コンテンツへスキップ

『ドリアン・グレイの肖像』のあらすじと考察

オスカー・ワイルドの『ドリアン・グレイの肖像』は
純朴な美青年だったドリアン・グレイがその美貌を讃えられ
調子に乗ってヘンリー・ウォットン卿に翻弄されまくり
ダークサイドに堕ちてしまう物語。(´д`;)ギャボ

ところがドリアンの外見が
いつまで経っても若く天使のように美しいままで
寄る年波も邪悪な精神面も微塵も反映されなかった。(゚д゚lll)ギャボ
それは非科学的な事態だが
画家バジルによって描かれた肖像画が
当人に代わって年老いて醜悪な容貌へと変わってたのだ
そんな肖像画の存在をドリアンは秘密にしてて
結局はなぜそんな奇蹟が起きたのかは謎のままに終わるのだが
これは謎解きが主題なのではナイ

ブロマイド写真★『ドリアン・グレイ 美しき肖像』ヘルムート・バーガー/白黒

ドリアン・グレイのモデルとなった「輝ける青春」
若さを失していくのと併行して
美貌も褪せて、輝きようもなくなって
そう呼ぶ者もいつしかいなくなっただろうが
ワイルドはドリアン・グレイには
当人に代わって肖像画に歳を重ねさせたので
苛酷にも見た目だけがいつまでも若く美しく輝いてた(-_-;)

なぜそれがドリアンにとって苛酷だったのかと言えば
時が止まったワケではなかったので
生身の見た目が変わらなかっただけで
実は老いさらばえて醜くなっていってたのだ

「老いる」とはどういうことか (講談社プラスアルファ文庫)

老いとは単に生物学的な老化だけではナイからだ
まず生物学的な老化があり
それで身体が思うように動かなくなるワケだが
見た目にもその鈍重さが顕現してきて
いつしかあからさまに鈍そうに見えるようになるし
実際の鈍さも伴ってくのだ

全体的な鈍化に比べたら
むしろ精神の顔面への反映はもっと迅速だ
卑しさや残酷さなどは思いついた瞬間に表情に映し出されるし
そんなよからぬ想いにばかり捉われてる人間に
醜い表情の癖がついてしまうのは
老いを待つ必要さえナイのだΣ(゚д゚lll)ガーン

ドリアンの肖像画はそういった老いのメカニズムを
上辺だけ当人の代わりに請け負ってくれたので
悪徳に染まっていく過程でどんどん醜く変貌していき
どっぷり悪徳に浸った時にはまだ年齢的に老いがくる前だったが
もう十分に醜怪に朽ちてたのだ((((; ゜Д゜))) ガクガクブルブル

ワイルドはその高い美意識から
ぱっと見だけ小奇麗だが邪悪な表情を持つ人間を皮肉って
そこを赤裸々に映し出すこんな物語を書いたんだろう

自分は学生の時に生物の中でも特に単細胞生物の魅力にとり憑かれてたが
彼らのオートガミーなる細胞の蘇生の秘術は
ワイルドの『ドリアン・グレイの肖像』を読んでこそ理解できた

生命はどのようにして死を獲得したか―老化と加齢のサイエンス

オートガミーは老いた細胞が若い細胞に蘇る機構で
この生命の不可逆反応の摂理を超越した現象を初めて知った時は
どうしてそんなコトが現実に起こるのか理解不可能だったが
単細胞生物が無垢であるならそれもありか?!

昨今のアンチエイジング・ブームの風潮を担う医療技術の進歩が
三位一体とも言える若さと美貌と輝きの中から
若さと美貌だけを切り離して
一見して若く美しく見えるような
様々な手段を提供するようになったが
単細胞生物のオートガミーほどの完璧さがナイのは
多細胞生物の高次設計のせいかw

自分も確かに若さは保持したいと思う
日常生活をしっかり送るための健康な身体と健全な精神に加えて
更にタフに生きようと思ったらしなやかさは失いたくナイ
敏捷さが多少衰えてもしなやかであれば
身体的な苦痛は少なくて済むからだ
また心のしなやかさは瑞々しい感性の所在に他ならナイが
最期の瞬間まで「あはれ」を愉しめる自分でいたい

ドリアンは見た目のみ若く美しいまま年月を経ていくが
その心は既に醜悪に腐りきってしまってた
そこに不快感を感じナイ美意識の低い人間ほど
安易に見た目だけの安っぽい美を執拗に求めるのだね(゚*゚;)

ちなみにドリアンのモデルの「輝ける青春」について
画家バジルのモデルとなった男は「画家の序文」でこう証言してる

ワイルドの創造した悪の主人公とは正反対の存在であったことはいうまでもない