ルネサンス文学

1965年発行の筑摩世界文学大系の『ルネサンス文学集』(※)を月報附きで入手したが
さすが【筑摩書房】ってカンジの充実した内容だった
LINK:『筑摩世界文学大系【74】ルネサンス文学集』

ちなみにルネサンス文学の先駆けとなったダンテはこれとは別に
『新生』と『神曲』が6巻に収められてるので
上記の『ルネサンス文学集』にナイのはいたしかたナイ
LINK:『筑摩世界文学大系【6】ダンテ』

そのダンテの『神曲』に対して『人曲』と称されたのが
ボッカッチョの『デカメロン』だが
欲を言えばこれであと『デカメロン』が入ってたら、と思った

デカメロン物語 (現代教養文庫 (663))

『デカメロン』は日本ではなぜか様々な訳で読み比べられるほど出版されまくってて
入手困難になる心配は皆無であえて筑摩世界文学大系になくても゚+.(・∀・)゚+.゚イイのだ

そして『デカメロン(十日物語)』はなくとも
影響を受けたであろう『エプタメロン(七日物語)』の抄訳がある
これを別途購入するコトもナイと思うからちょーど゚+.(・∀・)゚+.゚イイ♪

ワーグナーやゲーテにも称えられた靴職人ザックスによる劇作や
逆によく酷評を目にするロンサールのベタな恋愛詩や
カルヴァンやカステリヨンといった確執する僧侶たちの論文など
ルネサンスを知る上で是非とも読んでみたい!
が、わざわざ大枚はたいて入手するコトもナイような小品が
まとめて収められてるのは本トにありがたい(-人-;)

また「フランス・ルネサンス名詩選」では
訳注にペトラルカの影響度合いが詳細に記されてるのが嬉しい!
ペトラルカがルネサンスを代表する詩人となったのは
この「カンツォニエーレ詩抄」の形式を真似る者が続出したからで
でもそんなのは訳を見たトコロでわかるワケもなく
もちろん原文は読めナイワケで・・・p(-_-+)q
そのジレンマを解消してくれる素晴らしい作りだ!!

それにしても個人的には
岩波文庫で所持してたモノがダブってしまって困惑してる
だからって岩波版の解説がまた充実してるので
それらを手放すコトもできナイでいる。(´д`;)ギャボ

特にマキアヴェッリの『君主論』は1981年版でパラフィン表紙仕様で
そのパラフィンも剥がれてしまっててぼろぼろよれよれだが
巻末に附録としてフランチェスコ・ヴェットリに送った手紙があり
マキャヴェリの生涯とその歴史的背景が
訳者黒田正利による14ページに渡って詳述された解説があり
これがイタリア・ルネサンスを知る上で大いに役立ってるるる~

更に簡便ながら人名索引もあり
アレクサンドロス、コンモドゥス、ハンニバル、ヘリオガバルス・・・としおり要らずだ

わが秘密 (岩波文庫)

ペトラルカの『わが秘密』は1996年版で装丁も綺麗だから
アマゾンで売りにも出せるだろうが
巻末の解説が訳者によりなんと34ページに渡ってあり
その充実振りたるや・・・(;つД`)
それとペトラルカに関連がある南フランスと北イタリアの地図もあって
これがまた便利なのだ♪

なのでどちらも手放せナイでいるのだ。・゚・(ノД`)・゚・。

そんな風に原典が同じでも訳者が違うとか出版社が違うとかで
何冊も持ってしまうから本棚がぎゅうぎゅうになるのだ(-_-;)