Heaven is a Place on Earth

自分が物心ついた頃に
小学館の学習マンガ『生きている地球』を読んで信じたのは
宇宙がガモフの言うトコロのビッグバンから始まり
生命の誕生はオパーリンのコアセルヴェート説だったが
この時にキリスト教圏で生息してたら
敬虔な信者になって創世論を頑なに信じただろうし
本を読まずにテレビだけ見てたら
何も考えずに芸能人を拝んでたかもしれナイ(-人-;)

ビーグル号世界周航記――ダーウィンは何をみたか (講談社学術文庫)

また小学生の時には
ダーウィンの『ビーグル号航海記』が愛読書で
生命のダイナミズムに感銘を受けて【進化論】を信奉してたが
世界中の荒唐無稽な神話にも興味を持ってて
特に『古事記』と『ギリシア神話』
そして『旧約聖書』の「創世記」の部分はお気に入りで
寓話と認識しながらその世界観で精神を開放して愉しんでた

既にどんな神も全く信じてなかったが
神に依らずともきっとこの世界は本来美しいモノだ、と確信してたので
意識して世界観から神を排除しようとも思わなかった
神自身は虚偽であったにせよ、信仰が派生したのは紛れもナイ史実で
その原動力となったのは神のような存在の到来を望む人々の
思い(希望・願望・野望)だったはず!
そして自分が人類の歴史に想いを馳せるのは
生命の連鎖以外にそういう気持ちの連鎖があったコトに感動したいからだ!!

中学~高校でバイオテクノロジーの時代を迎え
分子生物学によって生命の誕生や進化が解き明かされてくると
創世論者が事実の方を捻じ曲げようと
躍起になるのを目の当たりにして辟易しつつも
逆に神を否定しかねナイ科学を解する理性を持った学者たちが
自身の中で信仰と科学をどう結び付け、またどう切り離してるのかに
大いに興味が沸いたが
その時に出会ったのがパスカルの『パンセ』だった

パスカルの時代はキリスト教から派生したスコラ学が主流だったが
時代より先行して近代科学を学んでたパスカルは
要するに神に辻褄を合わせて理論付けるスコラ学派ではなく
事実から導いた理論をこそ実証する近代科学の先駆者だったのだからして
そうして科学的な理性をもってしてて
なぜ一方で非科学的な存在の神を信じられるのか?

『パンセ』を読み始めた頃はそこが甚だ疑問だったのだが
敬虔なキリスト教信者である科学者は珍しくナイ
ニュートンやリンネ、そしてダーウィンにしても元は神学を学んでた
むしろ神の創りたもうた世界を正しく認識したくて
もれなく科学者になったのがこの時代までの科学者だろう
ダーウィン然り、「創世記」に反論するためではなく
神の存在を決定付ける証拠を突き止めようとして
多様な生物について研究してたのだ

☆・・・☆・・・☆

ウイルスは生物ではナイが増殖する

但しウイルスの個体は増殖するための装置のみでできてるので
この装置がONになる環境がなくては増殖できず
換言すれば生物が増殖するのは
増殖するための環境と装置を生物の個体が併せ持ってるからだ

利己的な遺伝子 <増補新装版>” /></a><a href=神は妄想である―宗教との決別悪魔に仕える牧師

神を全面否定する分子生物学者リチャード・ドーキンスは
上記を踏まえて著書『利己的遺伝子』において
利己的遺伝子による理路整然とした世界観を構築してる

遺伝子(増殖するための装置)によって
生物の個体(増殖するための環境)は操られてるので
まるで生物の個体は単なる遺伝子の乗り物のような存在であり
それに比して遺伝子の方は利己的である、とな

人類が生物の中で特別な存在で生物界を支配してる
なんてとても思えなかったから
ヒトを含む全ての生物が自身の持つ遺伝子に支配されてる
その理性的な発想にはメカニズムを含めて賛同できる

しかし生物は個体としても生きる意志を持ってて
同じ種である仲間同士はもちろんだが
同じ生態系においては一見して敵対してると見做されつつも
その中で【共生】してる=助け合ってるのでは?

全ての生物は助け合って共存するのが自然の摂理に適った真理である
とゆー考えを根強く持ってた自分としては
利己的遺伝子の戦略に操られてる「だけ」となってしまうと
それはあまりにも情が無さ過ぎて納得行かなかった

正しいか間違ってるか、に対して
正しいかもしれナイけどあんまり非人情ですヽ(゚∀。)ノ
なんて、最先端科学を学んできた人間にしてはバカとしか言いようがナイ反論だが
こちとらがっつり江戸っ子として生きてきちまったんで
正論だろうと人情を欠いてちゃ合点が行かねんでいっ・・・ヾ(・_・;)ぉぃぉぃ

どうも腑に落ちナイ・・・何か冷たいモノを感じてしまうのは
世界には美しさや優しさが満ちてるはずで
神がいてもいなくても・・・いや、神がいなければこそ
この世が天国(※)であって欲しいヽ(´▽`)/
ドーキンスからはそんな気持ちが汲み取れナイからだと思われ
理想郷、楽園、エデンの園、ユートピア、極楽浄土・・・等

Heaven on Earth

パスカルが神の存在を肯定したいのは
人類の望む方向がそういう意味で天国であって欲しいからだとしたら
潜在的世界観では自分と同じモノを持ってると感じるのだ

Blaise Pascal

パスカルの『パンセ』の決定版を
1冊選べと言われたら筑摩世界文学大系だが
2冊選べるなら中央公論社の世界の名著(※)もあれば完璧だ
このシリーズも中央公論社版が出て、その後に中公バックス版で再編纂されてるので
パスカルの巻は【24】と【29】と巻数が違ってても内容は同じ
またこのシリーズも半世紀前に出てるが【24】の方は概ね状態が゚+.(・∀・)゚+.゚イイ

中公世界の名著
アマゾンへのリンク
世界の名著 24 パスカル
世界の名著〈29〉パスカル (1978年) (中公バックス)
世界の名著 29 パスカル パンセ 小品集 中公バックス

中公世界の名著は前田陽一と由木康との共訳で
冒頭の前田陽一による「パスカルの人と思想」には
パスカルの生涯についての詳述があり
『パンセ』本文の後にはパスカルの「小品集」も収録されてて
当然ながら巻末には年譜と、あと索引があるのが便利だ

世界の名著〈第24〉パスカル (1966年)

パスカルの人と思想
前田陽一
小品集
パスカル / 前田陽一、由木康訳
パスカルと私真空論序言
パスカルの時代愛の情念について
生い立ち罪びとの回心について
科学者覚え書
人間探求者初代と今日とのキリスト者の比較
キリスト者ド・サシ氏との対話
『パンセ』の歴史幾何学的精神について
パスカルと後世病の善用を神に求める祈り
パスカルと日本大貴族の身分について
本書の読み方

しかしこれら2冊を揃えて嬉々としてるような自分も
実際には現代日本人で無神論者なので
信仰心を問われる箇所には今一つ踏み込めずにいて
ブランシュヴィック版の前半部分に限った愛読者だったりして
ラフュマ版なんて読み始めてすぐに嫌気が差した・・・ヾ(・_・;)ぉぃぉぃ

その日本では稀有なラフュマ版を完訳してるのが田辺保なのだが
パスカルが書き留めた年代順に従ったこの版は
整理整頓されたブランシュヴィック版に慣れてると些か読み難く
涜神に対する呪詛のような言いがかりが
後半にまとまってなくて随所に散見してくると
とりわけ自分のような無神論者が抵抗なく読み進むのは難しい

パスカルと現代
アマゾンへのリンク
パスカルと現代 (1967年) (紀伊国屋新書)
パスカルと現代

そんなラフュマ版を支持する田辺保の著書を
そうとは知らずにうっかり読んで目から鱗な事実に気づかされた

神や宗教のような伝統的なまやかしを信奉してる信仰心と
科学や自然の摂理を真実だと確信する理性は
相反するようだが実は根っこが同じ場合もあるのだ

今、手元にあるのは『パスカルと現代』のみだが
以下の3冊も揃えたいと思ってて
電子書籍版が出てくれるのを待ってるるる~
とはいえ、『パンセ』自体が未だに電子書籍化されてナイのだが(-_-;)

パスカル―痛みとともに生きる (平凡社新書)パスカル伝 (講談社学術文庫)パスカルの信仰―パスカルとわたし

『パスカルと現代』

新装版への「まえがき」
はじめに―パスカルとわたしたち―
第1章パスカルの時代
  1. 「科学革命」の時代
  2. 17世紀フランスの社会
第2章パスカルの思想
  1. 生きたヴィジョン
  2. その政治思想
第3章精神の兄弟たち
  1. キェルケゴールとパスカル
  2. ペギーとパスカル
  3. パスカル、シモーヌ・ヴェイユ、テイヤール・ド・シャルダン
  4. 植村正久の『真理一斑』
ブランシュヴィク版との対照表
あとがき

☆・・・☆・・・☆

人間は誰しも成長の過程で何らかの世界観を形成してく

つまり、世界がどうあって
その中で自分が何なのか、自分のポジションがどこにあるのか?
何かを根拠にして信じるようになる

古来より民族に伝わる伝承なのか
科学実験の結果から齎された事実なのか
その根拠によって世界観は異なり
たいていの人間は自身とは違う世界観を享受できナイ

信仰を持ってる人間ほど世界観にすがって生きてるので
宗教・宗派が違えば憎み合いさえするワケだが
それをえげつナイと思ってかつては蔑んでた

しかし実は科学的に=理性的に生きてるはずの無神論者も
学者同士だったとしてもやはりえげつナイものなのだ
例えば進化論のように実験で結果が明らかにできナイ場合には
異論を唱える者に対して憎悪にも似た感情を抱く。(゚д゚lll)ギャボ

ドーキンス VS グールド (ちくま学芸文庫)

リチャード・ドーキンスとスティーブン・ジェイ・グールドがそれで
2人とも進化論自体は認めてるのに
その進化の過程についての考え方を批判し合ってるのだ

まあ進化論に関しては昔から
ラマルクに対するキュヴィエとか、カンメラーに対するベーツソンとか
創世論者が進化論者に対する以上の憎悪の念が感じられるがな。(´д`;)ギャボ

自分は無神論者だが懐疑主義者なので
事実として見せつけられてるコトも易々と信じはしナイし
ましてや情に脆い江戸っ子なので
見せかけの行動よりも真意を汲み取ろうとしてしまう

だからリアルで悪辣に見える人も
その悪意が諦めや失望によって齎されてたかもしれナイ
それとは別にもっと心の深い部分に思い描いてる理想郷に対してなら
共感できるってコトもあるかもしれナイ
そんな風に希望を捨てられナイ

パスカルとは同じ理想を夢見る仲間に違いナイ
アウグスティヌスもトマス・アクィナスもライプニッツも
そしてヴォルテールだってそうだが
神に依存するのが前者でそれができナイのがヴォルテールとか自分なのだ!

世界はきっと神の意思そのものではなくとも
宇宙の原理や自然の摂理が美しくあろうとしてるはずだ!!