セネカの猥談

ディドロの『運命論者ジャックとその主人』は
知ったかぶりの主人とその従者ジャックの
珍道中の物語ではあるが
話が脱線しまくって
もう珍道中ドコロではなくなってるw

しかし、脱線の方向性が
ドストライクに興味の範疇だったりして
もれなくいちいち面白いのは
著者のディドロと自分が
思想も趣向も似通ってるんだろう

古代ローマにおいて
恐らく最も悪名高い皇帝ネロと
その師傅(しふ)だったセネカと
ネロの指南役に収まったペトロニウスが
三度の飯よりも好きな自分だが
ディドロもその辺りが大好物だったのは
『クラウディウスとそのネロの治世、
およびセネカの生き方と著作に関する試論
―この哲学者の読書案内』
なんてのを書いてたくらいなので明らかだ!
残念ながら邦訳がナイので未読だがp(-_-+)q

『運命論者ジャックとその主人』では
ジャックの主人の台詞に
以下のようなツッコミがあり・・・

 身持ちがよくって、哲学を鼻にかけている良識の士が、どうしてこんな猥褻な話をしておもしろがることができるのですか?
――まず第一に、読者諸君、これはコント(作り話)ではなくてイストワール(実話)なのだ。
 だからぼくはジャックの愚かなおこないを書いたからって、スエトニウスがわれわれにチベリウス帝の放埓三昧を伝える時以上にわるいことをしているとは思わない。
たぶんそれより罪は軽いと思っている。なぜ諸君はスエトニウスを読み、何ら彼を非難しない。
なぜ諸君はカトゥルスやマルチアリスやホラチウスやペトロニウスやラ・フォンティーヌその他に眉をしかめないのか?
どうして諸君はストア派のセネカに、凸面鏡に映ったあなたの奴隷の淫猥な姿がわれわれには必要なんですか、と言わないのか?
どうして諸君は故人にだけ寛大な態度を示すのか?

チベリウス帝=ティベリウス帝は
訳注(※)には「=ネロ帝」となってたが
スエトニウスの『ローマ皇帝伝』で
ティベリウス帝と言えば
第2代皇帝ティベリウス・ユリウス・カエサルで
第3巻に出てくるし
別途、第5代皇帝ネロは
第6巻に出てくる
自分が読んでる『運命論者ジャックとその主人』は古い筑摩世界文学大系収録のモノで訳者は小場瀬卓三

一般的にはネロ帝と言えば
第5代皇帝ネロで
クラウディウス・カエサル・アウグストゥス・ゲルマニクス
もしくは
クラウディウス・カエサル・ドルスス・ゲルマニクス
なのでティベリウス帝とネロ帝は別人だが
同じ本にあったので
ジャックの主人は勘違いをしてるんだろうが
訳者も勘違いをしてるんだろうか?

そもそも『ローマ皇帝伝』は
カエサルと以降の11人の皇帝について
歴史的な事象よりは
個人的な趣味が描かれてて
だから伝記ってよりは
全体的にゴシップ色が強いのは否めず

それにしたってティベリウス帝を
やり玉に上げずともよかろうにとは思うがね

だがしかしここで肝心なのは
最後の方の「ストア派のセネカ」と
「凸面鏡に映ったあなた(セネカ)の奴隷の淫猥な姿」で
これはセネカの著書のどこかに
自身の奴隷の凸面鏡に映った淫猥な姿について
描写があるかもってコトだ!

なんせティベリウス帝のように
ガセネタも多いので
セネカの猥談なんてのは
大いに勘違いの可能性があるるる~

しかしこれが予想に反して
一応、記述されてるのが確認できたヽ(゚∀。)ノ

【16 ホスティウス・クアドラの忌まわしい物語】で
それは『セネカの自然研究(全)―自然現象と道徳生活―』の
「第一巻 大気中の火(光)について」にあった

まずホスティウス・クアドラが誰かと言えば
アウグストゥス帝の頃(b.c.27~a.d.14)の男で
後の芝居にエロキャラとして登場する程
その猥褻ぶりが知られてたそうだが
この男の奴隷たち(性の別など拘らず)が
凸面鏡だらけの部屋で
のべつ幕なしに行為を致してたのだ(゚*゚;)

セネカ自身が奴隷にやらせてた
とゆー疑いは晴れたw

そしてセネカは紀元元年前後に生まれてるが
どうやらホスティウス当人の痴態を
直接は見てなくて
ホスティウスの如きエロキャラが
登場する芝居を観てたぽい

セネカの詳述した淫猥な事態の描写は
実際に参加してなかったとしたら
まるでごく近しい友人でもあったかのように
思えてしまう程なのだが
と言うコトはセネカはこの芝居を
どんだけじっくり鑑賞してたんだかね?!

ストイックなストア派のイメージが・・・。(´д`;)ギャボ

いや、既にそれを
どうやって芝居にしてたのかがもうね
謎過ぎるるる~・・・バタリ ゙〓■●゙

いかに妄想力自慢の自分でも
想像図が追い付けず。(゚д゚lll)ギャボ

古代ローマにおいても
人類始まって以来の放縦さ極まった時世で
それこそ『サテュリコン』の世界観をもってすれば
芝居としてフツーに上演されてるのも
「あり」だったのだろうか?!

想像力を欠きつつ読みながら
自分が真面目に疑問を抱いたのは
当時の鏡に映る鏡像の精度と
当時の照明の明るさだ・・・( *゚Д゚)つ[酒]

何がどういうアングルで映ってるか
はっきり認識できるレベルではなかった気がするのだが
それでもかぶりつきになるくらい
興奮が出来たのだろうか?

いかん、エロについては
生真面目に考えるだに論点がずれてくw

ペトロニウスとセネカ

悪評の尽きナイローマ皇帝ネロだが
自分はどうも人としての興味が尽きナイw

ネロに好感が持てるのは
若い皇帝らしい傍若無人さを発揮してるトコロだ

そんな若気の至りで暴走するネロの
人間関係がまた興味深い

とりわけ
皇帝になる以前より
師傅(しふ)だったセネカと
皇帝になってから
側近となった【趣味の審判者】ペトロニウスが
ネロ以上に奇人変人で魅力的なのだ!

というのは彼らの著作を読めばわかるるる~

セネカはストア派の哲学書だけでなく
人情味のある往復書簡もやりとりしてて
ギリシア悲劇風の戯曲を書いてたりもするが
自然現象についての考察をまとめてるかと思えば
その中に下世話な(てか、卑猥な)見聞録さえあり
どれも非常に面白い内容に仕上がってる

ペトロニウスは唯一残存してるのが
長編小説『SATYRICON(サテュリコン)』で
しかもごく一部のみなのだが
ラテン文学における悪徳の金字塔とでも言おうかw

酒池肉林、享楽、放縦、残忍・・・etc.etc.と
ローマの退廃の限りを尽くした描写が
絵にも描けナイおぞましさで
フェリーニによって映画化されてる

さすがの自分も冷や汗が出るくらい
変質者のオンパレードで
まともな人間が観たら
夢見が悪くなるコト請け合いだ

シェンキェヴィチの歴史小説『クオ・ワディス』には
ペトロニウスが『サテュリコン』を
甥のウィニキウスに買い与える場面があり
作者が誰なのかはネロにはバレてナイ設定なのも面白い

悪徳の宝庫のような「トリマルキオの饗宴」の
主催者トリマルキオのモデルが
ネロなのは火を見るより明らか(※)だが
このモデルの起用はまともな人間ならば憤慨するだろうし
当然ながら皇帝である者には侮辱ともとれるだろう
ネロもペトロニウスも何もコメントを(残)してナイので史実としては謎ではある

ペトロニウスがネロを槍玉に挙げてて
それを読んで皆で嘲笑してるのは
ペトロニウス曰く
ネロにはバレてナイとしてるのだが
実はネロ自身は気が付いてて
内心では不満に思いつつも
あえて黙ってたかもだ

酷過ぎると思う部分に
ネロはぶるぶる震えながらも
洒落だ=面白がれ、と
ペトロニウスがすまして示唆すれば
恰好つけて無理して洒落のめしてたりしてw

そんなネロの様子を
ペトロニウスは心底面白がってたりしてwww

ネロ、カワ゚+.(・∀・)゚+.゚イイよ、ネロ~!!

皇帝としてどうかではなく
アーティスティックかつエキセントリックな若者として見た時
どうしても嫌いにはなれナイ人物像なのだが!

粋人(すいじん)だったペトロニウスからしても
頭の硬い年寄りの政治家や
血気盛んで無教養な軍人の中で
下衆な噂話か
無味乾燥とした政策論か
血生臭いだけの武勲のような
そんな聞きたくもナイ話ばかり聞かされて
瑞々しい感性をすっかり干からびさせてたネロが
孤独に耐えるいたいけな少年に見えたに違いナイと思うのだ

そしてついかまいたくなったって出来心だったのだろうが
ペトロニウスのめくるめく快楽への誘いは
若く多感なネロにとって
どれほど魅惑的に感じられたコトか

それまで皇帝としてのネロが発揮できずにいたモノを
ペトロニウスがけしかけて解放してしまったのだ
うむ、それだけのコトだと思われ

国費を散財してる時点で既に不道徳の極みゆえ
その金で何をして遊ぼうが
いずれ真っ当とは言及しようもナイが
自著『サテュリコン』の如き世界観を反映してたなら
それはもう筆舌に尽くし難い悪徳に違いなく
その現場はきっとフツーの人間なら卒倒しかねナイし
生真面目なストア哲学者なら憤死しそうだ!

セネカは憤死はしなかったが
一緒に愉しめなかったぽい
剣闘士の試合を非難したりしてるしね

食べるために吐き、吐くために食べているのだ

この有名な嘆きもセネカの言だが
ローマの退廃はストア派哲学者には
耐え難い地獄絵図だったのだろう

弓削達著の『ローマはなぜ滅んだか』によれば
ローマ帝国に長者番付があれば
セネカは常連として名を連ねてたに違いなく
具体的にはその財産が3億セステルティウスほどだったそうだ

概算で40万セステルティウスが1億円ほどに当たるから
どれほど金持ちだったのだ・・・バタリ゙〓■●゙

そんなセネカは財産に対してこんな言い訳をしてる

財産は、賢者にあっては奴隷の地位にあるが、愚者にあっては支配者の地位にある

ストア派なら財産を持ってても
悪徳には染まらナイって?!
まあそういう言い訳がましいトコロも含めて
セネカも好きだがね

その点、ペトロニウス自身は
案外シニカルに愉しんでたのでは?
エピキュリアン(快楽主義者)でなく
シニック(犬儒派)!

しかしネロがペトロニウスに感化されるのは
至極当然の成り行きだと
ほくそえむ自分も
セネカからしたら不道徳な人間だろうか?

映画『QUO VADIS(1951)』

児童版『クォ・バディス』から引用すれば
主役のビニキウス(映画ではヴィニシウス)は

たくましいからだとととのった目鼻だちとをそなえたビニキウスは、いかにもローマの青年貴族らしく、きびきびしていた

とあり、凛々しいラテン系美青年を想起する

原作では未婚なので20歳そこそこの設定だろうが
ヴィニシウス役のロバート・テイラーは1911年生まれで
映画出演時(1951年)には40歳。(゚д゚lll)ギャボ

【趣味の審判者】たる叔父のペトロニウスが
彫刻家がヘラクレスのモデルに使いたがると形容してて
確かにマッチョなハンサムではあるが
いかんせん、瑞々しさに欠く

ヴィニシウスの役ドコロは
惚れた女に洗脳されて
改心してキリスト教徒になって
持ち前の正義感を発揮して
仲間の救出に尽力するようになるも
結果的には叔父ペトロニウスを裏切って
皇帝ネロに反目する立場になるので
簡潔に表現すれば青二才だw

しかしローバート・テイラーでは
とてもそうは見えん。(´д`;)ギャボ

女のために信念を曲げるなんて
以ての外ってカンジに顔が締まってて
とても胡散臭い新興宗教にかぶれてる女に
のぼせてしまうようには見えんて

それに加えて
往年のスターだったのが鼻についたかもだ

それも年を追う毎に人気が低迷してきたので
起死回生を懸けて身体を鍛え上げて
アクションスターへ転向を計った第1作目p(-_-+)q
そんな意気込みが見て取れてしまう

それでもまだそこはかとなく
甘さを兼ね備えてて
どんなに荒々しく傍若無人に振舞っても
強面にはならぬ甘やかさがあるのが
この往年のスターの最大の魅力であろう
そこに頑なな聖少女さえも
つい心を許してしまうのはわかるるる~

こうしてヴィニシウスの年齢設定があがったせいで
相手役の年齢設定もあがったのだろう

児童版『クォ・バディス』には
アウルス将軍の息子とボール遊びをして
頬を紅潮させてるリギア(リジア)の挿絵があったので
せいぜい16~17歳と推定してたが
演じてたデボラ・カーは当時なんと30歳ヽ(゚∀。)ノ

尤もその神々しいまでの美貌で年齢を超越してたし
リジアを本トに10代の少女が演じてたら
四十路のヴィニシウスとのロマンスに
無理があるってモノだ

また児童版『クォ・バディス』によるリジアの容貌は

黒いふさふさした髪を持ち(中略)夢の楽園の天使のよう

とあるのから自分は勝手に
『緑園の天使』でのエリザベス・テーラーを当て嵌めてて
ブロンドのゴージャス美人のリジアには
正直、面食らったのだった

しかしその想起は自分だけではなかったようで
リジアに扮してカメラテストを受けてるリズの写真が
IMDbにアップされてた!

でもこの頃はもう色っぽ過ぎて
リジアにはミス・キャストだ(-_-;)

デボラ・カーはこの後
『ジュリアス・シーザー』にも出てて
ブルートゥスの妻を演じてるが
圧倒的な美しさを誇ってる

『黒水仙』での尼僧姿も
『キング・ソロモン』での探検家スタイル(?)でも
その美麗さには遜色がなく
むしろ装飾を取り払ってしまってこそ
ますます光り輝いて見える本物の美女だが
それが『クォ・ヴァディス』では
不遇な身上の元王女で
敬虔なキリスト教の信者なので
泥沼に咲く蓮のような清らかさが満ちてる

また、バレエをやってた人特有の
無駄な脂肪がナイ肢体を
三十路過ぎても保ってて
特に二の腕は賞賛に値する・・・ホゥ(*-∀-)

主役にロバート・テイラー
相手役にデボラ・カー
このキャスティングだけで
ハリウッド映画としては既に成功してるが
歴史大作としてはやはり
主役の美男美女だけでは納得できん!

ネロ、ペトロニウス、セネカ、ペテロなど
実在した人物が大多数なので
そのキャスティングの妙にこそ真価が凝縮されてる

自分はキャラ的にペトロニウスが大のお気に入りだが
レオ・ゲンのペトロニウスは
奴隷のユーニス役の美女とセットで好かった

ネロはローマ皇帝の中では1番好きなのだが
ピーター・ユスティノフのネロもなかなか可愛くて
ポッパエアの毒女ブリと好対照だった

惜しむらくは
もう少しセネカに活躍して欲しかったが
まあ史実的にも
ローマの大火の前に隠居してたからしかたナイ

但し、ローマの大火でネロが火付けを指図したなんて
歴史的事実に反してるんだがね・・・
だいたいネロに対する誹謗・中傷は
キリスト教徒の陰謀でしかナイ

そんなコトを言ってる自分も
初めて読んだ頃には
まだ世界観が確立してなくて
憐憫の情だけは持ち得てたので
迫害されるキリスト教徒に同情を禁じえず
逆にネロが悪の権化だと
うっかり真に受けそうになってたのだった

ELEGANTIAE ARBITER【趣味の審判者】

『クォ・ヴァディス』の著者
ヘンリク・シェンキェヴィチは
ポーランド人初のノーベル賞受賞者だ

だがしかし
彼がノーベル文学賞を受賞したのは1905年で
その時、ポーランドは完全に消滅してて
帝政ロシアの一部となってた

シェンキェヴィチが生まれた時には
まだポーランド(立憲)王国と称されてたが
実態は国王を既に帝政ロシアの皇帝が兼任してて
ポーランド人による国家ではなかったのだ

ポーランド独立を願いつつ
残念ながら独立前に死去してしまうが
そんなシェンキェヴィチの
『クォ・ヴァディス』以外の作品は
愛国者の果敢な闘いを題材にした小説が多い

まあ『クォ・ヴァディス』にしても
迫害を受けるキリスト教徒が
信仰や信念を曲げずに
死を選ぶ姿が克明に描かれており
やはり不屈の精神で抗う民衆がテーマだ

実在した登場人物が出てくる中でも
とりわけネロの側近のペトロニウスが
活き活きと描写されてるのが魅力的だが
いったいどこまでが史実で
どこからが創作なのか
その典拠を確認してみたくなった

まず児童版『クォ・バディス』の巻末に
「解説」として次のようにあった

スエトニウスという歴史家が書いたローマ時代の本を参考にして、1896年、この世界的な傑作、「クォ・バディス」を書きあげたのでした

これをずっと信じてて
いざ、スエトニウスの『ローマ皇帝伝』を
上下巻とも購入して読んでみるも・・・

確かに『ローマ皇帝伝(下)』では
ネロのプロフィールは詳述されてたが
ペトロニウスについては
その名がただの1度も出てこず・・・ヾ(・_・;)ぉぃぉぃ

とゆーコトはシェンキェヴィチは
ネロについてはこの本も参考にしただろうが
ペトロニウスの特異な人物像などは
別の書物を参照してるはずだ

自分の知る限りでは
タキトゥスの『年代記(下)』において
3ページ弱で綴られてるのみが
ペトロニウスの全貌だ

1.昼日なか眠って、夜を享楽に生きた

2.無精、無頓着だったが、それが天真爛漫と見受けられた

3.激務も全うした精力家だったが、背徳者を装いネロを誑かした

1.昼日なか眠って、夜を享楽に生きた

そう言えば、Slaughterの曲には
まさにそんなペトロニウス節があった

Up all night, sleep all day, that’s right♪

これは簡潔に表現すれば
「不良」だったってコトだろうが
社会的地位が高くして「不良」てのは
潔くて゚+.(・∀・)゚+.゚イイね!

尤もネロなんかは
皇帝にしてアナーキストだから
尚更カッコ゚+.(・∀・)゚+.゚イイのだがw

なんせいくらローマが退廃してたとはいえ
当時のローマ市民の日常生活は
現代人には考えが及ばナイ健全さで
日の出と共に起きて
陽が沈んだら寝るしかなかったのは
当たり前ながら夜は真っ暗だったからだ

電気がなければ
蝋燭の灯りだけが頼りなので
そんな時代に夜を愉しむのだから
灯りの設備に無駄に金をかけて
贅を尽くしてたのだ

ペトロニウスは不道徳な金持ちだったが
彼が自腹を切るようなコトは稀で
その不道徳の限りを一身に享受するネロが
国庫から無尽蔵に浪費してたと思われ

そうして金に糸目を付けなかったからこそ
一切の道徳観念を無視して
愉しみに耽溺できたのだろう

でも実のトコロ
かつてのネロを指導した哲学者セネカこそが
破格の金持ちだったり・・・。(゚д゚lll)ギャボ

2.無精、無頓着だったが、それが天真爛漫と見受けられた

これこそがペトロニウスの真価で
無精とか無頓着とかは
鵜呑みにすると全く的を得なくなるが
ペトロニウスは何に対してもそうだったのでなく
興味の範疇以外がそうだったのだ

天真爛漫と見受けられたのは
嫣然としてたからだろう
いや、「嫣然(えんぜん)」てのは
通常は美女の微笑を表現するのに使う言葉だが
ペトロニウス程の粋人(すいじん)には
むしろ似つかわしいかもだ

ああそう、粋人の意味を説明するくらい
無粋なコトもなかろうが
読んで字の如くで粋な人であり
単なるインテリでなく
それを踏まえて遊び心がある人だ

教養があっても
それを万人にひけらかすコトなく
わかる相手にだけ仄めかし
わかった同士だけが納得するのだね

その点、セネカは洒落もわかる教養人だが
ペトロニウスと比すれば
まだしも生真面目だったので
ネロの放縦を横目に見過ごしつつも
内心は気を揉んでただろうが
そんなセネカに対しても
ペトロニウスは臆するコトなく
嫣然とやり過ごしてたのを傍から見れば
なるほど、天真爛漫に映ったはず

3.激務も全うした精力家だったが、背徳者を装いネロを誑かした

タキトゥスはペトロニウスを
「贅沢の通人」と表現してるが
資産を食い潰してる文字通りの大食漢や
無目的に放蕩三昧の能無しとは違って
世間から反感を買ったりしなかった
などと言及した上で
ペトロニウスのそれまでの職歴を示し
出世街道を着実に歩んできてるのを
その証拠としてる

つまりタキトゥスに言わせれば
ペトロニウスは「不良」のように振舞っても
本来は役職に就いてた人間なので
背徳者を装ってるだけで
ネロを誑かそうとしてたのだと・・・

恐らくタキトゥス自身は
【趣味の審判者】の意義がわかるほど
歓楽的に生きてなかっただろうし
洒落を解せなかったかもだ

ペトロニウスの教養は
単なるインテリ趣味に非ず
完璧に洒落のめしてて
素地があるくらいではついて行けなくて
だからネロが彼に夢中になったのは
裏を返せば、それがわかったからなのだ!

くだらナイお追従に
うんざりしてたであろうネロには
多少辛辣でも刺激的な方が
新鮮で愉しめたのだな

イベントは基本的には
金をかければより一層おもしろくなる

どんなつまらナイ企画でも
金をかけられるだけかけたら
たちどころに愉快になるのは間違いなく
それは現代においても変わらナイ事実であって
金を湯水のように使いながら
ひたすらバカ騒ぎするなんてのは
誰もが人生に1度は試みたいと思うものだ

ところがそんな誰もが夢見るイベントも
毎晩やってると飽きてくるモノで
日に日に面白みは減退してく

生涯に1回きりでなく
日々イベントをやり続けるには
金の力より企画力が必要で
そこでペトロニウスのプロデュース力が
ネロの魂に火を点けたのだ!

まあ実質的にはネロさえ飽きなければ
それで゚+.(・∀・)゚+.゚イイのだが
皇帝であるネロに詩の朗読や竪琴演奏をさせて
時に辛辣に批評したりして
その際のネロの反応を
周囲の人間も十分に楽しんでたのでは?

ネロが演じてる最中に居眠りした者がいて
これを咎めようとしたのを
ペトロニウスが救った有名なエピソードが
岩波文庫の『クォ・ワディス』上巻に出てくるが
ペトロニウスはすかさず
ネロをかのオルフェウスに譬え
彼の竪琴の音色で野獣が眠ったと・・・

そんな風に褒められてしまって
ネロは怒っていられなくなったのだが
これってネロがギリシア通で
オルフェウスをリスペクトしてたから
成立したんだと思うと
自分にはやはりネロが愛おしく感じられるし
ペトロニウスの大岡裁きみたいなやり口は
カッコ゚+.(・∀・)゚+.゚イイと感心する

ちなみに居眠りをした不届き者は
後に皇帝となるウェスパシアヌスだった

Mēdeia

電子書籍を購入するようになって
特にSONY Reader Storeで購入する場合には
月初にまとめて購入するのが習慣づいた

まとめ買いで特典ポイントがもらえたりするのだが
その期限が当月の月末だったりするので
月末近くに購入してもらったせっかくのポイントを
うっかり使わずに期限切れにしてしまう可能性大だからだ

朝はたいてい遅くても4時起きで
でも6時頃までは寝床で読書をしてるのが常だ

それが今朝は余りの寒さで落ち着かず
早めに起き上がって居間でヒーターを炊いて
ふいにテレビを点けると(そんなコトは滅多にナイのだが)
画面に映し出されたのはイアソンとメデイアで
あとから調べてみたらBBC地球伝説の
『ギリシャ神話の英雄たち【2】アルゴ号の大航海』だった

アルゴ探検隊の大冒険 [DVD]

寝る前に悩みに悩んでアマゾンでポチしたのが
京都大学学術出版会の『セネカ悲劇集【2】』だったのだが
これには『メデア(メデイア)』が収録されてたのだ!

朝食を済ませて半身浴をしながらまた読書をしてたが
単に先月購入した中で全くの未読状態だった数冊の中から
選んだのは『ラテン語の世界―ローマが残した無限の遺産』
目次にセネカの項があったのでそこから読み始めると

゚+。:.゚シンクロ(*゚Д゚*)キタコレ゚.:。+゚

セネカの『メデイア』について書かれてた!!

異類婚姻譚、だそうな(゚ ゚;)

若い日の恋愛のゆえに人間の妻となり、人間界に移り住んでそこになじもうとした魔女が、やはり人間に裏切られ、その超能力で彼らを壮烈に罰して故郷へ戻っていく物語

として『雪女』を引き合いに出してるが
自分からすると『雪女』も実は人間だったと思えるがな(-_-;)

雪女 (日本の童話名作選シリーズ)

メデイアは王女の身分ではあったが
ハッピーエンドの御伽噺にありがちなお姫様とは
余りにも様相が違ってるのは誰の目にも明らかだろう

特に異質なのは恐らく
いや、きっとお世辞にも見目麗しい王女ではなかったのだ。(´д`;)ギャボ

魔女とされるほどに薬草について博識になるには
様々な薬草を採集してきては煎じたりしなくてはならず
蝶よ、花よ、とちやほやされるような美貌の王女の所業ではナイw

現代においてもこれは変わらナイ事実だが
美しい女性ほど自身を着飾っったりするのに夢中で
より美しく見せる以外には一切の興味を持たナイモノなのだ

メデイアは良縁に恵まれずに婚期を逃してたからこそ
とはいえ、当時ならせいぜい二十歳を過ぎたくらいだろうが
そこに現れたどこの馬の骨ともわからナイイアソンでも
身を捧げる覚悟ができたワケだなヽ(゚∀。)ノ

ましてや親兄弟を裏切ってまでイアソンに尽くしたのだから
それは助けてあげた見返りとしてなら
自身を妻として迎え入れてくれると信じてたに違いナイし
裏を返せば、恩を売った見返りにしか夫を望めナイと
メデイア自身が己を見限ってたと思われ

だからメデイアもイアソンを愛してたってよりは
自身の身の上を案じて画策して妻になったのではなかろうか?

イアソンの方はもちろんメデイアに恋なんかしていようはずもなく
ただひたすら目的のために手段を選んだだけに過ぎナイのは
言うまでもナイが(-人-;)

そんな2人だが思惑通りにコトが運んだので
メデイアはイアソンの妻となり、子も生したのだったが
イアソンにしてみれば、まずは王位奪回をして
人生はそこから華々しく再スタートをする予定だったのだろう

メデイアはその先もイアソンを夫として生きる決心ができたろうが
イアソンにとってはメデイアは踏み台でしかなかったと
目的を達成して気づいてしまったのだろうな。(゚д゚lll)ギャボ

しかも元より美しくもなく、てか、どこか不気味さがあった女が
年増(25歳も過ぎれば年増だったのだよ)になって
疎ましさしか見出せなくなってしまった時に
若く美しい王女と巡り会ったイアソンが
その王女の方がメデイアよりも自身に似つかわしい相手として
妻に迎えたい(=メデイアとは別れたい)と願うのは
英雄の自負があるだけに至極当然だ・・・

が、しかし、なぜ英雄になれたのかって
これが100%に程近くメデイアの助力なのだが
男は立身出世をすると勘違い甚だしく傲慢になり
それまで支えてくれた女に対して非情になるのが世の常だ

王女メディア HDニューマスター版 [DVD]ギリシア悲劇〈3〉エウリピデス〈上〉 (ちくま文庫)

とにかくメデイアがイアソンを本トに愛してたのだとしたら
愛の結晶である子供を殺したりしナイのは間違いナイ
捨てられてなお愛する相手との唯一の繋がりをどうして断ち切れようか?
だからこそ子供を殺すコトで断ち切りたかったのか???

メデイアはイアソンを愛してなかっただろうし
全てを懸けて(犠牲にして)夫にしたイアソンに対して
他の女に走ったくらいで復讐しようなどとは思い至らなかっただろうに

エウリピデスの子殺しの演出はやり過ぎだし
その後、セネカ然り、皆、メデイアに子殺しをさせてるが
そうしてメデイアに、つまり女に戦慄させるコトで
イアソンの正当性を、しいては男の沽券を守ってるだけのような気がするるる~

Women of Troy

エウリピデスの『トロイアの女たち』の新訳が
なぜか、突如として昨年末に出てた

そう、なぜ、エウリピデスの悲劇の中でも
今、これだけが単品で出るのか、訝しく思ったが
ちょうど蜷川幸雄演出の『トロイアの女たち』の公演があり
それに合わせてだったのだろうか?!

いや、WOWOWで観たらサルトルVer.だったw

トロイアの女たちギリシア悲劇〈3〉エウリピデス〈上〉 (ちくま文庫)

そう言えば『トロイアの女たち』は
エウリピデスのなら松平千秋訳のをダブって持ってるし(※)
『サルトル全集【33】トロイアの女たち』を
神保町の古本屋で奇跡的にゲトできたが
肝心のセネカ版が未だ手元になかったと思い出した
ちくま文庫のギリシア悲劇【III】エウリピデス(上)筑摩世界文学大系【2】ギリシア・ローマ古典劇集

セネカの『トロイアの女たち』は
京都大学出版の西洋古典叢書の『セネカ悲劇集』に収められてるるる~

セネカ悲劇集〈1〉 (西洋古典叢書)

セネカ悲劇集【1】
狂えるヘラクレス(小川正廣訳)
トロイアの女たち(高橋宏幸訳)
フェニキアの女たち(大西英文訳)
メデア(小林標訳)
パエドラ(大西英文訳)

セネカ悲劇集【2】
オエディプス(岩崎務訳)
アガメムノン(大西英文訳)
テュエステス(宮崎徳也訳)
オエタ山のヘルクレス(竹中康雄訳)
オクタウィア(木村健治訳)

【1】は『トロイアの女たち』以外にも
『フェニキアの女たち』も『メデア』も『パエドラ』(※)も
エウリピデスと比較して差異を読み解きたい
エウリピデスの『ヒッポリュトス』に当たる、ラシーヌだと『フェードル(とイポリート)』

しかし最も興味深いのは【2】の『オクタウィア』だ!
なんせセネカのオリジナルでネロが題材の史劇なのだからして!!

久々にアマゾンで両方チェックしてみたら
【2】が半額以下で出品されてたのでそっちをポチったった♪
トロイヲタとして【1】も絶対いつか購入するだろうがw

とりあえず蜷川の『トロイアの女たち』はサルトルに倣ってたが
現代日本人の常識の範疇に「トロイ戦争」はナイので
そりゃあ誤解のナイようにポセイドンが説明せねばなるまいて
改めてサルトルの手腕に脱帽しつつ
蜷川の奇異なアイディア(3ヶ国語でコロスを繰り返し)にも
よくもこんな鬱陶しいコトをやり通したモノだ
と、感心したし、感動した。・゚・(ノД`)・゚・。

☆・・・☆・・・☆

蜷川はちょっと前に『トロイラスとクレシダ』もWOWOWで観た(※)が
シェイクスピアの全作をオールメールでって試みの一環で
その発想からして素晴らしいと思ったね
しかも『トロイラスとクレシダ』は中でも1番厄介だったろうに
納得の行く出来映えだったのには度肝を抜かれた。(゚д゚lll)ギャボ
参考URL:http://www.wowow.co.jp/pg_info/detail/102292/

クレシダには穢れを知らナイ澄んだ美しさがあり
絶世の美女ヘレネの方が蠱惑的ではあるが
決して見劣りはしナイ美貌なはずと思われ。(´д`;)ギャボ
その点、2人とも性別を乗り越えた以上に美的に釣り合ってたが
恐らく女性がやると想像すると
主役のクレシダはでしゃばって美貌から儚さを失するだろうし
ヘレネも美しさよりいやらしさが目立ってしまいそうだ(-_-;)

でも何よりもカサンドラにはぞっとさせられた
『トロイアの女たち』でも運命に憤り、怒りながら舞うカサンドラがいたが
『トロイラスとクレシダ』のカサンドラの方がしなやかな動きで
巫女の資格を失った悲しみが舞踏に表現されてたし
狂気もそれらしく見えた

基本的にカサンドラは狂ってるのではなく
予言を口にすると狂ってるように見えてしまうだけだから
発狂してるだけだと白けてしまうのだよ
カサンドラはアポロンから予言の術を授かったが
引き換えにアポロンの恋人になる約束だったのを破ったので
それでアポロンによって予言が信じてもらえナイようにされたのだ

☆・・・☆・・・☆

宮本亜門の『サロメ』もWOWOWでやってて(※)
観る前はキャスティングに仰天したが
もれなく多部未華子ちゃんのサロメこそがサイコーだった
サロメは無垢ゆえに残酷なのだな・・・
参考URL:http://www.wowow.co.jp/pg_info/detail/101601/

サロメ (岩波文庫)

古典劇はハリウッド映画とかブロードウェイ・ミュージカルでも
原作の魅力が減退しまくりなのが多くてウンザリするが
日本の新劇が魅力を損なわずにやってるなんて
目にするまで思いもよらなかったね

とにかく戯曲は本で読んでるより
舞台で演じてるのを観る方が断然゚+.(・∀・)゚+.゚イイ
てのは、当たり前かヽ(゚∀。)ノ

ここは一つ、宮本の『キャンディード』のDVDを購入すべきか?!

Nero

キリスト教徒はかつて信者が罰せられた遺恨から
ネロを目の敵にして悪の権化に仕立て上げようと躍起だが
ポーランド独立運動に従事したシェンキェヴィチは
そういうキリスト者の一般論を利用して
『クォ・ヴァディス』でネロを圧政者として描いてるのだろう

それにしたってキリスト教信者が胡散臭いほど清廉潔白で
ネロがローマの大火の真犯人だと脚色するのはやり過ぎだと思うが
それ以上にアーティスト、あるいはエンターテイナーとしても
ネロを侮り過ぎてる気がするのは自分も侮ってたからだ

年代記〈下〉ティベリウス帝からネロ帝へ (岩波文庫)ローマ皇帝伝 下 (岩波文庫 青 440-2)

死に至るその時に『イリアス』の一行が口をついて出たと
タキトゥスの『年代記』にもスエトニウスの『ローマ皇帝伝』にもあるし
実はネロは教養があり、感性も豊かだったのではなかろうか?

まずネロがギリシア通であったコトは疑いの余地がナイ
叙事詩や悲喜劇などを諳んじてたし
遂には自作の詩に合わせて竪琴を奏でてたくらいだ

しかしそういうコトは皇帝の趣味として相応しくなかった
かのアレクサンドロス大王もまだ王子であった時
竪琴を上手に奏でて父王ピリッポスに怒られたそうだ。(゚д゚lll)ギャボ
楽器を意のままに奏でるのも武術に秀でるのも、訓練の賜物だが

そこでアレクサンドロスが訓練すべきは竪琴であるはずがなかろう?!

とそういう意味で怒られたのだ

若くして皇帝となったネロとて、謡いながら竪琴を爪弾くのは
皇帝らしからぬ、と周囲に禁じられてたかもしれナイ
ところがペトロニウスが高尚な趣味としてネロに指南したりして
周囲も認めざるを得なくなってしまったとか?
しかもネロは調子に乗ってネロ祭なんて始めてしまったとw

とはいえ、ペトロニウスはタキトゥスが言うほどに
ネロを誑かすつもりも、そのために背徳者を装うつもりもなかっただろう
周囲からはペトロニウスがネロを手懐けてるように見えたかもだが
ペトロニウスはネロの若さと生来の感性からくるほとばしりを
自身も一緒に愉しみながら解放しただけに過ぎナイ
恐らく2人は無教養な人間をこきおろしてたに違いナイ

ペトロニウスはタキトゥスの『年代記』によれば

贅沢の通人として世に聞えていた

とあり、この一文からでもペトロニウスが時代の寵児であるコトが伺えるが
一種スター的存在には誰もが憧れを抱かずにはいられナイので
絶対君主であるはずの皇帝にとっても憧憬の対象であったはずだ

ネロは降って湧いたように皇帝の地位に就いてはいたが
それ以上に自身では芸術家として認められたい気持ちがあって
創作した詩や竪琴の演奏についての芸術性を
ペトロニウスに認めてもらえたらそれは嬉しかったのだ!

しかもそこでペトロニウスはお追従で濁さなかったのが
むしろネロの絶対的な信頼を得たのだろう
そして辛辣に批判されれば萎れ、よきアドヴァイスは素直に受け入れ
褒められれば天にも昇る心持ちになっただろう!!
とか、想像するだにネロがいじらしくてたまらなくなるるる~

ローマの哲人 セネカの言葉

そもそもネロがギリシア通になったのは
ネロの師セネカによるトコロが大きいと思われるのだが
史実としてセネカは自身が哲学者でありながら
ネロに対しては哲学を指南してナイ

セネカは一応ストア派哲学者としての彼が1番名が通ってるが
科学書も著せば戯曲も書いてる多才な著述家で
ネロの時代のローマでは最も学識の高い人物だったので
ローマ人が目指すギリシア的な教養をネロに授けたのだろう

残存するセネカの書簡には生活に即した先人の言葉で
相手にとって最も有効な回答を学派に拘らずに引用してたりするが
セネカのやり方は実践しながら学び取らせる人生哲学なので
ネロに対してもストア派たるように仕込むコトはしなかっただろう

そういう押し付けがましさはセネカのやり方に反してるし
加えて芸術家気質で詩を諳んじたり竪琴を奏でたりするコトにこそ
ネロの感性が迸ってるのを理解してたのかもしれナイ

裏を返せば、セネカはエキセントリックなネロを目にするにつけ
哲学を受け入れる資質にはネロはおよそ恵まれてナイ
と誰よりも感じてたかもしれナイ

それでも17歳にして戴冠したネロはたぶん
セネカが予想してた以上に立派に皇帝らしく振舞って見えた

ネロの天性の才で自覚もしてるが要はエンターテイナーなのだな
いつも役者のように芝居がかってたワケだが
皇帝を演じるのもなかなか堂に入った役者ぶりだったのだ

映画『クォ・ヴァディス』でのセネカは控えめな役ドコロだが
ペトロニウスの自殺に際した最期の晩餐の場面が印象的だ
とゆーのも、セネカもネロに命じられて自殺してるのだからね
映画にはそのシーンはナイからこそ見るに忍びナイ

とにかくキリスト教信者は「迫害された」とゆー史実に対して
狂信的な思い込みからひたすらネロを忌み嫌うが
新興宗教の流行が政府にとって頭痛の種なのはネロに限った話ではナイ
それどころか現代社会にしても変わらナイ事実なのだ
残酷さで言えば中世に教会が行った異端審問の方が酷いかと・・・