスキップ

ティツィアーノの描いた大がらの女性の絵

モーパッサンは
『女の一生』では主人公のジャンヌを
ヴェロネーゼの肖像画の女性に譬えてるが
短編『ロンドリ姉妹』では
一糸纏わぬ姿でベッドで眠る女を
こう表現してる・・・

ティツィアーノの描いた大がらの女性の絵

そもそもティツィアーノが描く女性には
女神含め、貧相で痩せこけたような女はいなくて
大柄の女性が裸で横たわってる絵は
いくつも思い当たるが
著者の意図するのがズバリどれなのか?

正解を確認しようもナイコトだからこそ
自由気ままに推理するのは愉しい

聖水係の男
「冷たいココはいかが!」
脂肪の塊(ブール・ド・スュイフ)
マドモアゼル・フィフィ
ローズ
雨傘
散歩
ロンドリ姉妹
痙攣
持参金

年譜
訳者あとがき

その前にまず
どういうシチュエーションなのかと言えば
登場人物は列車の旅で先刻知り合ったばかりの
フランス男2人組と1人のイタリア女

不機嫌そうにしてる不愛想な女が
男たちとは打ち解けナイままに
宿を共にするコトになるも
ホテルは二部屋しか空きがなかった

一部屋を女に与えてしまうか
どちらかが女と同衾するかの選択肢で
意を決して女に意向を伺うと
女は拒絶せず、また選択もせず
どちらの男でも結構、とな!

男たちは言い争いの後
主人公の男の方が女の部屋へ入ってみれば
女は素っ裸で眠ってた!!

これ、女の意図はどうなんだろう?

その晩の宿を提供してくれる男に対して
お礼のつもりで寝るのだとしたら
「好きにして」の意思表示か?

ただ単に着替えの途中で
眠さに勝てなくなっただけなのか?

ティツィアーノの『ダナエ』は
裸でベッドに横たわってる大柄の女性だが
このエピソードは最高神ゼウスが
純潔を死守するために閉じ込められてるダナエを
さすが雷神だけあって
金の雨になってゴーカンしに行くとゆーモノ

なので、ダナエはゼウスに犯されるのを
待ってたワケではナイのだよヽ(゚∀。)ノ

それでも神に、そして運命に
身を委ねるしかナイ処女の表情は
絶望してるようには見えず

『ロンドリ姉妹』の女も
捨てる神あれば拾う神あり
なんて諺があるが
拾ってくれた男が神でなくとも
運命ならば身を委ねてしまおうと
意を決してたのだとしたら
『ダナエ』とダブらなくもナイ

ただ気になるのは
ポーズが刺激的過ぎる気がw

ティツィアーノが描く横たわる裸婦と言えば
人間でなく女神ではあるが
『ヴィーナス』連作のシリーズもあげておく

1つめは『ヴィーナスとオルガン奏者』

ヴィーナスはオルガン奏者には目もくれず
でもそっぽを向いてはいても
音楽そのものに感じ入ってるよう

ヴィーナスと見詰め合うのは息子のアモル(※)で
しかもプットタイプ(幼児体形)なので
以外にも母親としての情を感じる
※エロス、クピド、キューピッドの別名もある

オルガン奏者のヴィーナスへの欲情は
あからさまに一方通行がゆえに
音に託すしかなく
官能的な音楽を奏でてるのではと
見てる方は今にもその聴こえナイ音色に
情欲を掻き立てられそうな・・・

『ロンドリ姉妹』の女と重ね合わせてみれば
確かに男2人は拒絶こそされなかったが
どちらも選ばれてはおらず
ヴィーナスとオルガン奏者との距離感は
もしかして似てる?

2つめは『ヴィーナスとアドニス』

代わって今度はヴィーナスの方が
アドニスに対して一方的に恋焦がれてる図

狩りの最中のような着衣のアドニスに
裸のヴィーナスが腕を伸ばしてて
タックルをかまそうとしてるように見えるw

またこの絵はよく見ると
奥の方ではアモルが寝こけてて
母親の恋路にだけは関わり合いたくナイ
とでも言わんばかりなのが笑えるが
息子もたじろぐほど恋愛にかまける母親は
現実的には息子を女性不振にしてしまうだろうね

夫を裏切っても平然としてて
バレては不味い相手には嘘を付くのだから
それが女ってモノなんだと認識したら
女性不振にならナイ方が不思議だ

そういう男が女性不振から解放されるには
一途な女性にひたむきに愛され続けるしかナイが
疑念を抱いただけでもその女性に対して
母親と同類と感じてしまったら
そこで一巻の終わりだ

話が逸れてしまったが
『ロンドリ姉妹』の女は先に述べたように
不機嫌そうにしてる不愛想な女でも
実は1度情を交わしたら
このヴィーナスのような激しさで
求めてくるのやも・・・?!

男は好きなのだよ
自身に無関心な美女を陥落するのもだが
積極的な美女に陥落させられるのもw

自分はこの物語を初めて読んだ時は
もしかしてその両方を味わえる
極上の女との出会いの物語かと勘ぐってた^^;

読み進むと予想とは違って
もっと複雑で・・・
そりゃあもう複雑怪奇www

最後にこれが本命と思える『ウルビーノのヴィーナス』

見る者を見返して虜にするこのヴィーナスは
一見してまるで情欲の女神だが
周囲に描かれたモノから察するに
嫁入り支度の整ったお嬢様なのだよ!

夫となる男以外とも既にしたたかに通じてるのか?
あるいは処女の無垢ゆえの奔放な魅力なのか?

『ロンドリ姉妹』の女も
両極端に想像できるくらい謎めいてる点からしても
この『ウルビーノのヴィーナス』を想起させる