葡萄の房の巻き毛のパリス

夫のメネラオスはスパルタ国王とはいえボンクラだった

世界一と言われる美貌を持て余す妃ヘレネには9歳の娘ヘルミオネがいたので
結婚して10年ほどと思われ、間違いなく倦怠期にあったろう

そんな時に夫の居ナイ留守宅にやってきたトロイの王子パリスが
葡萄の房の巻き毛(なんて甘美な形容!)をした美しい青年だったら
これはヘレネとしては誘惑しナイ手はナイw

取っ掛かりは出来心にしても出来過ぎのシチュエーションは恋心を触発し合う
だいたい絶世の美女と葡萄の房の巻き毛の美青年が恋をするのに
いったい何の理由が必要だろうか?

トロイ ディレクターズカット(初回生産限定スペシャル・パッケージ) [Blu-ray]

ブラピがアキレウスをやった『トロイ』では
どういう意図なのかパリスとヘレネの関係は純愛の様相を呈してて
ヘレネはまるで身も心も美しい乙女に描かれてるが
本トは1番条件の良かったメネラオスと結婚しておいて
美しくも純朴なパリスを誘惑して不貞をして
挙句に娘を置き去りにしてかけおちした悪女なのだ

しかもそれが元で大戦争になって死者累々でも
ヘレネ自身はちゃっかり助かって何事もなかったかのように夫の許に戻り
【絶世の美女】とゆー肩書き(?)のせいか誰からも咎められナイのだヽ(゚∀。)ノ
世間は美女にはどうしてこうも甘いのだろうか(;つД`)

そして片やパリスにも実はオイノーネなる女がいたのだった!
この時代の妙齢の王子なら妻の一人はいて然るべきで
むしろあちこちに王家の子供を作らナイようにとりあえずあてがわれるのだろう

ギリシアは一夫一婦制だがトロイは一夫多妻なので
身分の高い女を1人正妻にしてれば他に何人の愛妾を持とうが構わナイワケだ
゚+.(・∀・)゚+.゚イイ手本が父王のプリアモスで
アポロドーロスの『』によればなんと55人の子持ちだw

ギリシア神話 (岩波文庫)

このオイノーネは予言の能力を持ち
薬の知識にも明るいので人間でなく妖精だったとする説もあるのだが
とにかくパリスがまだ王子ではなかった時から見知ってた女で
もしかすると幼なじみだったりするかもしれナイ

羊飼いのパリスとイデ山に暮らす少女オイノーネは
まるで『アルプスの少女ハイジ』のようだが
ハイジがフランクフルトのお屋敷での生活に馴染めなかったように
オイノーネもどうやら王宮では暮らせなかったのか
王子になったパリスとは別れてイデ山に残った・・・らすぃ

この際の詳しい事情がどこにもナイので状況から推察するしかナイが
羊飼いだったパリスの世界はイデ山だけで
イデ山には羊とオイノーネしかいなかったので
パリスは必然的に羊とオイノーネを愛してたのだと予想できる
他に愛する対象がなかったのだからね
もちろんオイノーネの方も羊とパリスを愛するより他なかっただろうし
そこで突然パリスが王子の身分になろうが2人の愛は変わりようもナイ

但し、パリスにとっては単純に嬉しかったに違いナイのだ
肉親の元へ帰る、とゆーコトがね
そして家族の期待に応えてパリスは立派な王子となっていき
そんなパリスにオイノーネは引け目を感じずにはいられなかっただろう

そこへきてスパルタからヘレネを連れてトロイに戻り
いつのまにか戦場に引き出された元羊飼いの王子パリスは
なんとか逃げ延びたが頼りのヘクトルも亡くなり
致命傷を負ってみれば最期はイデ山のオイノーネの元へ還るのだ

瀕死のパリスはオイノーネに助けてくれるよう懇願するが
オイノーネは救う手立てをなんらとらず見殺しにして
自身も自害する、しかもパリスの遺骸を燃やしてる炎へ投身自殺だ。(゚д゚lll)ギャボ

オイノーネはパリスに捨てられたのを恨んでいたから助けなかった
などとバカバカしい理由を持ち出す恋愛音痴もいるが
だったら自殺の仕方も別の手段をとるはずだし
そもそもオイノーネが死ぬ必要はナイのだ。(´д`;)ギャボ

オイノーネはやっと自分の元に帰還した愛しいパリスが
もう2度と再び他の女の元に行って欲しくなかっただけなのだp(-_-+)q

トロイア戦記 (講談社学術文庫)

以上、おなじみ(?)アポロドーロスの『ギリシア神話』と
クイントゥスの『トロイア戦記』を参照した

羊飼いパリス

たいていはトロイ戦争の原因を
トロイの王子パリスによるスパルタ王妃ヘレネの掠奪、としてて
パリスが元凶でヘレネには罪がナイとされてるが
2人が結ばれるよう導いたのは美の女神アプロディテだ

それとゆーのもイデ山で羊飼いをしてたパリスは
突然現れた3柱の女神たち(ヘラ、アテネ、アプロディテ)の「美の審判」を委ねられ
その中からアプロディテを選んだからだ

3柱の女神たちは自身こそが「最も美しい女神」と自負してるワリには
パリスに選んでもらうために
ゼウスの妻ヘラは政治権力とそれによって齎される富を
軍神アテナは戦勝とそれによって齎される栄誉を
美の女神アプロディテは世界一の美女によって齎される官能を
と、要するに各々賄賂を約束してて
アプロディテが選ばれたためにパリスは世界一の美女ヘレネを得たのだ

遡ればこの【パリスの審判】に至ったのはゼウスの差し金で
当初はゼウスこそが審判役を任されたのだったが
これをイデ山の羊飼いパリスに転嫁したのだ

ところでパリスはトロイの王プリアモスと正妻であるヘカベの子だが
生まれてすぐに捨てられたので王家で育っておらず
拾われて成長してからはイデ山で羊飼いをしてたのだが
トロイ王家では古くはガニュメデス王子も
イデ山で羊を放牧させてる時にゼウスにさらわれてるから
王子の身分でも羊飼いをするのが常なのか?!

パリスが捨てられた経緯はヘカベが出産の直前に見た夢によるが
燃える木を産んでその火が町を焼き尽くす、とゆー不吉な夢で
パリスはこの夢のような災いを招く、とされてイデ山に捨てられたのだった

この時パリスを捨てるように助言したのは
プリアモスの先妻アリスベの息子アイサコスだったが
なんとプリアモスには合計55人(!)の子がいて
アポロドーロスの『ギリシア神話』にはその全員の名前があるるる~

ヘカベはヘクトルとパリスの後に息子8人と娘4人を産んでて
アリスベとヘカベだけでもプリアモスには15人の子供がいるのだが
それ以外の女たちからも36人の息子と4人の娘を得てて
跡継ぎには一向に困らナイプリアモスだったのに
まさか自分の代で継ぐべき国が滅ぶとはね。(´д`;)ギャボ

ギリシア神話 (岩波文庫)

アポロドーロスの『ギリシア神話』には

イデ山に捨てられたパリスは熊の乳によって育てられた

なんてあるが夢のお告げや神託によって捨てられた子が
獣の乳によって生き延びて更に成人して素性を知って最終的に王になった、てのは
この辺りの神話・伝承にはよくあるパターンで例を挙げてたらキリがナイが
パリスの場合は捨てる役目を受けた召使が一旦は捨てたものの
5日後にまた拾ってきてパリスと名付けて育てたので
熊に乳をもらったにしてもせいぜい5日間に限定されてると思われ

成長してイデ山の羊飼いとなったパリスが
アレクサンドロスと呼ばれるようになったのは
盗賊から羊を守ったコトによる(※)
とはいえ、パリスは弓の名手ではあったようだが
なんせ羊飼いだったので武芸に秀でてはいなかっただろうから
大切な羊を必死に庇っただけに違いナイ
Alexandrosはalex-(護る)とandr-(男)の合成語である

パリスは当然ながら王子としての教育は全く受けておらず
実はトロイの王子であるとわかったトコロで
さっきまで羊飼いだったのにいきなり王子としての風采なんか持てるはずもナイ

でもパリスには王家の者には持ち得ナイ純朴さが備わってたはずだ
そして純朴な人間ほど神様に逆らったりしナイし
妖艶な美女には惑わされて然るべきだ

【パリスの審判】の際にアプロディテを選んだのは
羊飼いのパリスにとっては政治も戦争も別世界の話だったから
消去法で美女を選ぶしかなかったのではナイだろうか?

またアプロディテに従ってスパルタにやってきたパリスが
絶世の美女ヘレネに心を奪われたのは人間の男として至極当然だ
それでもヘレネが誘惑しなかったら、つまりヘレネにちゃんと貞操観念があれば
パリスの方からは到底手が出せなかったのでは?

なのでアプロディテとヘレネに翻弄された、とゆーのが
パリスの実状のような気がするのだが。(゚д゚lll)ギャボ

ギリシア~ローマへの時代と場所の変遷の中で
キャラクター設定も移り変われば
話の筋の方がそれに見合うように書き換えられてもいるだろう

英雄は英雄らしさが誇張されて描かれるほどに
アキレウスは賛美されるようになるが
対照的にパリスはバッシングされるようになり
誘惑した、はずのヘレネが
誘拐された、と変貌するのだ

フツーに考えたら
一国の王妃がまんまと客に誘拐されるのはおかしいからp(-_-+)q
王妃の方こそが家来を出し抜いて客を誘惑してる以外ありえんw

トロイ ザ・ウォーズ 【ベスト・ライブラリー 1500円:アクション映画特集】 [DVD]

映画『トロイ ザ・ウォーズ』はその辺の事情をとても美しく描いてるが
他のトロイ映画に比べて1番原典に忠実な作りだったりするるる~

ブラピの『トロイ』

トロイ戦争ヲタとして
これまで細々と資料を集めて生きてきて
まさか21世紀になってから
改めて映画化されるとは思わなんだが
そうしてヲタを自認しつつも
劇場公開時には行きそびれるとも思わなんだ。(´д`;)ギャボ

しかも発売日を待ち望んでDVDを購入するも
パッケージも開けずに数ヵ月経過・・・

それが昨夜、ようやく観るに至ったワケだが
いつまでもぐずぐずして乗り気ではなかったのは
原典とのズレが受け入れられナイのを
なんとなく予感してたからで
結果から言えば
その予感は残念ながら的中してた。(゚д゚lll)ギャボ

とはいえ
自分が目にした初のトロイ戦争映像化作品なので
ヲタとしてはそれだけで多少は贔屓目に観てしまったが
それにしたって全体的な感想としては
「ガッカリ」だったのは否めナイ

もちろん2時間ちょっとに詰め込むのには
無理がある内容だってのは
重々承知してるので
エピソードの盛り込みが手薄になるのは
物理的に仕方ナイと考慮できなくもナイ

でもそれに合わせて
基本的な設定まで変えられてたら
違和感を抱かずにはいられず
そのために愛着のあるキャラクターが
粗略に扱われて本領発揮できずにいたりしたら
そりゃあもう憤懣遣る方無いってモノで
違和感ドコロか反感さえ持った次第

はっきり言って
パリスもパトロクロスも酷過ぎて
見るに耐えなかった(゚*゚;)

いや、見映えは良かっただけに
役ドコロがお粗末過ぎて
見るに忍びなかった、が正しい!

これまでに自分が彼らに惹かれた部分が
微塵も反映されておらず
まるでただのバカみたいだったw

特にパリスは無類のダメ人間設定で
恐らく観てる人の殆どが
そんなパリスを腹立たしく感じてただろうが
そんなパリスを捏造してるコトにこそ
自分は腹が立ったね

逆にオデュッセウスやアキレウスは
゚+.(・∀・)゚+.゚イイ人に描かれ過ぎてしまってて
奸智に長けたオデュッセウスだのに
奸計からすっかり毒気が抜けてしまって
賢者みたいになってるし
キレやすくて駄々っ子でマザコンのアキレウスも
妙に貫禄があって落ち着いてて
別人のようですが誰得なんでしょう?

確かにアキレウスは主役なので
あくまでもカッコよくなくてはってので
誰得ったらブラピファン得かwww

それにしたって
主人公は死なず、なのでか
トロイの木馬に入る場面まで生き延びるとか
物語の整合性を乱しまくってるんだがね

唯一のハマり役はヘクトルだけだった気がするも
ヘクトルはどう転んでも生真面目なだけで
誰がどう脚色しようとも
それだけのつまらんキャラなのだとも言えるか?!

そう言えば
肝心のアキレウスの女装シーンが
見事にすっ飛ばされてたが
あのムキムキのブラピが女装したら
王女でナイのは誰の目にも明らかで
オデュッセウスの出る幕はナイ・・・ヾ(・_・;)ぉぃぉぃ

そもそも根本的に間違ってると思うのは
人間以外が一切排除されてるコトで
アキレウスの母親のテティス(海のニンフ)だけが
老いた人間の女性になって登場してて
テティスに任されてアキレウスを養育したのに
ケンタウロスのケイロンは登場せず
神々も一切出てこず・・・
いや、これってギリシア神話なんすけど(-_-;)

そして世界一の美女であるはずの
トロイ戦争の要因となったヘレン(ヘレネ)は
可憐な美少女と言った風情で
この映画では完全に脇役になってて
その夫のメネラオスに至っては
兄アガメムノンと共に
単なるデブの悪漢キャラで
本来ならヘレンには9歳の娘がいて
少なくとも10年近くは夫婦って設定が
完璧に崩壊してる辺りが
よくもここまで軽薄な映画に仕上げられたと
ハリウッド映画の娯楽大作至上主義に
改めて心から嫌気が差したね

別次元でやはり名優だと感服したのは
トロイの王プリアモスに扮したピーター・オトゥールで
敵陣に息子の亡骸の返還を要求に行く場面では
不覚にも涙してしまった

幸福な王子

感受性が鈍くなるのが大人になった証だとしたら
子供の頃には泣きながら読んでた物語でも
いつか泣けなくなるのだろうか?

幼少の砌からそんな日の到来を予想してたが
すっかりばあさんになってしまった今読んでも
ぐしゃぐしゃに泣き崩れてしまったのが
オスカー・ワイルドの『幸福な王子(幸福の王子)』だ

あらすじとしては・・・

生前を偲ばせるきらびやかな像の王子が
像になってみて初めて庶民の生活の実態を知って
驚愕Σ(゚д゚lll)ガーン

これを助けるために王子は
像を被う金箔や目玉のサファイア、剣の柄の飾りのルビーを
送り届けるようツバメに依頼するるる~

ツバメにとってはそんなの他人事で
王子に従う義務もなければ
むしろ越冬しなければ自身の命が危ナイ!

常識から言っても
王子が頼む相手を間違えてるので
ツバメは断って南の国へ旅立って何ら差し支えナイのだが
人の(鳥の?)゚+.(・∀・)゚+.゚イイツバメはなぜか
少しはぶ~たれつつも王子に従う

いや、結局ツバメは越冬できずに最期を迎えるのだから
自発的に窮乏する人々を救ったのである!!

人間ならば命を懸けてまで
「従う義務のナイ命令」に従ったりはしナイのが常で
一見、そうと見える事態でも
自身や近親者の名誉に傷がつかナイよう慮って
つまりは社会的立場を守るためにやってたりするのだ(-_-;)

でもツバメにとっては
本来なら護るべきモノは自身の身一つであって
客観的に見ると
像の王子の低姿勢なモラハラの犠牲になってるみたいな?!

そう
モラハラ!!

子供の頃は
死に行くツバメの居た堪れなさに
憐憫の情から涙が溢れたし
王子のツバメに対する仕打ちの惨たらしさに
憤怒を覚えたものだが
改めて、モラハラだったのだと気付いた(゚*゚;)

王子も献身的ではあるが
なんせ像で元から生きてはいナイのだから
同情の余地はナイが
ツバメが死ぬ必要はなかったのに・・・(;つД`)

そして王子に同情の余地ナシとはしたが
それにしたって見栄えが悪くなったらお払い箱って
愚民の無関心と無慈悲を
なんて端的に表現してるのだろうヽ(゚∀。)ノ

そうして人間社会への憤りから
嗚咽してしまうのだった。・゚・(ノД`)・゚・。

ところで自分の思い描く幸福な王子は
いつの頃からかなぜか
『六神合体ゴッドマーズ』のマーグだw

☆・・・☆・・・☆
新潮文庫版『幸福な王子』
オスカー・ワイルド / 西村孝次訳
☆・・・☆・・・☆

  • 幸福な王子
  • ナイチンゲールとばらの花
  • わがままな大男
  • 忠実な友達
  • すばらしいロケット
  • 若い王
  • 王女の誕生日
  • 漁師とその魂
  • 星の子
  • あとがき