『ドリアン・グレイの肖像』とシェイクスピア

自分が所有してる『ドリアン・グレイの肖像』は
シェイクスピア訳に名高い福田恆存(つねあり)の訳で
1度ぼろぼろにしてしまって買い直した時も
迷わず同じ新潮文庫版を購入した

最初に読んで非常に気に入って以来
他の訳者のなんて考えたコトがなかったのだ

ドリアン・グレイの肖像 (新潮文庫)

しかし『筑摩世界文学大系【91】近代小説集』にも
平井正穂訳の『ドリアン・グレイの画像』が入ってて
映画を観て、改めて読み返すのに
読んだコトがなかったこちらをチョイス

平井正穂は同じ筑摩世界文学大系で
デフォーの『ロビンソン・クルーソー』も訳してるが
他にもミルトンやトマス・モア
そしてシェイクスピアも手掛けてる

オセロー (新潮文庫)

『オセロー』の訳は平井のも福田のもあって
『Dorian Gray(2009)』のオリヴァー・パーカー監督も
『オセロー』を撮ってるそうなので
どちらを読むべきか迷い中だ

シェイクスピアは『オセロー』も未読だったが
実はこれまで余り読む機会がなかったので
こんな風にシンクロニシティしてると
今読めば何かあるのかと期待して
うっかり読みたくなってるのだがw

テンペスト

そういえば
初シェイクスピアは『テンペスト』だったが
まさに『ドリアン・グレイの肖像』を読んでて
その中に出てきた一節によって読むに至ったのだった

ミランダを捜しに来て、キャリバンにめぐりあったような気持だった。

この一文が第7章の初めの方に唐突に出てくるも
ミランダとキャリバンは作中人物ではなく
そんな2人を引き合いに出されても
どういう気持ちなのかまるでわからなかった

またキャリバンは序文にも登場してる

十九世紀におけるリアリズムにたいする嫌悪は、キャリバンが鏡に映った自分の顔を見るときの怒りと異なるところがない。
十九世紀におけるロマンティシズムにたいする嫌悪は、鏡に自分の顔が映っていないといって怒るキャリバンそのままである。

これらに対して訳注もなく
当時はググるコトもできなかったので
しばらく意味不明のままだったが
『テンペスト』の登場人物と知って
遂にシェイクスピアを読む羽目に陥ったのだった!

また、続く第8章にも
女優のシビルの描写にこんな表現がある

シビル・ヴェインは自分にとって、ありとあらゆるロマンスのヒロインだ、
ある晩にはデズデモーナだったとおもえば、つぎの夜にはオフィーリアであり、
ジュリエットとして死んだかと見れば、イモージェンとなって蘇る、とね

デズデモーナは『オセロー』のヒロインの名で
他の3人もシェイクスピアのヒロインで
オフィーリアは『ハムレット』
ジュリエットは『ロミオとジュリエット』
イモージェンは『シンベリン』
と図書館で調べて判明したが
これって常識の範疇なんだろうかヽ(゚∀。)ノ