コンテンツへスキップ

ドリアン・グレイの「画像」

オスカー・ワイルドの『The Picture of Dorian Gray』は
福田恆存(つねあり)の訳に慣れ親しんでたせいか
初めて筑摩世界文学大系【91】近代小説集
平井正穂訳で読み始めてみたら違和感が・・・(-_-;)

なんせタイトルからして「肖像」が「画像」とされて
『ドリアン・グレイの画像』なのだ

「picture」の訳として「画像」は全然間違いではナイのだが
現代では「画像」とするとコンピュータ上の「画像」ファイルが思い浮かび
本来の意味のドリアン・グレイが描かれた肖像画を思い起こせナイのだ
もちろん平井が訳した頃にはコンピュータなんてなかったから
当時はまだしも「画像」がコンピュータ用語には聞こえなかっただろうが
それにしても「画像」ではどうもピンとこナイ

福田訳の「肖像」としたのが実に巧妙だと思うのは
例えば『ドリアン・グレイの肖像画』とまでしてしまうと
ドリアンが描いた誰かの肖像画なのか
ドリアンの所有してる肖像画のコレクションなのか
ドリアンにとって特別思い入れのある誰かの肖像画なのか
はっきりしなくて意味を取り違え易い

まあ自分のように英語が覚束ナイ人間が
総括してどちらの訳が゚+.(・∀・)゚+.゚イイのかを判断すべきではナイが
タイトルともなるとどうにも気になってしまうのだ!
そして訳に頼らなければ読めナイからこそ
全体的な訳に対して言えるのは
平井訳の方が訳注がより細やかなので親切な気がするるる~

前項の「序文」にあるキャリバンについても訳注に以下のようにあった

シェイクスピアの『あらし』に出る醜い半獣人

「序文」の時点でそうとわかって先に読み進んでたら
第7章で再びキャリバンが出てきた時も「なるほど」と思えたはずだが
これが福田訳にはなかったのだ
福田にとってはシェイクスピア劇の登場人物は常識なのかもw

これが平井訳では以下のように
第7章の本文中にまで訳注があったヽ(゚∀。)ノ

ミランダ(シェイクスピア作『あらし』の女主人公で可憐な娘)を探しているのにキャリバン(『あらし』に出てくる醜悪な怪物)にぶっつかったような感じだった。

てなワケで、平井訳は痒いトコロに手が届く訳注で
そういう部分は初心者に向いてるかと・・・

ドリアン・グレイの画像 (岩波文庫)

岩波文庫は西村孝次訳で「画像」となってるのか

ドリアン・グレイの肖像 (光文社古典新訳文庫)

1番新しい光文社古典新訳文庫は仁木めぐみ訳で「肖像」なのか

それにしてもこれだけあちこちの出版社で出てるってコトは
もしかして日本人には人気あるのだろうか(゚ ゚;)