コンテンツへスキップ

輝ける青春(ドリアン・グレイのモデル)

オスカー・ワイルドの『ドリアン・グレイの肖像』の
新潮社版の冒頭には「画家の序文」があり
この画家とはバジルのモデルとなった男なのだが
主人公のドリアン・グレイのモデルについて触れてて
それは次のように書き出してる

わたしのモデルのひとりに、友人たちから「輝ける青春」と綽名されるほど、ひときわ目立つ美貌の青年がいた。

ドリアン・グレイの肖像 (新潮文庫)

若さはそれ自体が魅力的で光彩を放つのだが
その光が最も眩しく感じられるのが青春なる時期であろう
幼さから若さへ移行したばかりの頃だ

なので、青春の形容に対して
わざわざ「輝ける」などと付加する必要はナイのだが
類稀なる美貌の持ち主ともなれば
若さと美貌の相乗効果で神々しいほどに光り輝いて見えても無理はナイ

波うつ金髪、生き生きと赤みがかった頬、健康ないたずらっぽさと、品の良いユーモアと、高邁な思想とにきらめく眼。
東風が吹きすさぶときでさえ、この世を愉快なものと思わせるような若者だった。
ひとの良さと陽気さが全身から発散して、かれがはいってくれば、陰鬱このうえない部屋もほんのりと明るみを帯び、輝くのだった。

まるで太陽神アポロンを思い起こすような形容だが
神であるアポロンは永遠の美青年であり
人間であるドリアンが美青年でいられるのは
通常であれば余りにも短い期間だ。(´д`;)ギャボ

その儚さに気付いた瞬間にはドリアンに憐憫の情を禁じえナイが
ワイルドも歎息まじりにこう言ったそうだ

あんなすばらしい人間が年をとってしまうとは、なんという傷ましいことだ

若さには美が宿ってるが
美貌が輝いて見えるのは若さ故なのだ
若さを失すれば美貌が損なわれずとも輝きを失ってしまう

もちろん老いてもその人らしい美しさを携えてる人もいるが
万人が認めざるを得ナイような若く美しい人間とではその輝きの質が違う

若さ、それは無敵だが脆く儚い輝きであり
日本語にはこの輝きを表現するのに最適な言葉がある
「あはれ」だ

若さを失った時に何も残らなければ
どれほどの美貌でも輝きを失う

若い時に若さ以外に何を持ち得るかで
老いた時の顔は決まる

そう思えるので
美し過ぎる若者にはつい憐憫の情を抱いてしまうのだ(;つД`)
稀有な美貌に恵まれた者が若さに輝いてる時は
まさに無敵なので
老いた自身の姿などとても想像するコトができず
実際に老いてしまって輝きを失い美貌も褪せてみて
もはや何も人の心を捉え得ナイ自らに直面した時の
失望と絶望ははかりしれナイだろう
それまで愛され慣れてきただけに落差はいかばかりか。(´д`;)ギャボ

ワイルドの嘆きも単純に老いで美貌が損なわれるってだけでなく
それに気付けナイ悲劇をこそ輝きの中にも見取る故なのだ

しかし若さを必ず失わなくてはならナイのは
自然の摂理なので享受するしかナイ
そこで画家バジルのモデルとなった男は
ワイルドに賛同して言った

もし「ドリアン」がいつまでもいまのままでいて、代りに肖像画のほうが年をとり、萎びてゆくのだったら、どんなにすばらしいだろう。
そうなるものならなあ!

この会話から生まれたのが
虚構の「輝ける青春」に執り憑かれた若者の物語
『ドリアン・グレイの肖像』だった