コンテンツへスキップ

ラシーヌの『アタリー』

racine

フローベールの『ボヴァリー夫人』に出てくるオメーは
科学の最先端の職種だったであろう薬剤師であり
粋人気取りでやたらと高尚なモノに憧れては
純朴な民衆を俗物と見下してるような人物なのだが
お気に入りだったりするのは自分と似てるからだろうか。(゚д゚lll)ギャボ

オメーは4人の子持ちで上から順に
長男が栄光の象徴ナポレオン、次男が自由の象徴フランクリン
などとたいそうな名前をつけてるのだが
次のイルマのローマン主義への譲歩、てのがわからナイし
1番下のアタリーがフランス演劇最大不朽の傑作に敬意を表して、だそうだが
初めて読んだ際には意味不明だった。(´д`;)ギャボ

すぐに調べようともしたがなんせ20ん年前のコト!
今みたいにググれなかったから専ら本に頼るしかナイのだが
おおよその見当くらいつかなければ本屋や図書館でも調べようがナイ!!

イルマのローマン主義ってのはフランスのロマン主義文学だろうか?
シャトーブリアンやユゴーの作にはイルマは見当たらナイが
それも自分が未読なだけだろうか?

アタリーのフランス演劇はフランス古典主義演劇だろうとは思ったが
それこそ当時は全く未読で未知の世界だったから
コルネイユか?モリエールか?ラシーヌか?
と絞るコトさえままならなかったのだ

そうして謎のままに年月は過ぎて
2006年の夏の岩波文庫の一括重版28点35冊の中に
ラシーヌの『フェードル / アンドロマック』があり
トロイ戦争ヲタの自分はアンドロマックがヘクトルの妻アンドロマケであるとピンときて
それ以上深いコトは何も考えずに購入した

フェードル アンドロマック (岩波文庫)

フランス古典主義演劇作家ラシーヌの作品に初めて触れたのがこの時で
それまではラシーヌ本人についてや作品について全然何も知らなかったので
本編を読む前にまず巻末の「解説」と「ジャン・ラシーヌ略年譜」にとりかかったが
訳者の渡辺守章による「年譜」は【略】とあるワリには15ページに及び
これをじっくり読み進んでいったら『アタリー』の作品名を発見!

1691年(53歳)
一月、サン・シールにおいて、悲劇『アタリー』の御前稽古。『エステル』で試みた実験、すなわちコロス(合唱隊)が重要な役割を占める古代悲劇に比肩しようとする計画であり、更には、オペラが流行させた壮麗な装置が効果を挙げるべき芝居でもあり、しかもラシーヌの「異教的悲劇」の「偉大な悪女」に匹敵する女王アタリーを主人公に据えた極めて野心的な作品である。しかし前作『エステル』が、宮廷内で余りに世俗的に評判になったことへの批判もあって、衣装なしで御前上演がなされただけである。(『アタリー』のコメディー・フランセーズ初演は1716年3月。)

これがオメーの言うフランス演劇最大不朽の傑作なのだな!
そうとわかればアマゾンで検索!!

だがしかし・・・『アタリー』の個別の邦訳本は見当たらナイし
全集には入ってるかもしれなかったが総て絶版状態にあり
収録作品リストがなくてどれに入ってるかわからナイのに
年代も古く状態も微妙なのに値段は破格な全集を買い漁るワケにもいかず
『アタリー』の入手を一旦は諦めざるを得なかった

但しこの時点までで以下のコトが判明した

1.ラシーヌ53歳の時の作品でこれが最期の作品となった
2.マントノン夫人の主催するサン・シール女子学院(貴族の孤児たちの教育機関)の生徒が演じた
3.ラシーヌの生前には衣装ナシの御前稽古のみで上演されなかった
4.コメディー・フランセーズによる初演は1716年でラシーヌの死後17年後だった

Racine's Athalie, Ed. with an Introduction, Containing a Treatise on Versification

そしてこれらの事実からどうも疑わしく思えてきたのが
『アタリー』がフランス演劇最大不朽の傑作だ、とのオメーの評価の真意だ

通常だったらプロの演劇集団が商業的成功を収めてこそ世間の評価も高まるのだが
既に前作の『エステル』から以降は素人の女学生が演じてるだけで
『アタリー』に至ってはそれさえ上演されてナイのだ?!

それでも『エステル』は

宮廷内で世俗的に評判になった

とゆーのだからこれはどう考えてもおかしな話だヽ(゚∀。)ノ

ラシーヌの『アタリー』(と加えて『エステル』)が
なぜルイ14世の愛妾マントノン夫人の許でのみ上演されてたのだろうか?
そしてなぜ(『エステル』の宮廷での成功があり)『アタリー』は上演前から不興を買ってたのか?
オメーが『アタリー』を絶賛してるのはどういう思惑からなのか?
いや、著者フローベールがオメーの人間像をどう見せようとしてるのか?

謎が深まるほどに魅了されるるる~