コンテンツへスキップ

ドリアン・グレイの「画家の序文」について

オスカー・ワイルドの『The Picture of Dorian Gray』は
自分はこれまで新潮社版の『ドリアン・グレイの肖像』しか読んでおらず
その冒頭にある「画家の序文」も小説の一部と信じて疑わなかった

The Picture of Dorian Gray: An Annotated, Uncensored Edition

ところが筑摩書房版(※)の『ドリアン・グレイの画像』を読んでみたら
「画家の序文」がなかったのだ。(゚д゚lll)ギャボ
慌てて本屋に駆け込んで光文社版(仁木めぐみ訳)をチェックしたが
これにもなかったのでもしかするとナイのがフツーなのか?!
筑摩世界文学大系【91】近代小説集

まず「画家の序文」がどういうモノであるかを簡単に説明すると
登場人物である画家バジルのモデルとなった実在の男(仮に「実在のバジル」とする)が
そうとは知らずにある日この本を入手してみたら
ワイルドとのふとしたやりとりから生まれた物語のようだ、と回想してるのだが
これはワイルド自身が書いた信憑性を与えるための演出と思われた

しかしよく考えてみれば(いや、よく考えなくても)これが演出なはずはナイ

何年か過ぎたある日のこと、ふとした機会でこの本がわたしの手にはいった。

つまり実在のバジルが初版を入手してたと仮定した場合
そこに「画家の序文」が入ってたら矛盾してしまうではナイかヽ(゚∀。)ノ
そんな間抜けなパラドックスをワイルドがわざわざ演出するとは考え難い・・・

とすると「画家の序文」は少なくとも初版出版時(1891年)にはなくて
実在のバジルがそうと気づいて以降に付け加えられたのだろうが
いつどういういきさつで附されたのかの仔細がナイ

いつ、を推測すれば

ワイルドはこのテーマを永いあいだ暖めていたにちがいない。

ともあるので、実在のバジルは「ちがいない」と確信しつつも
それをワイルド自身に確認をとってはいナイコトから
ワイルドの死後(1900年以降)だろうか?

あるいは生きてても獄中にあった(1895年~1897年)間のみ
出版社が勝手に附けてた、てのもありうるか?

とにかく実在のバジルは自身がモデルとなってるのを
ワイルドから知らされてなかったのだから
本を手にした「ある日」以降にはもちろんのコト
恐らく「ある日」までもワイルドとは永らく会ってなかったワケだ

そしてどういういきさつかは「ある日」以降に実在のバジルが
自らすすんでなのか、周囲に乗せられたのかは不明だが
出版社から「画家の序文」の執筆を依頼されて書いたのだろう

なので「画家の序文」の存在はワイルドの知るトコロではなく
もしかすると意に反してるかもしれナイのだ
それとゆーのもいわゆるネタバレ的要素も含まれてるので
出版社の方針として新潮社以外ではわざと省いてるのかもしれナイ