コンテンツへスキップ

Domine, Quo vadis?

1951年のハリウッド映画は英語読みの『クォ・ヴァディス』で
1954年の岩波文庫も『クォ・ヴァディス』だったので
これが一般的なタイトルかと思いきや
1995年に岩波文庫から出た新訳ではラテン語に忠実な読みになったのか
『クオ・ワディス』とされてしまった

クオ・ワディス〈上〉 (岩波文庫)

通常はギリシア語名やラテン語名の英語読みには反対派なのだが
長年に渡って慣れ親しんでしまうと正しい方に違和感が生じる

かつて自分が愛読した児童書(※)は
Vが「ヴ」でなく「バビブベボ」に置き換えられてたので
『クォ・バディス』だったし、著者名までもシェンキェビチになってたし
ヴィニシウスとリジアもビニキウスとリギアだったのだが
どうも『クオ・ワディス』でのウィニシウスの方がしっくりこナイのだがw
1964年に出た偕成社少女世界文学全集

そんなワケで「QUO VADIS」はラテン語だが
出典は『新約聖書』で精確には『新約聖書外典』である

『新約聖書』では「ヨハネの福音書」13-36に出てくる
有名な【最後の晩餐】のすぐ後の場面でのシモン(ペテロ)の科白だ

Domine, Quo vadis?

Domine:主よ(とゆー呼びかけ)
Quo vadis?:いずこへ?

主イエス・キリストの行く手に待ち受ける運命は磔刑で
最終的な行き先は処刑場なのだがこれに答えず
シモンがイエスにはついてこれナイコトを次のように暗示的に予言する

鶏が鳴くまでに、あなたは3度わたしをしらないと言います。

予言通りにシモンはイエスを知らナイと3度言い
イエスは十字架に架けられたがシモンは免れたのだ

新約聖書外典 (講談社文芸文庫)

シェンキェヴィチの小説で扱われてるのはこの後の話で
これが『新約聖書外典』(※)の「ペテロ行伝」35にあるのだが
またしてもペテロ(シモン)の科白として出てくる
『新約聖書』編纂の際に正典から除外された挿話集で正典に対して外典(アポクリファ)と言う

今度はローマにおいてぺテロ自身の身の上が危うくなり
こっそりローマを出ようとしてたのだが
逃げ出そうとしてるまさにその時、イエス(の幻影)が現れ
ペテロが同じ科白でイエスに問う

イエスはローマに戻って十字架に架けられようとしてたので
今度こそイエスでなく自身が十字架に架けられよう
と決意してペテロはローマに戻った・・・バタリ ゙〓■●゙

信仰心がある人でなければペテロの心理は意味不明だが
ともかくペテロはめでたく(?)磔刑に処された。(´д`;)ギャボ

しかも主イエスと同じでは畏れ多いとして
わざわざさかさまになって十字架に架けられたとか。(゚д゚lll)ギャボ

「ペテロ行伝」が正典から排除されたのは
正典とするのに相応しくなかったからなのだろうが
ユダヤ教とキリスト教で正典に入れてるモノが同じではナイので明らかなように
換言すれば、正典に入れる基準ははっきりとは示唆されてナイのだ
なので正典だろうと外典だろうとどちらも信憑性に欠ける点では同等だし
外典には正典以上に興味深い挿話が満載で
大衆に好まれ、芸術作品の主題になってるモノも少なくナイ

☆・・・☆・・・☆

青年貴族マーカス・ヴィニシウスのいた軍隊が凱旋帰国したが
そのまますぐに帰宅できなかったのは
ネロによる戦勝記念の祝典を行うまで足止めを食らったからだった
その間にヴィニシウスはアウルス将軍の館で世話になるが
この館で運命の美少女リジアと出会う

リジアとはローマに滅ぼされた蛮族の国名で
滅亡の原因はローマにしてみたら蛮族抑止のための討伐なれど
勝手に蛮族呼ばわりされて滅ぼされた方からすると
ローマに略奪されたとしか言いようがナイが
その討伐なり略奪なりの際に孤児になった娘が亡き祖国の名を名乗ってた

リジアはただの戦災孤児でなくその国の王女だったらしく
忠実な下僕の巨人ウルススも共にアウルス将軍の家に身を寄せてて
本来なら元の身分に関係なく、侵略されてローマ帝国の一部となったら
その国の民は王女であれローマ人の奴隷となるのが常だろうが
リジアはアウルス将軍夫妻に本トの娘のように大切に育てられてた

これはキリストの教えの高潔さがこの物語の主題でもあるので
キリスト教徒のアウルス夫妻が慈悲心に優れてると示したかったのだな

映画ではヴィニシウスとリジアのロマンス仕立てにもなってるが
基本的にはヴィニシウスの改悛の物語であり
キリスト教徒が大嫌いなネロをローマの大火の犯人に仕立て上げ
極悪非道のレッテルを貼るのが目的なのではなかろうか?!

但し、著者のシェンキェヴィチはポーランド人で
もちろんキリスト教徒だろうがそれ以上に祖国の独立を望んでて
圧政に対しての正しき者たちの抵抗を描きたかったのだろう
そこでわかりやすいようにネロの時代を脚色したのだな

ちなみに「ペテロ行伝」の最後には
ネロがペテロの処刑には関わってなかった事実と
その後キリスト教信者の迫害から手を引いたコトについて述べられてる