ラシーヌの『アタリー』と『エステル』

ラシーヌの『フェードル / アンドロマック』が2006年に岩波文庫で復刊されたのを買い
巻末の「ジャン・ラシーヌ略年譜」に『アタリー』を発見したコトによって
フローベールの『ボヴァリー婦人』のオメーの娘の名アタリーの由来について改めて考察し始めたが
同じ年の暮れにまとめて購入した筑摩世界文学大系にも『フェードル』が収録されてた
LINK:筑摩世界文学大系【14】古典劇集

岩波文庫版の訳者渡辺守章による「解説」は30ページ以上に及び
読み応えはあっても残念ながら『アタリー』についての言及はなかったが
筑摩世界文学大系の方は訳者二宮フサによる解説が丸1ページ(※)で
概要は「ジャン・ラシーヌの作品群とその時代背景」と題するべきモノで
『アタリー』についても次のような決定的な事実が記されてた
筑摩世界文学大系の1ページは岩波文庫の3ページ分以上に相当する

とにかくラシーヌは1677年1月の『フェードル』上演を最後に、演劇の世界と絶縁した。彼が後年聖書に取材した宗教悲劇『エステル』、『アタリー』を書いたのは、当時のルイ14世の寵妃マントノン夫人の要請によるもので、2篇とも夫人の設立したサン・シールの女生徒たちによって演じられたのである。

ここへきて重要な見落としに気づいたのは
『アタリー』には必ず付随して『エステル』が絡んでた事実だ
Bajazet / Mithridate / Iphigenie / Phedre / Esther / Athalie [French]
二宮の上記引用によれば『エステル』も『アタリー』も
ラシーヌが演劇界と絶縁した後(※)の『旧約聖書』を題材とした作品で
マントノン夫人の要請でサン・シールの女生徒が演じるために書かれたのだった
ラシーヌが『フェードル』以降に書いたのは『エステル』と『アタリー』2作品のみ

改めて渡辺の『フェードル / アンドロマック』の巻末の「ジャン・ラシーヌ略年譜」で
『エステル』について確認すると次のようにあった

旧約聖書に基づき、ジャン=バチスト・モローが作曲した「合唱入り悲劇」は非常に国王の気に入り、宮廷中の話題となる。

ちょっと待て(-_-;)

『エステル』は素人の女生徒だけによって演じられたのなら
どれほど脚本が優れていようがお世辞にも絶賛されるようなモノではなかっただろう

宝塚のエンターテイメント性を知る現代人の自分にとっては
女生徒だけの芝居は微笑ましくも思える反面
日々の過酷な練習が宝塚の完成度を高めてると知ってて
貴族の孤児を寄せ集めただけの学校のクラブ活動が
同じレベルに到達するコトは断じて在り得ナイと思えるのだ。(´д`;)ギャボ

それでも『エステル』が

国王の気に入り、宮廷中の話題となる

なんて成功を収めてたとしたら
そこには芝居の出来とは別の要因がウケてたに違いナイのだ。(゚д゚lll)ギャボ

とりあえず『エステル』も『アタリー』も『旧約聖書』が原典なのはわかったし
『エステル』は目次にもある「エステル記」でペルシアの話だろうが
「アタリー記」てのはナイしその名に覚えがナイヽ(゚∀。)ノ

しかし『旧約聖書』は小学生の時に読破したので一応総てが既読の物語で
中には興味深く繰り返し読んでる部分とそうでナイ部分があり
記憶にナイアタリーの名が出てくるとしたら
特におもしろいと感じなくてすすんで読み返してなくて
更に参照すべき重大な記述(有名な場面、例えば預言とか)も含まれてなくて
しかも読み切り的に挿入されてるエピソードなのではナイかと予想でき
「列王紀」(※)の辺りと狙いを定めてたら下巻の第8章にアタリヤの名を発見できた
LINK:列王紀下8
自分の持ってる1955年発行の日本聖書協会の旧約聖書ではこの列王紀だけが「紀」の字を使ってる(他は「記」)

あらすじをものすごく簡単に述べると
異教の神バアルを信仰したために滅びた民族の話で
王アハジヤの母親でアハジヤ亡き後に王位を継いだのがアタリーだ

ユダヤ教徒からすれば異教徒=悪だったので
預言者エリシャはラモテ・ギレアデのエヒウなる者に
イスラエルの王ヨラムとユダの王アハジヤを撃ち
その一族アハブ王家を滅亡させて替わって王となるようけしかけた

エヒウは言われるままにヨラムとアハジヤを殺した後
ヨラムの母親のイゼベルを宦官に命じて惨殺させた(投げ落として馬に踏ませた)
ところがイゼベルは王の娘であったためその遺骸を葬るよう指示するが
頭蓋骨と手足しか見つからなかったと報告を受けた途端エヒウは
「だろ?犬に食われるって預言あったわw」って・・・ヾ(・_・;)ぉぃぉぃ

アハブ王家へのエヒウの残虐行為は続き
王の子ら70人の首を籠に詰めて持ってこさせるわ
一族の42人が身を隠してるのを見つけて皆殺しにするわ
自身もバアル信仰をすると嘘を流布して
信者を神殿に集めて皆殺しにして神殿も破壊した

その殺戮に至る理由が異教徒であるコトだけなのは
現代日本人にとってはマジキチとしか思えナイが
当のエヒウにしてみると神の言を代弁する預言者によって
異教徒を一掃して代わって王になる使命を受けたので
それを生真面目にまっとうしてるだけなのだヽ(゚∀。)ノ

王となったエヒウはイスラエルを統治してたが治世28年で没し
一方、息子アハジヤを失いながらも生き延びたアタリーは
バアルを信仰しながら6年間国を治めてたのだが
ユダヤ教の神官にクーデターを起こされて殺された

ラシーヌの脚本はどんなだろうか想像もつかナイな・・・