オスカー・ワイルドの『ドリアン・グレイの肖像』は
何度も映画化されてるがつい最近まで自分はどれも未見だった

でもせめてヘルムート・バーガーの『The Secret of Dorian Gray』だけは
冥土の土産になんとしても観たいと願ってたので
折を見ては[Dorian Gray movie]でググってソフトを探し続けてた

それがある時・・・2009年11月19日のコトだったが
[Dorian Gray(2009)]の項目がトップに出てきて「2009」に驚いた!

Dorian Gray(2009)

早速ページを開いてみると
ブルネットのドリアン・グレイに更に驚愕した!!

ドリアンがブロンドでなくてど~するp(-_-+)q

しかしあえてブルネット男をドリアンに仕立てたからには
どれほどその役者がドリアンをこなすのだろうか、と興味も湧いた

まあ確かに後から冷静になって考えてみれば
純朴な美青年ドリアンが如何にして悪徳に染まっていくのかが主題なので
ドリアンは誰もが納得するような美貌の持ち主でなくてはならナイが
その真価は髪の色なんかには左右されるモノではナイ

ドリアンは金髪でなくてはいかんp(-_-+)q

そう思い込んでたのはバーガーの印象が強烈だったからだが
実際にはバーガー版を観てもいなかったのだったヽ(゚∀。)ノ

その後、このブルネットのドリアン役のベン・バーンズが
ナルニア国のカスピアン王子だと判明し
そこそこ人気もあるようなので
『Dorian Gray(2009)』の日本公開を祈願してたのだが
祈り虚しくあえなく未公開であった(-人-;)

それがここへきて
『Dorian Gray(2009)』のDVDが日本発売されて
これに合わせてなのか、バーガー版のも新たにDVD化されて
もう1つ、ハード・ハットフィールド版のDVDまでもが出る異例の事態で
自分はとりあえずバーンズ版とバーガー版を購入して
早速、観比べてみた

バーガー版は設定が現代になってるせいもあり
全体的に軽佻浮薄な印象が否めナイし
バーガーのデカダンの香り漂う容貌では世慣れしてるように見えてしまい
当初は朴訥なはずのドリアンにしてはセクシー過ぎる嫌いもあり
最初から最期まで原作との違和感を拭いきれなかった

だいたいドリアンは自ら好んで快楽を貪ってるのではなく
悪徳の指南役であるヘンリー卿にそそのかされるままに享受しながら
陥れられてるのを愉しんでるのだと思われ

結果として堕落してしまってる自身に酔いたいのだ。(´д`;)ギャボ

そんな破滅願望こそがワイルドの表現したかったデカダンシズムで
全く健全だった人間がそこに嵌ってく過程を描いてるので
読み手は一緒に引き込まれて戦慄を覚えるのだし
映画化されても観る者が息を呑んで追うのはその部分なはず・・・

だからバーガーがのっけから人を食ったような顔で登場してしまっては
皆、いきなりドン引きで構えてしまうから堕ちる過程を愉しめナイし
快楽を貪りながら、それ自体を楽しんでる感があり
そこにまるで罪悪感など持ち合わせていナイように見えてしまうと
皮肉屋のヘンリー郷は登場する意味がナイ。(゚д゚lll)ギャボ

自分はバーガーのファンだが
原作を重視するとどうもバーガー版はいただけナイ

但し、バーガーの、そして『ドリアン・グレイの肖像』の
コレクターとしては買って損はなかった
てか、お得だった♪

しかし★をつけて評価するならバーガー版は★★★だ
これはバーガーファンなのでどうしても贔屓目に見てしまうのと
その稀に見る美しさに「免じて」なので
本来なら★★だ、はっきり言って駄作だ・・・

映画としての完成度の高さも
原作への忠実度(監督の原作の理解度)も
バーンズ版の方が圧倒的に上回ってたが
1点だけ、だが総てをダメにしてたのはラスト近くのホラー入り過ぎな部分だ

あとちょっとで終わりってトコロまで耽美な世界観を押し出してたのに
なんでいきなりB級ホラーになってしまうのだろう?!
まあでもそれを差し引いたとしても★で評価するなら★★★★★だがね

衣装、家具・調度、美術品はもちろん
何気ナイ小道具まで細部の作りが行き届いてて
基本的に美的である以上に、登場人物の趣味が反映されてて隙がなく
それは要するにワイルドの設定に沿ってるってコトだ

特にヘンリー卿にコリン・ファースってのは
最初はミス・キャストだと思ってたのだ
ぶっちゃけ、ダサイ・・・ヾ(・_・;)ぉぃぉぃ

ところが観てる内になるほどヘンリー卿だと納得したね
よく考えたら女にモテるようなルックスでは
いちいち女に甘やかされてしまうので
あそこまで世の中を拗ねて見れるほどにはならナイワケで・・・

そもそも原作においても最も魅力的な人物は
素直で美貌のドリアンではなく
美意識の高い皮肉屋のヘンリー卿なのだからして(*^^*)