サミュエル・リチャードソンの 『パミラ』のあらすじ

時代背景は特定されてナイが
たぶんエリザベス朝のイングランド

貧しい両親の許で
清く正しく美しく育った娘パミラ

パミラはお屋敷に奉公に出て
奥様の大のお気に入りの小間使いとなるも
すぐに奥様が亡くなってしまい
跡を継いだ息子の小間使いとなった

この新しいご主人に
パミラが見初められるまでが
ページにして1/50ほどで
全体の2/3を費やしたトコロで
2人がやっと結婚するも
残りの1/3で
身分違いのパミラが
愛人でなく正妻として
周囲に認められるまでが描かれてるるる~

自分は筑摩世界文学大系で持ってて
310ページの長編なのだが
このシリーズは1ページが3段組みで
通常の文庫の3ページ分くらいあるので
換算すれば約900ページに相当し
文庫で出すなら3巻以上になりそうなヴォリューム!

上記のあらすじからしたら
ハーレクイン・ロマンスとかにありがちな
ロクに働きもせず
恋愛にのみ一喜一憂して
紆余曲折あれど相思相愛に至り
ハッピーエンド♪
そんなつまらナイ恋愛小説の代表作みたいなのに
よくぞ最後まで読み通したと思うが
これが予想外に面白くて
実際、中毒気味になって読み進めたw

なんせパミラは
筋金入りの純潔至上主義者なのだ

トマス・ハーディの『ダーバヴィル家のテス』の
テスも純潔信奉者だったが
パミラはテスも恐れ慄くくらいに
常軌を逸したレベルで
「操を護れなければ死を選びます!」
とか、ご主人を脅すし・・・バタリ ゙〓■●゙

とにかくなんとかパミラをモノにしようと
あれこれたくらむご主人から
ひたすら逃げ回るのだが
そのパミラの操の攻防の悶着の都度
後からコトの仔細を一言一句たりとも省かずに
両親への手紙にしたためるるる~

しかもそれをご主人も読んでて
読者が読んでるのも
そのパミラの両親宛の書簡と
たまに差し挿まれる両親からの返信で
著者による状況説明さえ一切挟まず100%手紙だけ
そんな徹底した書簡体小説。(゚д゚lll)ギャボ

だから全ての出来事に対しての見解が
殆どパミラの筆に依ってて
それを信じての両親からの返信で
他の登場人物の言動もパミラ目線だし
思惑も「生真面目に邪推」してしまってて
読者が第三者的立場から読み取ってる事態とは
どうにもズレてしまってて
そのズレた感覚がおかしくてたまらんw

めげずに襲い続けるご主人と
あらん限りの抵抗を試みて
なんとか操を護り続けるパミラだが
結婚して大団円とはいかず
パミラが愛人でなく正妻として
周囲に認められるまでが
延々と続くのだった(゚*゚;)

正式なタイトルが
『パミラ、あるいは淑徳の報い』で
原題は『Pamela, or Virtue rewarded』

貧しくも気高く
純潔を重んじる娘が
理想的な男に見初められて
小間使いから本妻になるなんて
一種の訓話みたいだが
著者は本気なのか皮肉なのか
推し量りかねる程
現代日本人の自分には笑えたw

それにしても女中の分際でありながら
一日中、殆ど何の仕事もせずに
手紙ばかり書いてるのだが
自分にはそこが羨ましい・・・ヾ(・_・;)ぉぃぉぃ

作者のサミュエル・リチャードソンは
17世紀末(1689年)に生まれて
『パミラ』を発表したのは1740年で
亡くなったのが18世紀中頃(1761年)の
ハノーヴァー選帝侯ジョージ1世・2世の頃の人だ

【近代小説の父】と冠されてるが
『ロビンソン・クルーソー』のダニエル・デフォーや
『ガリヴァー旅行記』のジョナサン・スウィフトは
リチャードソンより少し前だ

『ロビンソン~』や『ガリヴァー~』も
主人公の書いた日記から成るが
『ロビンソン~』はまだしも
『ガリヴァー~』はあからさまにフィクションとわかる
(当時だったら真実だと信じてた人もいたかもだが・・・)

ところが『パミラ』の場合は
そうと知らずに読むと
ノンフィクションだと信じてしまいそうで
そのリアルさが最大の魅力だろう

一般的な女性にとってのパミラは
金持ちで美男のご主人に惚れ込まれてて
羨ましい存在かもしれナイのに
そんなパミラが何度も襲われそうになる度に
断固として拒否してて
「両親の許に帰してください」などと
懇願し続けるのが自分には笑えたが
フツーはやきもきしてしまうんだろうか?

そしてそんな拒み方をされるからこそ
ご主人はなんとしてでも
パミラをモノにしたいと思うようになり
彼女の貧しい両親の生活の面倒を請け負ったり
財産の殆どを彼女に与えると約束するのだが
それでも頑ななパミラはこの期に及んで
「両親の許で一生身を汚さず生きたい」などと
願い続けるのだからどうしようもナイ。(´д`;)ギャボ

パミラは結婚して子供を産むには
十分な歳なはずなのに
貧しい両親を抱えて家族3人で
どうやって生計を立ててくつもりなんだ?!
何を考えてるんだ(何も考えてナイのか)???

いや、最終的には
パミラはご主人と結婚して
この上なく上手くいってしまったので
後から考えてみたら
もしかして純潔の価値を吊り上げるために
わざとじらしてたのかと
読み終えた後で勘ぐってしまった!
あるいは究極のSMを愉しんでたとか・・・!!

それにしても
女性心理をよくわかってると
感心する作家は少なくナイが
こんなパミラのような特異な女の気持ちは
自分が女だって理解し難いのに
リチャードソンはたいしたモノだと尊敬するね

しかも数多あるハッピーエンドの物語と違って
ご都合主義のエピソードはなくて
ヒロイン自らが
ご主人にも抵抗してるが
話の流れにも逆らってるのがウケるるる~