コンテンツへスキップ

Eunice

シェンキェヴィチの小説『クォ・ヴァディス』は
1951年にハリウッドで映画化されたが
この映画では登場人物の名は英語読みだったので
ペトロニウスの愛人となる奴隷女の名Euniceはユーニスだった

Eunice

偕成社世界少女文学全集『クォ・バディス』や岩波文庫『クオ・ワディス』での
エウニケとゆー呼び名の方が自分的にはしっくりくるが
以下は映画についてなのでユーニスで統一する

ユーニスを演じてたのはMarina Bertiなる女優で
画像のように圧倒的な美貌の正統派の美女だ

地中海を越えてローマに連行されて(と、自ら語ってるが)
折りしもペトロニウスに仕えるコトになったのだが
そんな境涯の不遇は全く気にかけておらず
むしろ愛しい主人の傍に仕えてる幸せを噛み締めてるるる~

とゆーのも、主人のペトロニウスに惚れてしまったのだ!!
但し、告白できるような身ではナイので
ユーニスにとって唯一の不幸は想いを秘めねばならナイコトだった!

ところがある日、ペトロニウスの甥の元にやられそうになり
それを激しく拒絶するるる~

どんな罰を受けても構いません、どうか、おそばに!!

ユーニスを貰い受けるはずだった男こそが主人公のヴィニシウスなのだが
元より彼には別に貰い受けたい女がいたのもあり
ペトロニウスはユーニスを手放すのを諦め
主人に逆らったコトに対してユーニスにムチ打ち5回の罰を与える

ペトロニウス「ムチ打ち5回だ」
ユーニス「ここにいても?」
ペトロニウス「行い次第だ」
ユーニス「ありがとうございます」

どんな罰を受けてもペトロニウスの元を離れたくナイp(-_-+)q

そうしてユーニスはしたたかムチ打たれた後で
秘かに主人の胸像にキスをしながら、さも愛しそうにささやく

愛しいご主人様、お慕いしてます、お伝えできたらいいのに・・・

うっとりとした表情でつく溜息のなんたる甘やかさ・・・ホゥ(*-∀-)

そしてまたある日、ついに告白するチャンスが訪れたのだ

ユーニス「老婆の予言の詩があるんです」
ペトロニウス「どんな?」
ユーニス「すみれ色のローマの海に/ヴィーナスが現れて/恋人たちを結び付ける/彼女の腕で永遠に」

ペトロニウスはユーニスの気持ちには全く気付かず
使用人の誰彼と相手の名を挙げるのだが
ユーニスは総てにうなだれながら首を振り続け
最後に主人をまっすぐに見据えてこういう

He's my lord.

一瞬硬直したペトロニウスだったが
ユーニスほどの美女に言い寄られて拒絶できるワケもなく

すみれ色の海へ私が誘ったらどうなる?

なんて返しができるトコロがいかにも洒落モノらしい

そんなペトロニウスに対してユーニスは全く捻りがなくて
えくぼまで作って顔を輝かせながら、小犬のように足下にすがり

嬉しくって気絶します!

しかしどうするかを問いかけただけで
まだ誘われたワケではナイのだ、と気付いた瞬間にしゅんとして

あとはお誘いだけ・・・

てか、この一言こそが誘いでなくて何なのだ?!
そして男の方からがっつり誘わなくてどうするのだ!!

ペトロニウス「それではアンティオキアへ」
ユーニス「ポカ~ン(゚ o ゚*)」
ペトロニウス「気絶しないのかね?」
ユーニス「支度をします、今すぐに(^▽^*)」

愛するコトしかできナイ女が愛されるコトで幸せの絶頂へ
だが、幸せな日々は続かなかった。・゚・(ノД`)・゚・。

ペトロニウスにはユーニスが奏でる竪琴にも死の影を感じ
遂にネロに自殺を命令され、友人を呼んで最期の晩餐で自殺を宣言し
決行した時にはユーニスは何の迷いもなく一緒に果てた
寄り添って眠るように死んでる2人がなぜか幸せそうに見えた

こんな美しい女に命懸けで愛される男はそりゃあ幸せだったろう