ダフニスとクロエ

「愛する」とは「愛してもらおうとする企て」である

サルトルの哲学書『存在と無』にある名言だが
つまりそんな【企て】に始終心を奪われてる期間が
恋愛中ってワケだ

しかも【企て】の結果如何によって
不安もしくは安堵とか、至福もしくは絶望とか
両極端に心が揺れ動くのだが
それを常に確認しなければ気が済まなくなってて
精神状態は非常に不安定になるるる~

【企て】通りに進捗しなければ
落胆や憤怒は狂気の沙汰で
その狂気を相手にぶつけるコトから始まる争いは
傍から見れば微笑ましいような痴話げんかだとしても
当人同士にとっては当に死闘。(゚д゚lll)ギャボ

恋煩い、てのはよく言ったもので
恋する気持ちは確かにもれなく病んでるのだ

それはお互いの【企て】が噛み合ってたとしても
つまり両想いだったとしても同じだ

恋人同士と認知し合う幸せに酔い痴れる様は
まるで泥酔者の如きで
先々の不幸も身に迫る危険も
もはや察知できなくなり
死をも怖気付くには値しなくなったりさえ・・・。(´д`;)ギャボ

家族は運命共同体なので
より良い社会生活を営むための様式を
助け合って構築する(のが理想的だ)
その家族の基盤となる最小単位が夫婦だが
夫婦以外の他の構成員は
繁殖によって賄われる(のが理想的だ)

この社会通念と生物学的な事由は正しいが
無謀な恋人たちには
正誤の判断なぞ出来兼ねるワケで
何をか言わんや糞食らえだw

恋人は宿命の半身(はんしん)なので
社会的でも生物学的でもなく
哲学的な存在だ!

お互いの存在意義をお互いの中に認めてて
むしろ自己の存在意義は
相手によってこそ成り立ってたりするのだ!!

そうなると恋愛の終焉は
【自己の存在意義の喪失】で
ましてや欠点こそ愛しく思えるくらい
愛し合ってたりすれば
そこで補われた自らの至らナイ部分が
相手を失った瞬間に一気に顕になってしまい
自分自身に向かって
矢のように突き刺さってくるだろう

この矢傷が招く症状が自己嫌悪で
恋人を失うと同時に
自己の存在意義を見失った際に
無駄に自己嫌悪に陥るのは
そのためだと思われ

片恋の相手に失恋して
自棄になるのも
相手が見出してくれるだろう
と期待してた自己の存在意義を
認めてもらえなかったコトで
茫然自失するからだな

☆・・・☆・・・☆

『ダフニスとクロエ』は
シャガールの連作や
ラヴェルのバレエ音楽などで
牧歌的な恋愛譚って大まかなあらすじだけ
なんとなく知ってる気になってた

ちゃんと読んでみたのは
5年前(2013年)で
電気書籍になってたからだ

ウブな山羊飼いの少年ダフニスと
無垢な羊飼いの少女クロエが
お互いに自身の感情が恋だと気付かずに
てか、恋とゆーモノを知らナイため
想いが募って遂には病気になってしまうのだ(-_-;)

しかしキスをするコトで苦しみが癒されるのを知り
最終的には結ばれる喜びに満たされるのだが
いや~、泣けた・・・(;つД`)

現代日本ではSEXって不道徳なモノのように扱われ過ぎてるし
自分もすっかりその風潮に毒されてた

不特定多数の相手とのSEXと唯一無二の相手とのSEXを
同じように蔑視してる自分に気付いて
泣きながら恥じ入った。・゚・(ノД`)・゚・。

まあでもそれだけの純愛物語でもまたナイのだw
年増女の恋の手ほどき(筆おろしってヤツね)あり、男色ありで
強気で人間臭いギリシアの神々も健在で
三島由紀夫が感化されて『潮騒』を書いたのも納得だし
ゲーテが賞賛するのも尤もだわ

ちなみに作者はロンゴスなる人物で
2~3世紀頃のギリシア人(ってコト以外はわかっておらず)

☆・・・☆・・・☆

果たしてサルトルが言うように
「愛する」とは「愛してもらおうとする企て」だろうか?

ダフニスとクロエの場合は明らかに違う気がするな
「愛する」とは、もとい、「愛し合う」とは
「恋しい苦しい気持ちを癒し合うコト」だろうか?

寓話と科学

幼少時に通ってた小児科医の待合室には
学研から出てたまんが『生きている地球』がおいてあった

宇宙が出来て
地球が生まれて
そこに生命が生じて
生物が進化してく

その過程がとても理路整然として描かれてたので大いに納得したが
子供の純粋無垢さを差し引いても疑いの余地がなかったから
記されてるコトが事実だと素直に信じられたのだった

ところが同じ頃に教会で教えられた「天地創造」の方は
自分にとっては釈然としナイ部分が多く
深く追求して質問すればするほど理不尽な回答しか得られず
とても歴史的事実だとは信じ難かった
いや、明らかに寓話だと断定できたのだった

そもそも自然に興味津々の子供で
花や鳥や虫が好きで図鑑が大好きだったせいもあり
現存する生物だけでも膨大な種類があるコトをよく心得てたので
そりゃあ「ノアの方舟」の話には合点が行くワケがナイw
総ての動物をつがいで方舟に乗せるなんてのは
文明の利器が揃った現代においてさえ物理的に全く不可能なのだから
それを真実だなんて受け止めようもなかった

だから「天地創造」の際に
あるいはノアが方舟に動物のつがいを詰め込む際に
【種】の数をカウントしてたなら
これらが寓話でしかナイコトがもっとはっきりと示せただろうにチッ(-д-)、
なんて舌打ちしてはひとりごちてた・・・ヾ(・_・;)ぉぃぉぃ

しかしサンタクロースを信じる子供は愛らしいし
その期待に応えようとしてサンタクロースを演じる親は更に愛らしい(*^^*)
その穢れなき魂のあり方は人として愛らしい!
穢れなき魂には罪はナイし愛らしいコトは美しきコトである!!
そんな美しい事態なら
サンタクロースを信じてナイコトを非難されるのも心地゚+.(・∀・)゚+.゚イイし
こちらもあえて否定する気は毛頭ナイ

信じる信じナイは別としても
自分も神話や伝説の類が好ましいと思える性質ではあり
これらが夢や希望を与えてくれればどんなに不条理だって構わナイ

尤も寓話としての正しさは科学としての正しさとは全く逆なので
科学的に寓話を否定する余地などナイのだ
寓話を彩る迷信の類が近代に至って科学的に実証されるコトはままあるが
時空を経て継承される内にどんどん変化してった寓話は
原初のモノこそが正確だ
正確と言うのは内容が正しいかどうかでなく
例えばディズニーが改変した寓話は
アメリカ国民の能天気さに合わせてか悲劇的要素は排除され
時に悲劇もハッピーエンドの結末に書き換えられ
もはや原典とはまるで違ったモノになってしまってたりするが
寓話としては完全に間違ってる
(まあエンターテインメントとしては楽しませられれば何でもOKで
寓話としての真意を伝える必要なんかナイんだがね)

それに比べて科学となると
その時点での最新理論こそが最も正しい
とお互いが仮定して話を進めるし
それまでずっと正しいとされて皆が信じてたコトでも
実は正しくなかったと証明さえできれば
その証明を裏付ける新説の方が正しい、つまりは元の説は正しくナイ
そうなれば元の説は時代を経て顧みられなくなるモノだ

また寓話と科学は価値も正反対だ

寓話は多少辻褄が合わなくたって非現実的であったって
間違っていようもナイ類のモノで
そこに求めるのは何が正しいかでなく
先人の知恵だったり、信奉の根源的な挿話だったり
先述のディズニーならば単に愉しめる要素だ

反して科学は事象の実体の解明で
それが理性的、客観的、第三者的であるコトに意義がある
(但し、特に学会のような組織が確固たる権威を持つようになってから
権威主義によって価値が決まる場合もあり
極端な話、真偽を実証できナイ複数の説があったとしたら
最も権威ある学者の説が真偽以上にまかり通るコトもあった)

そういう根本的に成り立ちの違う寓話と科学が
同じ土俵でどちらが正しいか決着をつけようとするのは
その取り組み自体がナンセンスである

なので、サンタクロースの存在を信じる子供は無敵だ。(゚д゚lll)ギャボ

自分は無神論者で科学をよく勉強してたが
高校で「応用微生物」を勉強してる時にこんな風に愉しんだ

これらの生物も「天地創造」の時に神が創ったとしたら?
性別もナイ微生物をノアはつがいでなくてコロニーで方舟に詰め込んでたのか?
生物か非生物か不明のウイルスも方舟に乗れたのだから今に至るとしたら
どうやって箱舟に乗り込んだのだろうか?
そもそも神としてはウイルスを生物のつもりで創ったのか?

・・・次々と想像してたら仕舞いには噴出さずにはいられなくなるが
科学の概念で非科学的な物語に想いを巡らすのは愉しい(^▽^*)

どちらを信奉するかきちんと決める必要ナイし
決めたからって信奉しナイ方に敵対する必要ナイし
必要ナイコトを上手くできナイからってそれに対して懺悔するなんてのは
全くもって不要だと思うのだがそれを生真面目にやってたのが
このトルストイの『懺悔』だったりするのだ

懺悔 (岩波文庫 赤 619-0)

絶対に答えが出ナイ問題をずっと考えてたらツライ
世界の始まりはどうだったか?
どうやって生命は誕生したのか?
なぜ生物種はこれほどまでに多種多様なのか?
・・・etc.etc.なんてのは問題が大き過ぎるだけに
これはもうシラフで悩んでたらもれなく気が狂って当然だろう

以前読んだ時はトルストイに同調して
同じ真実の深淵に嵌って気が狂いそうになった・・・んでやめたヽ(゚∀。)ノ

深淵を彷徨い続けてはいけナイ
実際に深淵の虜となったニーチェなんかはもう・・・ヤヴァイ
抜けられナイ恐ろしさと虚しさでうっかり死にたくなったりするが
これでちょっと気がふれてて簡単に死ぬ方法があれば
もれなく死んでしまうからだ

嘔吐

同じ感覚をもっとよりリアルに味わうならサルトルの『嘔吐』だが
今読み返してみると全然リアル(現実的)ではナイね
なんせトルストイはもちろんサルトルも発想が庶民とは隔絶してて
それはとりもなおさず生活が庶民とは一線を画してたからだ

働けど働けど我が暮らし楽にならざりじっと手を見る

そんな啄木の気持が切実にわかるほどになると
『懺悔』も『嘔吐』も働かざる者の倦怠からくる憂愁だとわかる

Women of Troy

エウリピデスの『トロイアの女たち』の新訳が
なぜか、突如として昨年末に出てた

そう、なぜ、エウリピデスの悲劇の中でも
今、これだけが単品で出るのか、訝しく思ったが
ちょうど蜷川幸雄演出の『トロイアの女たち』の公演があり
それに合わせてだったのだろうか?!

いや、WOWOWで観たらサルトルVer.だったw

トロイアの女たちギリシア悲劇〈3〉エウリピデス〈上〉 (ちくま文庫)

そう言えば『トロイアの女たち』は
エウリピデスのなら松平千秋訳のをダブって持ってるし(※)
『サルトル全集【33】トロイアの女たち』を
神保町の古本屋で奇跡的にゲトできたが
肝心のセネカ版が未だ手元になかったと思い出した
ちくま文庫のギリシア悲劇【III】エウリピデス(上)筑摩世界文学大系【2】ギリシア・ローマ古典劇集

セネカの『トロイアの女たち』は
京都大学出版の西洋古典叢書の『セネカ悲劇集』に収められてるるる~

セネカ悲劇集〈1〉 (西洋古典叢書)

セネカ悲劇集【1】
狂えるヘラクレス(小川正廣訳)
トロイアの女たち(高橋宏幸訳)
フェニキアの女たち(大西英文訳)
メデア(小林標訳)
パエドラ(大西英文訳)

セネカ悲劇集【2】
オエディプス(岩崎務訳)
アガメムノン(大西英文訳)
テュエステス(宮崎徳也訳)
オエタ山のヘルクレス(竹中康雄訳)
オクタウィア(木村健治訳)

【1】は『トロイアの女たち』以外にも
『フェニキアの女たち』も『メデア』も『パエドラ』(※)も
エウリピデスと比較して差異を読み解きたい
エウリピデスの『ヒッポリュトス』に当たる、ラシーヌだと『フェードル(とイポリート)』

しかし最も興味深いのは【2】の『オクタウィア』だ!
なんせセネカのオリジナルでネロが題材の史劇なのだからして!!

久々にアマゾンで両方チェックしてみたら
【2】が半額以下で出品されてたのでそっちをポチったった♪
トロイヲタとして【1】も絶対いつか購入するだろうがw

とりあえず蜷川の『トロイアの女たち』はサルトルに倣ってたが
現代日本人の常識の範疇に「トロイ戦争」はナイので
そりゃあ誤解のナイようにポセイドンが説明せねばなるまいて
改めてサルトルの手腕に脱帽しつつ
蜷川の奇異なアイディア(3ヶ国語でコロスを繰り返し)にも
よくもこんな鬱陶しいコトをやり通したモノだ
と、感心したし、感動した。・゚・(ノД`)・゚・。

☆・・・☆・・・☆

蜷川はちょっと前に『トロイラスとクレシダ』もWOWOWで観た(※)が
シェイクスピアの全作をオールメールでって試みの一環で
その発想からして素晴らしいと思ったね
しかも『トロイラスとクレシダ』は中でも1番厄介だったろうに
納得の行く出来映えだったのには度肝を抜かれた。(゚д゚lll)ギャボ
参考URL:http://www.wowow.co.jp/pg_info/detail/102292/

クレシダには穢れを知らナイ澄んだ美しさがあり
絶世の美女ヘレネの方が蠱惑的ではあるが
決して見劣りはしナイ美貌なはずと思われ。(´д`;)ギャボ
その点、2人とも性別を乗り越えた以上に美的に釣り合ってたが
恐らく女性がやると想像すると
主役のクレシダはでしゃばって美貌から儚さを失するだろうし
ヘレネも美しさよりいやらしさが目立ってしまいそうだ(-_-;)

でも何よりもカサンドラにはぞっとさせられた
『トロイアの女たち』でも運命に憤り、怒りながら舞うカサンドラがいたが
『トロイラスとクレシダ』のカサンドラの方がしなやかな動きで
巫女の資格を失った悲しみが舞踏に表現されてたし
狂気もそれらしく見えた

基本的にカサンドラは狂ってるのではなく
予言を口にすると狂ってるように見えてしまうだけだから
発狂してるだけだと白けてしまうのだよ
カサンドラはアポロンから予言の術を授かったが
引き換えにアポロンの恋人になる約束だったのを破ったので
それでアポロンによって予言が信じてもらえナイようにされたのだ

☆・・・☆・・・☆

宮本亜門の『サロメ』もWOWOWでやってて(※)
観る前はキャスティングに仰天したが
もれなく多部未華子ちゃんのサロメこそがサイコーだった
サロメは無垢ゆえに残酷なのだな・・・
参考URL:http://www.wowow.co.jp/pg_info/detail/101601/

サロメ (岩波文庫)

古典劇はハリウッド映画とかブロードウェイ・ミュージカルでも
原作の魅力が減退しまくりなのが多くてウンザリするが
日本の新劇が魅力を損なわずにやってるなんて
目にするまで思いもよらなかったね

とにかく戯曲は本で読んでるより
舞台で演じてるのを観る方が断然゚+.(・∀・)゚+.゚イイ
てのは、当たり前かヽ(゚∀。)ノ

ここは一つ、宮本の『キャンディード』のDVDを購入すべきか?!

読書の夏




世間では読書の秋とか・・・
しかし自分は真夏の夜に読書に興じるのが好きだ

熱帯夜よりも熱いファブリスの情熱にくらくらしながら
スタンダールの『パルムの僧院』とか読むのぱ+.(・∀・)゚+.゚イイ

でも今夏はトロイ戦争関連の本ばかりを読み返して
トロイの都と共に燃え尽きた気がするるる~

何と言っても今年1番の古本屋巡りの収穫は
人文書院から自分の生まれる前に出てたサルトル全集の33巻
戯曲『トロイアの女たち』だったからね!
(今年はあと4ヶ月あるけどこれ以上はあり得ナイ、と断言してしまおう)

古代ギリシア三大悲劇詩人の1人であるエウリピデスのこの作品が
現代の哲学者サルトルの脚色によって蘇り(1965年初演)
賛否両論を巻き起こした、ときたら
トロイ戦争ヲタでサルトルファンの自分がこれを読んでナイってのは
お話にならんて!!

ところがこの全集もだが
他にも『トロイアの女たち』が収録されてる本は
もうずっと入手困難になってたのだ
それが手に入るなんて・・・しかも安価で。・゚・(ノД`)・゚・。

サルトルは自分が読み始めた頃に亡くなったが
尊敬すべき人物の中で時代を共有できた数少ナイ1人なので
格別に想い入れがある

とはいえ哲学書から戯曲までサルトルの著作は多岐に渡るので
彼のファンと言いつつもその総てを網羅してはいナイ

また夫人のボーヴォワールについては
微妙な嫉妬からか著作を読むまでに至らずにいて
その辺がどうもしっくり行かなかったのだが
父親の本棚からボーヴォワールの『人間について』を見つけて
今更ながらやっと読むに至った次第ヽ(゚∀。)ノ

どうもボーヴォワールは【女】を良くも悪くも意識し過ぎてて
そこが凄く気持ち悪かったのだ。(゚д゚lll)ギャボ
自分のように分子生物学的解釈が先立つ人間にとっては
社会学的「第二の性」なんてのは既に全く的を得てナイ見解なのだよ
メスの方が「第一の性」なのだからして!

実際に自分はおよそ【女】を意識せずに生きてきてて
単に【女】としての不遇もなければ
格別に゚+.(・∀・)゚+.゚イイ【女】としての優遇もなく

男女関係なく美しければ優遇されるコトもあるがその分不遇も同じだけある

そういう風に割り切れてるのでね

でも『人間について』の中ではそういう息苦しい部分はなく
すらすら読めてしまった・・・すらすら読め過ぎてフックがなかったがw
理知的な女・・・とはつまらぬモノなのだな。(´д`;)ギャボ
サルトルが脚色したヘレネのバカっぷりとそれを真に受けるメネラオスは
それにくらべてなんておもしろいんだろうwww

そういえばボーヴォワールには『サドは有罪か』があった
これだけは是非とも読んでみたい1冊だな

さて『トロイアの女たち』には実に様々な女の不遇が語られるが
良妻賢母の鑑アンドロマケが夫を殺したアキレウスの息子の奴隷になるとか
美しき処女ポリュクセネがアキレウスの墓前で贄に供されるとか
英雄てのはかくも女を不憫にするものなのか?

そしてこれらの儚き犠牲者に比べて驚嘆すべきはヘレネの強さだヽ(゚∀。)ノ
世界一の美女は世界一の悪女であった・・・バタリ ゙〓■●゙

サルトルはメネラオスのバカさをちょっと羨んでたりするかもしれナイ?